<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マイケル | main | 撮りたいもの >>
 How to本

いわゆるハウツー本。

僕も自分自身の単著で発売しているし、

共著や寄稿を含めれば、かなりの数を

世に送り出させていただいている。

 

でもハウツー本は絶対的な正解集ではない。

著者のやり方や手法を紹介しているものに

すぎない。

ひとによっては、これまでと違うやり方が

紹介されていることもあるだろう。

そうするとすぐに言葉になる。

「あれは間違っている」、と。

 

でも違う。

著者はそのやり方で、掲載している写真を

撮っているというだけだ。

そして、その写真を撮ったという事実がある。

大切なことはやり方ではなく、

撮りたい写真に行き着くことだ。

行き着ければ、やり方などそれぞれでいい。

 

行き着きたいのに、手段が分からない・

もしくは迷った方は、とりあえず則ってやって

みたらいい。たどり着くまでの過程に、

自分に見合う手法が見出せるかもしれないし、

少なくともたどり着けたという事実は残る。

 

ハウツー本は、自分の糧になる部分を

チョイスして肥やしにするもの。

全て真似ろというものでも、

これが完全完璧の正解というものではない。

自分の問いに応えてくれる項目があれば

それで十分、その人にとっては回答集に

なるのだ。

 

はっきり言うと、まるまる一冊が全ての

人に当てはまる本など存在しない。

写真のような嗜好本は特に顕著だ。

 

だからこそ、多くの本を参考に、

必要な項目のみをピックアップして、

糧にしていくことが大切なのだと思う。

 

僕も、もっともっと他の方の本を見て

研究しなければならない。

1冊に1つでも参考になることがあれば、

僕はその本に2000円も3000円も出した

価値があると思うのだ。

 

COMMENT