<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
改めて写真集考。

おかげさまで、藤江れいな写真集『記憶MemorialFilms』の

電子書籍版が発売となった。

 

写真集はP144、とても豪華な作りだから、印刷としての

写真集をご覧いただきたいのだが、いつでも持ち歩けるもの

ではない。

電子書籍版なら、スマホやタブレットでいつでも気軽に

見られるし、どこにでも持ち出せる。やっぱりこれは便利だ。

 

価格を考えると、印刷の方を手にとっていただきたい。

いや、やっぱり持ち出せる電子版か…。

大いに迷っていただきたいね。

 

こうなると、写真で見たい!というお声も頂戴した。

実は私もそれをしたい!したい!…のは山々だが、

やるだけでは済まされない。写真展を完璧にやろうとすると

金がかかる。

それなら、その金を撮影にまわしたい。そして次回作で

ご覧いただきたい。今の気持ちはそんな感じだ。

 

 

一人の女性を長年に渡って撮影するということ。

それはポートレート撮影をされる愛好家たちにとっては、

やってみたいことの一つだと思う。

なかなか難しいものだ。

私は、おかげでれいなちゃんにやらせていただけた。

とてもラッキーだと思っている。

 

プロだから、アイドルだからできた…とは思っていない。

むしろその方が条件的に難しい。

私が思うに、タイミングとお互いの好みが大切。

もちろん、関係者や周りの人達のご配慮も、だけど。

 

純粋にコツコツと機会をいただきながら撮影した写真たちを、

三村漢さんにデザインしていただき、

印刷も印刷所選びからはじめて、紙選びに色の指定、

上がりのチェックまで、本当に1からやらせていただいた。

 

そんな写真集だから、単なるアイドル写真集ではなく、

一つのポートレート写真集としてご覧いただきたいのだ。

水着も下着もない、まっすぐなポートレート写真達。

写真はもちろん、デザイン面でも、印刷面でも、

カタチとして見ていただきたいのだ。

 

好みかどうかは別として、教科書として・たたき台として

必ず撮影と写真の見せ方のお役に立てると思う。

藤江れいなという、ひとりの女性が成長していく様を、

表情や仕草・距離感の変化とともに、ご覧いただきたい。

 

モデルである藤江れいなちゃんも、それを強く望んでいる。

 

 

 

 

 

写真展『20050810』

写真展を観に行く。

 

写真展『20050810』。

写真家になったお母さんが、保育事故で息子さんを亡くし、

その遺品やゆかりの場所を撮影している。

 

自分の気持ちをまっすぐに、撮りたいものを撮り、

そして展示をする。それこそ写真展の原点。

 

でも、今回の僕の心持ちは違う。

亡くなった息子さんと同年代の、5歳の子の父親として、

このような事故に遭われた方の写真展としての

興味が強かった。

 

そして、鑑賞させていただいた。

 

写真論云々はここでは避ける。

 

…ちょっと重かった。

少なくとも僕には。

写真じゃない、展示が、だ。

 

ネタバレするので、何かは言わない。

ただ、同じくらいのお子様がおられる方は、

写真の内容よりも、僕と同じ印象を抱く方が

多いと思う。

 

良かったのは、

日常の日々の尊さを、深く感じることができたこと。

これだけで十分だ。

 

Roonee 247 Fine Arts(中央区日本橋)にて。

13日まで。

 

G3撮影実習

先日、講師をしている静岡デザイン専門学校G科写真コース

3年生の撮影実習が行われた。

 

今回のモデルは鈴木海那ちゃん。

よくご一緒していただいているモデルさん。

それだけに学生諸君も教わることが多かっただろう。

 

しかし、学生諸君の発想は面白い!

無茶に付き合ってくれる海那ちゃんには感謝!感謝!

時間はかなりかかってしまったけど、

その分、納得のいく撮影ができたでしょう。

 

あとは、いい“作品”に仕上げて欲しい。

楽しみだ。

 

 

改めてお礼。

藤江れいなちゃんの写真集が発売に。

 

発売“初日”の24日は新宿・福家書店での発売記念握手会に

お邪魔した。

おかげさまで完売。

皆様が写真集を持っていかれる姿に、本当にありがたかった。

撮影から企画〜印刷までずっと見てきて、そして皆様のお手元に。

その一連を思い、すごくいい経験をさせていただいた。

この経験を、必ずまた次回作に。

 

翌日のMARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店での

発売記念握手会でも完売だそう。

 

本当に本当にありがとうございます!

 

また多くの皆様にツイッター等々でご意見を頂戴した。

あたたかいご意見ばかりで、恐縮です。

この場を借りてお礼申し上げます。

 

そして、もっともっと多くの皆様にご覧いただきたい。

“今時の”写真集ではない、藤江れいなの17-23歳を

丁寧に一冊にまとめた『記憶』そのもの。

 

是非お手にとっていただきたいと、心から祈るばかりです。

感謝しかない。

見本誌が届いた。

完成型となって手元に届き、やっと写真集制作の

実感が湧く。

自然と涙が出た。

 

A4という大きさに加え、紙・印刷のクオリティ、P144の

見応え…この時点では十二分に満足だ。

時間をかけて撮影したものは、絶対的に厚みが出る。

いくらお金をかけてもこれだけは補えない。

時間のチカラはすごい!

 

こうして形にできたこと、本当に感謝!

 

撮影をOKしてくれたイトーカンパニーの皆様。

振り回されながら付き合ってくれたヘアメイクの

杏ちゃん、貞廣ちゃん、愛子ちゃん、恭ちゃん。

さすがの衣装を用意してくれた加藤さん。

わがままを聞いてくれた奥泉さん、安藤さん。

 

写真を最高の形にデザインしてくれた三村さん。

出版させてくれた玄光社の皆様。

制作までに関わってくれた皆々様…。

 

そして、たくさんたくさん時間をかけて撮影させてくれた

れいなちゃん。

 

本当に本当にありがとう!!!!

 

 

発売が待ち遠おしい・楽しみです!と

メッセージを下さるファンの皆様。

いつもありがとうございます!

私の撮る彼女が好きだと言ってもらえて、すごく励みに

なります。

もう少しです。

絶対にご満足いただける写真集です。

れいなちゃんにとっても、最高の写真集になったと

自負しています。

どうぞもうしばらく、ご辛抱くださいませ。

 

私一人では決してできないことでした。

感謝。

 

 

ちょっとスローに。

巷ではフィルムカメラやインスタントフィルムが流行り。

私もその流れに乗って、ちょっとフィルムを楽しんでいる。

 

フィルムといえばカラーならポジがスタンダードな感覚だったけど、

完全に遊びだし、ISO400のカラーネガを入れている。

 

で、カメラはリコーGR1vを引っ張り出そうか悩んだが、

結局引っ張り出したのはCONTAX T2。

38mmという画角が、今の私にはちょうどいい。

難しいことを考えずに、シャッターを切る。

プレッシャーもないし、何より良い気分転換だ。

 

おおっと、こっちはよく持ち出している。

でもこっちにもネガを入れてみた、

 

現像が楽しみだ。

写真集印刷立会い

写真集印刷立会いのため、印刷会社へ。

 

印刷に入る直前に、色をチェックするのが目的。

アートディレクターの三村漢さんと、編集部・吉田編集長と

刷りあがりをチェックしていく。

 

表紙を一番初めに見せていただいた。

三校からさらに追い込んでいく。

表紙が思い通りに決まって、ほっと一息。

そこから色を懸念しているページを優先して進めていただく。

妥協はしない。

でも印刷物としての仕上がりの難しさがある。

本当に大変な作業だ。

 

とりあえず、今日できることは最後までやってきた。

作業自体は突貫で行うとのこと。

買っていただく皆様に、満足していただける

美しい印刷を手にしていただきたい。

思いはそこだ。

 

印刷に合間に見た空。

一筋の光が見えて、嬉しかった。

 

写真集発売決定!

もう散々ニュースや私自身のツイッターでもつぶやいていて

周知のこととは思うけど、玄光社から藤江れいなちゃんの

写真集『記憶〜Memorial Films』が発売されることになった。

 

17歳から今日まで撮影させていただいたカットを、

アートディレクターの三村漢さんとともにセレクトし、

1冊にまとめたもの。

 

時間というかけがえのない厚みを感じていただける写真集に

なったと思う。

れいなちゃんファンのみならず、ポートレートファンの方々にも

ぜひお手に取っていただきたい。6年間一人の女性を撮影する楽しさを

変化、重みを一つにまとめるカタチをご覧いただけると思う。

 

発売は6月24日。

 

印刷はこれからで、立ち会う。

いいものをお届けしたいな、とつくづく思う。

 

ブログ再開!

長らく放置してしまっていたブログを再開!します。

CP+2016出演情報
25日(木)からパシフィコ横浜にて開催されるアジア最大のカメラショー
CP+2016、今年も参加させていただきます。

登壇いたしますブースはこちら

KenkoTokina
SIGMA
Nissin DIGITAL

3つでございます。

タイムスケジュールは以下の通りです。

2月25日(木)
12:00~12:45<ニッシンデジタル>
    コツさえつかめば簡単!
    萩原和幸・初級ライティング講座

13:20~14:00 <ケンコートキナー>
   「AT-X70-200 F4 PRO FX」で撮るポートレート

14:55~15:35 <シグマ>
    悩めるポートレート人(じん)に捧ぐ
    原点に戻るポートレート術

17:20~18:00 <ケンコートキナー>
  新レンズ「AT-X14-20 PRO DX」で撮るポートレート
   

2月26日(金)
10:00~10:30 <ケンコートキナー>
    オープニングトーク・新製品情報

12:00~12:45 <ニッシンデジタル>
    コツさえつかめば簡単!
    萩原和幸・初級ライティング講座

13:20~14:00 <ケンコートキナー>
 新レンズ「AT-X14-20 PRO DX」で撮るポートレート

14:30~15:00 <ケンコートキナー>
   NDフィルター使いこなしテクニック(田原栄一さんと)

17:20~18:00 <ケンコートキナー>
   新レンズ「AT-X14-20 PRO DX」で撮るポートレート


2月27日(土)
10:00~10:30 <ケンコートキナー>
    オープニングトーク・新製品情報

13:00~14:00 <ケンコートキナー>
            「AT-X70-200 PRO FX」で撮るポートレート

17:00~18:00 <ケンコートキナー>
  「 新レンズ「AT-X14-20 PRO DX」で撮るポートレート


2月28日(日)
10:00~10:300 <ケンコートキナー>
   オープニングトーク・新製品情報

11:45~12:25 <シグマ>
   悩めるポートレート人(じん)に捧ぐ
   原点に戻るポートレート術
13:15-14:00<ケンコートキナー>
  「 新レンズ「AT-X14-20 PRO DX」で撮るポートレート

14:30~15:00 <ケンコートキナー>
   NDフィルター使いこなしテクニック(田原栄一さんと)

16:30~17:00 <ケンコートキナー>
 「 新レンズ「AT-X14-20 PRO DX」で撮るポートレート


<ケンコートキナー>
各レンズでのHP掲載作品+レンズ解説と毎年恒例の
撮影タイムと、ここでしか語ることが出来ないぶっちゃけ
トークを行います。

<シグマ>
撮影を担当させていただいている学研パブリッシング
『デジキャパ!』中の使用カットと撮りおろし作品を
混ぜ合わしながら、ポートレートに適するレンズの
“原点”に戻るお話をいたします。

<ニッシンデジタル>
新製品i60とDi700Aを使い、実際にステージ上でライブで撮影
し、撮影画像を皆様にお見せしながら、使用感とすぐに使える
撮影テクニックを解説します。


ただいま、皆様にお見せする作品データを、鋭意制作中!
どうぞお楽しみに!


皆様のお越しを、心よりお待ちしております!