<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
久しぶりのシャッター。
『デジキャパ!』の撮影。

モデルは内田理央ちゃん(レプロエンタテインメント)。

理央ちゃんとの出会いはデビュー直後に遡る。
それから数回の撮影に、オイラのCP+でのセミナーに
出演してくれるなど、実は縁が深い。



今回の撮影、彼女とは実に4年ぶり。

素直さや愛らしさは相変わらずだけど、
女優らしい仕草や、オトナを感じさせる視線・ポーズなど、
初セッションの18歳の彼女を知ってる身とすれば、
すばらしい成長ぶりだ。

初々しい時間は撮影できているので、
これからの彼女を撮りたくなったね。

和やかな時間の中で撮影できた。
デジキャパの現場って、いいでしょ?w。

2月18日の発売をお楽しみに!


ありがとね!女優として成長していても
やっぱりあの頃のままの理央ちゃんでした。
またすぐにカメラを向けることになりそうだ。


内田理央ちゃんのツイッター。
ありがとね!
https://mobile.twitter.com/lespros_rio/status/692578796160032768?p=v
素直な可愛らしさがいいね!
デジキャパの撮影。

モデルは水谷果穂さん(研音)。
同じ静岡出身ということで、親近感が湧くねえ。
彼女は浜松市、オイラは静岡市、スタイリストK氏も
静岡市で、地元あるあるに花を咲かせる。

きけば彼女は浜松から通っているとのこと。
まだ擦れてなく、それがなんとも魅力的で、
素直な回答や笑顔がとってもよかった。
是非このまま素敵な女優さんになって欲しいね。


このチームで撮影すると、いい感じでしょ?
たくさん笑ったねえ。
ありがとね。
また是非ご一緒しましょう!
いい風、吹いたなあ。
今日は『デジキャパ!』の撮影。

天候は朝は結構な雨で。
でも午後には雨も上がり、過ごしやすい気温に。
こういった夏の日の撮影は日中は避けたくなるもの。
今日は本当にラッキーだなあ。


今回のモデルは朝比奈彩さん(ハーモニープロモーション)。
Ray専属モデルの彼女、ススッとポーズもハマるし、
テンポもとっても良く、ついついシャッターが進んで
しまった。

キュートさの中に素朴さが見え隠れして、それが
とてもいい感じ。積極的にあれこれとやってくれたので、
オイラも撮りがいがあった。
とっても楽しかった!


珍しくツーショットなど。
撮影、サンキュ!
また是非ご一緒しましょう。

彼女がブログで撮影のことを書いてくれている。
彼女のブログは
コチラ!
『デジキャパ!』15年7月号ソフト解説
『デジキャパ!』7月号のグラビアページの
ソフト解説をば。

モデルは森高 愛さん(テンカラット)。


Canon EOS5D Mark鶚
SIGMA 50mmF1.4 DG HSM
1/400秒 f2.0 ISO200 RAW WB:マニュアル



PENTAX645Z
HD PENTAX-D645 55mmF2.8AL[IF]SDM AW 
1/160秒 f3.2 ISO400 RAW WB:マニュアル


PENTAX645Z
HD PENTAX-D645 55mmF2.8AL[IF]SDM AW
1/250秒 f3.2 ISO400 RAW WB:マニュアル


PENTAX645Z
HD PENTAX-D645 90mmF2.8ED AW SR
1/400秒 f3.2 ISO800 RAW WB:マニュアル


彼女は明るくて、とてもキュート。
現役高校生らしい可愛らしさの中、
ちらっちらっとオトナの表情が見え隠れして、
それがとても心くすぐられる。
撮影そのものをとっても楽しんでくれている様子が
こちらにも伝わってきて、オイラもシャッター
1つ切るのがすごく楽しかった。

爽やかな初夏の風が吹き抜けるような、
素敵な時間だった。
『デジキャパ』6月号ソフト解説
『デジキャパ!』6月号のグラビアページの
ソフト解説をば。

モデルは新木優子さん(スターダスト)。


Canon EOS5D Mark鶚
SIGMA 35mmF1.4 DG HSM
1/1000秒 f2.0 ISO200 RAW WB:マニュアル



Canon EOS5D Mark鶚
SIGMA 50mmF1.4 DG HSM
1/250秒 f2.0 ISO200 RAW WB:マニュアル


PENTAX645Z
HD PENTAX-D645 28-45mmF4.5ED AW SR
1/200秒 f5.0 ISO800 RAW WB:マニュアル


Canon EOS5D Mark鶚
SIGMA 50mmF1.4 DG HSM
1/250秒 f1.6 ISO200 RAW WB:マニュアル


とっても明るくて、とても飲み込みのいい彼女は
non-noモデルとしてのさすがの動き。
こちらの心情とか意図の内面を伝えて、気持ちも
表現してもらった。

いい気持ちの河川敷でのカットは、あまりの
清々しさからお蔵入り!?
ゼクシィのCMで可愛らしい花嫁姿を振りまいて
おりますが、とってもお似合いで嫉妬w。

オイラとは、旅スナップ風をやりたいわ。
乙女、でした。
山本春花さんの写真展『乙女グラフィー展』を鑑賞。

可愛らしさもそうだが、同性(女性カメラマンと
女性モデルという意味で)対峙している生々しさと
言うか、匂いがしてくるようで、それがいい感じ。

プリントもそれぞれ。
額装もそれぞれ。
面白いなあ〜と関心してしまうものも。
でも不思議な統一感がありで、少なくともオイラには
できない世界観を覗かせていただいた感じ。

すべてフィルムで撮影されているからこその
なんと言うか湿っぽさがあるんだろうなあ。


いい感じでした。大いに参考になったわ。

サイト青山にて19日まで。



ということで、差し入れ代わりに、
この写真展に捧げる一枚をば。
SIGMA dp3 Quattro
 
ミントを深呼吸って感じ。
デジキャパ表紙の撮影。

今回のモデルは松井愛莉さん(アミューズ)。
抜群のスタイルで、かつ可愛らしさ満点の彼女。

撮影当日は、午後から天気は下り坂。
午前中の暖かさから、雲が出たとたんに寒さが。

でもさすがに馴れたもので、スパッとポーズや
表情を決めてくれる。テンポを先に伝えて、
丁寧にシャッターを切っていった。

シチュエーションや雰囲気を変えるたびに
なんというか、ミント味が口に広がるような
爽やかな呼吸がスッと入ってくる感覚…
そんな気持ちにさせてくれるシャッターで、
とってもいい気分で撮影させてもらった。

彼女が手にしているのは、オイラのX30。
カメラが欲しいと言っていたので、
おススメしてみた。

オイラが彼女の撮影をしている時に
シャッターを切ってくれていた。

オイラ以外に、デザイナーさんやM編集長など。

とっても撮りやすくて、いい雰囲気の現場でした。
また是非お願いしますね!
なかなかこれが。
webマガジンの撮影。

お世話になっているケンコートキナーの最新レンズ
AT-X 11-20 PRO DX 11-20mmF2.8を使っての
ポートレート作品を撮影するのが、今回の目的。

もちろん、CP+でたくさんお話をさせていただいたのだが、
とても出来の良いレンズだ。

だが、超広角レンズだけでポートレートを数十点撮るというのも
なかなか…なわけで。


今回のモデルは果夏さん(ソレイユ)。
彼女にはずいぶんモデルをお願いしているから、
オイラのその日の段取りも、理解してくれている。

ということで、この日の作品をお見せする日は
もうちょい先。

こうしてプロも鍛えられているなあ。
セミナー、無事終了。
スタジオグラフィックスのポートレートセミナー、
無事終了。

オイラのセミナーではショット数は少なく、
ワンショットごとに、自身の課題を持って
シャッターを切ってもらうことを心がけている。
そしてそのカットに対して、具体的な提案を
させてもらっている。

でもやはり時間が足りない…と思うことも。

少しずつ改善しながらセミナーを行ってきたが、
今回でこのシリーズのセミナーは一区切りしよう
と思う。

スタジオグラフィックス主催のセミナーは
ワンランク上の中級者向けのものか、
全く別内容の企画を検討中。

具体的になり次第、告知します。
乞うご期待!


今回のモデルは平野杏梨さん(オスカー)。
参加者たちの無理なポーズにお応えくださり、
ありがとうございました!
またお願いします!


 
CP+2015終了
CP+2015、昨日無事終了した。
今年は天候にも恵まれたので、大勢の方々にお越し頂いた。
何よりも四日間やれたことが、ホッとしたことだ。

今年も多くのコマ数をやらせていただき、本当に感謝。
その上、オイラは本当に好き勝手にやらせていただいている。
ご覧頂いた方はわかるだろうが、割愛の嵐。
自慢することではないがw。
それを良しとしてくださるメーカーの懐の深さに
頭が下がる。
来年また機会を頂けたら…頂けるかどうかは今後次第だが、
スタイルを変えることなく、笑いの起こるセミナーを
またやらせていただきます。

他のセミナーをじっくりと見ることが出来なかったので、
チラ見&お会いした方々の一部ですが。


ケンコートキナーブースと言えば、田原栄一さんでしょう。


塙真一さん。


柴田誠さんは取材で。お忙しそうだったなあ。


若子jetさんも、本当にあちこちで人を集めていた。
見に来てくれてありがとね!


鹿野貴司くん。
シグマブースでは大盛況だったねえ。

中井精也さんとは合間に少々。


安田菜津紀さん。
全く、話が上手だなあと関心。


遊びにきてくれたテキトー・ギリーさん。


同じく遊びにきてくれた山本弘之さん。
タムロンの打ち上げ、いかがでした?


ケンコートキナーでご一緒させていただいた高橋良輔さん。
説得力のある説明で、聞き入ってしまう。
これくらい上手に説明できたらいいのだが。


同じくご一緒した小河俊哉さん。
MILTOLシリーズの他、新レンズの解説などご担当。
あちらにはステージで盛り上げてくれた渡辺成美ちゃんが。


お約束w


写大の同級生の冨家くんに撮ってもらいました。
ありがとうございます!


今年のCP+もありがとうございました!

だいぶお祭り気分もぬけて、CP+というイベントに
ガップリ四つで取り組む段階に入ったかな。

来年はもっとクオリティの高い内容を…
いえいえ、お笑いのクオリティではなく、
ソフト部分でもハード部分でも、濃いものを
お送りできるよう頑張ります。

お越し下さいました方々、
お声がけくださいました方々、
このような機会をくださり、私のやりたい放題を
笑って許してくださるメーカーの方々
・ケンコートキナーさま
・シグマさま
・ニッシンデジタルさま

厚く御礼申しあげます。

 
江ノ島、晴れ
今日は26日は某誌の撮影。


モデルは木下綾菜ちゃん(サンミュージック)。

彼女とは1年半ほど前にご一緒させていただいた。
先日、彼女が所属する「さんみゅ〜」のライブを
拝見し、今回またお願いすることに。

江ノ島周辺をブラブラ。
天気予報では雨になるとのことだったが、日中は
陽射しがあり、春を思わせるような気持ち良さ。

マネージャーM氏とともに江ノ島・江の電初体験
だそうで、素で楽しんでいる感じ。

楽しんでくれると現場が明るく、雰囲気が良くなる。
実はとっても大切なことだ。

撮っているオイラも楽しみながらシャッタを切ることが
できたよ。

まるで観光気分となったわけだが、
いい表情をとらえることができれば、
それですべて満点なわけで。

夕方は今にも降り出しそうな曇天に。


“江ノ島ポーズ”を決める綾菜ちゃん!
リフレッシュできたそうだから、明日からも
頑張れるでしょう。

彼女のブログでも、今日のことを書いてくれている。
コチラ
またご一緒しましょう!
決まる美しさに感服
今日21日は某誌の撮影。

都内の某スタジオに出発する時は霙が降るほどの寒さ。
都内は雪になった。


本日のモデルは森川葵ちゃん(スターダスト)。

撮影は完全に春。衣装も春。
で、外で撮りたいなあ…と考えたのだが、
霙まじりの寒さなわけで。

いざ撮影開始!となったがさすがに寒い。
いやいや、オイラじゃなくて葵ちゃんがね。

でもそんな素振りは全く見せずに、
シャッターごとにスパッとポーズと表情を
決めていく。それは大したものだ。
モデル出身ということもあるが、高いプロ意識も
持ち合わせていているんだろうなあ。

撮影の合間にも小道具で楽しむ彼女。
その余裕が、良い表情を作っていると思う。

でもあの寒さの中、ありがとう!
またご一緒しましょう。
大晦日
2014年も終わろうとしている。

今年は色々と苦しかった。
なんとか綱渡りで乗り切った感じだ。

もう少しゆったりと構える姿勢が必要。
そして、苦しいことをオープンにすべきかな。

なんていうか、扉閉ざしている感じだからなあ、
オイラって。

すぐに切り替えられる訳じゃないけど、
努力はしないといけない。


FUJIFILM X30
12月21日
今日は某誌の撮影。


モデルは山崎紘菜ちゃん(東宝芸能)。

彼女と言えば、映画『神様の言うとおり』のヒロイン。
まあ、スタイルがイイわけよ、これが。
可愛らしさもそうだが、スタイルも生かしながら
撮影する。

陽射しが有ったり無かったりの、コロコロ変わる
光の環境。こういう光の調子が一番気を遣う。

休憩をほとんど取らずに2時間、一気に撮影し、終了。
オイラにしては珍しいなあ。


撮影後、彼女は秩父宮へ急行。
そっか、大学ラグビー選手権のイメージガールだったねえ。
風のように通り抜けていきました。
NIGHT LIGHT
先日、たいちゃんこと小澤太一くんの写真展『NIGHT LIGHT』に
お邪魔。

現在、仙台のキヤノンギャラリーで開催中の写真展『ナウル日和』の
スピンオフ写真展だ。
同タイトルの写真集も発売されているが、キヤノンギャラリーだけでは
とても伝えきれない内容なので、このようなカタチで行っていると思われ。

オイラとしては今回の方が距離感という意味で好みだな。


で、たいちゃん。
色々と話をしていると…


怪しい2人組に捉えられ、


あっという間に拉致られてしまいましたw。

その怪しいお二人は
山本弘之さん(左)と吉岡一紀さんの両写真家でした。

写真展は30日まで。
写真集をお持ちでない方は、買われてから写真展を見ることを
おススメします。
72ギャラリーです。
 
刺激、もらいました。
半蔵門のJCIIで行われている、鷲尾倫夫写真展
『THE SNAP SHOT』を鑑賞。

タイトル通り、ストリートスナップポートレートの
秀作が並ぶ。被写体には実直に、そして緊張感残る
人物の表情から鷲尾氏の好奇心に透かされた被写体の
バックボーンが見え隠れする。

直感で“ここがこの人の魅力だ”と嗅ぎ分けて、
それを軸に、被写体の内面を捉えているんだろうな。
撮影のタイミングは、出会ってすぐかもしれないし、
時間をかけてかもしれない。
それは鷲尾氏の経験による判断だろう。
ハッセルによるスクエアが多いが、そのフレームから
はみ出すほどの状況も空気も見えてくるようだった。

もちろん、オイラにすぐ出来るような事じゃないが、
姿勢は重要。経験が必要だし。でもやらなきゃ
経験はつめないわけで、肝心なことはやってみることだね。

お話しさせていただいた。
良いヒントをいただいた。
即実践できることだ。

師匠のことを思い出した。
いろいろなことが結びついて、自分の写真を考える良い機会に。


鷲尾先生、ありがとうございました!


愛用しているS3、自分のS3とツーショット。
※大橋さん、ありがとうございます。

あっ、きっかけを下さった赤城耕一さんに。
いやあ、すごい刺激になりました。
えも言われぬ、静かな衝撃でした。
そうそう、S3、仰る通りの“いい感じ”でした。

写真展は明日26日まで。
スナップをされるひとは、必見!


 
ナウル日和
最終日になってしまったが、初日のパーティ以来の
小澤太一写真展『ナウル日和』会場へ。


あいにくの雨天だが、会場にはたくさんの来場者が。
まったく、羨ましいというか。作品もあるが、彼の
人柄(?)かね。

で、ゆっくり鑑賞させていただいたが、現地の人を
フラットな目線で、生き生きと捉えている様が良い。
会場で同タイトルの写真集も購入したが、写真展を
これから見る人は、写真集は是非購入したほうがいい。
オイラの勝手な感想だが、写真展とは違う、タイトル
通りの『ナウル日和』がギュッと詰まっている。

キヤノンギャラリーは、これから巡回。
11月12日(水)からさらに写真展が行われる。
『NIGHT LIGHT』
TOKYO INSTITUTE of PHPTPGRAPHY/72Gallery
11月12日〜30日(日)

こちらも楽しみにしているよ。

※結局モノクロにしてしまったよw
初々しいねえ。
某誌の撮影。


本日のモデルは佐藤美希さん(ホリプロ)。
彼女は昨年のホリプロスカウトキャラバングランプリ。
大会最年長グランプリ受賞者…といっても、当時20歳で、
十分若いと思うんだけど。

ということで、オトナの雰囲気を作ってもらいながら
やんわりと撮影。

まだまだこれから!の彼女、20歳の初々しさがオイラにも
とっても新鮮。
楽しく会話も出来るし、今後が楽しみ。

またすぐにお会いするでしょうw。

ということで、今後もよろしくね。
いい感じ、でした。
オイラが講師をしている静岡デザイン専門学校の
ブライダルビューティー科の諸君の実習である
模擬結婚式にお邪魔。

学生が一からプランを立て、結婚式を執り行う。
毎年見ているが、こういう環境で行えることに
羨ましく思う。
そして、この機会を上手に使って欲しい。






で、よかったよ。
気配りが出来ていた点は、高評価です。
『デジキャパ!』8月号ソフト解説<1>
『デジキャパ!』8月号表紙のソフト解説をば。

モデルは葵わかなちゃん(スターダストプロモーション)。
撮影は都内ハウススタジオ。

ライトは自然光+ストロボ光。
正面向かってやや右から白傘+ディフューザーのストロボ光。
夏らしい、パリっとした光を演出するために、ストロボ光を
プラスさせる。
向かって左やや下からに白レフ1枚。
床に白布を敷いている。
背後では、M編集長とデザイナーH氏が
懸命にシャボン玉を作っているw。


カメラはCanon EOS5D Mark鶚。
レンズはSIGMA A50mmF1.4 DG HSM。
1/640秒 f4.5 ISO200 WB:マニュアル RAW。

ちなみに彼女が持っているX-T1、オイラの私物。
まあ、たまにはこんなこともいいでしょうw。

ストラップはTroisのもの。
コチラ

※構図は文字等が入ることを考慮してのものです。

彼女、すっごく楽しそうに撮影に臨んでくれた。
撮影現場の雰囲気は最高だったよ。
合宿にて。
オイラが講師をしている専門学校の写真コースの諸君と
合宿(と言う名の、何と申しましょうか、想い出作りかなあ)で、
皆とぶらぶらスナップ撮影。









※全てSIGMA dp2Quattro

本当に皆、いいコ達だ。
もっともっと突っ込んだことを教えてあげたいのだが…。
まあ、もうちょい講義が残っているし、展示会もあるし、
アラモードもあるし。
もっと楽しもうではないか!


で、おみくじを引いてみた。
結果は…。

まあ、今年4回引いて、全て同じ結果。
今年の運勢を完全に占ってくれているわけで。
停滞期なんだそうだ、今年は。

でも、内容はなんというかポジティブで。
だからか、今日のおみくじはいい気分に。

怒濤の月末。
少しでも睡眠時間を確保しなきゃだ。
何となく…。
世間は三連休だが、オイラは原稿書き。







SIGMA dp2 Quattro 30mmF2.8

今日売りの『デジキャパ!』8月号で表紙のモデルをしてくれた
葵わかなちゃんが、撮影当日の様子をブログでちょこっと紹介
してくれている。
楽しんでくれたようで、よかった!
コチラ!
届いた!
Troisさんに、オイラのアイディアを盛り込んだストラップを
作ってもらっているのだが、今回4本お願いした。

『デジキャパ!』の表紙でモデルさんが手にしている
カメラに装着しているストラップは、全部これ。

今売りの小松菜奈さんの右腕にも巻かれている。
今回のストラップは純粋にオイラが使うつもりで
作ってもらったが、今回のも表紙に登場することは
まあ、ほぼほぼ間違いない。


こんな感じで送っていただいた。

カラーは
ブラック×赤ステッチ、
ネイビー×生成ステッチ、
イエロー×生成ステッチ、
ブラウン×黒ステッチ
の4種。

長さも、それぞれに好みの長さをお願いした。

ここはカラーにステッチの組み合わせを選択でき、
長さも好みの長さにしてくれる。


で、2つだけ開封。

ブラック×赤ステッチ、ネイビー×生成ステッチ。


ブラック×赤ステッチは最近仲間入りした
SIGMA dp2 Quattro用にした。


装着!いい感じだ。
ストラップを変えるだけで、持って歩くのが
楽しくなるね。

Troisさんのストラップは
こちら

 
晴れ男…でしょ!?
先日、某誌の撮影。


モデルは葵わかなちゃん(スターダストプロモーション)。
クラスを明るくしてくれそうな、可愛らしい女のコだ。

雨がNGの撮影。
でもオイラがどうすることもできないわけだが、撮影日は
限定されている。どう日にちをふっても天気予報は雨。

使いたいスタジオがあったのだが、第二キープ。
でも、第一キープの方は天候を理由にキャンセルされ、第一に。
日程もスタジオも一気に決めちゃえ!ってことで、即連絡。
編集長には「大丈夫!雨は降らないって!オイラは晴れ男だから!」
と、なんの根拠もないことを主張。
編集長も、「そういえば、雨らしい雨の時って、一回しか
なかったねえ。しかもその日は日差しが要らない撮影だったし」
と、なぜか納得してくださり。

で、撮影当日。
快晴とはいかなかったけど、十分満足のいく天候に。
なんか、賭けに勝った気分で、撮影前から皆でハイテンション!
わかなちゃん、最初は驚いただろうなあ。
いいおっちゃん達が何人もテンション高く動いているからねえ。

今回の撮影も、スタッフ皆で楽しみながら行えた。
最後まで笑いが絶えずに4時間あまり。
雰囲気よく撮影できること、すごく大切なんだよ。

わかなちゃんのブログに、当日の様子がちらり。
こちら
 
完全にダウン…。
夏風邪で、完全にダウンしてしまった。

撮影中、ちょっとおかしいな、と思った。
でも陽に当たっていたから、熱中症かも…と。
水ばかりだったし、ミネラル分の不足かしらってね。
でも昼食も全然入らないし、撮影後には気持ち悪いわ
お腹痛いわで。

そういえば、前日息子がおなかを下していた。
冷たいものの飲み過ぎかなと思ったけど、
もしや!?
帰宅すると家内までが吐き気を訴えている。

どうやら一家で夏風邪らしい。

その夜は、トイレが忙しかった。
こんな忙しい夜は無かったなあ、は
トイレが口にしそうな言葉。

一緒にいては余計に悪化すると判断し、
オイラは息子を連れて実家へ。

講義をなんとか済まし、即休養。
上から下から、やはり忙しい。 
ああ、編集の方々、申し訳ないです。

息子を抱えて、夜を過ごす。
トイレへは行かずに済んだ。
朝を迎える頃には吐き気は無くなった。

午前中は大人しくしていた。
息子の便が普通に戻り、ホッとする。
TELで家内も吐き気が消えたことを聞き、ひと安心。
これで家に戻れる!

夕方、自宅に戻る。
歯医者で治療の続き。

さっき、皆でうどんをすすった。
やっと食事ができた。ああ、幸せ。
本当に美味しい!

健康ってすばらしい。
食事ができるって、なんて素敵なことなんだろう。

今日の夕方の空。

晴れ間がポコッと見えて、これも素敵な光景だ。


息子はウータとずっと一緒でした。
 
う〜ん…いいなあ。
某雑誌の撮影。


モデルは小松菜奈ちゃん(スターダストプロモーション)。
ドコモのCM、よかったんだよね。で、オイラの希望で今回の撮影。

なんというか、すっごい雰囲気のあるモデルさんで、
ミステリアスだし、それでいて可愛らしさもあって、
いいんだよ。
それにすっとハマる感じも、よくわかる。
あまりのスムーズさに、1時間早く終わってしまった。

そのあと編集長とデザイナーさんとで、ハマるねえの
連発。
また是非ご一緒しましょう!

なんというか、ちょっと表現について掴ませて
いただきました。感謝!
スタジオグラフィックス・セミナー
先日、スタジオグラフィックス主催(ケンコートキナー、
ニッシンデジタル協賛)のポートレートセミナーが開催された。
今回で4回目だが、いつもいつも、参加してくださる方々には
本当に感謝だ。

オイラの口の悪い解説についてきてくださるし、
強烈なダメだしがあったり、いじり倒されたりと
なかなか味わえない雰囲気を売りにしているだけに、
びっくりされる方も多いだろう。

例えば構図やライティングもそうだが、テンポとか
モデルとのコミュニケーション(…これは参考にならんか)など、
何かのヒントになるものがあれば嬉しい。

このところ初心者向けだったので、中級編やってみようかな。
人数をもっと少なくして、じっくり。金額面の折り合いがあるけど。

次回の開催は8月を予定。


ということで、今回のモデルは星名利華ちゃん(イトーカンパニー)。
彼女は楽しいし、いいねえ。
とっても良かったです!またお願いね。
彼女のブログは
こちら




 
仲間入り。
新たな標準系レンズがやってきた。


シグマ50mmF1.4 DG HSMは、CP+でも紹介させて
いただいたが、あらためて製品版で撮影すると、その良さを
痛感。開放からシャープに解像し、きれいで大きなボケが
堪能できる。
現在発売されている50mmでは、最高の写りを見せてくれると
断言できる。もちろん好みの問題だが…。

ただ、旧型の50mmF1.4 EX DG HSMも写りは面白い。
開放付近で見られる“滲み”がなんとも美しい。
これもCP+の際に申したが、旧レンズユーザーは、
手放さないことをお勧めする。
新レンズとはまったく性格の違うレンズなので、
別々に楽しめるから。

どちらもまだ…という方は、是非両方を。
旧型で価格が下がるかもしれないので。

もう一つはフジの35mmF1.4。
X-T1につけるのは標準!と決めていた。
フジノンは昔から定評のあるレンズ。またこのところの
フジの色がとってもよく、機会をうかがっていた。
借り物のX−T1と数本のレンズをたっぷり使わせていただいた
結果、加えることにした。

シグマはもちろん、フジも仕事用カメラ。
バンバン現場に出てもらいましょう!

しかし、標準系は奥が深い。
そして飽きないねえ。

オイラにとっては、いつまでも鮮度を感じさせてくれる
大切な焦点距離。
初めて手にした自分のカメラ(AE-1)には、
50mmF1.4のみが付いていたから。
その50mmだけで数年写真を撮った。
それが今のオイラを支えていると思う。
 
いい空気感でした。
某誌の撮影でした。


モデルは高畑充希さん(ホリプロ)。
歌にドラマに映画に、活躍中ですなあ。
そういえば、ウメッシュのCMもね。

独自の空気感を持つ彼女、でもその空気感は透明で、
不思議な感覚だ。
キュートを見せてくれたと思えば、スッと静寂を醸し出したりと、
本当にいろいろな魅力を感じさせてくれた。

それを等身大にとらえようと、できる限り標準レンズで
撮影することにした。9割ぐらいかな。
一定の緊張感をキープでき、いい感じで撮影終了。

オイラなりの彼女の世界観を表現できたかしら。
また是非ご一緒しましょう!
新鮮な気持ちで。
先日、いつもお世話になっているイトーカンパニーさんに
お邪魔。

イトーカンパニーさん所属のタレントさん女優さんを
撮影する機会がオイラは多い。
いつも撮影させてもらっている藤江れいなちゃん(AKB48)も
そちらの所属。

で、せっかくいるのだから、宣材用にということで
ちょいと撮影。


星名利華ちゃん
彼女は大学生。もう春休みは終わったねえ。
15日からシモキタで舞台があるのね。がんばってね!
FUJIFILM X-T1+56mmF1.2


溝口恵ちゃん
彼女は何度も撮らせてもらっているけど、このところ
ちょっと大人っぽくなったねえ。
主演のショートムービーがロスのフィルムフェスティバルで上演
されるそうで。
FUJIFILM X-T1+56mmF1.2


朝倉ふゆなちゃん
彼女はお初でした。
溝口恵ちゃんと同じショートムービーでダブルキャストなのね。
高校生になったばかりで、この日は授業初日だったそうだ。
Canon EOS5D Mark鶚+SIGMA 24-105mmF4

彼女たちと話していて、妙にフレッシュな気分になったよ。
 
散会!
2010年から加入・参加していた写真家+αプロジェクト
『kwenda』の活動を、一区切りすることにした。

メンバー皆で話をした結果、
団を組んで行うことは十分に果たせたこと、
メンバー全員での行動が難しくなっていること、
などから、
変にだらだらと続けるよりも、一度見切りをつけることで
意見が一致した。

写真業界で活躍しているメンバーには本当に刺激を受けたし、
途中からの参加であるオイラを、いつも温かく迎えてくれ、
立ててくれていた皆には本当に感謝!
写真展や書籍も一緒にやれて、嬉しかった。

またkwendaを応援してくれた皆様にも
心からお礼申し上げたい。

“kwenda”って(メシが)くえんだ?から来ているのって
よく聞かれた。

でも
“”kwenda”=突き進め!
という意味。

それぞれ、また邁進していきます。

ラストのフォトログ、是非ご覧ください。
コチラ!




最後に集まりましたメンバー全員です。
(右奥のお方は、特別参加の写真家・大亀京助さん)

第一回写真展以来のフルメンバーでした。

 
山梨、でした。
山梨フジカラーさん主催の撮影会『甲斐敷島梅の里
春のモデル撮影会』の指導をさせていただいた。

この撮影会、昨年も指導させていただいたのだが、昨年は
午後から悪天候に見舞われ、たいへんなことに。
今年もそうならないよう願いつつ、スタート。

気温は徐々に上昇し、風もなく穏やかな日和に。
モデルをしてくれたIkumiさん、新垣杏さんも頑張って
くれて、参加してくださった方々は、たくさんシャッターを
切ってくれていた様子。

嬉しいことに、この撮影会では高校生の参加が目立つ。
大人の皆様に混じってレンズを向ける姿は、なんとも
微笑ましい。それに加え、ここの撮影会の参加者の皆様は
本当に規律正しい。オイラが知る限りでは、大撮影会と
しては1.2を争うモラルの良さだ。
オイラも積極的に学生諸君を最前列に行かせたが、それを
見守ってくれていた皆様に、本当に感謝!

心から気持ち良く『お疲れさまでした!』といえる
撮影会指導、こちらこそありがとうございました。


モデルを務めてくれたお二人。
(左から)Ikumiさん、新垣杏さん。
とってもよかったです!ありがとう。


梅は、まだこれからでした。
今月末あたりでしょうか。
CP+終了!&ありがとうございました!
今年のCP+、終了いたしました。
三日目の、まさかの中止もあり、今回のCP+は消化不良の方々も多かったはず!?
でも最終日は本当に多くの方々にお越しいただき、感謝です!


三日目の桜木町はこんな感じで。


雪もかなり積もりました。


が、10時過ぎには青空も見えたりして。

開催本部には、来年の対策を本気でしてもらいたい!


翌、最終日は青空と雪のコントラストが気持ちのよい日に。


ケンコートキナーブースに遊びにきてくれた若子jetさん。
彼女を挟むは、“カメ高”こと高橋良輔さんと小河俊哉さん。
ともにケンコートキナーブースでセミナーをご一緒させていただいた。



そのケンコートキナーブースではこんな感じでした。

忘れちゃならないのは田原栄一さんでしょうw。

ほかのブースになかなか伺えず。
新製品、見たかったなあ…。

安田菜津紀さんがお話をされているのをちょこっと。


オイラと一緒にセミナーに立ってくれた林恵理ちゃん。
今年もおつかれさまでした!
三日目が誕生日だったね。
二十歳の誕生日、おめでとう!
で、来年もよろしくです。

ニッシンデジタル、シグマの両ブースにも多くの皆様にお越しいただきました。
本当に感謝です!

来年もどこかでお会いできますように。

追伸、CP+で口にしておりましたセミナーは
コチラです。
開催は今週末の22日(土)。
主に初心者向けのポートレートセミナーです。
自然光とストロボ光を使ったポートレートを撮影してみましょう!っといった内容です。
セミナー中は、ケンコートキナーレンズとニッシンデジタルのストロボが使えます。
モデルは吉田彩花ちゃん。20日発売の『デジキャパ!』3月号で、ストロボ企画を
ご一緒いたしました。
スタジオは、これまた『デジキャパ!』3月号の表紙・巻中グラビアを撮影(モデル:土屋太凰ちゃん)で
使用したスタジオです。

ご参加、お待ちしております!
アラモード、終了しました。
先日の9日、今年のデザインアラモード、無事終了いたしました!

学生諸君、よかったよ!
在校生諸君は、いろいろと参考にしてほしい。


代表してビジネス科の諸君と


ブライダルビューティー科の諸君!


オイラは、CP+の準備に追われています。
デザインア・ラ・モード始まる!
今日からオイラが講師をさせていただいている静岡デザイン専門学校の卒業制作展
『デザインア・ラ・モード』が始まった。
会場は東静岡駅横のグランシップ内。
詳しくは静岡デザイン専門学校HP
コチラ


グラフィックデザイン科の諸君です。
皆様のお越しをお待ちしております!

あっ、明日は静岡でも雪になるとか…。
謹賀新年&『デジキャパ!』1月号ソフト解説
 明けましておめでとうございます!

2014年を無事に迎えることが出来た。
大きな病気や怪我もせずに過ごすことが出来た昨年同様、
まずは健康面を気をつけたい。

とりあえずは人間ドックに入りたいな。
CP+後になるとは思うが。

今年は全く違う畑で勝負することにした。
もちろん、全てを注ぎ込むことはできないだろうが、
今のままでは、オイラは成長が無い。
厳しい環境に身を置くことで、もっともっと上に行きたい!

その為の撮影に重きを置く一年になるだろう。
わくわくするねえ、新しいことってさ。

で、まあ、そんな感じなのです。

では学研『デジキャパ!』1月号の表紙カットの
ソフト解説をば。

モデルは板野友美さん(ホリプロ)。
撮影は都内の某ハウススタジオで。

ライトは自然光。
大きな白布で自然光をディフューズし、柔らかい光質をつくる。
向かって左下から銀レフ、右に白カポック。

カメラはCanon EOS5D Mark鶚。
レンズはTamron SP24-70mmF/2.8Di VC USD。
1/100秒 f4.5  ISO200 WB:マニュアル RAW

※構図は文字等が入ることを考慮してのものです。

彼女がフワッと浮き上がるようなライティングを心がけた。
窓ガラスの映り込みにはかなり注意した。



では、今年もよろしくお願いいたします!
『デジキャパ!』12月号ソフト解説<2>
 世間の官庁、一部企業は、今日が仕事納めらしい。
でも、オイラを始め、多くの自営業者と同業種者の方々は
まだまだでしょう。
今やっている原稿、もちろん年越しとなりそうですw。

では『デジキャパ!』2013年12月号のソフト解説<2>をば。

ソニーα99
カールツァイス PlanarT*50mmF1.4 ZA
1/40秒 F2.0  ISO400  AWB  RAW


ソニーα99
カールツァイス PlanarT*50mmF1.4 ZA
1/20秒 F2.0  ISO200  AWB  RAW


ソニーα99
カールツァイス PlanarT*50mmF1.4 ZA
1/25秒 F2.0  ISO200  AWB  RAW


ソニーα99
カールツァイス PlanarT*50mmF1.4 ZA
1/20秒 F1.7  ISO100  AWB  RAW


キヤノンEOS5D Mark鶚
シグマ35mmF1.4 DG HSM
1/30秒 F2.2  ISO200  AWB  RAW

キヤノンEOS5D Mark鶚
シグマ35mmF1.4 DG HSM
絞り優先AE(1/40秒 F2.2) 
 ISO400  AWB  RAW

ソニーα99
カールツァイス PlanarT*50mmF1.4 ZA
1/10秒 F1.7  ISO100  AWB  RAW

モデルは小島藤子ちゃん(ABP)。
彼女の当日のブログは



おおっ!感激!
 今日は某誌の撮影。

モデルは朝倉あきさん(東宝芸能)。

朝倉さんは、現在公開中のスタジオジブリ最新作
『かぐや姫の物語』の主役の声をされている。

『かぐや姫の物語』、オイラ的にはとっても良かった。
絵の美しさもそうだが、じわっとくる切なさに涙して
いた。
で、その声で撮影のやり取りをしてくれているわけで、
今までにない感激が!
「姫っ!」と叫びたくなるのをグッと我慢していると、
後ろから「姫っ!」と叫んでいる編集長殿やスタイリスト
Kさんが。
今日の撮影は、まさに『かぐや姫の物語』の雰囲気
いっぱいだった。

彼女はとっても柔らかな空気を持ち、透明感にあふれて
いる。それでいてとても明るくて、すごくいい気持ちに。
いやあ、楽しかったよ!ありがとう。

別シーンで撮りたくなった。
是非、よろしくです!

帰りの車中、渋滞の中で主題歌を繰り返しかけて
帰ってきました。ははっ。

彼女のブログは
コチラ


Shinra
 新宿エプサイトで開催中の大野雅人写真展『Shinra』に
お邪魔した。


写真展そのものの内容も良かったが、特筆すべきは
そのプリントの美しさだ。
見た瞬間、鳥肌が立った。

ハイライトとシャドウ部の絶妙なバランス。
ハイライトは出しゃばらず、シャドウが全体をなだめるような、
物静かな調べ。
シャドウの中には豊かなトーンが残され、まるで浮かび上がって
くるような存在感だ。そして猛烈な立体感。
カラーバランスを程よく散りばめた、落ち着いた色使い。
プリントの美しさは、オイラが今年見た写真展の中では
間違いなく1番だ。
オイラと同じプリンター、同じ用紙、もっと言ってしまえば、
同じカメラを使っているとは思えない。
その完成度の高さには、驚くばかりだった。

このプリントの調子こそ、オイラの求めている調子だ。
見つけた!って感じで、とても興奮した。
大野さんにもっとゆっくりうかがいたかったが、時間が無く。
明日迄の会期だが、もっと早く観に行けば良かったなあ。
絶対にプリントを購入しておこう。

そして、機材じゃないなあ、表現へのアプローチが
重要なんだなあと、改めて思ったよ。

写真展詳細は
コチラ

11月22日
 今日22日はデジキャパの撮影。

来月号の付録となるカレンダーの撮影だ。
モデルは藤江れいなちゃん(AKB48)。
これまでの連載で撮影した彼女のカットに加え、
カレンダー用に撮り下ろしたカットで構成される。
先日20日発売の12月号の巻末、編集後記にもひっそりと
告知がされている。

でも…う〜ん、結構贅沢なものだなあ。

いい天気で暖かい。
撮影は都内ハウススタジオで、6時半集合。
ここから皆で頑張りましたよ!

暖かいとはいえ、11月も終盤の今日、
れいにゃんは半袖にアイスをくわえてくれた。
オイラも負けじと、Tシャツ1枚で!

まあ、まわりはぬくぬくしていたけどねw。


ということで、12月20日をお楽しみに!

※アザーカットは発売後にお見せできると思います。
それまでお待ちを。
ハロウィーンの模様
 31日は全国的にハロウィ−ン。
ということで、オイラが講師をしている専門学校でも
有志でハロウィーンパーティが行われた。

その模様を。
※全員を撮影&掲載できずに済みません。

































実行委員、お疲れさま!
疲れて死んでしまったか!?

来年も盛り上げてくれ!

もうすぐです。
 先日、ケンコー・トキナーHP上の、作例用撮影をしてきた。

モデルは日向恵理ちゃん(シャンデリア)。

その日は天候もイマイチで、特に陽射しなど一瞬しか
なかったけど、恵理ちゃんが、まさに名前の如く、
明るくていい感じの雰囲気。
おかげでスムーズに撮影できた。

午後の外ロケは、今にも降り出しそうな空模様。
そこで、ストロボで太陽を作ることに。

ストロボはニッシンMG8000。
これなら安心して連写が出来る。現在は純正ストロボは出番が無く、
専らMG8000か同じニッシンのDi700。
詳しくは⇒コチラ
ストロボ多用派のオイラ。
宣伝ではなく、純粋にいいよ、これら。

作例は近日公開予定!

恵理ちゃんとは、11月4日の、オイラの講座にも
モデルで来てくれる。
※午前午後共に満席だそうです。ありがたいことです。
これからの方は、キャンセル待ちになるようです。

いい感じになりそうだ。
のほほん
 今日21日は某誌の撮影。

モデルは小島藤子ちゃん(ABP)。
藤子ちゃんと言えば、オイラ的には『カーネーション』の良い演技が
印象的。最近では『リーガル・ハイ』の南風るんるん(笑)。
ということで、撮影するのを楽しみにしていた女優さんのお一人。

都内スタジオに集合。
今日は日差しが欲しかったなあ。
でも昨日の天気や週間天気予報を考えれば、今日はまだいいほうかな。
彼女もカメラにかなり興味があるそうだ。
某社のミラーレス一眼を見せてくれた。写真を楽しんでくれている人を
撮影すると、こちらも楽しくなるね。

彼女もブログに書いてくれている。
コチラ
うれしいねえ。何か一緒にやりましょう!

今週は天気がよろしくよろしくない。
でもここは攻めの姿勢で。





台風前夜
 台風26号が関東・東海に近づいてます。

明日の朝は、交通等の乱れが出そう。
オイラは明日の撮影は延期にした。

…スライド日程がまた難しい。

SIGMA SD1 / 24-70mm
皆様、どうぞご注意下さいませ!
祝!
 遅くなったが、あのお方がじゃんけん大会で見事選抜入り!

ということで、心より“よかったね!”と言わせていただきます。

オイラのところに感謝のお言葉をくださるファンの方々と、
訪問くださる方々へのプレゼントとして、
あらたに掲載いたします。



藤江れいなちゃんのブログは
コチラ
ほんの少し
 富士フォトギャラリー新宿で行われていた東日本大震災 
復興支援チャリティー展に顔を出してきた。

オイラはこういったイベントに全くと言っていいほど
縁がない。
※別に避けている訳ではなく、お声がかからないということです。

で、ちょっとだけでも、と思い、参加写真家のポストカードを
2枚購入。
そういうことで、kwenda仲間のお二人のものを。
清水哲朗さんと、

福田健太郎さん。
それぞれポストカードにサインが入っています。

復興を、心から願っています。
※これからも個人レベルで東北の応援していきます!

パン大好き!
 昨日25日に某誌の撮影。

モデルは大野いとちゃん(ホリプロ)。
彼女はパン屋さん巡りが趣味の、パン大好き少女。
その知識たるや、おっちゃんたちが束になってあれこれと
お店を口にしても、すでにチェック済なわけで。

オイラもパン大好きだし、それでもひとつお教えしたい!
ということで、ここのは知らないだろう…と思ったのですが、
本店が三軒茶屋だから、きっとそっちの方でチェック済み
だよな。

和気あいあいと撮影は進みまして。
それはそうと向かいのスタジオでは
コスプレの方々の撮影会をしていたらしく、
これがまたすごいんだなあ。
全員でジッと見てしまいました。
(スタジオの方に後から聞いたが、コチラが撮影中に
あちらの方々の多くがコチラを見ていたそうで。)

ご覧の通り、『小麦LOVE!』な訳です。
また是非ご一緒しましょう!

スタイリストKさんの差し入れのパンにかじりついて
おりました。

ラブリーな正体
 ラブリーだったのは…

うさぎさんと一緒だったからです!

そんなにうさぎでテンションあがるかと?
あがるでしょ!
オイラもネザーランドドワーフの飼い主である
うさぎ愛好家ですから。


ということで、抱っこしているカットをば。

ブログ限定連動企画の
藤江れいなちゃんのブログは
コチラ


ラブリーな日
 今日22日はデジキャパ!連載の撮影。

どんなことをしたのか、なんでラブリーな日なのかは、
藤江れいなちゃんがブログで語ってからにしようと
思うのだが、まだ言っていないようなので、
オイラは後で言うことに。

しっかし、今日は暑かった。
じっとりとした暑さだから、汗が止まらない。
今日はシャツ4枚替えたが、足りなかった。
明日はもっと必要かな…。


7月16日
 今日16日は某誌の撮影。

午前中はみなとみらい界隈。
お昼を境に都内のスタジオへ移動。
う〜んと千葉寄りなので、ヒヤヒヤしながら。
でも、安全運転は心がけていますよ!

今日のモデルは刈谷友衣子ちゃん。
それほど暑くは感じなかった気温も、撮影が始まると
暑く感じたのは、彼女が涼しげに見えたからかしら。
ゆる〜い雰囲気の中、戸惑わなかったかな?
オイラの割にはけっこうシャッターを切ってしまった。
ああ、撮らされたのねw。
そそっとした、日本的な雰囲気があって素敵でした。
また是非ご一緒に。

風邪にやられてしまった。
今週はキツいし、早く治さねば!
続きです。
 藤江れいなちゃんが、本日もブログでアップしてくれて
いるので、オイラも!

彼女のブログは⇒コチラ



デジキャパ!8月号もお楽しみに!
伝説!?
 今日27日は、『デジキャパ!』連載の撮影で、
藤江れいなちゃん(AKB48/TeamB)と横浜へ。

前日の横浜は大雨洪水警報が発令されたほどの荒天。
今日も日中は雨が残るとの予報だったのだが…。
明けてみれば、いい天気!!
う〜〜む、確かに彼女との撮影は、雨どころか
曇りにもなったことがなかったが、さすがに今日は
雨だろうと。そして雨対策をとっていたのだが。

ここまでくると、もはや伝説かっ!?

撮影はとってもスムーズ。
彼女の上達ぶりは本当にすごい!
今日も時間めいっぱい、たくさんシャッターを切っていました。
発売をお楽しみに。

さて、恒例のブログ連動企画。
オイラと彼女のブログで、それぞれでしか見られない
オイラ撮りおろしのカットを掲載します。
どうぞ、お楽しみください!
彼女のブログは⇒コチラ




新鮮!
 先日、某雑誌の撮影で横浜へ。
 
モデルは早乙女晴香ちゃん(イトーカンパニー)。
オイラの撮影で、ちょっと緊張していたというが、ゆる〜〜い現場で
拍子抜けしたかな?でもフレッシュな感じでよかったよ。
最後まで笑顔絶やさず頑張ってくれた。
ありがとね!またご一緒に。
彼女のブログは⇒コチラ

新鮮といえば、専門学校の講義はポジ実習。
初めて見るポジ、スリーブを一斉に見る学生諸君!
綺麗でしょ!
この瞬間を忘れないでほしい。

OLYMPUS OM-D E-P5+25mmF1.4
わっしょい!
 某誌の撮影で、夕方から都内のスタジオに入る。

今回のモデルは清水富美加ちゃん。
彼女とは約2年ぶりの撮影。大人っぽくなったなーと
思いきや、全く変わらないキャラに一安心。


夜の雨の中、頑張ってもらった。
ありがとね!
前回の彼女のカレンダーはオイラの撮影、
次も一緒にやりたいねえ!
彼女のブログは⇒コチラ

リコーGR
6月1日
 今日6月1日は写真の日。


今年は特別な何かをするわけでもなく、仕事でいた静岡から
帰ってきて、原稿を書いているだけだ。

でも今日くらいは別の見方をしてみてもいい。
写真には本当に感謝している。

もちろんプロなんだから、写真で生活できているって意味で、
必要としてくださるクライアント様々をはじめ、作品を表に
出すことを良しとして下さる関係者の方々、
モデルをしてくれる皆様、ヘアメイクさんやスタイリストさん
など、挙げていったらキリがないほどの方々に支えられて、
本日のオイラがあるわけで。
そうしたプロとしての活動ができることへの
感謝は日頃から当たり前なんだけど、それ以前に、
写真に出会えてよかったなあと、本当に思うわけ。

写真に出会っていなかったら、今頃何をしているんだろうね。
別の表現を見つけて、何か活動していたかな。
もっともそんなこと、考えたことも無いし、考えないけど、
写真はオイラにとってアイデンティティーなわけで、
ヌキにはやはり考えられないものなんだよね。
きっと何にも持ち得なかったオイラを、こうして一人前の
表現者(いや、生活の糧という方向もあるが)として
社会に置かせてくれているんだから。

プロとかアマチュアとか、そんなことは関係なく、
写真という表現があってよかったな、と心から
思うよ。
そして、これからもお付き合い、よろしく。

※現在発売中の『デジキャパ!』6月号でのアザーカットです。
藤江れいなちゃん(AKB48/TeamB)
Canon EOS5D Mark鶚+SIGMA 50mmF1.4

 藤江れいなちゃん(AKB48/teamB)がブログにて
色々と取り上げてくれている。

そのブログの中で、彼女が撮ってくれたオイラの顔が!?
コチラを参照
その時の彼女はどんな顔でシャッターを切ってくれていたか…。

実は対撮りをしているので、お見せいたします。







こんな感じでした!

せっかくなので、彼女曰く『萩原写真館』の続き(番外?)で。


彼女が表紙の『デジキャパ!』6月号は、5月20日発売です!
お楽しみに!
あっ、彼女のブログに、彼女のカメラで撮影した別カットを
絶賛公開中!ぐぐたすにもあったかな。
コチラ

温かく、そして写真を喜んでくださる皆様がいらっしゃる
からこそ、このような写真を公開できます。
ありがとうございます!
最後に、れいにゃん、ありがとね!

OLYMPUS OM-D E-M5+75mmF1.8
時代というもの。
 ハッセルブラッドのVシリーズの生産中止が発表された。
これも時代というものだろう。

とにかくオイラの写真の中心はハッセルだった。
HPのトビラにもハッセルを使っているほど、大好きなカメラ。
スタジオでは553が中心。500Cもあったが、553の方が
圧倒的に頻度が高かった。
オイラのは503cxi。これにCF80mmをつけての世界が
とっても魅力的だ。

このニュースで、ハッセルの中古価格は上がるだろうな。
パーツはかなりあるそうなので、修理は当分大丈夫らしい。

今はまだフィルムを十分に楽しめる。
この夏はデジタルばかりでなく、フィルム回帰になりそうな
予感がするよ。

※でもこの下の写真はE-M5+SIGMA30mmF2.8(New)ですがw。



冷たい雨
 今日は寒く、冷たい雨になった。
日中はロケハン、戻ってからはデスクワーク。
冬のような底冷え、季節の変わり目にすぐ風邪を引くオイラには
ちょっとキツい一日だったなあ。


雨は降り、そしてやがて芽が出て花を咲かす。
それが、自分が初めに描いていた場所でなくても、
根をはり、実を付けることができたのなら、
その場所こそが自分の居場所になることを、
自然の摂理は学ばしてくれる。

つまり、そういうことだ。

んふふっ(笑)
 今日は某誌の撮影。

都内某所のスタジオに向かう。
いつもなら渋滞している道が、珍しく空いていたので
かなり早く現地に入ってしまった。
余裕を持って朝マックをする。

今日のモデルは藤江れいなちゃん(AKB48/teamB)。
彼女とは某誌(といっても、ほとんど公になっているのだが)で
連載をやっていて、今日はその撮影日だ。

※いつも決まったブログ写真になってしまうので、
今回は“ブログ用”のカットを撮影してみました。
いかがでしょうか?
これから彼女がブログに登場する時は、このような
カットを撮影したいと思います。
乞うご期待!

今回も楽しくレクチャーさせていただいた。
ネタバレになってしまうので、これ以上は言わないが、
いい感じに進んでいると思う。

オイラの撮影もいい感じに。
やっぱり彼女は何度ご一緒しても撮りやすいねえ。
オイラの好みを分かってくれているしね。
いつもありがとね!

彼女のブログはコチラ
あっ、コチラも!

本日のもう一人の功労者・友城ちひろちゃん。
ほわっとした、可愛らしいコでした。
細かい注文、大変だったでしょう。
ありがとう!またご一緒しましょう。

合間につまみ食いしているれいにゃん発見!

んふふっ、こんな感じの楽しい現場でした。

名残
 オイラが講師をしている、静岡市の市民カメラマン事業で、受講して下さった皆様との酒席を、市の広報課の方々が作ってくださった。


市民カメラマンの皆様には、ずいぶんキツいことを申したが、どなたも途中で抜けること無く来てくださった。
そしてこのようにお集まりいただき、感謝!

掛け値無しで、技術は上達していますよ!どんどん、積極的に撮影に出掛けてください。それが記録と同時に市の財産になります。
また、皆で集まった時に、一献!

地元のお祭りも、少し寂しいものに。

なかなか人数が集まらないらしい。まあ当然だ、年度アタマの、しかも平日だ。おつとめの方はまず無理だ。せめて土日を絡ませてもらえないだろうか。そうすれば絶対に集まる。

そうだ、ここは老舗のお煎餅屋さんだった。

いつぞや出火して、そのままになっていたとか。
また歴史のある店が消えた。
この通りは、かなりのてこ入れをしない限り、難しいな。

SIGMA DP1 Merrill

寒の戻り
 今日25日は某雑誌の撮影。

都内某所に集合。朝から雨がポツポツ。
日中は大きく崩れないとの天気予報だが…。

モデルは相葉香凛ちゃん(スターダストプロモーション)。
元気でキュートな大学生だ。

でも今日は寒い!
雨だけならいいのだが、風があるとなおさら寒く感じる。
オイラよりも、春服の香凛ちゃんが一番大変だった。
上のカットも“さっむ〜〜い!”という声が聞こえそう。

モデルさんタレントさんは、いつもキツいなあと思ってしまう。
オイラができることは、テンポよく撮影していくこと。
効率よく進めることに徹する。

撮影は約6時間で終了。
本当にありがとう!風邪引かないようにね。

彼女のグログはコチラ

お花見をするための人がぞろぞろ。
皆様、冷えますのでお気をつけて。

祝!
 今日はオイラが講師をしている専門学校の卒業式。

ああ、もう卒業なんだなあ…はいつも思うこと。
あっという間、なんだよね、本当に。

たくさんお礼の言葉をもらった。
でも、オイラの方がいっぱいお礼を言いたいよ。

いつもありがとう!


さあ、これから楽しい未来が待ってるよ!
新たな船出、こころからお祝いします!
日芸卒業展
 四谷のポートレートギャラリーに立ち寄る。
『日本大学芸術学部写真学科卒業制作選抜展』にお邪魔。
在廊中の出展した学生諸君お三方。

岡田純哉くん『倭調』

小西由紀さん『Revelation Of Life』

吉崎千佐子さん『角を曲がったら』


DMを送ってくれた野村和宏君は、残念ながら不在(怒)。
…まあ、冗談ですがw。


しかし、自分が写大を卒業した頃と比べ、レベルの高さが
気になった作品達でした。

頑張れ!
オイラも頑張らなくちゃだな。
絶品でした!
 オイラが講師をしている専門学校の講義は只今撮影実習中。
そこで静岡の人宿町にある、とあるお店にお邪魔。

こちらのお店。

オーナーの“アニキ”がモデルを引き受けてくださったので、
お店でロケをさせていただいた。

そこでいただいたエスプレッソが絶品!
久しぶりに『うまい!』と口にした。

※こちらは撮影用に作ってくださったものです。

ミュージシャンでもある“アニキ”。
ハーモニカを演奏してくださった。

夜にお酒はもちろん、うまいコーヒーを飲みながら
素敵な音楽が聴けるお店を知ることができて嬉しいね。


明日10日、山梨フジカラー主催の撮影会の講師をさせていただきます!
詳しくはコチラ

今できること
 きれいなものを頂きました。
食べるのがもったいないです…。


できるかできないかはわからないなら、
頭で考えるより、行動してみてから判断すべきだよね。

オイラはいつも思うんだけど、やらずに後悔するなら、
やって後悔すべきだ。

『絶対無理だよな…』は自分で決めてはいけない。
まずは、行動あるのみ!

年を重ねると、経験(?)からか、いい加減な判断を
してしまう。
若いからできる思い切りと怖いもの知らずが、
時に羨ましく思うんだよね。
ボーリング大会です!(1)
 CP+が終了してからずいぶん時間が経ってしまいました。
ちょっと余裕がなくなってしまっておりました。

で、やっとお礼を申し上げるほどになりましたので、ここで。
多くの方々にご覧いただき、誠にありがとうございました!
いやあ、テンパったり、バタバタしたり、叫んだりと、
忙しいステージではありましたが、楽しんでいただけていれば
幸いです。

また来年…があればですが、お会いしましょう!

本日は、オイラが講師をしている専門学校の
毎年恒例ボーリング大会。
で、その様子をダダダッと。
※一部の方々で申し訳ございません。
※複数登場する人もおりますが、他意はございません。
※一部学生でない方も写っております。




































あくまでもボーリング大会です。

いっぱいになったので、(2)へ続く!

CP+絶賛準備中!
 CP+前日となりました。
リハーサルに出かけ、そちらでお見かけした方々
&今回お世話になる方々&ご一緒する方々をズラッと。








一生懸命、準備しております。

さあ、いよいよ本番!
オイラは明日31日の初日、ケンコートキナーブースと
シグマブースでお世話になります。

ケンコートキナーブース
『トキナーレンズでポートレート』
12:00~13:00
16:00~17:00

シグマブース
『Merrillで始める!モノクロポートレート指南』
14:15~14:55

ご来場、お待ちしております!



解説(デジキャパ!1209)
 デジキャパ!9月号の表紙カットの解説を少々。

モデルは藤江れいなちゃん(AKB48/チームB)。
カメラはCanon EOS5D Mark鶚、
レンズはSIGMA 85mmF1.4 EX DG HSM。
メイン光は自然光。ハウススタジオ全体に回っている光を
レフで返している。向かって右に大型の丸レフ。
モデルとの距離は1.5mほど。左は中型の丸レフ。
オイラの後ろ2mほど後ろに白のカポック。ハウススタジオの天井から
白アクリルを通しての光がうっすら入っている(天ライト)。
背景は9月の落ち着きをイメージ。

ポーズは当初からこのような形を注文。表情は微笑。
手に持っていただいているカメラの位置は、多少の動きあり。
メイクはれいなちゃんの撮影の時はいつも
ナチュラルで、とヘアメイクさんにお願いしている。

オイラ自身のカメラは手持ち。
1/320秒、f3.5  ISO200 WB:マニュアル。絞りはカメラにきちっと
ピントが合いながらも、背景をボカすギリギリのライン。
WBはグレーボードで取り込んだ上でセッティング。

ストラップは自前。
ここのです。

※上の空間は文字が入るため。

こんな感じで撮影しました。
スパスパッ!
 今日15日は、某誌の撮影。
都内某スタジオに8時過ぎに到着。本日は雨の予報だが、今のところ陽が射している。
もしかして晴れるんじゃ…などと淡い期待を抱く。

今日のモデルは平山あやちゃん。
爪まですっごく可愛くしている。PENユーザーだそうで、カメラにとっても詳しかった。

オイラの中では、彼女はビオレで撮影した時のあのイメージ。このイメージをスタイリストUさんに抽象的すぎるほどの言葉でお伝えしたのだが、イメージを保ちつつ、でも大人のあやちゃんを撮影できた。

とにかく、現場はスムーズ。これ以上無い!と思えるほど流れがよく、あやさんには“さすが”と、素直に感心してしまう。勘の良さは、きっと経験+天性かなって思える。すっごく撮影しやすく、なおかついいものが撮れたなあと、大満足!
あやさん、また是非ご一緒に!

撮影はお昼過ぎに終了。
昼食後にセレクト。年末進行で、窮屈になっているが、ここは時間を上手に使わないとね。

今日のオイラ
 本日13日のオイラ。

朝8時前に出発。
フロントガラスは霜でいっぱい。寒いわけだよなあ。-1℃とか出てるし。

まずは都内某スタジオのロケハン。
到着が遅れてしまったので、急いで見て回る。撮影のイメージを先にもっておいてからスタジオを見るのがオイラのスタイル。そうすると現場での迷いが圧倒的に少なくなる。


小川町へ移動。オリンパスプロサロンにお邪魔。
今更ながら、キャップレンズの15mmF8を購入。チープとは言えない。造りもいいし、3群3枚でガラス使用だしね。
これを買ったら、やっぱり今更だけどEF40mmF2.8も猛烈に欲しくなった。

行きつけの美容院でカットをしてもらう。
約2ヶ月ぶり。なかなか行けなかったので、せいせいした。
あまりのオイラのまん丸顔に驚愕。ダイエットを決意する。

午後から某所でインタビューを受ける。
する方ではなく、される側。
むしろ色々と聞いてくださって、スッキリした面も。でもちょっと口が悪かったな。

八丁堀へ移動。車で1時間。
内藤さゆり写真展『TRINITY』が目当て。今日が最終日。
16時に出発、17時までということで、10分くらい過ぎてもギリギリ間に合うかな…と思っていたら、甘かった。
次の展示の準備をするために、作品を外しているところだった。
でも作品は1点1点、ゆっくりと拝見させていただいた。プリントのクオリティ、特にカラーの微妙なトーンは素晴らしかった。
で、内藤さんに、1点持っていただきながら。

ということで、次の展示はというと、日本写真学院の講師陣による展示会『Bright Photo Exhibition』が開催される。
内藤さんも講師のお一人。

おおっ、タネこと種清豊くんもそのお一人。
明日14日〜2013年1月17日まで。
詳しくはコチラ


パシャ!パシャ!とやって、帰途に。

今夜はふたご座流星群。東側のベランダから、よく見えました。

次にいきましょう!
 久々のブログになってしまった。

まあ引っ越しだの、撮影だのと、重なっての事態に、オイラ自身色々と詰め込みすぎたなあ…と、思うわけで。関係者各位にお詫び申し上げますw。

今、気持ちを変えなければいけない。

新たな作品方向に変えることが、オイラには必要。
「ハギワラさん、このところちょっと元気無いね」と仰っていただくこともしばしば。これが原因です。産みの苦しみってやつですね。

シグマから35mmF1.4が発売された。
ちょこっとだけ、作品をHPに掲載させていただいている。
SIGMA GLOBAL VISION
コチラ

厚みのある色乗りは、フィルム時代のコダクローム64を彷彿とさせる。SD1に装着すると、焦点距離約52mm。標準付きのカメラとして、オイラのかなり理想に近い画作りになる。

これからの冬の光、これで捉えるのが楽しみだ。
元気に11月!
 今日から11月。
朝晩はすっかり寒くなり、秋だなあと感じる気候になった。
でも都内はまだ紅葉していないな。今月末か来月頭あたりかしらね。

今日日中は都内某所でロケ。
本日のモデルは桜めいちゃん(ABP)。『デジキャパ!』ではおなじみのエース格ですねえ。意外にもご一緒するのは今回が初めて。

日中の日差しがあるところは暖かく、遠足に来ている小学生がたくさんの公園を横目に、そばの建物まわりでパシャパシャ。待ち時間の方が多かったんじゃない?というようなペースに撮影にもかかっわらず、明るいめいちゃんに助けられたね。とても撮りやすいし、かわいくてよかったです。なるほど、よく誌面に登場する訳だ。

昼食抜きで夕方まで。
ご一緒した先輩カメラマンは、知らぬ間に途中でお昼を食べていたことが判明したが、オイラたちは頑張っちゃいましたよ!

で、記念に。
事務所的に大丈夫なのだろうか…。


フォローになるかわからないが、かわいらしいカットも。
またご一緒しましょう!

このあとオイラは六本木へと消えました。
遅くなりましたが、御礼申し上げます。
去る24日に、無事kwendaグループ展『kwenda2』を終えることができました。

大変遅くなりましたが、お越し下さいました皆様に厚く御礼申し上げます。
またご協力くださいました方々にも御礼申し上げます。

会期中は天候にも恵まれ、特に週末の20,21日両日は、会場の山手111番館は今期最高の訪問者を記録したそうです。そうした恵まれた環境の中で、いつもの“フォトギャラリーで写真展示”とは違う雰囲気と姿勢でこのような展示ができましたこと、大変幸せに思います。

今回の展示では、溝口恵ちゃん(イトーカンパニーリセ)をモデルに撮影、キャンパスに油絵調のテイスト&ペーパーに水彩画調の作品を展示いたしました。これはこれで出来上がった作品として皆様にお見せできてよかったと思っております。

しかし、やはりkwenda展では、写真を“写真”として見せるだけではなく、それ以上の個性的な表現方法を模索しなければいけないと痛感いたしました。それはkwenda展は、「カメラマンが撮った写真を展示した会場に見に行く」というスタンスで考えていないからです。つまり、一般の方々が我々が何者なのかを知らずに会場に入られた時に、いかに関心を持っていただけるか、が焦点になっているということで、kwenda展は今後もこの方向での発信をする可能性が高いのです。

とりあえずは終わったばかりなので、しばし充電。また突発的にkwenda展を開催するでしょう。その際はまた是非お越し下さいませ。

※溝口恵ちゃんの感想がコチラで聞くことができます。
本当にありがとう!

111番館に居る時にちょこっと撮影したカットをば。






左から福田健太郎さん、桐生彩希さん、ヒラヤマタケシさん、清水哲朗さん、オイラ
小林みのるさんに撮影していただきました。
その後のおつきあいもありがとうございました!
DP1 Merrill&DP2 Merrill

kwendaのメンバーのみんな、お疲れさまでした!
今回も楽しかったです!ありがとう!
さあ、忘年会で次の企画を練りますかw。

二日目
 『kwenda2』二日目。
朝から気持ちよく晴れ渡った今日、土曜日ということもあり、多くの人出があったようだ。
午後から会場入りしたが、観光コースにもなっているせいか、多くの方がのぞいていってくれる。でも、それ以上にカメラ片手に横浜散策されている方々がご覧になってくださり、感謝!

会場の山手111番館からも、気持ちのいい青空が見えます。

日差しが時間によって刻々と変わっていきます。時間によって雰囲気が違って見えるというのはなかなかおつなものです。

ハロウィーンにあわせたイベントが多くの会場で行われている。111番館のある港の見える丘公園でも楽しそうな音楽が流れていた。明日の14時からも会場のギャラリー横のホールで生演奏会がある。これ、面白そう。

にゃんこ先生こと曽根原昇さんご来場。
洋館の雰囲気に合わせて撮影してみましたが、いかがでしょう?

本日の当番は桐生彩希さんと清水哲朗さん。
二人は既に次回に向け、思案中。
オイラはっていうと…

息子と遊んでました。
ごめんなさいw。

※全てOLYMPUS OM-D E-M5+Leica DG SUMMILUX 25mmF1.4

明日21日も、もちろん開催します!
明日もいい天気みたいですよ。イベントが多いですので、お車でお越し下さる予定の方は、パーキングに注意してください。

明日もお待ちしております。
明日より始まります!
 第二回kwenda展『kwenda2』が明日19日より開催される。

今日18日は搬入の日。午後から会場となる山手111番館で、皆で展示をせっせと行う。
会場は狭い狭いといいながらも、十分なスペース。フォトギャラリーになれている我々をあざ笑うかのような空間は、新たな挑戦にふさわしい!?かは別にして、なかなかの難敵には間違いない。意見を出し合いながら、配置換えをおこなう。でもこの時間は何とも楽しい。オイラの作品も、皆にいじってもらい、オイラの当初の配置の跡形もない(笑)。でもこれでいい。これこそがグループ展の良いところだし、このスペースらしさだとおもう。この111番館の雰囲気を崩さず、なおかつ個々の主張…いつもの展示とは違い、ターゲットは“通りすがりの人”。つまり、横浜散策のついでにのぞいてくださるような人たちの反応が見たいのだ。
あーっ、すごいワクワク。

オイラは戦前のライカ・ズマール5cmF2をOM-Dに装着して撮影したものと、5D3+先端レンズとの組み合わせ。モデルは元ニコラモデルの溝口恵ちゃん(イトーカンパニーリセ)。懐かしさを求めた雰囲気で、プリントはキャンバス地にインクジェットでプリントし、パネル張りとアクリル。大好きな『コクリコ坂から』の影響が根底にあったと言えなくもないw。

会場はこんな感じ。2つある入り口の一つから。

展示し終わり、各自記録写真撮影ちう。

今日最後のメンバー。
左から清水哲朗さん、ヒラヤマタケシさん、桐生彩希さん、榎元俊介さん、おいら。

なお、在廊予定等はコチラまで。
⇒http://kwenda.com/main/voice/2012/10/kwenda.html

オイラは明日19日午後、20日全日、21日はお昼ころ〜、24日です。
是非、横浜・山手の散策ついでにお立ち寄りください。
福田健太郎さん写真展
 午後、六本木・富士フイルムフォトサロン東京で行われている、福田健太郎写真展『泉の森』にうかがう。


福田健太郎さんは森をテーマにして撮影をしている。今回はその集大成というべき写真展。1点1点高いクオリティの作品は、大きく伸ばされ迫力を感じながらも繊細で、会場から森の息づかいが感じられるようだ。植物の持つしっとり感まで写真から伺えるようで、思わず深呼吸したくなる。福田さんの人柄が感じられる写真展だ。
18日まで。

今回は同タイトルの写真集も発売。オイラも購入させていただいた。

福田さんといい、先日『CHANGE』という写真集を出した清水哲朗さんといい、同じkwendaメンバーがすごいことをしている。
そのkwendaだが、第二回kwenda展『kwenda2』が19日から24日まで、横浜・山手111番館にて行われる。すっごく小さな会場だが、そこにkwendaメンバーのエッセンスを詰め込んでみる。オイラはまだ作品制作中!ギリギリまでかかりそうだ。でも楽しいよ!
横浜を散策がてら立ち寄っていただけるとありがたい。写真展…という目的ではなく、ちょっと覗いてみたという気持ちの方が合うかも。

ベランダの物干し竿にカマキリが飛来。
DP2 Merrillにクローズアップレンズをつけて。
たまにはね。
 今日26日は某誌の撮影。

早朝に横浜某所に集合。

本日のモデルは木下綾菜ちゃん(サンミュージックブレーン)。ミスid(アイドル)受賞のキュートな高校一年生。背が高くて顔が小さい!オイラと同じ生き物とは思えないなあ。

撮影はスピード要求される内容だったので、ちゃっちゃと進めていく。とはいうものの、観光地での撮影なので、合間をみながら。いつも言っているが、写真を撮ることが優先されるわけではない。“撮らせていただく”という気持ちが重要なのだ。この日はスタッフ7名でのロケだったが、当然我々は、観光客の方々を優先し、撮影できる状態になるのを待って行なった。これをしないと、いつか撮影禁止になってしまう。公共の場なので、本当に守って欲しいモラルだ。

この合間も実に重要で、この間にコミュニケーションをとったり、撮影済のカットを確認したり、ヘアメイクを直したりと、いろいろできる。またリラックスした時間を過ごせるので、アイディアが浮かぶことも多く、オイラは大切にしている。

綾菜ちゃんはとてもポーズが決まるコで、とても撮りやすかった。それに元気もあって気持ちよく撮影が進む。

屋内での撮影は良かったが、外では蚊に集団で襲われた。虫除けなど、効果は一時だけ。この時期の蚊は強いなあ。

15時近くに撮影終了。その後中華街で昼食。
オイラの好きな、から〜〜〜い麻婆豆腐を食べていただいた。だから辛いって言ったじゃん!

皆様お疲れさまでした!
綾菜ちゃん、また是非ご一緒に。

ほほほっ。
  今日24日は某誌の撮影。
都内某所のスタジオに向かう。今日は天気がよく、気温も上がるが、明日以降はよろしくないらしい。明日以降の撮影も気になりながら、スタジオ到着。

今日のモデルは石田晴香ちゃん(AKB48/ホリプロ)。
そういえば、彼女は、オイラがよく撮らせてもらっている藤江れいなちゃんと大の仲良し。前日も二人で出掛けていたそうだ。
明るくて元気な彼女を前に、撮影は順調に進む。近所の高校が運動会らしく、その競技の様子や応援などを気にしながら、笑いの絶えない撮影になった。

はるきゃんがブログに書いてくれています。
コチラ

これは彼女が今気に入っているポーズらしい。キョンシーか?ときいたが、キョンシー自体を知らない年齢だったなあ。
スタイリストOさん、ヘアメイクのHさん、色々とありがとうございました!
Tマネさん、お世話になりましたね。

ささ、急いでセレクトせねば!
DP2 Merrill

ああっ…
 原稿に向かっております。
いやいや、現実逃避なんて滅相も無い。ただ、ちょっと気分転換というか、抜け出したくなるんですよね、ははっ。

このあたりを歩くと、スッキリする。

今、オイラの中でブームだからか?(ずいぶん長いブームだが)

ということで、もうちょっとじたばたします。
DP2Merrill

以前お問い合わせいただきました、星名美津紀ちゃん撮影分は、3日の月曜日に発売された『週刊プレイボーイ』に5P、掲載されています。どうぞ、お手に取ってみてください。

週プレNET⇒コチラ
星名美津紀ちゃんもブログで紹介してくれています。



気分はジブリ
 今日は日中、作品撮り。


モデルは溝口恵ちゃん。彼女とのセッションはこれが二度目。以前玄光社mook『露出&ホワイトバランス テクニック100』で、ハギワラパートのモデルをお願いしたのが6月。今回はオイラの考えるカットのイメージにピッタリということもあり、お時間をいただいた。

ちなみに前回の撮影のブログはコチラ

彼女のブログはコチラ

で、今回の彼女はたった2ヶ月で、驚くほどシャープさが備わっていた。
猛暑日の本日、暑いと汗をかきまくるオイラとは対照的に、しなやかにカメラの前に立ってくれた。とても撮りやすく、皆で気持ちいい撮影をすることができた。

暑い中、本当にありがとう!長時間の外ロケ、坂道ジャンプなど、注文多くて失礼!
H野さん、今日もありがとです。

ご協力くださったポートヒルの皆様、心より感謝いたします。

さて、この作品は後日皆様にご覧いただきたいと思います。
告知は後日。


共だって
 夕方、いい夕陽になりそうだ、と多摩川河川敷へ。

途中でこんな感じにシャッターを切りたくなる。
でも、太陽は確実に沈んでいくわけで…。

最寄り駅から河川敷につくと、夏の夕暮れと風が。

そんな光景をやはりとらえるお人が…。

こちらにも…。

どこかで見覚えがあるなあ、と感じた方!あなたは勘が鋭い!












ご一緒したのは…
シカノ大先生こと鹿野貴司君と若子jetさん。
ふらふらっと三人で河川敷まで歩いてきたのでした。
実に楽しい撮影会、シカノくんとオイラは同じカメラ、しかしjet先生は…!?
⇒『とれどれぐさ』をチェック!
※夕涼みに来られていた、若いお母様にせっかく撮っていただいたので、そのまま載せてます。

フォビオンはモノクロとの相性がいい。
ISO1600での撮影、Tri-Xを増感したような、好みのいい感じだ。
DP2 Merrill

コダックといえば、フィルム部門の売却が決定した。
学生時代はもちろん、アシスタント時代はほとんどEPRかPKRでの撮影だった。
途中、いわゆる『ベルビアショック』があったものの、コダックとイーストウエストとは深いお付き合いだった。
コダクロームなんて知らない若いカメラマン(志望も含め)も多いはず。

これでコダクロームは伝説になってしまった。


オリンピック、終わりましたね。
 ロンドンオリンピックも無事閉幕。
色々と感動を頂いた。やはりスポーツはいいね。
素直な感激は心を豊かにする…と思う。

マックブックが故障した。仕事で使うので、これは困る。急ぎ渋谷のアップルストアへ。

夏休みだもんね、人出はすごい!でもみなが楽しそうに映った。

マックブックは修理か買い替えの選択に迫られた。年数を考えるとそろそろ…って感じもするし、結論を早く出さねば仕事に影響が。

どうしたものかと、原宿まで歩く。

五輪橋。1964年の東京オリンピックはどんなだったんだろう。オイラは東京でオリンピック、見たいな。

DP2merrill

jet!&ありがとう。
 26日から銀座のキヤノンギャラリーで、若子jet写真展『センチメンタル♥ガ〜ル』が開催されている。初日のオープニングパーティには終わり頃から参加した。

DMは手元に。

裏ボス・小林さんの司会でパーティは進んでいた…ようです。

主役の若子jetさんの挨拶。
毎日会場にいるそうです。気軽に声をかけてやって下さい!

可愛らしい空間が広がる、若子jetの世界をどっぷりと堪能できます。
オイラも週明けに会場に足を運びます!

二次会も参加したのだが、酔っぱらってしまった。やはり寝不足&長距離移動はいけません。

27日、28日とJA静岡と磐田市でセミナーをさせていただいた。
磐田市でのセミナーでは、実習でお祭り中の駅前に繰り出した。

色々とイベントが行われている。

女のコの浴衣率、非常に高し!

磐田南高の写真部員のお二人、今日は自主活動だそうだ。
暑いけど、がんばってな!

セミナー、皆様のご要望にお応えできましたでしょうか?
私は楽しくやらせていただきました。また是非呼んで下さい!
満点!
 今日25日は某雑誌の撮影。
今日のモデルは藤江れいなちゃん(AKB48/TeamK)。彼女との撮影といえば、静岡方面へのロケに出掛けることが多いが、本日は珍しく都内スタジオで。そういえば彼女を都内で撮影するのは初めてか!?
 都内某スタジオに8時半に入り、10時過ぎから撮影。スタジオ内で撮影する分には涼しいが、外との気温差で、なんか調子悪くなりそう…夏の撮影はいつもそうだな。れいなちゃんは、手にしたデジタル一眼レフで楽しそうにパシャパシャ。それにつられてオイラもパシャパシャ。楽しんでいただけたかしら?オイラは楽しかったよ。

 細かい撮影が多かったのだが、頑張ってもらった。いつもありがとね!彼女はとっても撮りやすくて、いつも気持ち良くさせてくれる。感謝!感謝!

こちらが彼女のリクエスト。

でも目線ありのアザーカットも(^^)

今日のことをブログでも紹介してくれている。
コチラ
で、本日の撮影は…ちょっと覗き見⇒こちら

夏本番…間近
 オイラの実家がある静岡は、7月がお盆。
お盆が過ぎると、もうすぐ梅雨明け、で、夏本番に。
この連休は、不安定な天候だったが、暑かったなあ。息子のあせもを気にしながら、それでも夏らしさに喜んでしまった。

こういうの、子供の頃に乗ったなあ。
デパートの屋上を思い出すよ。

やはり、夏はこの花!ひまわり畑、見に行かねば。今年はどこの畑を見に行こうかな。

日本一濃い抹茶アイスを食べてみた。こりゃうまいわ!@ななや静岡店

田んぼでキラキラ。通る風が気持ちよかった。
伝馬の七夕
 先日、オイラが講師をしている専門学校と、地元・伝馬町とのコラボ企画である七夕イベントがおこなわれたので、ちょいと顔を出す。
しっかし、毎年雨が降りそうで降らない。強烈な晴れ男・晴れ女がいるんだろうなあ。聞けば皆が口を揃えて“自分自分!”とおっしゃるわけでw。でもドピーカンになるとは思わなかったなあ。
 ということで、学生達の姿をダダッと。
※複数回登場する人もいます。
※学生でない方(過去学生だったということか)もいます。





























みんな、お疲れさま!


球技大会です!
 先日オイラが講師をしている専門学校の球技大会が行われた。
毎年2日間で行われるが、オイラは残念ながら一日しか行けず。楽しみにしてくれていた諸君、ごめんね。
 で、頑張っていた学生諸君を、ほんの一部ではございますが、紹介したい。
※あくまでも球技大会です。
※複数回登場する学生もおりますが、ご了承ください。



















あくまでも球技大会です!オイラは体調が悪く…。もっと楽しみたかった。
えっ?何をって?もちろん球技を、ですw。


写真展お邪魔
 今日1日は、日中撮影に。
夕方、所用で新宿に出掛けたので、写真展に2つお邪魔。
新宿ニコンはものものしい。すごい警戒のなか、入場するのに並ぶこと20分…あの写真展を拝見した後、隣の目的の写真展へ。
日大芸術学部写真学科写真展『出て来い新人 ー気鋭学生写真展』。オイラは写大なので、特に縁があるわけでもないが、メンバーにたいちゃんこと小澤太一さんのアシスタントをしている野村和宏君が参加しているので、ちょっと見てみることに。
野村君の作品に関しては、感想を本人にお伝えした。グループ展全体のレベルはさすが高いね。自分の学生時代と比べてしまったよ。

学生の諸君がお待ちしています!明日2日まで。


その足で、四谷四丁目まで。
トーテムポールギャラリーで行なわれていた、TPPGメンバーによるグループ展を見に行ったのだが、最終日になってしまった。

大久保恵さんがお出迎え。彼女はオイラ好みの、いい感じのモノクロプリントを制作しております。これから、また個展をバンバンやってくれるでしょう。

このグループ展は本日までなので、TPPGについてのサイト⇒コチラ
楽しくやろうよ!
 今日は梅雨の晴れ間と言うか、いい天気で。
こんな日は絶好の原稿日和!PCに向かいながら、原稿の神が降臨されるのをジッと待つ身。

昨日16日は沼津へ。
静岡県東部高校写真連盟の写真教室の講師をしに伺う。
140名近い高校生の諸君と800点近い力作に向かい、審査・講評、それと少々ばかり講演をさせていただいた。
とにかく“写真部”である自覚を持とうよ!それと、普段からたくさん写真を撮ろうよ!まずはそれが上達への第一歩だと思うのです。

オイラが講師をしている専門学校で、いつも色々と手伝ってくれる紗希嬢、感謝を込めてパシャリ。いつもありがとね!

疲れてくると、甘いものが欲しくなる。
別に撮影後だけでなくても、原稿を書いていても、疲れるわけで…。
で、気分転換に原稿書きにやってきたファミレスで、ついつい注文してしまうのだ。
元気注入!
  今日11日は某誌の撮影。

渋谷に7:00に集合し、伊豆方面へ。天気予報がコロコロ変わってやきもきするが、この時期だから仕方がないね。まあ、雨だけ降らなければ梅雨時期のロケとしてはOKなんだから。

今日のモデルは溝口恵ちゃん。ニコラモデル(ニコモ)OGで、現在は女優さんをしている。オイラの方から彼女を撮ってみたいなあと思い、今回の撮影になった。

撮影自体は順調に。途中某旅番組のTVクルーとロケ地でカブり、譲り合うなどのハプニングがあったものの、サクサクと撮影してゆく。
溝口恵ちゃんは、男の子みたいな元気なキャラで、でも外観はとても可愛らしい。屈託の無い笑顔が印象的。移動中もずっと喋ってくれて、いろいろお話しできた。
楽しかったねえ、ありがとうね!
天候はなんとか一日もってくれた。恵ちゃんは晴れ女と言っていたが、確かに、かな。
都内に戻ってギリギリまで撮影。移動&撮影の長丁場だったね。

恵ちゃんが今日の撮影のことをいろいろ書いてくれている。
コチラ
ご協力いただきましたS田さん、S井さん、いつもどうもです!
杏ちゃん、ありがとね!H野さん、お疲れさまです。

さあて、まだまだつづくぞ!
ヤマは登りはじめたばかりだ。
掛け値なしに。
 近所の薔薇もだいぶ咲いてきた。

ああ、もう一年経つんだなあ…。

打ち合わせなどの一通りの用事を済ませ、新宿へ。ヨドバシで必要なブツを購入すると、ニコンプラザに向う。ニコンサロンbisで行なわれている『栃木県立栃木工業高等学校写真展「わが故郷とちぎ」』がお目当てだ。
あまりのクオリティの高さに驚いた。本当に高校生の作品か!?と疑ってしまうほど。手作りの8×10で撮影された作品達は、テーマも構図もピシッと決まっていて清々しささえ感じてしまう。

参加者の一人の彼が、オイラに説明をしてくれた。

21日まで!高校生と侮るなかれ。


GWですね。
 原稿に追われながら、GWに突入。
まあ毎年のことだし、特に慌てることもなく…いえいえ、急ぎやっております!w。

パン屋のご協力で撮影。でもパンが気になってしかたがないなあ。
これとか、
これとか、
おおっ!メロンパン!
結局、サラダサンドと黒糖食パンを購入。

翌朝、早めに海沿いの公園へ。

早起きは三文の得というが、気持ち良さを体全体で感じることが出来た。

てんとう虫も恋の季節です。

気持ちのいい朝でした。

息子の初節句。ということで、

おふくろが、手作りの兜を作ってくれました。
これ、オイラにも43年前におふくろが作ってくれたのと同じ。

安倍川餅の老舗・石部屋まで。
これはからみ餅。わさび醤油で。

おなじみ、あべかわ。
このお店は“やじきた”にも登場する有名なお店。でも地元の人は、いつでも行けるせいか、「行こう!」と決めないとなかなか行かない。愛想は悪いが、旨い。

安倍川の河川敷で転がったときの空。

すっごく気分転換になったなあ。
ちょっとしたこと。
 OM-Dにはシグマ30mmF2.8を付けるのがお気に入り。

バランスがよく、いい感じだ。

いい天気なので
写真を撮りにいきたかったのだが、そうもいかず…。駅前のスーパーにまで行ったのみ。

でも、我慢しているのはオイラだけじゃないので、
好きなガーベラを家内に買っていった。

息子は、気持ちよく寝ていた。
ちょっとしたことで、じんわりした日だ。
エネルギッシュ!
 昨日3日、夕方から青山へ。
以前撮影させていただいた疋田英美ちゃん出演の舞台『SAMURAI7』を観るためだ。場所は青山劇場、フォトテクニックデジタル編集長・F氏とスタイリストのYちゃんと3人で満員の会場へ。幕が上がると、英美ちゃんは飛んだり跳ねたり踊ったり叫んだり。1時間半+休憩15分+1時間15分はあっという間だった。引き込まれた。内容は観てのお楽しみにして欲しいが、オイラが撮影している英美ちゃんとは、また違う顔が見られて新鮮だった。終始飽きさせない演出もよかった。

舞台終了後、楽屋へ挨拶に。

終わったばかりの英美ちゃん。お疲れさま!いやあ、よかった!8日までまだまだ。頑張ってね!
SAMURAI7のストーリーはコチラ
今回の舞台『SAMURAI7』についての情報はコチラ
4月8日までです。

桜が少しずつ咲き始めた。花見したいなあ。

木更津遊び
 今日28日は某誌の撮影。
向うは千葉・木更津。木更津といえば『男女7人…』の舞台だったなあと思うのは、おそらくオイラがおっさんだから。せめて『木更津キャッツ…』が浮かべばいいのだが。

 午後から天気が崩れ、なんでも雷になるとか。急ぎ撮影をしなきゃと思う反面、雨が降れば雨のシーンが撮れるなあ、と編集部泣かせのことを言ってみたりしてね。はい、陽が出ているうちに進めます!

 あまりに懸命に進めたので、ご褒美にと、お昼はちょっと贅沢をさせてもらった。


海鮮丼に、活き車エビ焼き。生きたものに串を刺して焼いております。

それを見守る、本日のモデル・琴平めいこちゃん。18歳のフレッシュなコだ。
海鮮丼にも活き車エビがのっていて、贅沢だ。

観光地にありがちなコレw。めいこちゃんはお茶目です。

夕方、パラパラッときたが、まったく雨は振らず、残念。
こんなものだ。

海ほたるによって、サザエさんにワッフルを頂戴した。だって体力が落ちてきたもの。

都内でも、寒い中めいこちゃんがすっごく頑張ってくれた。ありがとう!またご一緒しましょう!
繰り返し。
 お彼岸ということもあり、実家に戻る。
…、すみません、関係者の皆様方、ちょっと暇を頂いております。

家内と誕生日が近く、親父とお袋がケーキを用意してくれた。
いつになっても嬉しいものだ。

祝い酒ということで、地元・初亀をあけることにした。
息子もじいちゃんと父ちゃんに似て、のんべえになるかな。

今日21日は、午前中、学校の来年度の講義のための合同講義会に出席。
そのあと満寿一酒造に顔を出した。
杜氏であり、後継者の増井浩二さんの急逝により、満寿一酒造は今月末で廃業が決まっている。
お線香を上げさせていただくために伺ったのだが、それ以外にもう一つ目的が。それは、自分の手元にある写真で作ったアルバムを渡すこと。満寿一さんの酒造工程を撮影したのがオイラしかいない。150年以上続くこの造り酒屋で、撮影されているのはオイラの写真しかない。そう思うと、胸が苦しくなる。これまで絶対に他人の立ち入りを禁止してきた。ましてや写真撮影など考えられなかったそうだが、何故か撮らせてくれた。増井さんも『なんでOK出したんだろう』とご自身でおっしゃっていたほどだ。
 でも、写真を残せてよかった、と心から思う。その写真を、まだ小学生のお子さんに渡す。家族で、ご覧頂いた。オイラにしか撮れなかった、とおっしゃっていただいた。
写真には力がある。本当に、そう思う。一緒に行ってくれた家内にも、良い仕事したね、と言ってもらった。

今夜は、満寿一酒造の大吟醸。家族で飲んで下さいと、頂戴したもの。増井浩二さん最後の酒、満寿一酒造最後の酒。親父とお袋、家内はひと舐めだけど、皆でいただいた。
まだこうしていられる時間に、幸せを感じた。
集会
 昨日17日、夕方から世田谷にあるギャラリー世田谷233に顔出し。
裏ボスこと小林貴さんに誘われ、現在開催中の『幸せじかん』の、中間パーティみたいなものに伺う。こちらは以前撮影で使わせていただいたところ。
⇒その模様はコチラ

部長をはじめ写真部の方々には、先日のCP+でお会いしているが、こうしたパーティは初めてで、居場所は…と思っていると、奥に鎮座させている方が!

そう、ご存知シカノ大先生こと鹿野貴司さん。
233写真部への入部を強く勧めて下さっているお一人ですが、鹿野君の後輩となるというリスクを背負うとなると、二の足を踏んでしまう今日この頃。とりあえず、本日は仮入部というハンパな立場で腰を落ち着かせることに。
シカノブログにも綴られているが、たっくさんの女性陣がおられる中、オイラも撮った写真はこれだけ。まったくどれだけおっさんが好きなのか、気が弱いのか、人見知りなのか…。
鹿野君のブログはコチラ
彼の事をもっと詳しくお知りになりたい方、発売したばかりの日本カメラ4月号を是非ご覧あれ!どど〜〜んと特集されています。

本日はオイラの誕生日という事で、菅原香織さんがマカロンをプレゼントしてくれた。それよりも大きく写るのは、裏ボス・小林さん。

ちょっとしたお気持ちは、ありがたいです!

で、この四人で三茶の裏路地をぶら〜〜り。
いい感じ昭和感だなあ。

千代の湯から、風呂上がりの美女をねらうシカノ先生。

今度はゆっくり、素敵な女性とともに、昭和を味わおうではないか!スガワラ!

へぇ〜。
 今日16日、午前中に免許の更新に出掛ける。

現在免許は誕生日前1ヶ月から誕生日後1ヶ月の計2ヶ月間で更新が可能。いつからそうなったかは覚えてはいないが、以前は誕生日までの1ヶ月間だった。アシスタントの頃、あまりの忙しさと海外ロケが重なり、免許を失効させてしまったことがある。平成六年の4月に、再度交付してもらうのだが、それよりも全然前に、しかも原付から免許を取得していたので、今でも何となくモヤモヤ感が残る。今の制度ならなあ。ちなみに再交付してもらう時に、“原付”をつけますか?と確認はされた。普通免許についてくる原付だが、原付から取得すると、“原付”と、欄につく。でも、どうせ普通免許についてくるし、欄につけるだけでお金がかかったのだ。当時アシスタントのオイラが、その金額をけちったのは言うまでもない。今だったら、間違いなく付けた。だって、原付免許取得の為の勉強したよという証明を無くしてしまったのだから。当時高校生のオイラには、大きな出来事だったし。

更新の待ち時間30分ほど、散歩がてらぶらっと。

ああ、来年の国体は東京なんだね。

えっ?こんなところに出雲大社?
そういえばお社、あったな。でも出雲大社とは思わなかった。

見ると、『恋弁天』とある。
ここは縁結びだったのか!
ここにあるモニュメントとは直接関係ないらしいが、どうやらここを参ると恋が叶うという噂になり、その後出雲大社の分祠が置かれることになったらしい。つまり、噂が出雲大社のお墨付きを得ることになった、と。すごいなあ。

モニュメント自体は知っていたが、恋弁天が置かれたのは、ごく最近。
それこそ幾度となく通っているはずなのに、こうした事って、結構あるはず。

新宿、おもろいなあ。
春風
 デスクワークやら、確定申告やらに追われ、かまぼこのような時間を送っていたが、ようやく春の陽射しを眩しく感じる程、気持ちに余裕がうまれた。

なんとなく胸につかえているような、飲みこめきれないおも〜〜いものがあるような感覚から早く開放されたい!そうだ、桜を見に行こう!と思い立ち、4時出発で河津まで桜を見に出掛けたりしてね。

今が満開!今年は3週間遅れだそうだ。梅も遅れているし、河津桜と梅が同時に見られて、ちょっと得した気分。

ソメイヨシノは、静岡で30日頃だそうだ。入学式の頃に満開かな。
朝早く見たかったのは、花見客で溢れるのと、露店の方々の誘惑を避けるため。前日にかなりの雨が降ったらしく、空気がきれいで、花も鮮やかだった。

今日15日は都内某所のスタジオで撮影。

本日のモデルはファデン咲美亜ちゃん。4月から中学生の、ハーフの女のコ。『天才テレビくん』のてれび戦士の一人ですなあ。とっても元気で、屈託のなさがいいね。オイラの方が圧倒されてしまった。可愛らしさに、綺麗なところがキラッと光ってよかったです。
また是非ご一緒に。

ちょっと風が強かったけど、気持ちのよい春風だった。
“おめでとう!”と“頑張って”
 昨日6日は、オイラが講師をしている専門学校の卒業式。
毎年思うのだが、なんか置いていかれる気になる。一方で、早く一緒に仕事をしてみたいなあとも思う。
そんな彼らの晴れ姿!










今日7日、撮影の後にギャラリーとりこへ。
武蔵野美術大学映像学科二年生の有志達によるグループ展『おとなり展』開催中ということで、ちょっと顔を出す。静岡でこうした写真展をしてくれることが素直に嬉しい。
色々と試しながら、作品の方向性や見せ方が見えてくるもの。頑張って!


本日までは戸塚怜子さん、安本奈央さん、9日から14日までが湯野川さとみさん、三枝めぐみさん。オーナーの大野さん、若い人がこうしてやってくれることは嬉しいですよね!
ピュアさ満点!
 今日27日は某誌の撮影。

本日のモデルは椎名ももちゃん。グラビアJAPAN2011の読者特別賞受賞の、期待の14歳だ。

 8時の都内某所のハウススタジオへ。十分余裕を持って出たつもりだったのに、30分近く遅刻してしまった。申し訳なかったです。でも、あのトンネンルでの事故が原因なんだよ(言い訳ですが…)。
 撮影自体は非常に順調。スロースターターなオイラ、お昼近くなって、調子が上がってきたところへ、ももちゃんもいい感じに。オイラにしてはシャッターを切る!切る!実に楽しい撮影だった。

なんていうか、すっごくピュアなコで、可愛かったね。また是非、ご一緒しましょう!

撮影後に、担々麺+小チャーハン(高菜炒飯)をいただきました。向かいでももちゃんがレバニラを食べております。ごちそうさま。
ぷぷっ。
 今日18日は某誌の撮影。
昨日の雪がまだ残る朝、いや〜、今日はスタジオなんだよな、と胸を撫で下ろす。天気は上々。


本日ご一緒したのは、谷村美月ちゃん。御活躍中でございますなあ。
10時前に都内某所のスタジオ入り。オイラの撮影の前に、取材があったりして、まあ、のんびりとしたスタート。ちょいと外で撮影しようとしたが、近くで大きな工事をしているせいか、トラックがひっきりなしに行き交う状態に、ギブアップ…。

 お昼は釜寅。これは旨いんだよなあ。オイラはサッパリ梅だが…

美月ちゃんのウナギも気になった。ので、パチリ。

午後からはさらに和やかに撮影は進み、無事終了。

ご一緒してくれた加藤有紗ちゃんと3ショット。
美月ちゃん、終始笑いながらで、オイラはすっごく進めやすかったよ。ありがとう!
またご一緒しましょう!
たのペンパーティー
 世間はバレンタインデイなわけだが、オイラは小川町のオリンパスギャラリーに出掛ける。
目的はたのペン委員会写真展『たのペン』のパーティに出席するためだ。
JPS同期の6名がたのペン委員会なるものを結成し(この言い回しが正しいかどうかは不明だが)、オリンパスペンの楽しい使い方と称したグループ展だ。

このグループ展、明日15時まで!

233写真部のみずはらはるきさんと入りますよ!

たのペン委員会の皆様方。テキトーなギリーさんの司会でスタート。メンバー唯一の女性・吉住志穂さんは産休のためお休み。そろそろご出産かな。

見切れていて数名の方が分からないのですが…
右から233写真部・みずはらさん、川口正志さん、高宮葵さん、トンボ田中さん、桃井一至さん、両手を上げる鹿野貴司さん、かっこつける柳瀬元樹くん。
※詳しくはトンボ田中さんのトンボ日記で!

クロワッサンにぱくつく御三名
右から鹿野貴司さん、三澤史明くん、233・みずはらさん。

たいちゃんこと小澤太一さんと夜景な写真家こと川北茂貴さん。何やら怪しいお話を…。

赤ワインでピンクさを増す桃井一至さん。

三澤史明くん、写真界の影のエラい人・小林貴さん、みずはらさん。
昭和の匂いがするなあ…。

ピンでも昭和の匂いがするんだよなあ、三澤くん!

テキトーなギリーの写真のモデル・余谷かんなちゃんと一緒にたいちゃん。次回はこの組み合わせのカットが見られる!…かねえ。

明日、15日までですよ〜〜〜〜!
無事終了!
 9日から4日間、パシフィコ横浜で行なわれていたCP+、無事終了!入場者数は、65,000人越えということで、大変にぎわった。新製品発表や好天も重なり、最高のCP+期間となった。

で、前回のブログでは初日・二日目を書いたが、今回は3日目と最終日を。
といっても、三日目は最高の忙しく。朝からまったくブースを出る事ができず。またこの日の3回目のセミナーでは、新たな相方にオイラは完全KOを食らってしまいw。ご覧頂いた方々にも『頑張れ〜〜!』の声を多く頂き、涙ぐむ(笑)。
反省会と最終日の打ち合わせも兼ね、ケンコートキナーの方々と出掛ける。まあ、毎日出掛けているわけですけどね。

赤れんが倉庫に連れて行っていただくが、すっごい人!
で、河岸を変える。

二件目はおじさん4人で、山手のドルフィンへ。チョー懐かしいなあ。ユーミンですよ。

仕事のお話から、昔話に移行。コロナが旨い、いい雰囲気だったが、おじさん4人なんだよな…w。

さて最終日!はりきって1回目のセミナーを終え、ステージに回ると…

この方々が、ポーズをとっておりました。

なので、指導差し上げました。たいちゃんこと小澤太一さんとらむちゃん。たいちゃんはこの後リコーペンタックスブースにてGRDセミナーが待っていた。
撮影はケンコートキナーの田原さん。JPS会員の田原さんに撮ってもらうとは、贅沢な写真だなあ。

ケンコートキナーブースは、本日も大賑わいだ。

トンボ田中さんと、前CA○A編集長で、C社・加藤さん。加藤さんは一般の札を下げていた。

セミナー中の茂手木秀行さん、オイラを指差しながら、それをネタに話をすすめる余裕がすごい!

たいちゃんのセミナーに顔を出すと、

テキトーなギリーを発見!現在オリンパスギャラリーでグループ展開催中!

隣にはシカノ大先生こと鹿野貴司さんが。カメラを向けると、さっと表情を作るあたりがさすがです!その様子を抑えるらむちゃん。こうしてブログ写真は作られていきます。

大先生とは靴がお揃い(*^^*)

トキナーブースの広田泉さん。

フジフイルムでは塙真一さんと内田ユキオさんがXシリーズのセミナー中。

トキナーブースを再度尋ねると、魚住誠一さんに

タムロン市川さん、と、くれば…

あっ、まるで怪しい業界人っぽい人が!…なんだ、フォトテクニックデジタル編集長の藤井さんでした。タムロンブースは、ものすごいことになっておりました。

最後のセミナーが近づき、ブースに戻ると、影のエラい方・小林貴さんが遊びにきて下さいました。手にしているのは、トキナーの300mmレフレックスレンズ。この小ささはすごいでしょ!じゃんけん、勝てずに残念でしたね。

セミナーは無事終了!
最後の最後まで、ありがとうございました!10回、やり遂げました!
グダグダで済みません。

ケンコートキナー・田原さんと、今回のセミナーの華・林恵理ちゃん。ありがとう、そしてお疲れさまでした。

いや〜、恵理ちゃんには本当に助けられました!感謝感謝。
KO寸前のオイラにワセリンを塗ってくれるセコンドのような存在でもありました。
またお願いします!

ケンコートキナーブースに花を添えてくれていたお二人。CP+会場内で話題になっておりました。ありがとね!

燃え尽きた写真家の方が…。清水哲朗さん。

で、中井精也さん。でも中井さんは会場を出てすぐに夕日を撮影していました。

フォトテク藤井さんと、途中お会いした写真家数人と軽く飲み屋へ。そこでオリンパスチームを一緒になる。


コチラの様子を撮影しているトンボ田中さん。この様子はトンボ日記(コチラ)で。

ご一緒した、左から藤井貴城編集長、テキトーギリーこと片桐寿憲さん、鹿野貴司さん、曽根原昇さん。お疲れさまです!


充実したCP+でした。参加できた事に感謝!
ブースに来て下さった皆様に心より感謝いたします。

ケンコートキナーの、トキナーレンズエリアの方々。お疲れさまでした!

二日目!
 今日二日目の10日は、初日を上回る人出でなり、嬉しい限り。
オイラは2回セミナーをさせていただきました。見に来て下さった方々はみな協力的で、本当に助かりました。ありがとうございました!

本日もケンコートキナーブースは大賑わい!

オリンパスブースでは清水哲朗さんがセミナー中。すっごい人だ。
合間におやつを、一緒にセミナーをやってくれている林恵理ちゃんと食べに行きました。

ホットケーキを

あ〜〜〜んってねw。

で、ごちそうさま。うしろには森脇章彦さんが打ち合わせ中でした。

たいちゃんこと小澤太一さんが三菱ブースでセミナーをしていた。明日もあるそうです。

山本弘之おじさんが遊びに来てくれました!

ケンコートキナーブースで小河俊哉さんが撮影中!

タムロン市川さんを偵察。さりげなくザムライこと土屋勝義さんが…。

セミナー直前の茂手木秀行さん。ニコンブースです。

シグマ・くわりん。シグマは凄いことになっています。オイラもSD1で撮影した作品を展示してもらっている。

並木隆さんと広田泉さん。並木さんの息子さん、もういい味だしてるなあ。

一日が終わり、土屋勝義さんと清水哲朗さんが林恵理ちゃんをはさみ、スリーショット。
本日もお疲れ様です!隣同士ですので、結構お邪魔してます。

中華街にくり出しました。ゴチです!
さあ、明日もがんばるぞ!!
CP+前日
 いよいよ明日からCP+2012が始まる。
オイラもチョコッとだけだが参加する。
オイラの出演は⇒コチラ
とってもこじんまりだが、楽しくしたいね。
※若干のサプライズを計画中です。

あとシグマブースにSD1で撮影した写真が展示されております。リアルな肌の質感を体感ください。そちらも是非!
さて、準備の為に会場のパシフィコ横浜へ。
どのブースも設営&リハーサルのまっただ中!…オイラはリハーサルするほどの事をしませんので、ぶっつけです。お客さまに盛り上げていただきます。

そんな中、会場で出会った方々をば。

塙真一さんとケンコートキナーの田原さん。塙さんはフジとパナソニックにご出演。田原さん、今年もよろしくです!

茂手木秀行さんはニコンブースで。ニコン1vですなあ。


ザムライこと土屋勝義さんはオリンパスで皆様をお待ちしています!

トンボ田中さんはしっかりと社名を背負ってのカットとなりました。

御苗場参加の233写真部の皆様方。233は、先日オイラがロケさせていただいた世田谷233の派生写真サークル。個人でも御苗場に出展されている方も。ゆっくり拝見させていただきます!

森脇章彦さんはパナソニックですね。冷たくなりながらリハをされていました。

…横浜は燃えております!
オイラも楽しむぞ!
追悼
 

先日、オイラが撮影させていただいた杜氏の増井浩二さんがお亡くなりになった。まだ49歳だった。本当に酒造りにこだわり、心から美味しいと言えるお酒を造ってくれていただけに、残念でならない。これからまだまだ成熟したものを造り出せたはずなのに…。
静岡の大事な職人が、また一人いなくなってしまった。

満寿一さん、あなたのお酒、本当に美味しかったです!
こんな感じで。
 17日は某誌の撮影。
モデルは疋田英美ちゃん。彼女は一月半ほど前に撮影させてもらっていて、今回はイメージをガラッと変えることにした。で、ロケに。渋谷に集合して東名を西へ。撮影は順調に進むが、何しろ寒い!でも春の衣装で英美ちゃんは頑張ってくれた。ありがとうね!また是非ご一緒しましょう!
あっ、撮影後の私服でパシャっと。

翌18日は夕方から五反田へ。
CAPA&デジキャパ!の新年会に出席。遅れて行ったので、まずは腹ごしらえするために近いテーブルに。結局そこで終るまでいたので、面子は変わらず。でもゆっくりお話しできた。
左から影のエラい人・小林貴さん、人肌が恋しい三澤史明くん、新婚・タネこと種清豊くん。

ピンクのニコン1が日本一似合う中井精也さん。

抱き心地バツグンの井村淳さんとやはり抱きつく三澤くん。ここは兄弟弟子、三澤くん、15年あるよw。

右から森脇章彦さん、井村淳さん、河野英喜さん、たいちゃんこと小澤太一さん、ザムライこと土屋勝義さん。そしてさりげなく背後に写るのがデジキャパ!尾島編集長。

で、オイラと大先生・鹿野貴司さん。シカノ君、酔っぱらったか?顔真っ赤っか!いや、雪焼けです。※撮影:井村さん。

で、会場を後に。締めはこのお三方。右からシカノくん、三澤くん、若子jetさん。
…でした。
二次会には出席せず。随分遅くまで…っていうか朝まででしょうけど、お疲れ様です。
屋久島の入り口
 今日12日は夕方から品川へ。


写真家・秦達夫さんの写真展『山岳島 屋久島』のレセプションにお出掛け。

エスカレーターを上ると、会場に。広い会場にはお客さまがいっぱい。

JPSの田沼会長のご挨拶。恐縮する主役。

すかさずおさえるトンボ・田中さん。

記録は秦さんと同じ竹内事務所出身の三澤史明くん。

kwendaの榎元俊介君と、新婚・酒井梨絵さん。先輩後輩が厳しいのかな…。

デジキャパ・尾島編集長とトンボ・田中さん。

三澤君を労う?榎元くん。ここでも先輩後輩が。

主役・秦達夫さんと。奥さまともお話しさせていただいた。

で、最後はこの方々に締めていただきましょう!いいねえ。

所用のため、お先に失礼した。
写真展『山岳島 屋久島』は2月7日まで。品川のキヤノンギャラリーSにて。
オイラも後日ゆっくりと伺います!
このところ。
 今年も4日も過ぎてしまった。
正月なんてそんなものだ。東京に戻ってくると、現実だなあ。

今更ながら、昨年最後の忘年会(結果としては、翌日に若子jetさんや三澤史明君達と飲むことになるのだが)であったkwenda忘年会の様子をば。

今回出席メンバー。右から桐生彩希さん、清水哲朗さん、井村淳さん、福田健太郎さん、榎元俊介さん、オイラ。ヒラヤマタケシさんは北米へと旅立った。メンバー全員ってなかなか揃わない。
会場は両国にあるちゃんこ屋さん『相撲部屋のチキンカレー 若』。ここは清水さんの従兄弟のお店、とても美味しかった。
オイラは遅れていってしまったのだが、皆が待っていてくれました。謝々。

両国ですから、こんなものもあるので、オイラと

榎元君と、

清水さんで楽しんできました。
…井村さんにやってもらえば、一番ハマったか!?

正月の焼津の海は青く、

夜景も綺麗でした。
謹賀新年
 2012年になった。



去年は、本当に色々あったなあ。
3.11もそうだし、家族が増えたりと、たくさんのことを頭の中で処理する機会が多かった。
そして、仕事面でもだいぶ入れ替わった。

今年の目標…、まあ、自然体で。
でも、図々しくいくよ。オイラは引っ込み思案だし、臆病なので、図太くいくのだ。それと積極性ね。まずは姿勢から大きく変える努力をば。

とにかく、頑張ろう!がむしゃらにね。
追い込み
 忘年会も、残り一つとなった。
つい、飲みすぎちゃうし、食べ過ぎちゃう。さらにミートテックに厚みが増したのがわかる。でも、来年もお仕事ご一緒したいなあと、宴の最中はそればかり。感謝!感謝!
…あっ、そういえば2週間ほど前に約束した大先生と飲みに行くのがまだだった!これがラストになるかな。

ちょっと地元に立ち寄った。

霜で真っ白な朝。冬らしくなってきた。

そういえば、富士山もクッキリしてきたもんなあ。

秋のわすれものを見つけ…

おじいちゃんとお孫さんかな。ほっこりした気分に。うちは…まだまだ。

<宣伝>
 19日に発売した『フォトテクニックデジタル』1月号では、相楽樹ちゃんのグラビアと特集を担当しております。付録に『見返りBIJIN カレンダー』がついております。オイラは橘ゆりかちゃん(アイドリング!!!)、伊藤梨沙子ちゃん、藤江れいなちゃん(AKB48)、相楽樹ちゃんのカットを提供させていただきました。
 『デジキャパ!』1月号では、総力特集『撮影モード 6日間マスター術』と特集『高級コンパクトが欲しい!!』で、撮影・執筆しております。
 どちらも是非、お手に取ってご覧下さいませ!

キラキラ
 原稿書きを一気にしていた今週だったが、やっと一段落。
今朝は、都内でも場所によっては、雪がちらついたらしい。このところ寒いもんなあ。
今日9日も午前中はPCの前にへばりついていたが、午後から陽射しが出てきたので、近所を散歩。空気は澄み、雨上がりでキラキラしていた。


まだ、秋を十分堪能できるね。そういえば、大好きな神宮の銀杏並木、見てないなあ。


水滴が、宝石みたい。…あらっ、乙女チックだわw。


鮮やかな自然の色彩に、心を洗われた気分。
ネイチャー系の写真家の方々はおっとりした方が多いが、いつも癒されているからかな。

水たまりには、もうすぐ来る夜が写し出されていました。
※すべて5D2+SIGMA 105mmF2.8 MACRO OS

SIGMA SD1のギャラリーサイトで、オイラのカットが公開されました。
SD1の圧倒的な解像度を、是非ご覧下さい!
コチラ
ご紹介
 冷たい雨が昨日から降ってたなあ。
仕事場でデータ処理をしながら、あー…寒い。
14時過ぎに一旦区切り、外出。
まずは新宿・ヨドバシに寄る。プリンターのインクを10個ほど。かなり限られた色ばかりの減りが早いということは、偏った色になっているということかなあ。欲しいレンズを眺めることと、しばし。想いを振り切って、銀座へ。

夕暮れの銀座は大人の匂い。

四丁目交差点付近。皆様がケータイを向けているので、何かなと近寄ると…

大きなツリーでした。なるほど、綺麗。

向かいのリコーRING CUBEに立ち寄り、山本顕史さんの写真展『ユキオト』を観る。
山本顕史さんは2011北海道東川町国際写真フォトフェスティバル内の企画として行われた、第1回リコーポートフォリオオーディション最優秀賞を受賞された方だ。
『ユキオト』は、雪のあるシーンを様々に展開、雪の効果音もいいねえ。静岡人には新鮮だった。

山本氏がおられたので、パシャリ!11日(日)までです。

その足で四谷のルーニィへ。
加藤俊樹さんの写真展『Holy light Daily sight』を鑑賞。

加藤さんに静岡の「喜久酔」をお土産に。

知り合い率が異常に高い会場内。
右からCAPA編集部・鬼沢さん、加藤さん、ラムちゃん、たいちゃんこと小澤太一さん。

ラムちゃんに、オイラを含めて撮ってもらいました。
帰り際に、岡嶋和幸さんが生徒さんを連れてご来場。

作品をみて、まったりほっこりした気持ちになります。明日4日の16:00まで。

さて、原稿の続きをば。

うふふっ。
 今日29日は某誌の撮影。


モデルは高嶋香帆ちゃん。日テレジェニック2011の彼女、とってもキュートなコだ。
集合は都内某所のスタジオ。午前中はスタジオ内で撮影を進める。オイラはスロースターターだから、はじめはまったりと、徐々にテンポをあげていく。13時過ぎにスタジオを後にし、ロケのために某所に移動。夕方に向けて撮影し、16時過ぎに終了した。

今日は、天気予報でずっと雨となっていたが、今日になって天候は回復傾向に。今回お願いしたスタイリストのYちゃんは、同じくお願いしたヘアメイクのAちゃんとペアの時は晴れるんだから!と宣っていたが、今回もその言葉通りに。いつもいつも驚かされるよ。

香帆ちゃんは撮影が進むたびに、よりナチュラルな動きになっていく。オイラの注文に応えてくれることはもちろん、オイラが言葉をかけなくても自分で場面を考えてくれ、気持ちよくシャッターを切らせてもらった。
どうもありがとね!是非またご一緒しましょう!
※彼女のブログはコチラ

恒例の…
 昨日25日は、オイラが講師をしている専門学校のボーリング大会。
…そう、ボーリング大会なのだ。

でも、学生諸君たちは、
まあ、一部ですが、ご覧下さい
※要望により、アートフィルターを使用しております。
※複数回登場することもございます。





















































※全員男子諸君です。
で、オイラ、矢が刺さってるしっ!!

しつこいようですが、ボーリング大会です。で、ほんの一部です。
楽しい一日でした。


充電
先日、教え子から連絡をもらう。
『私、結婚します!』
そらぁ、めでたい!といことで、仕事の合間に食事に連れて行った。思い出話はともかく、オイラの結婚までの道のりや生活等、どちらかといえば先輩っぽいアドバイス中心の時間が過ぎる。オイラだって、手探りで、わからないことばかり。パパにもなったばかりだし。
でも、嬉しかったのは、オイラをまだ慕ってくれていることだ。

入店直前に電話が鳴る。教え子がこそっと撮ってくれていた。
こんな感じなんだな…。

あっ。食事を撮ってなかった。せめてデザートだけでも。

ちなみにお魚だったので、次の日のランチはお肉に。牛タン丼でおま。

小川町のオリンパスギャラリーへ、山岸伸さんの個展『瞬間の顔 Vol.4』を見に行く。入り口からお花でいっぱい!初日に伺えず、今日になってしまった。

山岸さんがお出迎え。大大・大先輩ですからねえ。いつも親しくして下さり、ありがとうございます!山岸さんのブログに登場させてもらってます!⇒コチラ

撮影してくれたのは、この方!ご存知・トンボ田中さんです。トンボ日記にもその様子を載せてくれています。

写真展は、一瞬を捉えたその表情がクリスタルでプリントされ、ため息の連続。ストレートな肖像写真的要素も含まれ、やはり撮影者とモデルのコミュニケーションだよな、って思うわけです。30日まで。

ああ、澄んだ青空だなあ。充電した。
ほんわかな日
 今日14日は某誌の撮影。
モデルは相楽樹ちゃん。彼女はオイラが連載しているスタジオグラフィックスのポートレート撮影術・グラビア編でモデルをしていただいたばかり。で、その時に、すぐに次撮影したいなあと思ったので、早速ご指名させていただきました。

都内某所のハウススタジオに集合。今日は天気予報が朝に変わり、昨日までは曇り時々晴れから曇りのち雨に。こんな時はスタジオにしておいてよかったと思うわけです。でも、幸か不幸か、覚悟しておいた雨は降らず、日中は弱いながら暖かな日差しがあり、オイラのほんわか撮影にはぴったり。あまり間を空けずにまたセッション出来たおかげか、スタートからスムーズに進む。スタジオを飛び出し、ちょっとおもてに出ちゃったりして。
お昼抜きで16時半頃まで。そのあとおっそい昼食をとって終了。

樹ちゃんは一つ一つ考えながら動いてくれ、とても撮影しやすい。これはカメラマンにとって本当にありがたいことです。キュートな彼女に、シャッター押しまくりな訳です!
今回も良い撮影が出来ました!ありがとう!
まあ、またすぐにご一緒できるでしょうw。ねっ、Jさん!

樹ちゃんのブログはコチラ!本日の撮影のことを書いてくれています。謝々。
あっ、前回の撮影・スタジオグラフィックスのポートレート撮影術・グラビア編はこちら
後半は23日更新です。

気分変わるねえ。
 気分転換に料理をすることが多い。
そういえば師匠はお昼に料理を作っていた。スタジオは給食制、撮影中もよく作っていたし、気分転換を兼ねていたんだろうなあ。カレーとおでんをよく覚えている。

で、オイラも。パンケーキ作りから。

家内の実家で太刀魚をいただいた。

ので、さばいてみた。これが面白いのだ。このあと塩焼きに。

今日7日は某所で打ち合わせ。
その途中にパシャパシャ。



これも気分転換。楽しければいいってことだ。
Trick or Treat
 今日31はハロウィーンですねえ。
オイラが講師をしている専門学校では、学生達が思い思いの仮装をして講義を受けている。これがなかなか可愛いのだ。
ということで、仮装していた学生達のカットをズラズラッと。
※重複登場あり。
※意向によりアートフィルターを多用しております。


































Great Gnu
 今日27日は午前中データと格闘。
午後からお出掛け。新宿にてヘアメイクのAちゃんと待ち合わせ。彼女は今月末からNYへ修行に出る。とてもオイラはお世話になった。是非NYで一生懸命やってきて欲しい。餞別にCX5をプレゼントした。


外苑前で師匠のお墓参りをした後、銀座に向う。

今日はkwendaメンバーの井村淳さんの写真展『Great Gnu』の初日。オープニングパーティに出席するため。

会場に着くと、井村さんがお出迎え。会場はお客さんで溢れていた。

パーティの司会進行役の吉住志穂嬢。おおっ、おめでたか!うちの息子と同級生だね。子どもの話題で、話し込む。

「幸せオーラが出まくってて、話しかけられなかったよ〜」と、ザムライこと土屋勝義さん。同時撮りのオイラのカットは…土屋さんのブログをご覧くだされ⇒コチラ


パーティ会場もお客さまいっぱい。身動きができないので、オイラの近くにおられた方々をパシャリ。

右から、kwendaのヒラヤマタケシさん、桐生彩希さん、元CAPA編の堀内さん。

左からデジキャパ!田辺さん、シグマ・くわりん、CAPA鬼沢さん、デジキャパ!三木さん。

サプライズ婚約発表!?中の、デジキャパ!松本さんとたいちゃんこと小澤太一さん。むふふ、本当なら面白いのだが、二人とも、こうなるにはまだ遠いかw。

左にトンボ田中さんと右にデジキャパ!尾島編集長を従えた、ご満悦の新人・三木嬢。

右はCAPA石田編集長、左にkwenda清水哲朗さん。ある意味、この二人のツーショットって…。

前列左から桐生さん、秦達夫さん、井村淳さん、後列はオイラと清水さん。
土屋さんに撮影してもらいました!謝々。

記録係は竹内事務所後輩の酒井梨恵嬢。お疲れさま。

最後の挨拶をする井村さん。顔が真っ赤っかだけど、飲み過ぎ?
いえいえ、どなたかのデジカメからのライトが当たっております。

タレントのMちゃんから、出産祝いをいただきました!ありがとね!


井村淳写真展『Great Gnu』は11月2日まで。ヌーの迫力ある大移動やサバンナのドラマが写し出された作品が皆様をお待ちしております!
デビュー。
 もう2週間経っちゃったけど、10日にパパデビューをした。で、息子もこの世デビュー。家内もママデビュー。
 家内には本当にお疲れ様って言いたい。そして息子には、ありがとうと言いたい。
オイラも家内も、当然息子もルーキーなので、全くに手探り。オイラの面倒なんて家内のそれに比べれば…というか、比べるほどにもならないんだけど、でも楽しくて仕方がない。これからが大変になるって、人から聞いてはいるけれど、でも楽しみたいなあ。

まだハッキリ見えないんだろうけど、目を開いてキョロキョロ。どんな風に映っているんだろうな。

出産4日で退院。親父が買ってきてくれたケーキが嬉しかった。ちなみにこの日は親父の誕生日でもあった。皆でケーキを切り分けました。

お七夜には尾頭付きの大きな鯛をお義父さんが用意してくれた。
オイラがたくさん食べてしまったがw。

まだ小さな手、これからどんなものを創っていくのだろうか。楽しみ楽しみ!

秋らしい、澄んだ青空が広がっていました。
オイラも一層頑張らなきゃだね!
そそくさ
 お昼頃、タムロン60周年記念事業で行われている写真展を観に末広町へ。
60名の著名な写真家が、18-270mmという超高倍率ズームを使用して撮りおろした作品が並んでいる。このレンズは良い写りをする。言ってしまえば、間違いなく、現在の最高の旅レンズだろう。これ1本で事足りてしまう。オイラも所有しているが、とにかくこれを付けていけば困らない。同じレンズを持っていながら、これだけのバリエーション溢れる作品を撮ることが出来る…久々に嫉妬した。
タムロン市川さんがお出迎え。お客さんもいっぱい。

ハービー・山口さんがトークショー中でした。笑いがいっぱいのなごやかさがありました。
※本当は撮影禁止です!タムロンのエラい方・千代田さんの許可を得ております。

明日10日もトークショーが行われる。中里和人さん、飯田鉄さん&大西みつぐさんの2回。
詳しくは⇒コチラ

新宿に寄って、ニコンサロンへ。
いはらほつみ写真展『雪の向こうに』を観るためだったが、何やら大勢の方で溢れている。
のぞくと、作者のいはらほつみさんと横木安良夫さんのトークショーが行われていた。
…作品は後日ゆっくり観ることにした。

ここに来ると、必ず撮りたくなるよね。

今、アルコールは飲めないので、オールフリーで夜は更けていきました。

近所をね。
 オイラが講師をしている専門学校の講義で、ポジフィルムを使っての撮影実習がある。オイラとしては出来るだけ良い天気の時に、原色系の被写体を追っかけてもらいたいという気持ちがある。昨日はまさに絶好の撮影日和!学生達にはプロビア100Fを渡し、方々に散らせる。オイラも爽やかな秋晴れに誘われ、近所をふらふら。


彼岸花が綺麗。曼珠沙華という呼び方の方が好みだな。

公園から見上げた空は澄んでいて、吸い込まれそうだった。大きく深呼吸。

だいぶ日も短くなった。センチメンタルになるね。

今日は、ハッセルを持ち出し、家内を撮影した。
幸せな時間だった。

10月ですね
 今月はオイラ自身、大きな転機となる月になりそうだ。
でも、日々は過ぎていくわけで、呑まれないように物事整理しながら進んでいかなきゃだな。
オイラが講師をしている専門学校のデザイン科の諸君が静岡PARCOで今日・明日と出店中。

前日搬入時に、その様子を伺いに。学生は自分のデザインした服やアクセサリーを、一般のお客様にお買い上げいただける絶好に機会。実習とはいえ、楽しそう。

学生の私物を被ってみた…こんな感じだ。

結構遅い時間になってしまったが、実家まで歩きながら。
静岡が誇る赤提灯街。ここは青葉横町。

有名なおでん横町。スーツ姿とOLさんの姿が目立った。いいなあ。

もう古い映画館。確か閉館間近だときいた。風情ある建物なので、取り壊しはしないで欲しい。
今日お昼頃静岡を後にし、東京に戻る。

色見本を作りながら、見上げた空。きれいだな。

※先月28日から、スタジオグラフィックス『萩原和幸のポートレート撮影術』のグラビア編第4回が更新されております。モデルは佐山彩香ちゃん。第3回とは違う、艶っぽい彩香ちゃんがいっぱい!です。是非、ご覧下さい。
コチラからどうぞ!
Get!
 今日23日、早朝に所用をすませ、六本木へ。


東京ミッドタウンで開催されているTOKYO PHOTOの初日なので、ちょいと見に出掛ける。午前中、しかも開館直後ということもあり、ゆっくり堪能。いいなあと思いつつ価格を見ると、…。新車が、しかもドイツ車が買えちゃう値段だったりして。リブロアルテの一花さんのところに顔を出すと、中村紋子さんがサインの真っ最中でした。

オイラは柳瀬元樹くん他4枚のポストカードを購入。
坂井真紀さんがモデルのおっきな写真が一番高かった。

『デジキャパ!』編集部のO編集長から、「ベビーベッドいらない?」という連絡をいただく。ベビーベッドは購入しないつもりでいたので、ありがたいお申し出に甘えることに。で、O編集長宅にいただきに伺う。
それ以外にもおもちゃをいただいた。どーもです!カフェでしばし談笑し、帰路に。

夕日がキレイで、パシャリ。東京っていつも綺麗だなあと思うよ。
あのタワーも見えます。

さて、散髪もしたし、デスクワークするか。

おおっ!
 遅くなりましたが、20日発売の『フォトテクニックデジタル』10月号にて撮影させていただいている藤江れいなちゃんが、じゃんけん選抜で、見事準優勝!すごいねえ。発売日にこれだけの強運を見せつけてくれました。F編集長とも、今来ているんじゃない!と話をしておりました。
と、いうことで、是非ご覧下さい。5月号や『ポートレート レタッチの教科書』とは違う魅力をご覧いただけると思います。

れいなちゃんはお気に入りのモデル。次の撮影構想は、もう出来上がっている。オイラも楽しみだ。
 入手したばかりのMズイコー45mmF1.8を使う機会がなかなかない。

で、うちのう〜をパシャ!

この状態で、新しい家族を待っている。まったり〜w。

ほふ〜っ。
 今日18日は某雑誌の撮影。


モデルは伊藤梨沙子ちゃん。現在投票中のグラビアJAPAN2011の最終候補の残っている、クリア感のある女の子だ。
 都内のハウススタジオに8時入り。今日はいい天気!一日遅れたら雨かも!?という天気予報だし、綺麗な青空広がり、テンションが上がるねえ。9時撮影スタートで、スタジオ、屋内、スタジオ周辺で一気に撮影。でもだんだん暑さがこたえるようになり、折りをみて終了。秋だっていうのにねえ。でもやはり天候が良いと本当に写真の出来が違う。モデルやスタッフのノリに、明らかに影響する。テンポも良くなるし、何より気持ちがいいではないか!
 13時に撮影終了。その後昼食を。

サラダに…

ハンバーグプレートを頼む人が多かったな。梨沙子ちゃんもこれ。撮影中から“ハンバーグ”って言ってたもんね。

オイラはこれ。シュークルト。すっごく美味しかった!でもワインが飲みたくなってしまったw。

ツーショットで。また是非ご一緒しましょう!
 
エール
 今日17日は朝からバタバタ。
センサー清掃出しに新宿キヤノンへ。その足でヨドバ。スタジオ用の周辺パーツやグレーボード等々の小物を購入。清掃が上がるまでまだ時間があったので、タワーレコード新宿店にフラッと立ち寄る。そこで偶然にも藤江れいなちゃんがDVD発売の握手会をしていたので、ちょいとご挨拶にと会場へ。ファンの方々がズラッと並ぶ中、握手会直前のれいなちゃんとマネージャーのmsgさんにチョコチョコッとお話をし、会場を後に。藤江れいなちゃんは今月20日売りのフォトテクニックデジタル10月号にて、グラビアに登場!オイラが撮影しております。

 カメラ回収後、四谷のトーテムポールギャラリーへ。大久保恵さんの写真展『環状線を静かにまわる』を観る。日本カメラでバイトをしながら写真の勉強をしている大久保さん。丁寧に焼かれたモノクロ作品が並ぶ。まだまだ若さが出ているが、独特の世界感がある。明日18日まで。
 さて、明日の撮影の準備をするか。
New!
 Mズイコー45mmF1.8を入手した。
ちょっと面白がって、夜の渋谷をパシャパシャ。









発売前にテスト撮影で使わせてもらっていた45mm、上々だ。安いしね。

この後、たいちゃんこと小澤太一氏率いる『勝手にEOS学園祭』夜景メンバーに合流しようと思ったが、急遽打ち合わせが入り、断念。オイラも川北さんのワークショップ、受けたかったなあ…。親睦会(という名の飲み会)も出たかったなあ。

明日17日は佐藤かな子さんによるトークショーが開催されるそうです。17~19時予定。
是非、渋谷ルデコにお出掛け下さい。
ほっ。
 今月の原稿も一段落。難産だったなあ。原稿は神頼み。神が下りてこないと、一文字も進まないことも…。これ、本音だ。
少しは運動しないと、と近所の駅前商店街まで。

草花は秋モード

カナブンがオイラの手元にとまってくれた。ちょっとくつろいで、また飛んでいきました。

神社でパンパン。

カラスウリ…だっけ?

こんなところにニワトリが?住宅街のど真ん中、おそらく飼われていると思うが、何とも大胆なくつろぎ方だった。

さて、撮影モードに入るとしよう。
※SD1+24-70/2.8IF
夏休みの終わり
  今日28日は某誌の撮影。
都内某所のハウススタジオに朝集合。今日はいい天気だ。8月最後の週末、夏休みもいよいよ終わりだ。オイラが講師をしている専門学校も、明日から講義が始まる。

午前中は色々と細々した撮影が続く。でも、気分がいい。今日のモデルさんはとってもキュートだったからだ。

お昼は釜寅。これは豪華だ!

彼女が本日のモデルさん。お食事中に失礼。

午後は外に出て、全力で走って、深呼吸。
夏の匂いがするけれど…。

夕方は、秋の色、深くなっていた。
また横浜だ。
 スナップを撮影しに、今朝思い立って横浜へ。
やっぱ、今オイラの中では横浜がブームなんだよ。『コクリコ坂から』も2度観たしね。
って、まあそこまでは言わないまでも、何となく雰囲気が分かる横浜で撮影しちゃおうと、みなとみらい線で横浜へGo! 
※全て5D2+Tokina17-35/4

やっぱり山手だねえ。坂がいいわけよ!“坂”がさ。でも実際に生活すると、結構大変そう…。

イタリア山公園付近から横浜を見下ろしています。

まだ『コクリコ坂から』を見ていない人にはネタバレになるかな…マズいかも。週刊カルチェラタンの抜粋。

下におり、大さん橋方面へ。お犬さまが、話しかけてくれ、少し涙ぐむ。

若い二人は、ここで未来について何を語っていたのだろう。暑いのに。ロマンチックな内容を想像することにする。

みなとみらい地区に移動。観覧車の時刻が4時44分。こういう偶然って、結構嬉しい!宝くじ買うかって気分になるな。

降ったり止んだりの一日だったけど、やっぱり横浜はいいなあ。
幸せってことよ。
 今日22日は某誌の撮影。

モデルは佐山彩香ちゃん。大人気ですねえ、彼女は。撮影させてもらうのは1年ぶりくらいかな。その頃に比べ、随分大人っぽくなっておりました。
撮影は都内ハウススタジオで。8月とは思えないほどの気温、10月中旬並みとか。その中、水着じゃ大変だろうが、さすが慣れてるねえ。撮影は順調に進み、編集の方も彼女のかわいさに大喜び。17時に終了。
彩香ちゃん、またご一緒しましょう!…たぶんすぐ撮影になりそうです。

18時20分、新宿東口…そう、今夜は若子jetとシグマ・くわりんとともに話となった『幸せの会』。…別に宗教ではない。幸せについて語ろうではないか、もとい、幸せをつまみに飲もうじゃないか!という会の第一回。

で、集まったのが、この方々。
左から、清水哲朗さん、福田健太郎さん、鹿野貴司くん、若子jetさん、帽子の柳瀬元樹君、シグマくわりんこと桑山さん、オイラ。
たいちゃんは集合場所に来てくれたが、飲みには参加できず。ああ、オイラはかなり酔っぱらいました。あれこれ毒をはきましたが、皆様忘れてください(笑)
でも情報通の耳に入ってしまったからなあ…。

写真の仕事が来て、撮影して、写真家の皆さんと飲んで、同じ話題で馬鹿笑いして…幸せなんだなあ。
新宿にて
  今日は終戦記念日。

朝からデータ処理の後、昼近くになって新宿へ。

キヤノンのサービスセンターにセンサー清掃をお願いし、その間に新宿をウロウロ。観光客は多いが、何となく人は少ない。
コニミノはお休みなので、ニコンサロンへ。

そのまま東口へまわる。
外国の方が至る所でシャッターを切っている。この新鮮さはオイラも上京したての頃にあったはず。折角のデジタル、目についたものをドンドンシャッター切らなきゃだな。

また一つ、教わった気分だ。
※SD1+24-70/2.8IF
ハギ散歩
  いても立ってもいられなくなり、今日12日は散歩デーとした。
すみません、担当者の方々。別に現実逃避じゃないんです!何といいましょうか、運動しなきゃって欲求に勝てず…。結果的に脳みそが働けばいいわけで。
 カメラはニコンS3と、デジタルはSD1にした。バッグは最近入手し、お気に入りのタムラック3375のオレンジ。やはりリュックタイプは楽。両手が空くし、腰に負担が少ない。椎間板持ちのオイラには、肩掛けのバッグでの散歩が年々キツくなってきている。この3375、上下2段式になっているし、側面からカメラを撮り出せるので、便利。大きさも、下段にカメラ1台にレンズ2本とストロボで、上段が丸々空くし丁度いい。もっとも今日みたいな暑さだと対策が必要。多少の機材を諦めて、Tシャツ2枚に下着と短パンを持っていくことにした。
 ブラブラ散歩は、フィルムカメラが合っている。シャッターを押す楽しみが違う。フィルムはネガにしてみた。ポートラ160が数本あったので、それを詰める。4時間ほどの散歩で2本撮影。



明日現像に出すつもり。これは片手間に撮ったデジ画像。
※SD1-24-70/2.8OS

あ〜、さっぱりした!
不易流行
 昨日は某誌の撮影。


モデルはヒラタオフィスの飯村未侑ちゃん。青森出身の中学三年生。石けんの香りがフワッとしてきそうな、清楚な女のコだ。スポンサー曰く、「こういうコが教室にふつうにいるわけでしょ?ドキドキしちゃって授業どころじゃないよね」。猛暑の中、横浜でロケ。今公開中の『コクリコ坂から』の影響か、山手には幅広い年齢層の方々が訪れている。
9時から17時まで、みっちりの撮影になってしまい、ちょっと疲れたかな?と思ったけど、最後まで笑顔絶やさず頑張ってくれた。感謝!

こんな感じで撮影しておりました。

今日10日、昨日の夜からデータ&原稿書きで夜が明ける。午後から自宅も仕事場も断水があるので、午前中で諸々を片付け…(すみません!そういうことで)午後から連れと出掛ける。どうせ水もでないんじゃトイレにも行けないしね。で、六本木に出掛け、映画を観ることに。もちろん映画は『コクリコ坂から』。先日一緒に山手に行っていたから、イメージが掴みやすかったと連れ。とってもピュアで、いい内容。涙が出た。改めて山手をブラブラしたくなった。カメラは…時代を考えると、ニコンFあたりか。ちと重いな。
新しいものが全て良いわけではない。古いものを切り捨てるのではなく、知ることも大事なのは、今の時代も同じだろう。オイラって古いかな。

ミッドタウンで遅い昼食。

花や空、みんないっそう綺麗に感じた今日でした。

※SD1+24-70/2.8IF
出来事
 昨日6日は深夜2時過ぎ(5日の26時過ぎの方が正確か)に実家を出る。
のんびり走っていたオイラが悪いのだが、東名で渋滞にハマる。これが思いのほか長くなった。空は白み出し、綺麗な朝焼けが。これも渋滞の恩恵ということで。

せっかくなので、車からパシャリ。何か、いい一日になりそうな予感。

データ処理に、原稿書き。合間に歯医者さんに行って、で打ち合わせ。
夜、写大時代の友人と久しぶりに会って、一杯。

大好きな活きイカを食べに、新宿へ。

刺身盛りも。日本酒、とくににごり酒が利いた…。良い話が出来た。やはり学生時代の友人と話すと、その頃に戻ったみたいで、リフレッシュする。でももうおっさんなわけで。

今日7日も引き続き原稿書き。
本日が最終日の写真展があることに気づき、ダッシュで出掛ける。
まずは広尾。川口正志さんのラオスの写真展を拝見。御本人はおられず、残念。

近くのカフェで、外人のおじ樣方が気持ち良さそうに飲んでおられる。画になることが羨ましい。おなじおっさんなのに…。
その足で渋谷のルデコでポー専をちら見。魚住さんにご挨拶だけして帰宅。
※SD1+17-50/2.8OS

帰宅するとすぐに雷ゴロゴロ、で、ザーッときた。
しばらくして雨あしが弱まったところで、仕事場へ。

リコーのGXRにMマウント用が発売されるらしい。E-P2にノクトン40/1.4をつけて、仕事場まで。GXR、気になる〜!




レンジファインダーって、雨の日が似合うなあ。
ダンス!
  
 今日25日は某雑誌の撮影。
モデルは今年の日テレジェニック・広村美つ美ちゃん。
都内某所でF編集長をピックアップし、都内公園に9時集合。ヘアメイクをしてもらい、10時撮影開始。今回はなかなか苦労した。オイラの問題なのだが…。皆のエネルギー切れを察知し、昼食。その後移動。ハウススタジオに行き、仕切り直しだ。今回は皆様のご協力が大変励みになった。ありがとうございます!

 よしっ!現像すべえ。
ふう〜っ…
 22日から静岡市の市民カメラマンの方に対してのワークショップが始まった。昨年も行なったワークショップ、自分でいうのもなんなのだが、最後には参加者全員の実力底上げに成功したと思う…は、もしかしたら自己満足かもしれないが、皆さん上手になった。今年の方々にも期待を込めて、厳しく!
 23日は日中は撮影。夕方から西武ドームへ。フォトテクニックデジタル編集長F氏とAKB48のライブを鑑賞。ファンの方々は熱いね〜。それよりも総勢180名の女のコ達は、本当に一生懸命ダンスしたり、唄ったりのパフォーマンスを提供してくれていて、その裏では本番以上の練習をこなしていることが分かる。人気絶頂のアイドルグループだが、彼女達は我々が思っている以上に日々切磋琢磨してますよ。
その足で新宿に戻り、居酒屋で熱く語った。新宿を出たのは2時だった。
 24日は午前中に学校関係の撮影で静岡へ。東名が事故で大渋滞になってしまったが、なんとか撮影が出来る時間に到着。汗だくで撮影。ツイッターを見ると、トンボ田中さんの写真展が柏崎で開催され、それに伴って“大人の遠足”を楽しむ写真家仲間の面々。行きたかったなあ…。写真展だけは見に行ってみよう。指導させていただいた撮影会のコンテストの審査をしながら、羨ましい夜を過ごす。
 今日25日は朝から学校関係の撮影。オイラが撮影に絡むのは、今年で6回目。慣れてきているということもあり、ついつい学生に助け舟を出してしまう。でも余計なお世話だったんだね、ごめんね。お昼頃、お袋が手術を受けていた。撮影が終わって、病院へ。親父が食事を食べさせていた。お袋は昨日の夜から何も食べてなかったから、お腹空いたでしょ?先生の許可が出たところだったそうだ。まあ、大丈夫でしょうということで、やっと東京に戻る。

ふらっと歩きながら、パシャ。それだけで気分が変わる。


※SD1+17-50/2.8

スタジオグラフィックスというサイトで、ポートレート撮影についての連載を始めました!
全12回のこの企画、第一回は谷内里早ちゃんをモデルに撮影しております!これから2週間毎の更新です(忙しいわ〜w)。是非ご覧下さいませ!
コチラです
なぜっ?
 今日19日は某誌の撮影
モデルは纐纈みさきちゃん、キュートさと大人っぽい艶が同居する女のコだ。

9:00に世田谷の某ハウススタジオへ。しっかし、なんで今日が台風?もっともハウススタジオだからってことはあるけど、でもやはり気分が違う。撮影は気分良く!皆さん、一生懸命やってくれているのです。シャッターを切るオイラにはそれなりの責任ってものがある。
降ったり止んだり、突如大雨になったかとおもえば、明るくなってみたり。こういう日はカメラマン泣かせな訳です。
 撮影は16:30終了、急ぎ帰宅。

その後飯田橋に打ち合わせへ。その後ちょいと秘密の会合を企画していたが、台風を懸念して延期。電車で行こうと思っていたが、車で。

打ち合わせは約2時間で終了。さて、データ処理するかな。
あっ、魁皇引退。お疲れ様でした!
海、恋し。
 かなり本格的な夏らしくなってきた。
梅雨も明け、毎日猛暑日に迫りそう。でもオイラは撮影→処理=仕事場にこもりっきり…という日々。ああ、海に行きたい!電車で1時間半ほどの江ノ島さえ、なかなか足を運べない。夏休みに入る前の、夏のみんなを待っているような、そんな匂いがするこの時期が大好き!
小田急に乗ればすぐに行けるのに…遠い。

近所のお子さんの上履きが洗われていた。えっ?まだ1学期終わってないよね?

葡萄も着々と成長しております。

近所で見つけたスペイン料理店。ここのは旨かった!スペイン=夏とは行かないが、とにかく頭は夏の海なのよ〜〜〜!
※SD1+24-70/2.8IF

先日の『フォト魂』は⇒コチラです。
本日発売!

 本日13日、玄光社より、オイラが所属しているkwenda企画のムック本が発売されました!
『ポートレート Adobe Photoshop レタッチの教科書』です。
モデルは入矢麻衣ちゃん、藤江れいなちゃん(AKB48)、前田聖来ちゃん。ポートレートの仕上がりでの悩みを解決に導きます!
詳しくは⇒コチラ
写真も、もちろんよろしいですよw。是非お手に取ってご覧下さいませ。
学生達の助け合い
 昨日9日は静岡。
オイラが講師をしている専門学校と、地元・葵区伝馬町の商店街が合同で毎年開催している七夕イベントに参加。今年は大震災の復興のチャリティーを兼ねたイベントになった。
学生達の多くは浴衣で参加。ということで、ドドドッと浴衣をは。
※少々浴衣でない方も混ざっております。
※複数回登場する学生もおりますが、特に意図はございません。


















全額義援金に。少しでもお役に立てればいいね。
いい感じ!
  今日8日は某誌の撮影。
モデルは谷内里早ちゃん。透明感がとても印象的な女のコだ。
渋谷に7時集合、西に出発!東名にのって目的地まで2時間あまり。最初のロケ地に到着…したが、天気はドン曇り。なんてこった!晴れるって踏んでいたのに。おかしいなあ。
天候はいかんともしがたいので、次善策をとって撮影開始。1時間半ほどで次のロケ地に移動。そこでも、今にも雨が降り出しそうなお天気。まあ、七夕近辺は雨が降るものさ。2時間半ほどの間に衣装チェンジもして、16時に終了。
スタッフのみんな、蚊に刺されてばかりでごめんね!オイラはあまり刺されてないんだよ。…いや、気がつかなかっただけか。
遅い昼食は『さわやか』で。もちろんげんこつハンバーグです。
快くご協力して下さった両市の方々、本当にありがとうございました!感謝です!

顔の大きさを比べてみた。比べなきゃよかった。

都内は今日晴れてたんだってね。解散直後の空は綺麗だったぜ!
仕切り直し
 この土日で、とりあえず身体だけは休めたが、データ処理や原稿書き、打ち合わせ、企画作成など、頭はオーバーヒート気味。自宅から仕事場までしか動いていないが、夏本番っぽくなってきたし、外に目を向けるようにしなきゃだな。
 もっとも、全然出掛けていないので、オイラが仕事場まで見ているものは…




こんな感じ。夕方だからね。でも癒されます。これだけで気分が変わる〜。
※すべてSD1+50/1.4

市民カメラマン、募集中!8日までですので、お考えの方、興味のおありの方、急ぎご応募くださいませ!詳しくは⇒コチラ
いい汗かいてる?
  今日30日はオイラが講師をしている専門学校の球技大会。人数の関係上、二日に分かれて行われる。普段とは違う友達の顔が見られて面白そうだ。
では、そんな学生諸君の様子のほんの一部を公開!







※…球技大会です!もう一度申しますが。


今日で今年も半年終了。やり残したことだらけだ〜!

今週もピーチクパーチク喋っております、『フォト魂』はコチラ
はっ!
  今朝は気が抜けたように目が覚める。
…だるい、なんともだるい。
お腹はすいたけど何が食べたいのだろう、オイラは…とウーに尋ねると、
連れがしゃぶしゃぶに行こう!と宣い、お昼から肉だあ!

おーっ、刺しが入ってますねえ。

昼間だし、車だし、で、これ。オイラは実は大好き!
2時間以上かけて昼食をとった。
あとはお腹がこなれるまで、事務仕事→ヨドバシ買い出し→処理。
明日は学校で暗室実習だ。
※SD1+50/1.4

宣伝!
静岡市が市民カメラマンを募集しております。静岡市民ならどなたでもご応募いただけますが、決まった日時に集合していただくことと、作品を提出していただくことが条件になります。
またオイラのワークショップを受けることが出来ます(というか、半強制ですw)。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい⇒コチラまで!

進まん…。
 どれから手を付けていいか分からない状態が続いている。
ああ、自分がもう三人くらいいたら、こんなに悩むことないのに…。もっとも、オイラが4人もいたら、世間的にはキツいかもしれないが。
 撮影→処理/原稿書き、企画書書いたり、あれこれやっている間にこんなことしてました。

土屋勝義さんが銀座キヤノンギャラリーで開催していた『瞳の天使』にギリギリ飛び込む。カレンさんとお二人で。ポートレートでは珍しくゆったりした時間が流れる写真展だった。お二人の関係がそのまま出ていると感じたね。UCギャラリーでも『瞳の中の少女』開催中!
※リコーGRD2

静岡的なカットも少々。この魚屋さん、いいわ〜。猫がお約束のサカナをくわえているあたりもいい!
※SD1+24-70/2.8

撮影日は夏至、静岡は猛暑日だった。手でシャリシャリするかき氷がほしくなるわけで。
※SD1+50/1.4

オイラが講師をしている専門学校のイベントで、近くの伝馬町商店街と共同でバナーの展示をしている。その設営日だった。東北の方々に届くように…。
※E-P2+8-16

びわ、かわいい。
※SD1+50/1.4

7月13日発売のMOOK、kwendaの一員として現在ギリギリの状態で進行中!オイラは写真担当。ほれほれ〜!


土屋勝義さん写真展パーティ・二次会。
 場所を変え、ギャラリーそばの居酒屋へ。

山本弘之おじさんがお出迎えの会場に入ると、奥はどうやらオイラが近づけないエラい方々がいらっしゃるようなので、いつもの面々と固まって座りました。

土屋さんとテキトー・ギリーこと片桐寿憲さん。奥はトンボ・田中さん。
テーブルをご一緒した方々。


ちょいと酔っぱらったよ。

このあと〆はデニーズ。終電で帰りました。
明日18日は土屋さんのトークショーがあります!是非お出掛け下さい。
土屋勝義さん写真展
 昨日16日、夕方から銀座へ。

目的は、土屋勝義さんの写真展『瞳の天使』のオープニングパーティ。閉館ギリギリになってしまったので、会場は人で一杯!

おお、土屋氏が出迎えて下さいました。
すぐにパーティ会場に移動。会場はさらに人で溢れている。

写真展のモデルの滝沢カレンさん、JJ専属モデル。
こんな感じで挨拶されていた。

大変多くの方々が来られ、土屋さんの人脈の凄さを知ることに。移動も困難なので、オイラの近くにいらっしゃった方々を。ドンドンとお見せいたします。





楽しさが伝わりましたか?
なにぶん、酔っぱらっておりますので…。

司会は鹿野貴司さん。

みなさん、聞いておられます。

まあ、この方々はいつものことなのでw。

立木義浩先生が土屋さんのお母様の肩を抱かれ、挨拶されていらっしゃる。

ツーショットとその様子を撮影する小山浩司くん。
そして二次会会場に居酒屋へ移動!
あれこれ
 よし!時間を作ったぞ!
連れの誕生日やら結婚記念日やら、オイラの誕生日やら、とにかく溜まった記念日をまとめて祝おうということで、お昼から群馬の温泉へ。大丈夫です!仕事は遅れませんので!
都内は曇りだったが、関越のICを下りると、夏のカラッとした青空が顔を出してくれた。

緑も喜んでいるよう。

早めに宿に入り、早速ひとっ風呂。地ビールで乾杯!ああ、至福。

料理が運ばれてくる。特別料理は注文しない。十分の量だって連れが言っている。本当に美味しい!この時のために仕事をしてるなあと実感。

折角なので地酒を、旅館の女将お手製の花豆で。甘くて美味しい。酒がすすむ。
こうして夜は更けていきます。
※SD15+30/1.4,50/1.4
クリアになった日
  今日8日、お昼前から新宿。
キヤノンへセンサー出しの後、所用を済ます。その頃はまだ雨がポツリポツリ。
打ち合わせのために西口から南口へと回ると、空に晴れ間が見えてきた。

でも湿った空気だ。
2時間弱の打ち合わせの後、南口を見上げると…

とても澄んだ空、くっきり!ああ、小笠原に行きたい…。

カメラを引き取りにキヤノンに向かう途中、おっちゃんパチリ。

今日の夕焼けは見事だった。多くの方々がツイッターやブログで紹介している。オイラも負けじと、いつもの自宅前で。
さて、気分を取り直して、明日からまたいくぞ!
あれま〜っ
 
今日30日は某雑誌の撮影。
モデルは荻野可鈴ちゃん。ピチレモン専属モデルでヤンジャン等で男女問わず大人気の女のコだ。彼女はまだ15歳、でも色々な表情を持ち、フォトジェニックだ。
今日の天気予報は雨のち曇り。はじめから晴れ間が出ることなど予想もしていなかったし、ハナッからその準備もしていなかった。でも今日のスタイリング&ヘアメイクは、オイラがこのところ一番組んでいるYちゃんとAちゃん。この二人は猛烈な晴れ女で、一回も雨どころか曇りにもなったこともないのだ。…これか、今日は。
 でもやっぱり晴れ間があるとテンションが上がる。撮影は順調に進み、昼食を挟んで夕方終了。強い風が吹く中、可鈴ちゃんありがとう!マネージャーOさん、ありがとうございました。
Yちゃん、Oちゃん、編集Iさん、今度ホルモンね!
タネ展
  今日23日は朝一から原稿を書き書き。
10時過ぎに新宿のキヤノンへ。カメラのセンサー清掃出しをし、ペンタックスフォーラムへ。S所長と世間話をボソボソ。
お昼前に銀座のキヤノンギャラリーで只今絶賛開催中のタネこと種清豊氏の写真展『Ostalgie-Berlin』を見に行く。
タネこと種清豊君が迎えてくれました。
で、酒井梨恵嬢と更なる歓迎を受けました。これが歓迎のポーズだそうです。酒井はだんだん汚れてきております。
ドイツの雰囲気を彼の目線で切り取られた、良い作品でいっぱいの写真展です。25日まで!
タネ先生に何やらパワーを送ってもらえました。オイラもベルリン的な匂いを取込めるような気がしてきたので、とりあえずドイツビールを飲もうと心に決める。
昼食に麻婆茄子丼をかき込み、銀座を後に。
飯田橋で打ち合わせ。喫茶店で2時間ほど。
その後東京ミッドタウンで撮影。帰宅後、明日のセミナー用の資料を作りながら夜はふけていきました。

宣伝!
『フォトテクニックデジタル』7月号では前田聖来ちゃんをモデルにグラビア6P、特集でAKB48の仁藤萌乃ちゃんをモデルに撮影・執筆しております。萌乃ちゃんには、今巷で話題のシグマSD1のテストレポートのモデルもしてもらっております。
また松田忠雄さんと、読者の方の質問に答える面白いこともしております!

『デジキャパ!』ではニコンとキヤノンの4機種撮り比べと私的評価をしております。

どうぞ、お手に取ってみてください。
タネ会
 昨日から銀座のキヤノンギャラリーで開催された、タネこと種清豊くんの写真展『Ostalgie-Berlin』のオープニングパーティに参加するため、銀座へ。もうすでに多くの方々がブログやツイッターで述べられているので、ポポポポ〜ンと状況写真をば。
仕事が終わらず、遅れて銀座に到着。
パーティ会場はここ。入ると溢れんばかりの人たち。それでも3分の1になったとか…。
根本タケシ先生が何やらおっしゃっていることを神妙に聞く主役・タネこと種清豊くん。
結果、タネ本人の言葉より、先生方のお話の方が長かった様な気がする…。
多くの方々が駆けつけてくれてよかったな!
左からCAPA・畠野さん、岡嶋和幸さん、清水哲朗さん、タネ。
おっ、ご存知ですね!鹿野貴司さん、片桐寿憲さん、たいちゃんこと小澤太一さん。
左から小山浩司くん、吉住志穂さん、デジキャパ!・河野さん。吉住さんは来月16日から渋谷ルデコで個展を開かれる。自分の結婚を自分でお祝いってか!…忘れてはいけない、背後の演出を担う片桐さん。
左から、CAPA・畠野さん、Oリンパス・トンボ田中さん、CAPA・菅原副編集長、河野さん。
左からタネ、CAPA・石田編集長、清水哲朗さん、根本タケシさん。皆がタネを可愛がっている。
左から吉住志穂さん、デジタルカメラマガジン・川上編集長、藤井智弘さん。なんだか志穂ちゃんの宣伝みたいになってきたなあ。
左から並木隆さん、フォトテクニックデジタル・藤井編集長、HARUKIさん。皆、でかい。

二次会会場に場所を移し…
落ちかない主役・タネの挨拶と、優しく突っ込む皆様。
並んで座った三人のおっさんで仲良く。山本弘之おじさんの頭とオイラのほっぺがぴったりと。…別にそういう関係じゃなかとです。
藤井編集長と若子.jetさん。二人は奥の濃い話から逃れて向かいの席へ。この辺りからオイラもなんだか分からなくなってきた。
あれこれ入れ替えがあった末に、最終的な正面の方々。左から河野さん、片桐さん、柳瀬元樹さん、若子.jetさん。おおっと、背後には酒井梨恵さんと小山浩司くん。二人は後ろで世話を焼いていた。お疲れさん。
終電で帰りました。
一部の方々は朝までご一緒だったとのこと。
明日21日はトークショーがあるそうだ。皆さん、お誘い合わせの上銀座へGO!

東へ西へ
  昨日16日と今日17日は、静岡でセミナー。
16日は磐田市を会場に、今日は三島を会場に、お仕事向けのセミナー内容。きちんとしたところにお勤めの方対象だったから、オイラの口の悪さ、結構気になったかもしれませんね。でも仕方がないじゃない!それがオイラなのです。
セミナーがまだ残っているので内容は言えないが、いい大人がぞろぞろ、カメラ片手に移動する画は結構面白い。気分も変わったことでしょう。
こんな感じのイメージカットもたまにはいいな。
もう一丁!

帰りに三島大社に参拝。参道を進み…

ほう〜、腰掛け石。左が源頼朝、右が北条政子が腰をかけたそうだ。源氏復興祈願ということで百日の日参りをされたそうな。
三島大社の奥殿がこれ。
なんてったって、三島大社は恵比寿様・福徳の神でいらっしゃいますから、キチンと参拝させて頂きました。こういうことはキチッとします。オイラはとても縁起をかつぐのです。
帰りはひどい雷雨に。でも空気が洗われ、明日は気持ちのいい一日になるでしょう!日々のトキメキが大事なのです。

渋谷で夜行われたフォトグラファーズサミットには行けなかった…残念!
自らを刑に処す…で、これね。
細江英公先生の名作『薔薇刑』を意識したものではありません。細江先生はオイラのJPS推薦人、そのようなことができるはずもないでしょう。

トキナーのHPにて、オイラの作例にAT-X16-28 PRO FXでの撮影分を追加いたしました。どうぞご覧下さい。⇒コチラ
新宿にて
  ここ数日で合計しても一日にとりたい睡眠時間にならなかったので、昨日深夜に原稿が一段落したのをいいことに、今朝は睡眠をキチンととった。頭を振ると脳みそがずれているような感覚があったし…。
 溜まっていた家事諸々をすませ、新宿へ。目的はヨドバシに買い出しと写真展。

これ。中村紋子写真展『Silence』@新宿BEAMS/Bギャラリー
今夜はレセプションパーティ、少々遅れていくと会場から人が溢れていた。大した人気だなあ。
入り口で一花さんにご挨拶、中ではお〜、関係者が。
同タイトルの写真集も発売、一冊購入し、中村さんにサイン&イラストを描いてもらう。で、パシャリ。
右からCヤノン・加藤俊樹さん、中村紋子さん、ご存知!清水哲朗さん。
他の方々は若い人たちばっかりで、全く分からない。まあ世代が違うから仕方がないが…。

で、一花義広さんとともに。写真集は一花さんのリブロアルテからの発売だ。中村さんは14日からは新宿ゴールデン街の『北欧BAR 風の森』で『Birth』という写真展を開くそうだ。
会場にいた可愛いお嬢ちゃんと、これまたかわいいチワワちゃんのツーショットに癒され、会場をあとに。
 
 新宿西口でお二人と別れ、オイラはヨドバシへ。小物とプリント用紙とインクを購入し、帰宅。明日は暑い中、スナップを撮りに出掛けます。
いざ、小金井!
  小金井市にある東京たてもの園に行く。
たいちゃんこと小澤太一さんが『ちびっこカメラ写真紀行』を開催しているので、目的はそれ。
写真展に関してはこちら


 東京たてもの園には、多くの重要な歴史的建築物が移築されていて、実際に上がることが出来る。歴史的テーマパークのよう。

昭和初期の居酒屋。

 こういう雰囲気で呑むのはいいねえ。現代に甦らせたら、結構高い酒になりそうだが…。ちょうど雨が降ってきてしまい、外国の方々がカウンターに座って雨宿りしていた。でも馴染んでいたから不思議。レトロって懐が深いなあ。
 
 銭湯もある。懐かしいと言えば懐かしいが、実家の近所にもまだあるし、オイラが写大生の頃銭湯通いだったが、こんな感じの銭湯だった。それが“歴史”としてここに展示されていることに、自分の古さを感じるよ。
 中では…おっ!たいちゃんが撮影中!
 そう、たいちゃんはチャリティを目的とした『ちびっこ撮影会』も合わせて開催中なのだ。撮影+A4プリントで1カット1000円のイベントだ。どんな写真かはコチラをご覧あれ。あとは5日を残すのみになったが、お時間がある方は是非行かれるといいですよ。このような機会はなかなか無いですから。
 
 たいちゃんに撮影してもらったお礼に、オイラもパチリ。
 らむちゃんも大忙しの様子。スタッフの方々もご苦労様!たいちゃん、らむちゃん、ありがとう!

まったり…。
  
 今日22日は某雑誌の撮影。
モデルはAKB48の仁藤萌乃ちゃん、オイラの目からはとても大人っぽい、落ち着いた感じの女のコだ。都内某所の公園で撮影開始。途中、遠足中の小学生に巻き込まれ移動…なんて事もあったが、順調に撮影をこなしてゆく。彼女には無理に笑ってもらおうとは思わず、自然体を心掛ける。雨が今にも降り出しそうな空模様だったが、最後までもってくれた。
撮影後、なぜか晴れ晴れした気分に。あちこちに連れ回したり歩かせたりしながらも、気持ちよく撮影させてくれた萌乃ちゃんとマネージャーT氏に感謝!

萌乃ちゃんがブログで嬉しいお言葉を言ってくれている。カメラマン冥利に尽きるというもの。こちらこそ、ありがとうございました!彼女のブログはコチラ
宣伝で、ございます…。
  先日18日は某誌の撮影。

 モデルは入矢麻衣ちゃん、大阪出身の、とっても明るいコだ。この日は寒く、ロケはちょっと大変だったか…。持ち前の元気で頑張ってくれた。途中、JPS同期の工藤智道さんと遭遇。そのままオイラのロケを見学されていった。ちょっとこそばいなあ。
 翌19日は静岡へ。
 専門学校の撮影で、某ギャラリーにお邪魔。学生をモデルにして撮影すると、初々しくて面白い。科が違うとなかなか接触することも少ないので、こういう時に色々と話をするのも楽しいものだ。
 今日20日は某誌の撮影予定だったのだが、あのグループでは急性胃腸炎が流行っているらしい。延期になったので、事務処理をコツコツ。ああ、今日はいい天気だったのになあ…。

 今日20日はカメラ雑誌の発売日。
フォトテクニックデジタル』では藤江れいなちゃんのグラビアを6P。藤井編集長がとても推してくれている。是非ご覧下さいませ。
その他、『デジキャパ!』で6Pほど、『月刊カメラマン』で少々。合わせてご覧下さい。

『kwenda』のフォトログも本日アップいたしました!コチラです。
次回は26日です。
無駄遣いの勧め
  
 まだまだ、経済を回しましょ!
オイラは今日まで静岡に二泊、夜はしっかり外に出てきました。月曜日は大野カメラさん達に遅くまでお付き合いいただき…。申し訳なかったですねえ。
 で、オイラが提案して作られたHot-Air Balloonさんのストラップ、今安く出てます。この機会に是非いかがですか?春本番、カメラにもストラップの着せ替えが気持ちいいです。

Hot-Air BalloonさんのHPはコチラ

それと『フォト魂』はコチラです!
本番
  
 静岡では、だいぶ桜は散り、葉桜となってきた。
オイラがお世話になっている専門学校の講義も本格化、オイラの講義も始まった。折角春本番の暖かさ、教室にいてばかりじゃもったいない!ということで、デジカメで色々と撮る様な課題を出して、皆で外にでる。日差しがうれしいね。東京程ではないが、静岡も余震で揺れる。でも被災地の方々程ではない、学生達には、こうして通常の講義が受けられるありがたさを伝えた。まだスタートしたばかりだから緊張しているけど、この緊張感をそのまま継続して欲しい。

対策
  
 計画停電は行なわれないと発表された。
でもこれから暑くなる季節に向け、対策を立てた方がいい。何せ、ほら、オイラは某編集部I氏にオイラ以上の汗かきのカメラマンは見たことが無い、と言わしめたほど。その汗かき具合によっては来年の“○○カメラマン”はいただきか!
 なんでバカなことを考えていないで、TVでもラジオでも色々伝えていることを参考に。でも、こんな時こそ気づくこともある。この状況も楽しまないとね。
新年度
  
 今日は4月1日、新年度スタート。
でも今年は色々と混乱しているのが分かる。
日中はロケハンに没頭、戻ってからは原稿書き。桜がところどころで咲き、心和む。花見を自粛せい!などとの声も聴こえるが、こんな時こそ花見は必要だと思う。気持ちは盛り上がるし、友や知人、同僚と飲み・話すことで結束も強くなる。経済も回るしね。オイラはタイミングが合わず、なかなか花見ができない。でも今年は仲間と集まってみるか。知り合いの写真家の事務所に襲撃!?『原稿、まだなんだよ!』とのお怒りの中、ニヤニヤしながら飲む酒もいいな。
気分転換
  
 今日30日は某雑誌の撮影。
10:00に都内のスタジオ入り。ハウススタジオだけど、今日は公園かどこかで外ロケしたいなあ…春って感じでさ。口を開けば、皆様方、地震で大幅に狂ってしまった今後の計画。出版系は本当に大変。流通の面でも販売の面でも、ほんとうに崖っぷちといっていいと思う。写真家であるオイラは、良い写真をたくさん撮影することしか無い。電子書籍では味気ない。紙媒体で見てもらいたい。
 最近気に入っている街がある。小田急線の経堂。女のコ向けの可愛らしいショップと昔ながらの商店街が共存している魅力的な街だ。ぷらぷら歩いていると、いい気分転換に。その経堂をテーマにしたフォトコンを、オリンパスがやっている。スナップにはもってこいの街とはいえ、それほど大きな街ではない。ここまでピンポイントなのも珍しいと思う。是非カメラ片手に、多くの方に歩いて欲しい。
満を持して
 
 今日発売の『週刊プレイボーイ』4月11号にて、オイラ撮影の片桐えりりかちゃんが掲載されております。動画共有サイト『ニコニコ生放送』のナンバーワン配信者である彼女、何かと話題になっています。ご覧下され。
ああっ…
 
不謹慎だけど、京都に行きたい…。
いやあ〜、『鴨川ホルモー』の話をしたからそういう気持ちになったと、言えなくもない。でも純粋に行きたいのだ。行ってくれば良いじゃん!との声も聞こえてきそうだが、なかなかそうはいかない。それに行くなら一週間ぐらい行ってきたいのだ。しかし、行くならスケジュール的にも…。んふふ。

CP+の時、トキナーブースにてセミナーをさせて頂きましたが、その時の作品を、トキナーHPでご覧いただけます!林恵理ちゃんのフレッシュな表情をお楽しみ下さい。コチラをどうぞ!

今週の『フォト魂』はコチラです。あれこれオイラが喋っております。
雪のち晴れ
  
 今日は某雑誌の撮影。
モデルはAKB48の藤江れいなちゃん。とってもキュートでピュアな女の子だ。
7時に集合し、東名で一路西へ。足柄〜御殿場はあたり一面真っ白の雪景色!西に向かっているのに、まるでスキーをしに関越でも走っている気分だ。
 撮影は順調に進むが、期待していた天候が回復せず、折角なので昼食をゆっくり。それが功を奏して、青空が顔を出し始めた。そこからは一気に撮影していく。れいなちゃんも頑張ってくれて、薄着でも鳥肌一つ立てず。日没とともに撮影終了。帰りに吉田でオイラのリクエストで夕食にハンバーグをいただく。東京到着、解散は22時半。15時間の長丁場、皆様ご苦労様でした!で、このあとセレクトが待っっている。
デビュー
  
 今更かもしれないが、ツイッターのアカウントをとってみた。
震災の時に非常に役に立ったと聞き、これが機会だなと。写真家仲間の多くがしてるしね。
しかし、非常に無精なオイラ、マメにツイートすることなんでできるかしら。いつも愚痴は言っているけど。まあ、今後徐々にね。
 震災でアナログの強さを改めて知った。…カメラもか!?ということで、避難袋にフィルムカメラとフィルム数本を入れておいた。笑われそうだが、本当の話。カメラは何かは言わないでおこう。
穏やかな日
  
 今日19日、春だなあと思わせる暖かい日だ。
今年いよいよ発症してしまった花粉症のため、ちょいとばかり目がかゆいが、表にふらり。最寄り駅の隣駅まで歩いてみる。ファミリーの姿がよく目につく。世間は三連休だが、こうした時期、お出掛けは控えて近所で過ごす人も多いのだろう。でも、家族でいられる幸せは、何ものにも代え難い。
 商店街では、積極的に節電につとめ、照明はもちろん、自動ドアやディスプレイも。とあるお店で、オイラの両親よりちょっとお年のめしたご夫婦が、仲良く笑いながらパスタを食べていた。オイラもこのようにいられたらいいなあと思い、隣の席に。心も温まる一日だった。
再認識
  
 オイラの行動範囲内の交通手段は、少しずつだが以前の状態を取り戻しつつある。だが、依然として車は少なく、BSには長い行列が…。そのために車線がひとつつぶされ、渋滞を巻き起こしているところも。仕事上などどうしても必要な人以外はどうして待てないのだろう…。来週には回復するそうですよ!
 身の回りの色々なことを再認識することが多くなった。いかに電気に頼っていたか。都内はかなり暗いけど、例えばトンネルなど、この暗さで十分イケるじゃん!なんて感じでね。あとはアナログの強さとか。我が家にはグルグルのハンドル式懐中電灯を常備。これで携帯も充電できる。といっても万が一の時は携帯など役に立たないことも今回身を持って知った。便利グッズは必ずしも便利ではないのだ。
 夕日が綺麗だなあと再認識。で、この色をおさめるためにSD15を出動させる。やはりフォビオンは本当に綺麗!再認識か、これも。

今週のフォト魂はコチラ
日常へ
 
 今日14日は、震災後最初の月曜日。
都内はかなり影響が出ている。特に交通手段に関しては深刻だ。オイラは今日撮影がなかったので、一日中事務処理。撮影があっても、中止になっていただろうけど…。飛び込んでくるニュースは深刻なものばかりだ。でも、一部不便があるとはいえライフラインが生きている都内、直撃の方々の今を考えれば、我慢のかけらにもならない。
 オイラの大好きなJ−WAVEのGROOVE LINE-Zでは、震災体験と同時に、元気が出るようにとの音楽やDJが流れる。本当は深刻なニュースよりも、こうした前向きな音楽が救われると思う。被災地の方々に届くといいな。民放各局も、是非子ども向けの番組や娯楽番組を流してあげて欲しいです。
 都内も当分混乱した状態が続くらしい。でも、普段の利便さを感じるよい機会として、また教訓として、オイラは過ごしていこうと思う。頑張りましょう!
柳瀬元樹君クロージング
  今日6日は、日中水戸へ。
撮影会の指導のため、上野を出発!今日は暖かく、いい天気になるそうだ。

特急フレッシュひたちは初乗車!なかなかの乗り心地でございます。

会場となった偕楽園。いい陽気のおかげでたくさんのかたにご参加いただいた。でも、諸事情により、満足な指導が出来ず、申し訳ございませんでした。
撮影会は15時に終了。15時52分の特急フレッシュひたちに乗り、東京に戻る。


若子jetさんの呼びかけで、本日の柳瀬元樹君のクロージングには何人かで押し掛けることに。18時半に新宿で待ち合わせていると…。
 
清水哲朗さんと隣り合わせになっていて、お互いに気づかず。マスクしていたからなあ。次いで川北茂貴さん登場。暇なのでパチリ。

メンバーが揃ったので、歩いてBar「風の森」へ。

到着!

さて、揃って入るよん!
左から藤田一咲さん、若子jetさん、川北茂貴さん、Sニー・奈良さん、清水哲朗さん。

あっという間にカウンターはいっぱい!早速乾杯!
でも、オイラはすぐに帰らなきゃならなかったのだ…。直後に鹿野貴司さんご来店。

ほぼ時間差なく、土屋勝義さんが生徒さんを連れてご来店。
せっかくなので記念写真。真ん中が主役・柳瀬元樹君。
この後盛り上がっただろうなあ。
旅立ち…ですよ
  
今日4日は、オイラが講師をしている専門学校の卒業式。
幸い天候にも恵まれ、ポカポカと暖かい。会場に向かうと、ハイカラさんの学生達がぞろっと。ハイカラさんは卒業による“節目”を、より印象的にしてくれる。厳かな雰囲気で行われた卒業生達。何年後に一緒にお仕事をできるレベルになってくれているといいな。
みんな、卒業おめでとう!
今日は耳の日
 今日は3月3日、桃の節句だが、ほかにも耳の日、民間ラジオの日など、たくさんの記念日になっている。徹夜明けの眠い目をこすって、静岡へ。いつものディーラーにブーブーを預ける。今年は車検なのだ。代車に乗り換え、静岡市役所へ。市民カメラマンの講座の最終回だ。

講座を受けて下さっていた皆様。オイラの非常に厳しい言葉に耳を傾けて下さり、誠にありがとうございます!どんどん写真を撮っていって下さい!

市役所を後にして、行きつけのカメラ屋にちょっと顔を出してみる。そこでおもちゃをGET!
にひひっ。でも調整が必要なので、メーカーに持って行ってみることにしよう。
 
車窓から、綺麗な空が広がっていた。得した気分。
このあと、オイラがいたSOHOのOBの皆さんとちょっと一杯。やばい、こんなところで徹夜明けの影響が…。オイラは乱れていたようだ。ごめんなさい。
いざっ!甲府へ
  今日27日は山梨フジカラーさんの撮影会のため甲府へ。
昨日、茂手木さん、鹿野君、たいちゃん、ラムちゃんと飲んだ酒が残ってしまった…ちょっと頭イタイ。

さて、新宿からあずさに乗って、いざ甲府へ。

“曇のち雨”の天気予報とは裏腹に、見事な晴天!気温も上がり、参加者の方々には絶好の日和に。今回の参加者の中に高校生が40人も!嬉しいねえ、若い年代がこういう撮影会に参加してくれると活気が出るし、刺激にもなる。さあ、ベテランの方々!ウカウカしてられないですよ!思い切りの良さはすごかったでしょ!?

今日モデルをしてくれた、真希ちゃん(右)と清香ちゃん。すっごく皆さん喜んでましたよ〜。
オイラの無茶振り、キツかったかな?

今回参加してくれた高校の一つ、甲府城西高校のみんなと一緒に。すっごく楽しかったよ!ありがとう。
今回参加して下さいました皆々様、拙い指導で失礼いたしました。おかげ様で無事撮影会を行うことができました。ありがとうございました。コンテストのご応募、お待ちしております!

柳瀬元樹君写真展
 今日26日、夜から新宿ゴールデン街へ。
昨日のたいちゃんパーティの流れで、たいちゃん、ラムちゃん、茂手木秀行さんとともにゴールデン街に参上。
やってまいりました、ゴールデン街!

入り口で撮影中のたいちゃん。

早速入るよ!と茂手木さんを先頭に入ろうとすると…

先におられたお客さんが帰られていきました。「十分堪能しましたので。」

あらためて会場の「風の森」へ。

こんな感じで座っております。

乾杯!とあったのですが、都合上、我々だけで。

だんだん壊れてまいりました。パート1

パート2
※茂手木さん、汚れてしまいました…。すべて東京が悪いのです。

「もういっぱい頂戴」とマスターに。…よくみたら、デジタルカメラマガジンの川上編集長!?学生時代を思い出すとはおっしゃっていたが。

オイラ持参のロールケーキをぱくつく、主役の柳瀬元樹君。

なぜ柳瀬君ばかりに女性がよってくるのか!?我々は僻みます。このあとの二次会でこのネタは議題に上がりました。

かけつけた鹿野貴司くんと、デジタルカメラマガジンの4つの選択問題を真剣に解く柳瀬くん。

店の前で記念撮影。このあと我々は近くのお店へと消えてゆきました。おしまい。


春一番!jet会たいちゃんパーティ編
  今日25日は日中某雑誌の撮影。
今日春一番が吹いた。髪の長いモデルだったので、なかなか大変!でも決まると嬉しい自然のプレゼントとなる。
 普段お昼ご飯はお昼時間にキッチリと摂るオイラだが、今回は都合上撮影後に。

食後のリンゴ酢サイダーで一服…。モデルと編集N氏とは銀座で別れ、一旦事務所に。事務処理等々をしたあと、上野へ。今日はたいちゃんこと小澤太一氏の写真展のパーティが行なわれているのだ。会場で行なわれているはずの0次会には間に合わず。若子jetさん主催の一次会に直行。
乾杯しますよ〜的なメールを携帯でみながら、ちょいと遅れていくと…
もう大変な盛り上がり&熱気!
とっさに振り返ってくれたのは藤田一咲さん。左は酒井梨恵さん、日芸・たいちゃん手伝いの野村君、ラムちゃん、三澤史明くん、桃井一至さん。※様々な大人の都合上、ラフモノクロでお届けしております。
「萩原さ〜ん!こっちこっち!」という声に振り返ると…

うわ〜っ、濃いなあ〜w、この一角。

とりあえず、この席から一番遠い席になぜか導かれ、座ると皆様方は忙しくお酒を造ったり、鍋をよそったり。その中、桃井さんだけがコチラにポーズを決めてくれている。面白し。

主役のたいちゃんが全景を撮影中に、主役を奪い取る山本弘之さん

で、乾杯!この対のカットはコザブロで。

所用で立つついでに奥の席の方々を見ると…。
顔が判別できる方々だけですが、左上から、三澤史明くん、桃井一至さん、お隣お二人とはお話できず(悲)右の方は片桐寿憲さんかな。手前右から清水哲朗さん、Sニーの奈良友寿さん、鹿野貴司さん、そして見切れているが幹事の若子jetさん。幹事ご苦労様!

ニチゲー野村君に撮影の極意を披露中の茂手木秀行さん、モデルの極意を身をもって伝えるフォトテクニックデジタル編集長・藤井さん。後輩のカメラでパチリと、先輩の技を見せつけたいところだが、わざとキャップをしたままなのだ。フィルムの値段を考えると、昔みたいに他人のカメラでシャッターを切れなくなってよね…納得。

このあと皆様は二次会に向ったらしい。オイラはここで失礼した。
この続きはトンボ田中さんのトンボ日記で。
眠い。
ウロウロ
  
 昨日18日は学校の講義。
1年時必修のオイラの講義、今年度も残すところあと2コマ。正直もっとコマ数が欲しいところだが、そうもいかない現実。せめて写真を好きになって欲しいとだけ、毎年願っている。寝不足がたたり、夜は実家に泊まり、明け方東京に戻る。
 今日19日は朝からロケハンに当てた。都内某所をウロウロ。撮影日は、天気予報によると曇りらしい。天候は写真の印象を極端に変える。日差しがないバージョンの構成を主にしながら決めてゆく。そう言う意味では、今日は曇りだったし、よかったか。帰りに新宿ヨドバシで撮影小物を少々購入。カメラ売り場は大変なにぎわい。“○○予約承り中”の文字が踊る。CP+で注目の機種が展示・体感できたからね。どの機種に使用かと、あれこれ迷っている時間が楽しいんだよね。
 
たいちゃん写真展
  今日17日、昨日が初日の、たいちゃんこと小澤太一さんの写真展『チビッコカメラ世界紀行』に顔を出してまいりました。昨日が初日なのに、本人が在廊できなかったそうで、実質今日が初日みたいなものですね。
 お昼前に伺うと、たいちゃんはお客さんの応対に追われていました。写真はすべてコンパクトデジカメで撮影されたもの。そのせいか、被写体となっている子ども達との距離も近く、親近感が感じられる、真っ直ぐな印象を持ちました。
で、どんなカメラで撮っているかというと…

こんな感じで撮影してきたと、再現中の小澤太一氏。

本人はこのようにしていますが、気持ちの入った写真ばかりです。是非、皆様ご自身の目でご覧あれ。たいちゃんが在廊の時は、色々お話を伺えると思います。在廊予定はたいちゃんのブログに随時書かれております。たいちゃんのブログはコチラ

コンデジでの撮影ばかりなので、対抗して…

オイラの銀塩レンジファインダーと記念撮影。カメラは使って始めて道具として活きるのです。

3月30日まで、場所は上野にあります「フォトギャラリーUC」。10:00〜18:00、土日祝日は休館です。
ありがとうございました!
  9日からはじまりましたCP+は12日に無事終了いたしました。
本当に大勢の方々にお越し下さり、感謝!感謝です!で、翌日は燃え尽きておりました。肉体も精神も胃袋も肝臓も、それなりに疲れているからです。
※関係者の皆様、CP+のネタで飲む時は誘ってください。大丈夫ですw。
では、遅ればせながら最終日の様子をば。

ケンコーブースのMC・堀江真子嬢。オイラの教えをキチンと守り、憂い顔にちょいと口開け。よしよし!

ケンコーブースの金子美智子先生。丁寧なセミナーに皆さん聞き入っておられた。でも実はとっても楽しくて明るいお方です。

パナソニックブースの森脇章彦さん。黒で決めているなあ。

ニコンブースを通りかかると、オイラに気がついた茂手木秀行さんが、このポーズのままオイラにシャッタータイミングを作ってくれていた。お客さん、不思議に思っただろうねえ。

再びパナソニックブースで可愛いおねーちゃんを撮影していると、背後に目立つ動きの方が…。

塙真一さんでした。

 
エプソンブースで土屋勝義さんに遭遇。その先には…

オリンパスの講師陣がズラリ。清水哲朗さんはサッと目線。さすがだ。

リコーブースの人だかり。誰がやっているのだろう…

おっ、ラムちゃん!…ってことは…

たいちゃんこと小澤太一さんでした。説明しながらピースの(ブログ)サービス精神は特筆ものだ。でも、お客さんは何のことかさっぱりわからない行動なのです。原因はこのブロクです。

吉住志穂嬢と遭遇。婚約おめでとう!でもちょいと疲れてない?もっと“毎日幸せ〜!”ってオーラを出しなさい!w

オリンパスブースにて、土屋勝義さんと清水哲朗さんがトークバトル中!でもご両者とも目線がこちらに。本当にお客樣方、失礼いたしました。仲間同士の楽しみと言うか、お約束というか…。

魚住誠一さんが、撮影ライブ中。参加者の方に親切に指導されていた。魚住さん、オイラのセミナーに顔を出してくださり、先頭で拍手!見つけた時はびっくりしたよ。

ここが4日間セミナーをしましたケンコーブース。今年もありがとう!終了後2時間で解体されてしまった。

で、4日間ブースを盛り上げてくれた女のコ達。右からMCの堀江真子ちゃん、桐川りさちゃん、日笠麗奈ちゃん、林恵理ちゃん。本当にお疲れさま!良いお仕事しておりました。

最後に内田理央ちゃんとのアナザーカットをば。実は風邪ッぴきだった理央ちゃん、寒い中ありがとう!見に来てくださった方、喜んでいただけましたか?

ハギワラのムチャ振りに、かなりの成長を見せてくれた林恵理ちゃん。またモデルよろしく!
小河俊哉さん、4日間お疲れさまでした!
柳瀬元樹くん、若子jetさん、ayamiさん、色々ありがとう!
米山みき先生、わざわざありがとうございました!

ということで、来年は2月9日〜12日の予定だそうです。
またお会いしましょう!

CP+三日目
 三日目は雪!? でも朝から大変なにぎわいです。
オイラはこの日は3本。ぴーちくしてまいりました。

12時50分からのエンジョイフォトステージには大勢のお客さんが来てくださり、立ち見になった。ありがとうございます!内田理央ちゃんをゲストに迎え、撮影する側とされる側の両面のお話をさせていただいた。皆様の撮影の参考ししていただけたら嬉しいね。
理央ちゃん、寒い中ありがとう!風邪引かないようにね。
マネージャーI氏もご満悦。

 
ケンコーブースは今日も大賑わい。

左から金子美智子先生、ケンコー田原さん、フォトテクニックデジタル編集長・藤井さん。

元CA○A編集長で、キヤノンの加藤さん。なぜは今日は一般の札を首から下げていた。

FM-Hiの矢内博一さん。オイラの『フォト魂』でいつもお世話になっている。静岡から来てくださった。

リコーブースを通りかかると…

何やら岡嶋和幸さんがたいちゃんこと小澤太一さんに耳打ち

気がつくと土屋勝義さんに腕を引っ張られ…

ステージに立っておりました。何やわ分からず混乱中。
壇上にはやはり呆然の柳瀬元樹君と若子jetさんが…。
この模様はトンボ日記で。

この方々も突然ステージに上げられたらしい。豪華だなあ。

鹿野貴司さんとayamiさん。若子jetさんに、皆で集まる旨を聞いたので…

今日も一緒にステージに立ってくれた林恵理ちゃんにお疲れを伝えてから…

夜の横浜へと我々は消えていきました。

雪…でした。

明日は最終日!いよいよだ!


CP+2日目
  CP+2日目。
例年2日目が、実はゆっくりと新製品やブースのセミナーを見るにはベストの日なわけだが、今日は朝からたくさんの方々が列を作っていた。驚き!でも、嬉しいね。
オイラの3回のセミナーにもたくさんの方々が来て下さいました。ありがとうございます!

ではオイラがチラ見・お会いした面々をば

 kwendaでおなじみ・清水哲朗さんとケンコー田原さん。まだこれから一日が始まるとことなので、お二人ともフレッシュなお顔。
※このカット以降はすべてE-P2にレンズベビーを装着して撮影しております。

ケンコーブースが始まっております。オイラはこのセミナーの前に1つ済ませました。
金子美智子先生とケンコー田原さん。フィルターワークのセミナーです。

ケンコーブースに遊びきていた土屋勝義さんと吉田繁さん。レンズベビーに関心をもっていらした。

オリンパス・田中さん。この対のカットはトンボ日記で。

森脇章彦さんはパナソニックでセミナーされております。

トキナーブースに戻ると、高橋良輔先生がトキナーの広角レンズ16-28mmF2.8の紹介をしておりました。

リコーブースのたいちゃんこと小澤太一さんと酒井梨恵さん。たいちゃんの手にはGXRですね。Mマウントも装着できるようになりました。

左からフォトテクニックデジタルの藤井編集長、同じく柴田誠さん、小林義明さん。
藤井さんは謎の行動が得意です。

セミナー直前の中井精也さん。オイラの後ろで数人の方がカメラを構えておりました。さすがだねえ。

セミナー中にもかかわらず、目線をくれる清水哲朗さん、余裕のなせる技だ。お客さんは満杯でした。


明日のオイラは
10:10~10:30 『ケンコー新製品見どころ紹介』〈トキナーブース/〉
12:50~13:50  『実践的コミュニケーション攻略法』
   〈エンジョイフォトステージ アネックスフォールF206〉
16:30~17:00  『トキナーレンズでポートレート』〈トキナーブース/〉

『実践的コミュニケーション攻略法』には日テレジェニック2010の内田理央ちゃんが遊びに来てくれます!撮影される側のタレントのキモチが聞けるチャンスです!
横浜も雪になりそうですが、多くの方のご来場をお待ちしております。


開幕!
  今日9日、いよいよCP+開幕!年に一度の写真のお祭りだ。
オイラはというと、今日は16:30~。大勢の方が耳を傾けて下さった。ありがとうございます!明日もお待ちしております。出番まではそれまで宿題の原稿をせっせと書く。ということで、あまり見て回れなかったから明日から回ろう。
オイラがお世話になっているケンコーブース。川合麻紀さんとケンコー田原さんが、レンズベビーのお話をしています。

土屋勝義さんのポートレートセミナー。オリンパスのカメラで撮影できるそうだ。皆さん、とっても楽しそう。

おっ!?
たいちゃんでした。リコーブースでセミナーをされております。お客さんが「この先生の話、面白いんだよね」と言っていた。

シグマのくわりんこと桑山さん。目玉のSD1、触れますよ!

パナソニックでは塙真一さんがセミナー中でした。

ニコンブースで出番直前の茂手木秀行さんをパチリ。お客さんに優しい口調で分かりやすい説明をされておりました。

リコーブースの岡嶋和幸さん。お客さん、真剣に聴いておられます。

すごい人だかり!と思い、回り込むと中井精也さんでした。さすがだなあ〜。鉄道関係のセミナーは凄い人気です。

オイラのセミナーに花を添えてくれている林恵理ちゃん。明日からまたよろしく!

あとはトンボ田中さんのトンボ日記で!(笑)
ということで、初日から熱いCP+です。
皆様のお越しをお待ちしております。
明日から!
  
 明日から、年一度の写真の祭典『CP+』がパシフィコ横浜を会場に、開催されます。今日はリハに顔を出してきました…が、設営が押しており、残念ながらオイラはリハできず。ぶっつけ本番となりました。とにかく頑張ります!明日は16:30〜17:00@ケンコー/トキナーブースにて『トキナーレンズでポートレート』を行ないます。林恵理ちゃんをモデルに、撮り下ろし作品をご覧いただけます。是非お越し下さい!
※事前登録すると、入場料無料になります。
 4日にモーターマガジン社から発売になりました『PENTAX K-5 オーナーズBOOK』にて、ギャラリーページに作品を掲載しております。モデルは先日撮影した内田理央ちゃんです。K-5オーナーもこれからオーナーになる予定の人も、全く予定のない人も、是非お手に取ってご覧下さいませ。
 モデルの内田理央ちゃんは、11日(祝)12:50〜13:50アネックスホールF206にて行なわれるエンジョイフォトステージ『実践的コミュニケーション攻略法』のゲストに遊びにきてくれます。現役日テレジェニックの理央ちゃん、ステージが盛り上がること間違い無し!です。現在の天気予報は曇時々雪となっておりますが、会場は熱いです。
 では、明日から横浜。会場でお会いしましょう!
ポカポカ
  
 今日から2月。
昨夜は訳あって、都内のホテルに一泊。目が覚めてパッとカーテンを開くと、眼下に広がる東京は綺麗だねえ。今日は本当に暖かい。2月はまだ冬、でもこれから少しずつ暖かくなるといいなあ。暖かくなってきたら、もっと都内をブラブラしたい。寒いとどうしても歩く距離が伸びない。レンジファインダー機片手にぷらっとは、本当にクリアな気持ちになるのだ。ちなみに写真はオイラのお気に入りの組み合わせ・ニコンS2+ゾナーT*50mmF1.5。50mmは本当に奥が深い。
 9日からのCP+、各ブースやイベントの内容やタイムテーブルが発表されはじめました。是非チェックを!
心頭滅却しても…
  
 今日31日は某雑誌の撮影。
今日のモデルは石堂優紀ちゃん。都内某所で撮影だが、今日は本当に寒い!予報によると明日から暖かくなるそうなので、ちとタイミングが悪かった。春号ゆえの衣装の薄さで表情が固まってしまい、辛かっただろうけど、外ロケ本当に頑張ってくれた。午後からは屋内で撮影。寒さもしのげたので、表情も動きも良くなり、スムーズに撮影は進む。18時終了。その後打ち合わせ。
心頭滅却すれば…というが、寒いものは寒い!オイラも彼女につきあって薄着で…といきたかったが、失礼!
頑なさがいい。
  
 午前中の撮影と処理を終え、所用で豪徳寺へ。
豪徳寺は小田急と東急世田谷線・山下と2駅が交差する駅で、狭いが賑やかい商店街がいい。昭和の匂いがプンプンして、お店の方もどことなく下町っぽくて面白い。用事をすませると、ちょっとぶらぶら。不動産屋さんには、この春上京なのか、親子で物件を見ている姿が。この辺りはちょっと高いけど、住みやすそうだ。
 駅からすぐの路地を曲がると、間口がとても小さい中華屋さんがあった。値段を見ると、「ラーメン並200円、大300円」…200円!?今時200円でラーメンが食べられるの?興味半分で入店、早速注文。店内はまさに“昭和”。時代は経っているが、とても清潔。待つこと数分、マスターに運ばれたラーメンをのぞき込む。これが200円とは驚き!具はチャーシュー、メンマ、なると、海苔、ネギと揃い、量も多い。スープを飲むと、コクはあるがスッキリ。麺はストレートで少々柔らかめ。硬めが好みのオイラにはちと残念だが、それ以外では本当に満足。このラーメンのコストパフォーマンスは最高だ。
 後で見ると、このラーメン屋さんは50年以上続く老舗だそうだ。いつから価格を変えていないのかなあ。また新しい学生が、青春の味にするに違いないね。
こっちも準備中。
  
 オイラが講師をしている専門学校は、来週が卒業制作展。
展示をする学科もあれば、ショーをする学科もある。それぞれが自分の成果をカタチにしている。オイラはこの時点になるとほとんど口を出さない。ただ、“自分の作品を展示する”“ショーに出る”では間違っているとだけ伝える。それでは単なる自己満足に過ぎない。常に見て頂くという気持ちと、見て頂く側の気持ちに立って展示したりショーに向かうべきだ、と。この意識は自分の作品を客観的に見ることになる。これが重要だ。
 もうちょいだね。多くの学生が今夜も学校に遅くまで残っていたようだ。オイラもしたなあ。
CP+準備中
  
 今年のCP+まで、あと2週間あまり。
ただ今、準備に追われております。年に1回のお祭り的な要素があるので、オイラもめいっぱい楽しみたいね。エンジョイフォトステージは3日目の11日(祝)、12:50~13:50。内田理央ちゃんが遊びに来てくれます。彼女は日テレジェニック2010。TVやグラビア等で活躍しています。彼女とともに、オイラの軽快なトークを披露しますよw。メーカーブースには毎日出没いたします。
 さて、またせっせと準備しますか。ふう〜。
ほほ〜ん
  
 昨日17日は打ち合わせの後、新宿で一杯。
ご一緒してくれたのは、某編集部のI氏。I氏とは同じ静岡出身ということもあり、こうしてご一緒することしばしば。この日はかねてから提案していた活きイカを食べに、お気に入りのお店にご案内。店内はお客さんでいっぱいだ。何といっても活きイカの刺身に日本酒!ああっ、至福。
このお店は、完全禁煙階と喫煙階にわかれている。タバコを吸わない人にとって、生もののお店がこうなっているのは本当に嬉しい。撮影プランや要望・意見を交わしながら3時間半。気がついたらお客はオイラ達だけに。終電近くまでまた付き合わせてしまった。
 今日は原稿書きとデータ処理に没頭。今日は穏やかだっただけに、外に行きたかったなあ。でも、一刻も早く〜って複数の方の声が聞こえるようなので…。今夜もまだまだこれからだ!
準備中!
  
 今日16日は、都内ハウススタジオで撮影。
撮影目的は、来月9日から始まるCP+の、トキナーブースでのオイラのセミナーで使うためのカット。モデルは林恵理ちゃん。ステージでは、彼女のコメントとともに今日のカットをお見せいたします。一生懸命準備しております。多くの方々のお越しを、二人でお待ちしております!
だらだら〜
  
 

  今日14日は学校の講義。
今日は先週に続き暗室実習。学生達は楽しそうだが、オイラは暗室の暗い中、どちらかといえばポツンって感じでつまらない。面白いのは学生ばかりなのです。
 終了後、講師の交流会に出席。オイラはこの手の会が苦手なのだが、今回は折角だし珍しく。出たら出たでくだらない話をたくさん聞いて頂き楽しかった。写真は、お世話になりっぱなしの広報のお方々。いつもありがとうございます!
こうしてまた、学校と密になっていくのです。学校とは面白いこと、したいね。
 オイラは美女に囲まれて、恐縮しています。
…お世辞も露骨だといけませんねw。
おおっ!
  
 今日13日は某誌の撮影。
9:00に都内某公園に集合。モデルはレプロエンタテインメントの内田理央ちゃん。日テレジェニック2010の彼女とは年末に撮影して以来になる。しかし、今日は寒い!集合した時のスタッフの顔は皆固まっている。おまけに雲がチラチラして、露出が安定しない。こういう時は待ちが長くなる。で、会話が増える。あんまりエンジンがかからないから、走り回って撮ったりしてね。
 午前中で公園を後にして、昼食。寒いから店から出るのがイヤになっちゃた。次のロケ先でレプロの新人君が待ってるというのに…だって、寒いんだもの!その後2ヶ所ロケ地を回り、15時に終了。お疲れさまぁ!風邪引かないようにしてね。
 完治しない風邪のせいで気持ち悪くなってきた。近所の温泉で温まって、はあ〜。
そうそう、CP+でオイラが11日に行なうエンジョイフォトステージに理央ちゃんが遊びにきてくれることになりました!サンキュ!
 現場でのコミュニケーションの取り方を中心に、撮影されるモデルさんの気持ちも含めた、超実践的セミナーです。11日の12:50〜13:50・エンジョイフォトステージBです。多くの方々のお越しをお待ちしております!
そういうものか。
  
 今日12日はロケハン。
 今回ロケハンした都内の某公園は、スタジオ時代に使わせてもらったことがあったが、管理体制がかわり、オイラもしばらく見ていなかった。でも、まあ見るだけ…と行ってみると、いきなり管理事務所の方らしきおじさんに呼び止められた。写真撮影?営業用のロケハン?なんて感じで。オイラって、はた目から見てもそんな感じなのかしら?ええと答えると、途端に上から口調に。そしてこと細かく撮影について心構えというか注意を説明し始めた。きっとこれまでロケ隊にはイヤな思いをしてきたんだろうなあ。心ないロケ隊のせいで、撮影禁止や撮影制限になった公共施設・公園は多い。オイラはかなり気にしながら撮影している。だって、次にまた使わせてもらいたいから。お金を払っているとはいえ、モラルが必要だと思う。
 その後、ちょっと移動して、ぶらぶらと撮影ポイントを作っていく。この時期は陽の動きには特に敏感にする。その細かさが我が身を助ける。
親しまれる理由
  
 まったく風邪が治る気配がない。
これだけしつこい風邪はあったか?…というほど治らない。もう2週間もお付き合いしてしまっている。寝る時は加湿器、マスク、それに湯たんぽが必需品。湯たんぽは乾燥しないし、心地よい温かさでいい。オイラはブリキ製が好みで、それを愛用。いつの頃から使われているのか分からないけど、長く使われるには理由がある。先人は良さを知っている。湯たんぽだけじゃない、灯油のストーブにしてもそうだ。いくら最先端のものが出ても、結局ここに戻る。
 カメラもそう。長く使われるものには良さがある。それは至極シンプルな面についてだ。結局そこに戻る。最先端は当然重要。特にオイラは仕事に関わることだから。でも、最終的に戻ってくるところは、何もない、撮影のみが可能なメカニカルかも。
 ああ、だるい…。早く治したい。
新参
  
 リュック型のカメラバッグが欲しかった。
で、タムラックの5788を入手。ノートPCも入るし、カメラの収容量も国内2〜3泊撮影にはちょうどいい。スナップ撮影では歩き回ることになる。腰に不安があるオイラには、ショルダー型は一方に負担がかかるので気になっていた。5788は左右の両サイドからカメラやレンズを取り出せて機能的だ。
 昨日TVで、各駅停車で日本一周しながら50の温泉に入るという番組をやっていた。こういう番組大好き!カメラを持って、ゆっくり巡るなんて最高じゃん。このバッグが大活躍するんだろうな…そんな機会、作るか。目指すは東北か北海道だな。
清水哲朗さんパーティ
  今日6日は新宿御苑へ。
kwendaメンバーの清水哲朗さんの個展『イネーフ〜Mongolian Smile~』がアイテムフォトギャラリー「シリウス」が昨日5日から開催されていて、今日はパーティ。さすが清水さんという、モンゴルで撮影された優しくて暖かいスナップだ。会場は関係者でいっぱい。ついでと言ってはなんだが、オイラも関係者の方々と、したい話ができたからよかった。
昨日なぜかkwendaメンバーで撮影しなかったので、今日あらためて。井村さんがいないけれどね。

露出度の高い皆様が勢揃い。また今度ゆっくりお話ししたいです。
写真展は19日まで。16日には清水さんのトークショーがあります。
クリスマスですけど、何か?
  
 25日、クリスマスだ。
だからといって、特になにがあるわけでもなく、データ処理したり原稿書いたり。それではあまりにつまらない!とのことで、いつも行っているイタリアレストランTONINOに行ってみた。クリスマスコースがあるとのことなので、事前に連絡。店内はお客さんでいっぱい。オイラのテーブルのとなりは70代のご夫婦、逆はまだ20代のカップルで、客層は幅広い。ちょいと寝不足のところにワインはきくねえ。ちょこっとでもクリスマス気分になれてよかった。
 ささっ、明日からまた撮影だ。年末ギリギリまで追い込むよ。
天晴れ!
  
<SIGMA SD15 / 18-50mmF2.8-4.5 OS> 
 今日23日も一日原稿に追われる。
天皇誕生日の今日、陛下のお言葉の中で、先日発見されたクニマスについて触れておられた。さかなくん、本当に良かったよね。一つのことをつ貫き通すことの大切さを感じるよ。クニマス、釣ってみたいという問い合わせが西湖に寄せられているとか。ここは一つ大切にしてもらいたい。そういえば北海道のウチダザリガニはやっぱり廃棄かねえ。結構美味しいらしいし、地元ではレストランで出しているそうだ。ここもうまく処理できればいいのにね。
 合間に遅ればせながら年賀状用の写真を撮った。早く書かなきゃ!オイラは今でも手書きです。
ほっほう。
  昨日16日は神田小川町にてオリンパスの集まりが夕方から。
オイラは原稿を書いてからだったから、20時近くに到着。入るなり、おなじみの方々が出迎えてくれました。
 後ろ左から、藤井智弘さん、塙真一さん、藤田一咲さん、小澤太一さん。hanaさんを中にして、手前は左から柳瀬元樹さん、川口正志さん、清水哲朗さん。楽しい皆様方であります。

オリンパスと言えばトンボ田中さんたいちゃんの対決は、ある意味名物化しているな。

 綺麗どころがこちらに。hanaさん若子jetさんのお二人、でした。

オイラは終了後、そのまま帰宅したが、その後どこまで宴は続いたのだろうか…。

今日17日は、静岡で講義。で、明日から冬休みになる。今日は暗室実習でした。これをしていると時間の感覚が無くなる。学生諸君はちと疲れたかな。ごくろう!
昭和スタイル。
  
 オイラって古いなあ…と、よく思う。
オイラが修行に入ったのは、もちろん平成に入ってから。もっとも平成になったばかりだったが。正直、昭和だの平成だのという年号の変化によるスタイルの移り変わりなんて意識したことも無いが、流行ってものがある。新しければ“平成スタイル”とでもいうのだろうか。
でも懐かしいものにどこか惹かれてしまう。本当は一番は江戸時代。出来ればタイムスリップして、江戸時代をのぞいてみたいほど。剣舞をやっている影響もあるか。昭和はカメラ産業が元気だった。だからきっとそれだけでどこか懐かしさがあるのかな。ライカにせよ、ハッセルにせよ、ニコンにせよ、元気だった時代のものは、やはり使っていてどこか力強い。PENも実はみんなが、元気だった時代を取り戻したいから人気が出ているのかも。
フィルム時代の不便は、別に不自由ではない。カメラを持つ気持ちが撮影の楽しみを作り出しているのだ。
レッスン。
  
 昨日の打ちっぱなしの筋肉痛がイタタタッ!でも他の方々に迷惑をかけられないし、…ってことで、チェックを入れて頂く程度の個人レッスンをしてもらった。グリップの握り方から始まり、スイングの確認までだったが、目から鱗とはこのこと!たった30分だったが、劇的に変わった。さすが、プロってすごいね。的確にオイラのマズいところを修正して、しかも自分のスタイルを押し付けない。
 やっぱり教わるって大切よ。オイラもこんな風に上手に教えてあげられているかしら…。
あたたたっ!
  
 今日4日もパソコンの前で。
昨日3日朝の土砂降り、静岡では夕方にも夏みたいな夕立があったりして、今日はカメラを持って出掛けたい!…という気分の気持ちが良い天気なのだが、そうもいかず。悶々を発散する為に打ちっ放しにいく。実は来週コンペに誘われている。ゴルフをするのは何年ぶりか。いや、10何年降りか。打ちっぱなし自体は10年ぶり、ラウンドは12〜3年降りになると思う。スタジオ時代に、先生以外のメンバーでゴルフを始めた。でもオイラは余りハマらなかった。正直下っ端が行くと気を遣うのだ。つまり楽しむ余裕が無かったということだ。今回は、単純に「やってみようかな」という気持ちになった。近所にはたくさんの打ちっぱなしがある。近所じゃ高いかも…と思ってのぞいてみたら、値段はそれほどせず、ホッとする。実家から持ってきたクラブ一式は、とっくに古い型に。でも楽しめればいいし、慣れたものの方がいい。最初はうまく当たらなかったが、だんだんと感覚を取り戻し、まっすぐ前に飛ぶように。ああっ、よかった。気持ちよく飛ぶと、スッとした気分に。どうやら楽しめそうだ。でもこのままでは、ラウンドで迷惑をかけてしまうかも…。個人レッスン、受けるか。
客観的姿。
  
 打ち合わせや納品にもカメラを持っていくことが多い。カメラ誌編集部になら全く問題ないというか、慣れた光景だが、一般誌や広告代理店、デザイナーのところにだと“いかにも”という感じの視線をいただくことも。もっとも最近はE-P2を首から下げていくことが多く、女性のスタッフの方にはウケがいい。先日も撮影後にスタイリストさんに、『このレトロなカメラ、カッコいいですね』と言われた。もちろんE-P2を下げたオイラがカッコいいのではなく、E-P2がカッコいいということなのだが、オイラが印象的だったのはのは“レトロ”というところだ。もしかしたら、今の姿はカメラが一つのアクセサリーに見えているかもしれないということ。カメラマンの道具ではなく、アクセサリーの類に見えるのなら、どんどん持って出掛けようじゃないか!でも机にはニコンS3と並べている。今ならS3も『可愛い』って形容されるかもね。
 
 
大阪、始まりました!
 
  今日25日は大阪会場初日。
でも、オイラは撮影で会場に行けませんでした…。ちなみに明日26日も会場に行けません。27日の土曜日は会場入りいたします!
 色々と追いつめられないようにやっているんだけど、何かヤバそうな気配…。ここはキチンとこなして、余裕をもたないと、年末に向けキツくなる。ささっ、パソコンに向いなさい!
心頭滅却すれば!
  
 今日24日は某雑誌の撮影。
6時過ぎにロケバスさんに迎えにきてもらい、7時に渋谷で合流。一路スタジオがある千葉・千倉へ。9時過ぎに到着。思った以上に寒くて風が強い。今日のモデルは明日花キララちゃん。言わずと知れたAV界の超売れっ子。…そう、今日の撮影はヌード、でもこの風じゃ凍えちゃうなあと考えていたが、そこはさすがプロ!カメラを向けた途端に、キリッと表情を作ってくれた。そこからは一気に撮影に進む。15時、順調に撮影終了。近くで遅い昼食を摂り、東京に戻る。
オイラも撮影中半袖Tシャツだったが、まったく集中ってすごいなあ。今日の皆さん、風邪を引かないように。
シャキシャキッ!
  
 今日20日は朝から日本橋で撮影。
今日は天候も穏やかで、絶好のお出かけ日和ということもあり、道が混んでいる。出発がギリギリになってしまったので、ちと焦った。アイドルちゃんばかり7人、ソロ撮影とペア撮影、それと集合撮影。女の子がこれだけ集まると華やかだ。もっとも、ほとんどのコを撮影したことがあるので、なごやかな雰囲気だ。11時過ぎに撮影開始、15時終了。
 帰宅して近所のユニクロへ。創業記念ということで、あの軽〜いダウンが安くなっている。駐車場もいっぱいなら、お店もお客さんでいっぱい!で、お目当てのダウンはほんの少しを残すばかりだ。すごいなあ…。結局オイラは買わなかったが。
 ちょっと風邪を引きそうな感じがする。週明けにインフルエンザの予防接種をしたいし、気をつけなきゃ!
 写真は、龍馬とお龍がデート場所にしていたという神社。後ろのエノキに“龍”の文字を龍馬が彫り、互いの無事を確認して、再び出会うことができたという逸話が残っている。ロマンチックじゃん。
さて、次っ!
  
 昨日16日、京都会場終了。
多くの方々にご来場いただきました。本当にありがとうございました。暖かい声をたくさん頂戴いたしました。
 いや〜、京都は良いねえ。堪能した。まるで観光に行ったみたいになっているが、その通り。大原にも伏見にも、宇治にも行くことができた。満足満足。
 京都ではE-P2とSD15で撮影した。気軽なE-P2はうってつけ。そこではオイラの考えたレザーストラップのショートバージョンを付けていったが、それが正解。カメラを首から下げた時、鳩尾より下だと、どうしてもポンポンカメラがはねてしまう。その点ショートは全くといっていい程はねないので、歩いていて快適なのだ。ファッションで持つなら斜めがけがいいが、シャッターを切る機会が多い場面では、ショートバージョンで首から下げておくのがいいと、改めて感じたね。
 今日17日は静岡で撮影。京都ですっきりした気分になったので、撮影も新鮮な気分でできてよかった。
気持ちは踊る。
  
 今日15日は京都会場5日目。
敬愛する坂本龍馬先生の命日でもある。1867年11月15日、写真展会場である三條サクラヤビルの、河原町通を挟んで真向かいが、近江屋があったところ。ここで事件は起こった。今日はきっと霊山神社も人が多く出ていることだろう。ドラマの効果もあるし…。
 オイラは朝早く徒歩とバスを使って大原へ。三千院と勝林院が目的。とくに勝林院は抜群によかった!拝観一番に行った方がいいとのアドバイスをもらっていたので、人が少ない時に見ることができた。帰り際には観光バスがドッと!
 その勢いで思い切って宇治まで。平等院は結構見でがあった。修学旅行生の姿がちらほら。こんな良い時期に京都に来られるなんて、君たちはラッキーだね。
 明日は京都会場最終日だ。
気持ち厳かに。
  
 今日は京都会場4日目。
 暖かいせいか、観光客が倍増したような感じ。
皆が首からカメラを提げているが、オイラの考案したストラップなら、鳩尾やおなかでカメラがはねません(笑)。カメラ別に見るとコンパクトは別にして、一眼デジが多い。ミラーレス一眼は意外に見かけない。そんな中、ミラーレス一眼はオリンパスペンとソニーNEXがほぼ二分している。ソニーNEXの保有率は男性が圧倒的だ。ペンは意外に男性で、女性はほとんどの方が一眼レフだった。オイラなんてできるだけ軽くしたいからペンを持って行ってるけど、本気度というか慣れというものかな。
 皆楽しそうにシャッターを押していたのが印象的だった。
 夜、知恩院に脚を伸ばす。灯をともしてきたが、ろうそくは願い事ではなく、普段のお礼をしながら置くのだそうだ。健康でいられることにお礼をした。だからこういう仕事をしていられるのだ。
外は賑やかなれど…。
 今日6日は、静岡へ。
朝ちょっとのんびりしてしまったせいか、東名で渋滞にはまる。まあ、ある程度覚悟はしていたが…。お昼過ぎに会場に到着。外は大道芸ワールドカップの3日目。暖かい晴天ということもあり、人出は結構だ。
 写真展には今日も多くの方が見にきて下さり、感謝!いよいよ静岡会場は明日の15時で終了。明日も会場に居るつもりだ。オイラ自身も静岡会場を楽しもう。
外ではクラウンの皆様方が盛り上げてくれています。

被写体になってくれたコが見に来てくれました!ありがとう!
2日目
 
 
 今日3日は静岡会場2日目。
抜けるような青空、絶好のお出かけ日和になった今日・文化の日。となると、写真展に出掛けてきてはくれないかな…と思っていたが、予想に反して多くの方々が見に来てくれた。オイラは午前中撮影になってしまい、午後からしか会場に入れなかった。その午後だけでも多くの方が話しかけてきてくれた。 ありがたいねえ。おかげさまで人が途絶えることなく、オイラもまだじっくり全体を見ていないほど。
 職人シリーズで撮影させていただいた凧八・後藤光さんが見に来てくれた。ありがとうございます!せっかくなので、写真をパチリ。綺麗だから、会場でオジさん達に囲まれていました。ご迷惑おかけいたしました。
 明日4日と明後日5日は会場におりません。6日7日はおります。
静岡会場搬入
  
<OLYMPUS E-P1/14-42mm> 
 今日1日は静岡会場の搬入。
朝まで原稿に追われた後、急ぎ静岡へ。会場となる市民ギャラリーは昭和9年に建てられた静岡市役所本館1Fにある。古いゆえに色々と制約があり、これのクリアに頭を悩ませる。設営業者は全く当てにならない、自分でクリアしなければいけないところだ。パネルを並べていくうちに、市の方とも業者の方々とも盛り上がっていく。言葉じゃ伝わらない、やっぱり写真を見せて、オイラのしたいことを知ってもらってからじゃないとダメだと確信。コミュニケーションは本当に重要だ。結局設営終了できず、閉館時間に。明日早めに行かなきゃ。でも明日は撮影が…。
 夜は両親と一杯飲みに出掛ける。今日は両親の46回目の結婚記念日。お祝いにと思って誘ったが、逆におごられてしまった。まだおごらせてくれない。しかし、46年かあ…すげーなあ。
おかし、おくれ!
  今日29日は学校の講義。
ハロウィンということで、学校にはたくさんのこ〜んな学生達が…。






こーんな感じの楽しい学校です。

そのまま急ぎ新宿へ
鹿野貴司さんの写真展『Beijingscape』のオープニングパーティへ。しかし当然だが静岡からでは間に合うはずもなく、二次会から。
到着したら、主役はこんな状態で記者会見中。
 鹿野君を見守る土屋勝義さんとたいちゃん
左からシグマ桑山さん、若子.jetさん、フォトテクニックデジタル藤井編集長、小山浩司君。
後ろには…さすが、しっかりとポーズのkwenda仲間、清水哲朗さん。
ラムちゃん、到着、即オイラとたいちゃんと3人で帰りました。
岡嶋和幸さん、種清豊君など大勢いらしたのですが、主役とそのままゴールデン街に消えていった模様です。

明日は台風直撃。でもどうしても出掛けなければならない用事が…。あ〜あ。

いよいよラスト!
  
<OLYMPUS E-P2 / 20mmF1.7>
26日は一日会場につめた。
平日にもかかわらず、多くの方が来場してくれた。ありがとうございます!
オリンパスギャラリーでやっているので、PENについての質問が多い。答えられるのはオイラの使用感だけ。でも持ち歩くには苦にならないし、ビューファインダーは見やすいし、そうしたことを申すと、決心した!という方が何人も続出…。あくまでも自己責任でお願いします。
 明日はいよいよ東京会場の最終日。15時までですので、ご注意を。明日もお待ちしております。
一息
  

 写真展は前半戦終了。
22日は残念ながら会場に居られなかったが、23日は朝から詰める。一番に岡島和幸さんがご来場。それから立て続けに大勢の方が来てくださった。皆様の言葉が励ましにもなるし、反省にもなる。この生の声こそが、今のオイラが欲しいものかもしれない。23日は嬉しくもトイレに行く時間もとれないほど。でも嬉しい。
 今日24日は静岡の写真展の準備に充てた。明日25日は撮影になった。在廊予定は26日と27日。またたくさんのご意見をうかがいたい。


在廊予定です。
25日:不在でございます。
26日:終日おります。
27日:終日おります(最終日につき15:00までです)。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
初日終了!
  
<酒について語るオイラ:撮影者不詳>
本日21日より写真展が始まった。
あいにくの小雨だが、スタートより切れ目なくお客さんが来て下さり、ありがたいね。閉館後オープニングパーティを行いました。こちらも本当に大勢の方がかけつけてくれた。心より感謝いたします。そして皆様のお力を借りてパーティを無事行うことが出来ました。パーティの様子は、おそらく土屋さんたいちゃトンボ田中さんくわりん藤井さん鹿野君小山君種君など、ブログで伝えて下さっているので、そちらをご覧下さい。
 
二次会の様子。右より、ファットフォト藤田さん、オリンパス田中さん、タムロン市川さん、土屋勝義さん、家内、清水哲朗さん、小澤太一さん、鹿野貴司さん、若子.jetさん、小山浩司さん、ケンコー田原さん、種清豊さん、シグマ桑山さん、藤井智弘さん。
その後デニーズに向かいました。
感謝の言葉以外思い浮かびません!

多くの皆様に支えられていることを、再認識したパーティでした。本当に本当にありがとう!
写真展在廊予定でございます。
<SIGMA SD15  24-70mmF2.8IF> 
 打ち合わせに神田小川町のオリンパスギャラリーへ。
山岸伸さんの写真展開催中。圧倒された!山岸さんに「山岸さんの後はプレッシャーです。」と言うと、「俺なんか、竹内さんの後だよ!」と、山岸さん。…確かに竹内敏信先生の後はプレッシャー。けどオイラなんか二乗って感じ(笑)。オリンパスS氏に「竹内先生の後がよかったの?」と聞かれ、挟まれる身にならなくてよかった〜と胸を撫で下ろした。でも、人は人、オイラはオイラ。オイラのスタンスで、背伸びをしない写真展をやろう。

東京会場の在廊予定は以下の通りです。
21日:終日おります。
22日:不在でございます。
23日:終日おります。
24日:休館日
25日:不在予定(天候次第です)
26日:在廊予定(天候次第です)
27日:終日おります。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております!

本日O.A
  今日15日(木)15:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。   
今夜O.A
今夜13日(水)25:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。     
抜けるような…
 
<SIGMA SD15  24-70mmF2.8 IF>
 天高く、馬肥ゆる秋といいますね。今日は抜けるような青空がとっても気持ちいい。あまりに気持ちがよくて、近所にある、農家直売店に野菜を買いにいってしまった。食欲の秋なのです。でも肉系に走るとちとヤバいので、野菜をたくさん食べることに。調理法にも気を使ってもらっている。オイラはすぐに太るのだ。空気でも太るんじゃないか?ってくらい気をつけないと、あっという間にさらに顔が丸くなってしまう。
 カメラ片手にブラブラするには、最高の時期になってきた。暑くもなく寒くもなく、街や公園は色づき、食べ物もうまい。…でも、空想で我慢…さて、撮影!撮影!
 
明後日O.A
 明後日12日(火)22:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。    
明日O.A
明日10日(日)8:00より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。    
一段落!
<Ricoh GXR 28mmF2.5>  
 原稿が一段落した。
昨日の学校の講義中まで確認や手直ししちゃったりして。学生達には申し訳ない。講義は暗室実習に入った。暗室実習は毎年人気が高い。赤いランプ一つの中での作業は、非現実的に感じるのだろうか、この実習後は学生同士がとても仲が良くなるそうだ。
 一昨日は伊東市の芸術祭の審査。今年で5回目になる。オイラが無意味な組写真を応募するなら、単写真で応募した方がいいと言い続けてきた結果か、今年は組写真の応募がなかった。その分、写真のジャンルというか種類が増え、レベルが上がってきた。嬉しいね。そのまま神保町へ向かい、某雑誌の編集I氏と一杯。カメラマンを3人紹介してもらった。今年独立したばかりの、これからってカメラマン達で、楽しい話をさせてもらった。あまりに盛り上がり終電がなくなってしまった。新鮮でいいなあ。
 東名集中工事で移動が大変でJRで移動している。荷物がこれだけ小さくできるのか…オイラいつも無駄なものを持っているんだなあ。
 
本日O.A
 今日7日(木)10:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。   
てっぺんまでもうすぐ。
<RICOH GXR  28mmF2.5>  
そういえば先日、15歳のタレントちゃんと観覧車について話になった。
オイラの世代はきっと、観覧車はデートの定番だったと思う。もしくは、好きな女のコを誘ってこくる場所に選んだりして。槇原敬之の曲の中にも「もうすぐ一番高い場所 景色を二人占めできるのは ほんの少しの間だけ」とある。告白することを決めてきた男のコが好きな女のコを観覧車に誘って、てっぺんでキスをする…って曲だが、観覧車はまさにそんな時にはうってつけだった。でもタレントちゃんは、まったく関心を示さず。そういう状況にはそもそもならないらしい。好き”とか“付き合ってください”って台詞は、軽々しく言えない。告白するって、オイラの頃は一大事だったのになあ。その後マネージャーに突っ込まれた。そういった状況で告白しようというシチュエーションが古いそうだ。…おっちゃんだ、オイラ。
 
本日O.A
今日4日(月)22:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。   
秋だもの…。
<OLYMPUS E-P2  20mmF1.7>   
今日30日は某雑誌の撮影。
しかし、今日も雨。小雨じゃない、雨!でも今日はロケなんだよなあ。昨日も撮影だったが、夏日の昨日はスタジオ。逆なら良かったのに…と心
から思っちゃったよ。○○心と秋の空っていうから、少しは天候が変わるかしらと変な期待をしていたが、無駄だった。カメラを濡らさずに撮影するのが精一杯だったよ。
 今日のモデルはプラチナムの松井ありさちゃん。彼女はとても勘が良い。オイラの指示通りの動きや目線をしてくれるし、テンポも雰囲気もいい。おかげでこの雨の中でもOKの撮影が出来た。蚊にさされて大変でした。また是非ご一緒に。
ダンディズムとは
  
<SIGMA SD15  24-70/2.8IF>
 オイラは世間的には十分にいいおっさんの歳だが、写真界的にも自分を冷静に分析してみえた精神年齢的にも、まだまだヒヨッコ。ましてや、好きな写真やカメラを片手にはしゃいでいる姿を客観的に見たら、ダンディズムを語るなどお笑いだ。ダンディにはライカやローライがよく似合う。オイラのイメージは、日本人よりも欧米人の初老くらいの人が持つ方が似合うと思う。で、タバコにスコッチか…。そんな感じでライカなどいじっていたら、様になるね。でもタバコは匂いが嫌いなので頭から排除して、と。どんなに想像してもオイラにはハマらない。一杯飲み屋かどこかで、ホッピーに砂肝がオイラらしいおっちゃん像。手にはライカよりニコン。…日本人だなあ。
本日O.A
今日26日(日)14:00より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。  
暑さ寒さも
  

 急に寒くなって、朝寒くて目が覚めた。
季節の変わり目に風邪を引きやすいオイラだが、こう急激じゃあ体質云々の話じゃないな。今夜はキムチ鍋にしてみた。鍋がおいしい季節到来!ってのは歓迎だな。
 各編集部の方から、今回のSD1は興味あるでしょう?と聞かれる。そりゃ興味あるよ。でも触れるのはまだまだ先。その前にSD15を使い倒す!…DP1x?コンパクトはE-P2をもっと遊びたいので。先立つものがあればすぐにでも!なんだけどね。
本日O.A
今日23日(祝)14:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。 
青春って感じ
  

 今日21日は某雑誌の撮影。
モデルはヒラタオフィスの松岡茉優ちゃん、15才の雰囲気のある女の子だ。とても素直で、オイラのくだらない冗談も真剣に応えてくれたりして。ロケ地は連休中の合間と合って、とても混んでいた。あっちにレンズを振ってもこっちに振っても人が入っちゃう。まあ、これも仕方が無いが、なかなか順調に進まない。あまりにテンポがよくなかったから、初めは疲れちゃったかな。でも段々とペースがあがると、表情も豊かになってきた。最後は本当に良い表情で締めくくってくれた。また撮らせてね。
 まだ残暑が続くそうだ。日に焼けたあ〜!
何を撮るか、が重要
  
 各社で新製品が続々と発表された。
で、オイラはいつも葛藤する。そりゃ欲しくなるから。でも重要なのは何で撮るかではなく、『何を撮るか』だ。
 SD15が面白い。今のオイラの好みのテイストを出してくれる。フォビオンでしか出せないテイストだ。仕事に実戦投入しているが、SD15単独で作品を撮りたくなってきた。撮りたいものは決まっている。あとはタイミングだ。

そりゃあねえ…。
  

 夕方からたいちゃん達と一杯。
 たいちゃんたちにはオイラの最寄り駅に来て頂き(といっても各停で4つだが)、オイラの行きたかった中華屋さんへ。でもこんなときに限ってお休み!?仕方がないので、近くのお好み焼きやさんへ。ここはオーナーが静岡出身、おでんや地酒などがあり、居心地がいい。
 終盤の話題は鹿野君のこと。さすが鹿野センセイ!と、たいちゃんのブログでは、一部のコアなファンで盛り上がっているはず。オイラ的には楽しい話が出来たのだが。
 仕事の途中に呼び出して申し訳なかった。今度は我々がそちらに!といっても各停で4つだが(笑)。
今日O.A
  今日19日(日)9:00より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。
一気に!
  

 今日は寒い。一気に秋になって深まってしまったかのような寒さだ。こう気温の変化が激しいと風邪を引く。オイラは風邪を引きやすいので気をつけねば。
10月21日からの個展のDMが届く。予定よりちょっと遅くなったが、一ヶ月前に配ることが出来るので、まあいい。置いていただけるところに頼みにいかねば、だ。こちらも一気にやらなきゃ!で、原稿も一気に来た…これもだな。

替えはある…か?
  
 粘りが出たオートコードを、馴染みの修理屋さん・トモノカメラサービスに持ち込む。オイラとしてはどうしても万全にしておきたい個体なので、出来る限りお願いをする。で、今日連絡があった。レンズにクモリが出始めているし、分解することでガチャパタがパリパリになるかもしれない。修理せずこのまま使っておいたら…とのことだった。ということで、明日からまたオートコードを探すことにする。でも探している時に限って出てこない。これが中古。じっくりと時間をかけることにしよう。
キモチの洗濯
  

 このタイミングしか無い!と、以前から行きたかった長野の温泉に急ぎ旅立ち、一泊。その間、久しぶりにミノルオートコードを持ち出し、期限切れのフォルティアを詰めてみた。ちょっと低速に粘りが出てきたなあ。一度オーバーホールに出すかな。写真展に向けてラストスパート!白濁の温泉に浸かりながら、あれこれと考える。スッキリとしたキモチで考えると、整理がついていい。二眼レフのファインダーのように、ボヤッと見えても撮影したい箇所にゆっくりとピントを合わせて、落ち着いてシャッターを切る…この行為こそが、今のオイラには必要なことのようだ。
 リフレッシュできた。さて、東京に戻って気合い入れていくべえ。
明日O.A
  明日14日(火)13:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!詳しくはこちらへ。
ほのぼのとスッキリ
  

 お昼過ぎに渋谷へ。
写大の同級生が参加しているグループ展を見にギャラリー・ルデコに向かう。「小湊鐵道で撮る十人十色の風景」が目的。オリンパスデジタルカレッジが主催しているので、機材は全てオリンパス。ノスタルジックで有名な小湊鐵道には、PENが似合う。雰囲気いっぱいの写真がかわいく並んでいた。動画も面白い。明日12日まで。
 先日オイラが撮影させていただいている静岡の満寿一酒造さんから梅酒をいただいた。この梅酒、焼酎ではなく日本酒で出来ている。最近日本酒で作られた梅酒を見かけることが多くなったが、いただいた『でんじろう』、一連の梅酒とは違い、酸っぱい。梅酒はとても甘い印象だが、この『でんじろう』は酸っぱいのだ。とてもスッキリしていて大人の味。これはいい物を教えてもらった!無くなる前に数本買っておこっと!
本日O.A
 本日11日(土)11:30より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただけます方、是非!
詳しくはこちらへ。
今日O.Aあります。
  本日7日10時30分より、オイラが出演させていただいている『デジタル一眼レフ 人物を撮るテクニック入門』がスカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧いただける方、是非!詳しくはコチラに。

まだ続く…らしい。
  
 毎日、猛烈な残暑が続く。
撮影は当然、冬物に入っている。毎年のことだがモデルさんって大変な職業だ。それでも夜になると幾分涼しくなってきた。でもやはり昼間は凄い…。
グリーンカーテンということで、梅雨時期にとあるFM局でゴーヤの種を配っていた。今年は大活躍だったろう。オイラの来年はそうするかな。ゴーヤ、けっこういただくんだよな…。
次の世代
  
 今日5日は専門学校の体験入学。
今年に入ってオイラが体験入学のお手伝いをするのは3回目。毎年数回、手伝わせていただいている。D700を使って、スタジオでブツの撮影をしてもらう。今日は特に希望してくれた学生さんが多く、一人当たりの時間が少なくなってしまい、申し訳なかった。
 シャッターを切った時の快感が忘れられなくなると、もう写真の虜だ。オイラは学校では銀塩を教える。緊張感はデジよりも数段上。でもデジタルとは違う楽しみが待っている。さあ、来年また会おう!
ちょっとお邪魔
 今日3日、急いで処理を済ませ、渋谷・ギャラリールデコで行なわれている『撮りまくり!!』にお邪魔。小澤太一氏がEOS学園の先生を務めるクラスの生徒さん達のグループ展で、今日はセミナーが行われているとのこと。
EOS学園なので、中性的なカメラがいいかと思い、SD15を手に会場へ。
早速2Fに伺うと“6Fにて”とのこと。エレベーターで昇っていくと、一ヶ所に皆が集まってる。
左隅にはCヤノンの加藤さん、写真家の小山浩司君の顔が見える。近づいていくと…


山本弘之さんと鹿野貴司さんが生徒さんの作品を1点1点丁寧に講評していました。

その様子を優しく見守っている…はずの先生・たいちゃん

お二人が講評されている姿を撮影するたいちゃん先生に、その様子を撮影するOリンパス・トンボ田中さん。でもこの様子を撮影していたオイラも撮影されていたとは!?(⇒鹿野君ブログ『とれどれぐさ』にて)
 このグループ展は2Fと6Fの2フロアで大々的に行なわれている。皆さん、ほんとに上手です!

2Fの目玉・花の部屋!必見!
 押しに押しまくったこのセミナー、その後近くの居酒屋で、懇親会。たいちゃん的にはこちらがメインだな。連れとお邪魔。おこがましくもハギワラ賞を設けさせていただきました。商品はストラップ。北川さん、陳さん、おめでとう!陳さんは鹿野賞と二冠でした。
(これらの詳しい様子は、上で登場された方々のブログで観ることが出来ます。)
年齢も全く違うみんなが集まって楽しそうにやっているのは本当に羨ましい!
写真展は5日まで。明日は吉住志穂嬢が、明後日は土屋勝義氏と種清豊君がトークショーに登場です!
重ねてしまいました。
 

 今日2日は某誌の撮影。
モデルはレプロエンタテインメントの大木美佳さん。彼女は去年の年末に撮影したことがある。撮影場所は午前中が目黒のスタジオ、午後から砧に移動。外での撮影は午前中から真夏のような鋭い暑さ。肌がジリジリと日焼けしているのがわかる。壁や床が白いところにいたからなおさらだ。またちょっと草があるところに行くと、蚊の容赦ない攻撃が!虫除けをしては蚊取り線香を足下でたいて…と、まるで夏そのものじゃん。近くでファッション雑誌と思われる撮影に遭遇。モデルはマフラーにブーツと初冬の服装。一方オイラの方は、完全リゾートモードの衣装…モデルって大変な職業ね。
本日O.A
 本日17時より、オイラが出演させて頂いている『デジタル一眼レフ 実践!人物を撮るテクニック入門』が、スカパー!280ch他でO.Aされます。ご覧頂ける方、是非!
欲するものは。
  

 今週食べたいなあと思っていたのは親子丼。でも、中国に行っていたり、タイミングを逸したりして、なかなか食べられず。そうなると、どんどんとキモチばかりが先行してしまう…「親子丼が食べたい!」。そんなオイラに連れが提案、「玉ひで行く?」。玉ひでは日本橋にある鶏料理の老舗。たまった食べたさを満たすにはナイスなお店だ。お昼前に並ぶこと10数分、食券を買い、席に案内される。ちょっとビールを口にしてさらに食欲をかき立てる。目の前に出された親子丼はまるで黄金の輝き!待ちに待った親子丼、ゆっくりと口にする…ああっ、美味しい!食べたいと欲している時に食べるのは、心も満たされるものだな。
 その後に行った六本木・国立新美術館の『マン・レイ』展は大らかなキモチで鑑賞できました。
それぞれ
  

 昨日18日、打ち合わせの後、写大時代の友人M君と一杯。
彼と最後に会ったのは6〜7年前。二人だけで飲むのは、もうかれこれ10年くらい前になると思う。でも近況は、お互いのブログで知っていたりする。20年経っても変わらずに写真の話が出来る友人がいるということは嬉しいことだ。あの頃はお互い若くて、オイラなんか夢ばかりを口にするヤな奴だったんじゃないかなあ。でも、今写真で生活できてるって幸せなことだよな。少なくともオイラはそう思うよ。好きなものばかりを撮ってばかりなんてことはない。むしろ好きな被写体を自由に撮れる仕事の方が稀。それでも写真に関われるってことは、幸せなんだよ。昨日も話をしていて、“写真、やっててよかった”と思えた時間だった。楽しかったね。
 今日19日はデータ処理に、写真展準備。午後から新宿に撮影小物の買い出し。買い出しは細かいものをちょこちょこ買っていくと結構な金額になっていることが多い。ヤバいので、買うべきもののリストを持っていくようにしている。余分なものを買わないように心掛けるためだ。これでも新宿はまだいい。月島なんて行ってしまったらさらにヤバいことに。よっぽどのことがない限り、極力足を向けない。ああ、ジレンマ!
のんびり、のんびり
  

 所用で三軒茶屋へ。
三軒茶屋までは、世田谷線で。世田谷線はオイラの大好きな路線の一つ。昔の“玉電”の風情を色濃く残す路面電車だ。一駅の間隔も短く、全然歩けちゃう距離なんだけど、そこをゆっくりと進んでいくところがまたいいのだ。三茶の駅ビル内で大図まことさんの「クロスステッチ大図鑑」という展示会があり、のぞいてみる。それが可愛らしくて、面白いデザインだ。細かい作業だろうなあと思いつつ、夢中になっちゃうんだろうなあとも。好きなことで生計を立てられるということは幸せなことだ。
 電車で、小学生の男の子が、杖をついたおばあさんに席を譲っていた。ちょっと気持ちのいい光景をここでも見ることができた。
ちょっと小休止
  

 今日の打ち合わせで、今月後半の予定が一気に埋まる。
忙しいのは良いことなのだが、海水浴やバーベキューぐらいはしたかった。もうちょっと無理っぽい。こうして今年の夏の終わりが見えてきた。
 最近発売されたばかりのノンカロリー・ノンアルコール飲料が売れすぎて出荷を一時停止したそうだ。この暑さも手伝ってだろうが、オイラもよくわかる。邪道だという人もいるが、オイラは結構ノンアルコールビールを飲む。たまには撮影中や運転中にも。もちろんモラルの範囲内の話だが…。撮影中に飲むとなぜかリラックスするので、食事の時に頼んでもらう。気持ちがいったんリセットされて効果大だ。運転中は、ちょっと悪いことをしている気分になれて、テンションが上がる。…「私はチキンです」と公言しているようなものか。
広島・長崎
  

 今日は9日、65年前の今日、長崎に原爆が落とされた。
当然、オイラは戦争を知らない。親父とお袋、それに祖母が戦争の話をよくしてくれた。今でもその話は覚えているし、親父とおふくろに聞けば、戦争の時の記憶は特別だそうだ。そして、光景は絶対に忘れないとも言っている。静岡にも大空襲があった。
 この時期になると、戦争のことをよく考える。いつ、何を聴いても切なくなる。そして、今おいらは幸せだなあと、実感する。次の世代に先代のことを伝えることは、今生きるものの義務。オイラは何ができるのだろうか…今夜はそのことを考えて眠りにつこうと思う。
楽しみのひとつ
  

 ここ4〜5日で、昼夜は完全に逆転。
清々しい夏の朝を、本当は気持ちが良い目覚めとともに迎えたいのだが、気がついたらすっかり朝になっているこの頃。せっかくなので、仕事場から自宅に戻る時に、ちょっと遠回りすることにした。といっても15分かそこらだが。
 オイラが住んでいる周辺は、まだ畑が多い。がっつり農家って感じではなく、名残って感じだが、早朝はいくつかの農園が無人販売用の野菜を並べている最中で、まさに獲れたての野菜を手に入れることが出来る。これが今楽しみになってきている。なす、枝豆、トマトにゴーヤが多いが、農園によってはおやっ!?なんてものも。東京でもこうして手に出来るのって、ちょっと幸せ。
しみるな〜。
  

 久保田利伸のライブを観に国際フォーラムへ出掛ける。
久保田利伸は清水区蒲原出身。高校は静岡商業ということもあり、勝手に親近感を抱いていたりして。静岡市の目抜き通りである本通りを自転車で通学していたなんて話を聞くと、ここら辺を見ていたのかなあ…と不思議な感じに。だって、静岡から、しかもオイラにとっては見慣れた風景であるここら辺から、なぜブラックミュージックに繋がるかって思うわけよ。そんなことを思いながらも、歌を聴くと圧倒的な歌唱力にホレボレ。本人が“ショー”と仰るように、観ていても、当然歌も、いや〜、よかった!
 翌日、清水で行なわれている「清水みなと祭り」に出掛ける。まあ、連日清水つながりってやつか!?駅前の目抜き通りに一斉に舞い手が舞う様は、年々規模が大きくなっていると思う。老若男女問わず、汗びっしょりになって舞う姿は、一体化があってよい。
 連日熱いソウルを感じたね。
でも、確実に。
  

 久しぶりに親父と二人で飲んだ。
二人というのはなかなか無い。ましてや今回は居酒屋に出掛けてみたので、そうなるともうどれくらい前になるだろう…もしかしたら10年位無いかな。時間が合わなかったり、オイラが車で戻って飲めないとか、タイミングもよくなかった。久々に酔いながら話すことは、やはり仕事のこと。経営者の先輩にいろいろアドバイスを仰ぐのだが、思った答えがかえってこなかった。2時間程のんで、15分ほどの実家まで徒歩で帰る。親父は今年72歳になる。息子のオイラから見ても若いと思う。すたすた歩いていくので、早すぎてついていけない。まだ親父の背中を追いかけるほどの成長しかしていないのかな。ちなみにオイラに飲み代おごらせてくれなかった。まだ現役だからね。でもそろそろおごらせて下さい。
雨に唄えば
  

 今日26日は某雑誌の撮影。
モデルはアイドリング!!!12号の河村唯ちゃん。彼女はオイラと同じ静岡出身。昨日大阪でライブがあり、今朝新幹線の始発でスタジオ入り。根性あるなあ。
 天気予報では午後から雨。出来るだけスタジオで撮影をすすめる。昼食後、公園でロケ。でも撮影を始めた途端にパラパラ…。あ〜あ、降ってきちゃったよ。車の中で待機しながら、陽射しがさしかけた空を皆で眺める。色々夢を持って東京に出てきたんだよな、って、そんな話になった。しばらくして小雨になった。急ぎ飛び出しパパッとシャッターを切る。アイドリング!!!のメンバ−には雑草魂を感じるよ。
 今夜は雨のおかげでちょっと過ごしやすい。はりきってデータ処理をするか!
旨いつまみでしょ!
  

 仕事の後はビールでしょ、やっぱり。
毎日暑いし、汗をいっぱいかいた夜は、ビールでのどを潤すのは至福のとき。オイラの場合はつまみも重要で、つまみがうまいと酒もすすむってものだ。今の時期ならビールの後は日本酒か焼酎か。日本酒は冷酒だね。冷酒となればつまみは生もの。この組み合わせがたまらないわけよ。お高いお店に行けばおいしいのは当たりまえ。オイラはこの値段でこの質の良さ!という価値に惹かれる。この日は岩牡蠣。少し辛口の酒が合うね。
盛りだくさん。
  
 今日23日は、午前中デスクワーク。午後からフォトコンテストの審査の為、西麻布へ。コンテストの審査はいつも緊張する。どのような思いで撮影し、このコンテストへ応募したかと出品してくれた人のことを考えると、こちらも真剣になる。たくさんの作品を拝見できるということは嬉しいことだ。2時間ほどで終了後、西麻布から歩いて乃木坂へ。今日も最高に暑かったけど、歩きたい気分になった。汗かきだけど、夏は好き。アシスタント時代にバイクで毎日通っていたこの道を、今歩くと感慨深い。
 小川町のオリンパスギャラリーへ。かわいい後輩・小山浩司君は初の個展『遊牧家族』が開催中。昨日からなんだけど、残念ながらオープニングパーティに出席できず、今日はじめて拝見する。チベットで一つの家族と出会い、その様子を数回にわたって取材した作品が並んでいる。ここまでよく仕上げたなあ。頑張っているよ。これから続けて欲しいテーマだと思う。
 オリンパスギャラリーは、オイラも10月から個展を開く。自然と力が入ったよ。
※自信作の前で広がりのポーズをとる小山君。
あれっ?
  

 今年もちょっと山梨・勝沼まで桃を食べに出掛ける。
去年とまったく同じ時期、朝起きると急に桃が食べたくなったので、食べ放題で一杯食べて朝食代わりにしようと、一路中央道を下る。まだ渋滞がそれほどでもなかった。去年食べた桃はすっごくおいしかったので、今年も同じ農園にした。
 早速摘んだばかりの桃が差し出される。ここの桃は少々硬い。包丁で切りながら食べる。さあ、お待ちかねの桃をガブッ!…っん!?甘く…ない。次の桃の食べてもあまり甘くない。農園のおばちゃんに訊くと、今年は天候の関係で美味しくなるのは来週過ぎだそうだ。で、去年はオイラ達は一週間ほど来るのが遅かったらしい。昨年は熟したものがすでに多かったから、どれを食べても美味しかったってわけだ。『電話でいい時期を訊けば教えてくれるよ』と、おばちゃん。
梨の時はそうすることにしよう。
灯台下暗し

  近所でたくさんの風情を発見。
東京の小さな川は大概塞がれていて、遊歩道になっているところも少なくない。オイラの近所の川…というか元・川というか、そこも遊歩道になっている。だが、所々で水を流していて、かっこうの子供の遊び場だ。今日遊歩道を気分転換に3Kmほどあるいてみた。梅雨明けして真夏の到来ってかんじの今日は、暑さも全開。子供達が裸になって水遊びしている様子は、たとえ自然の河原ではないとしても、懐かしさを感じる光景だ。川らしい蛇行を繰り返しながらの遊歩道は、近所の方が植物の手入れをしているのか、地域ごとに色んな樹々が見られる。その一角に、昭和2~30年代当時の様子を今に残している路地があった。地域で後世に伝えるために、その姿をそのままに手入れしているそうだ。こういうところがまだあるんだなあと、感慨深い。
 帰りにすぐ近くの団地で盆踊り大会があった。それも知らなかった。自宅から徒歩で5分ほどのところなのに…。夕涼がてらちょっと出掛けてみる。子供たちも浴衣で盆踊りを踊っている。ここにもしっかり風情があった。いい気分だなあ。ちなみにドラえもん音頭はけっこう難しいな。
切ないなあ。
  

 そろそろ梅雨明け間近かな…という青空と暑い日差し。
各地で集中豪雨になり、被災された方々にはお見舞い申し上げます。
実家ではお盆の支度がなされていた。静岡のお盆は7月。昨日14日の夜は、オイラの不注意で静岡から東京に戻れなくなってしまった。これは“一晩実家に居なさい”という祖父母のメッセージに思え、今朝一番で東京に戻った。
 で、日中は真夏のよう。いよいよ夏本番だ。TUBE風にいえば、指折り数えるバラ色の…ということになるが、夏が来ちゃうってことは、確実に夏は過ぎてしまうってことで、オイラとしては、夏本番を向かえる直前のワクワクが好きだから、真夏の青空を見ると切なくなってくる。あ〜あ…。
虚脱
  

 撮影の後のお風呂は最高!
オイラは冬でも夏でも、撮影の後に何も無いと、すぐにお風呂に入る。今は昨年から会員になっている近所の天然温泉に入って汗を流す。ふ〜っと全身の力が抜ける。撮影っていつも緊張するもの。撮影中は気が張っているものだ。デジタルになってから特に張っている。撮影してから後の方が気になって仕方が無い時も…。でも、まあリフレッシュすることで、モニター上に映るさっき撮ったばかりの写真が新鮮に見えたり、お風呂に入りながら展開を考えたりできるからいい。
 写大時代は、通りを挟んで徒歩30秒のところに銭湯があった。当時135円だったと思う。当然風呂無しの部屋に住んでいたから、銭湯通い。写大の友人とよく行った。銭湯は裸の付き合い、友人関係を深めてくれた。今となっては銭湯に皆で入ることは無いし、行ってもどこぞの温泉旅行に出掛けるって感じだが、本当に良かった。
 あの頃、富士山の絵を背に、色々将来のことを語ったりした。今は東京の真っ黒の温泉につかって、やっぱり写真のことを思っている…。たまには写大の友人と来てみるかな。少しは話題がかわるかも。生活のこととかね。
うっかり
  

 うっかりコンタクトを忘れてしまった。
このところコンタクトをして撮影しているが、コンタクトを新しくしてから、付けやすさもあっていい感じ。眼鏡はこの時期顔が暑くなるし、オイラは眼鏡が曇る程汗かくし…ってことで、コンタクトにしてから撮影が快適だ。
 でも車の中はエアコンで乾燥するから、できるだけ撮影現場で付けるようしている。でもこのところ二連続でコンタクト、しかも片側だけ忘れてしまった。忘れっぽいオイラは自宅で付けていく方が良さそうだ。 
 写真は9日に某雑誌で撮影した橋本愛ちゃん。『告白』を観てからいいなあと思っていて、今回撮影させてもらった。彼女の撮影でもコンタクトを忘れ…眼鏡が曇っちゃった結果、大笑いしてくれた。こんなことがコミュニケーションツールとなるとは!?災い転じてってやつか!

ギリギリっす。
  

 どうもオイラは段取りが悪いらしい。
優先順位なんて言葉は、スタジオに入ったときから耳にタコができるくらい聞かされた言葉で、今も仕事上とっても大切にしている。でも、その言葉だけでは割り切れない事柄もあるのだよ。どうしても効率が悪くなる原稿書き、ちょっと合間にその原稿より提出が後でいいデータ処理の一部をやってみたりすると、気分が変わって言葉が浮かんできたりする。これはこれでいいと思う。でも残るは中途半端に手をつけてしまい、一つも終了していない仕事だったりするが…。
一気に集中できる時はいいんだけどね、迷うこともあるのです。結果、段取りわり〜ぃってね。
別に言い訳ってことではないですよ〜、ははっ。
追いつめられて花が咲く〜。
いか…がですか?
  
 
 以前からお問い合わせ頂いておりました椎名ひかるちゃんのグラビアですが、本日5日発売の週刊プレイボーイに掲載されております。いつ掲載かをひかるちゃんのHP上もオイラのHP上でも告知しておりませんでしたので、熱心なファンの方からのお問い合わせを数件いただいておりました。週刊誌ですので、急ぎコンビニ・書店でお買い求め下さい。
日本の夏
 
 
 昨日で今年の前半戦終了。
いやあ、反省すべきことばかり。もっとやらなきゃいけないことがあったはず。毎年言っていることだが…。でもグループ展はできたし、kwenda加入から結構やってるか。個人的には10月の個展に向けて、作品を揃えることが重要だ。
 清水では七夕祭りが始まった。オイラの願い事は…『×××××』(あえて伏せ字にしております)。重いって、自分たちですら1年に一回しか会えない織り姫様と彦星様は苦笑いでしょ!?

ららら〜
  20日、21日と長野へ。
佐武宇綺ちゃんと清水富美加ちゃんを撮影する為に、高速道路〜国道を3時間。長野の某高原はさすがに涼しい!でも天然の涼しさって、汗かきのオイラにはいいねえ。20日は雨がパラつく生憎の天気。まあ、梅雨だし高原だし当たり前か。地ビールを飲みながら翌日分の撮影の構想を練る。この時間が実は一番落ち着かない。あれもやらなきゃ!これもやらなきゃ!ってなっちゃうからだ。21日は天気が気になり5時に起床。ホテルの周りをウロウロ。天気予報はなんと晴れ!ホテルの方から、この時期に晴れ間は奇跡ですよと言われる。この二人はどれだけ晴れ女なんだ!?
 宇綺ちゃん・富美加ちゃんはともに何度も撮影している仲。天気は晴れ。暑い中にも過ごしやすい空気でいっぱいだ。撮影自体はスムーズに進んで行く。二人とも全く違う、でもとってもキュートで魅力的だ。撮影中もとてもノリがいいから楽しい。でもせっかく二人のアイドルを撮影しているんだから、色々凝りたくなっちゃう。で、時間がきつくなってきちゃうわけよ。陽が傾きはじめると同時に気温が下がる。春〜夏〜秋を一日で体感した気分だなあ。
 宇綺ちゃん、富美加ちゃん、また撮影させてちょうだいね。
※宇綺ちゃんは富美加ちゃんの奇妙なダンスや行動に笑い転げていました。
 ちょっぴり大人っぽくなったかな(笑)。
※富美加ちゃんはキャラクターがいいんだよ。でも写真的には事務所NGだなあ。
 今月のフォトテクニックデジタルに彼女のグラビアを載せております。

今日22日は一日デスクワーク。途中歯医者さんに行く。インプラントにあたり、当面の抜歯後のところに部分入れ歯を入れるための歯形をとってもらう。先生、器具が左右両方にあるのは面倒です。でもインプラントの手術、怖いです!ああっ…。
モニター見過ぎで、目がチカチカする〜。
暑い一日
  

 今日17日は静岡へ。
しかし、今日も暑かった。だんだん夏本番って感じがして、オイラは嬉しいんだけど、オイラはすごい汗っかき。周りの人を不快にさせていないか、これでも気にしているのです。
今日は学生達から元気をもらった。はじけていていいねえ。
相変わらず学生達のE-P2への関心は高い。一番の理由はファインダーらしい。液晶を見ながら写真を撮ることに慣れている世代には、ファインダーはむしろ新鮮かもしれない。

 今日DVDが発売となりました!どうぞよろしくお願いいたします。

シンセンな景色。
  

 今日15日が晴れるだなんて、まったく読みが外れたなあ。
それでもやることはたくさんあるので、デスクワークに向かう。…なんか悔しい…で、ちょっとだけ外に出てスナップなんぞ。気持ちがいいからフィルムカメラでパシャパシャ。やっぱり楽しいものだ。せっかくなので、あまり乗る機会がない都バスに乗ってみることにした。普段とは違うルートで、違う景色が新鮮。乗客も当然で、オイラは驚くことが多かった。目線というものはちょっと変えるだけで、全く別の世界に見えることを改めて感じたね。
 撮影後、調布の富士フィルムまで現像出しに。久しぶりにまとまった本数を出し、番記を頼んだ。番記も久しいなあ、今の若いカメラマン志望のコは知らないだろうな。
期待はずれ
  
 
 今日14日に関東地方は遅い梅雨入りとなった。
梅雨は無いと困るが、正直例年通りにきてくれると嬉しいんだけど。梅雨時期は天候の関係上でロケが流動的になる。これがこの時期の悩みの種。まあ、結局雨でも何とかしちゃうんだが。今年の梅雨は少し後ろにずれ込むらしいから、この点も頭に入れておかないとな。
 店の前を通るたびに行列が出来ていたラーメン屋さんに、興味本位で並んでみた。並んでいる間に口コミをチェック。結果は賛否両論。美味しいっていう人と正直どうでしょう…っていう人と、ほんと両極端。並ぶこと30分、いよいよ口にする時がきた。ズルズル…ズルズル…、うん、オイラはもういいや。人の判断と自分の判断って大きく異なるときがある。やっぱり自分で見て食べて感じることが重要だね。
 
こんなの、あります。

  静岡市でこういったものを募集しております。オイラがワークショップの講師をさせていただきます。静岡市にお住まいかお勤めの方のみになりますが、ご応募、お待ちしております。
 いつもお世話になっている玄光社『フォトテクニックデジタル』の編集部S氏がホリウチカラーフォトギャラリーにて個展を開いております。柴田誠写真展『甜蜜的回憶-On the street corner of HONG KONG-』。香港フリークの柴田さんが、香港の魅力を独自の視点で捉えた作品が並んでいる。とても楽しみながら香港へ通っている様子が伺える写真展だ。いつも誘って頂いているがなかなかご一緒できずにいる。今年こそは絶対にご一緒したい。
 今女性に大人気のお店『農家の台所』に行ってみた。新鮮な野菜が並ぶ店内は女性客でいっぱい。野菜だけであれだけお腹いっぱいにするのもいいものだ。いなかの人間だからね、新鮮さ=美味しさはよくわかっているつもり。またいこう。
じわじわ…
 
 今日から6月。衣替えだ。
オイラも気分だけはと、洗車してみたり仕事場を片付けてみたりして、今日の湿度の少ない風を通してみた。
お昼前に歯科医に行く。グループ展前に発覚した奥歯を抜くためだ。いつになっても抜歯は憂鬱。そりゃ好きな人はいないでしょ。診察室の椅子に座り、表面麻酔をしてもらう。オイラはどうしても麻酔がダメ。表面麻酔をやたらキツくしてほしいほど。だんだんと麻酔が効くにつれ、あ〜あ、しっかり歯に気を遣えば良かったと後悔。虫歯の治療をする度に、今度こそキチンと歯磨きしよう!って心に誓うんだけど、意志の弱さをここで呪ったりして。先生は優しく丁寧に接してくれている。オイラはかなり力んでいたようだ。でも正直、怖いわけよ。歯茎の中で砕けてしまった歯と化膿した箇所をを取り除いてもらってもらい、終了。また1本歯がなくなっちゃった。
※抜歯直後のオイラ。先生に撮影してもらった。先生、どうもです。
ここはインプラントにしようと思う。これからまだまだこの歯の物語は続く。
無事終了!
 
※撮影:清水哲朗さん

 渋谷ルデコでのkwenda展は本日無事終了。
本当に大勢の方々にお越し頂いた。感謝!感謝!です。会場になかなか居ることができず、折角お越し下さったのにお会いできなかった方もたくさんいらっしゃった。大変失礼いたしました。
今日最終日にはモデルをしてくれた清水冨美加ちゃんもかけつけてくれた。残念、オイラはその時大井町で剣舞を踊っておりました。ごめんね!
 なお27日に行われたパーティの模様は、こざわたいちゃん土屋勝義さんトンボ田中さんなど、多くの方がリポートしてくれています。是非ご覧下さい。
オイラのタペストリーの前で。※撮影:榎元俊介君

さて、次は10月の個展だ!
撮影、後、パーティ。
  
 
 今日27日はkwendaのパーティ。
でもその前に某雑誌の撮影で、世田谷のハウススタジオへ。天候は全日の雨もあり、残ったらやだなあと思っていたけど、9時集合から撮影開始10時頃のは夏の日差しに。モデルは椎名ひかるちゃん。宮城県在住の18歳。今日のような撮影やイベントごとに上京するそうだ。
 午前中は暑いくらいの天気に、日差しをカットするなんて贅沢だなあと笑っていたが、午後に入り14時頃に夕立のような雨。その後また日差しが戻るなど、まるで真夏の気候を一日で体験した気分。撮影は順調に終了。
 その後、いったん帰宅してデータの処理をカンタンに済ませた後、渋谷のルデコへ。実行委員のくせに遅刻して申し訳なかったです…。大勢に方に来て頂き、大変盛り上がった。駄菓子、好評!たくさんの方がその模様をブログにアップして下さっているので、オイラは割愛し、今日のモデルの椎名ひかるちゃんを。
 二次会に顔を出して、帰宅、データ処理。明日28日は15時まで会場におります。
ありゃま!
 
 
 久しぶりにコンタクトをする必要にせまられた。
コンタクトをつけるのは2年振り。でもこのコンタクトは随分前に測って買ったものだから、この機会にと、キチンと眼科医で見てもらうことにした。普段は眼鏡着用。オイラは眼鏡が好きだ。でもファインダーがけられるとか、汗で滑るとか、弊害があることも事実。でもコンタクトはなじめなかった。だからよっぽど眼鏡を付けられない状態に無い限りコンタクトはしなかった。今回測ってもらうと、裸眼で0.08ほど。先生が用意してくれたのは、先月発売になったばかりの新製品で、すっごくつけやすい。付けると片目で2.0に。進歩ってすごいのね。もっとも前回は8年くらい前に測って、それ以来製品を変えていないんだから当然か。見えすぎると疲れが早いそうで、1つ数値を弱めてもらった。先端恐怖症のオイラは外す時が本当の格闘だ。
 そのまま歯科医へ。下奥歯から出血している感じがしたからだが、その歯は土台しか無く、上に作り物の歯をのせている状態。昨年これがとれちゃった時に、先生から「いずれまたとれますよ。多分2年はもたないでしょうから、その時はあきらめて下さい」と言われていた。丁度1年…先生の言葉通りになった。土台の歯が歯茎の中で割れてしまっていた。「抜きましょう!」と爽やかにおっしゃる先生。心の準備ができていないし、写真展寸前なので、月明けまで待ってもらうことに。先延ばししても同じなのにね。
 問題は抜いてからだ。いよいよインプラントかな…。でも1本35万円也。ちょっと考えることにしよう。
いよいよ…
  
 
 今日18日は夜中から続くデスクワークで夜が明ける。
今日は朝から気温が上がってきた。いよいよ夏だねえ。12時に目黒の某プロダクションへ。事務所で4人撮影。明日からまた天気がイマイチらしいので、外に出る。会社が多いせいか、会社員の方々がお昼休みを気持ち良さそうに過ごしている。そうそう、爽やかって秋の季語ってはじめて知ったよ。
 本日のモデルの一人、アナウンサーの築山可奈ちゃん。
 撮影後、一度帰宅し、打ち合わせのために神保町の某出版社へ。慌てて行ったせいもあるが、汗かきのオイラの本領発揮!?とでも言うべきか、編集さんにえらい汗かいてますねと言われる。まだまだこれからよ!汗をかく季節は!
 まだ春物を取り残している…北海道しかないな。

 写真展の準備も佳境に。面白くなりそうだ。
まじビックリ!
  

 このところ、オイラの周りではオリンパスのビューファインダーの評判がすこぶるいい。立てれば上からのぞくようになり、ウエストレベルのような感覚で撮影できる気持ち良さがあるが、それよりも思った以上にきれいだからだと思う。オイラが見せると“どうせ…”って顔をしながらのぞいたのに、オイラの顔を見る時の目は驚きに変わっている。…だから使ってみないと分からないって!
 夜、自宅そばの路地を車で走っていると、何かが道の真ん中に置いてある。ゴミか?と近づくと、驚き!人の足だ!連れが車から降りて恐る恐る近づく。オイラは気がついてくれるといいと思いクラクションを鳴らす。それがたまたま消防団の前で、さらにいえば会合をされていたみたいで数人の方々が出てきてくれた。皆で近づくがぴくりともしていない。とうとう死体を見てしまったか!? 下手に触って大事になるといけないし、でも…。消防の方の一人がそっと揺すってみると、蘇生したかのように呼吸しはじめた。どうやらご近所の方らしい。でもしゃがみ込むっていうよりも、本当に倒れていたって感じで、本当にビックリした。いざっていう時には何もできないかも…と痛感してしまった。でも本当に!ああ、眠気が一気に覚めたよ。
気合い!気合い!
  

 今日11日は一日デスクワーク。
外はしとしと雨が降っている。こんな日にデスクワークで良かった…と思うオイラはちょっと暗いか。晴れていると写真を撮りたいじゃんねえ。雨だとある意味諦めがついたりして。自宅から仕事場まで行くのがだるい。歩いて数分なのにだらしない。栄養ドリンクの飲み過ぎじゃないか。気持ちが重いとレタッチのテイストがなんとなくシャドウ多めになったりして。みんなは気分でレタッチ変わらないのかなあ…。レタッチャーはそんなことないんだろうけど、カメラマンはあると思う。だって写真を撮る時に気持ちが出ちゃうよ…オイラだけか?さあ!気合いだあ!終わらないよ、早くやらないと!

再発見
  

 先日7日の金曜日は、合間に新宿のギャラリーシリウスで行われている安田菜津紀さんの写真展『明日を忘れないために』を観る。彼女程の若さでここまで撮れるのは感心しきりだ。会場には元CAPA編集長のキヤノンKとう氏と鹿野貴司さんもいて、写真展会場でカメラについての話で盛り上がる。安田さん、申し訳ないです。
 8日、GWの余波でまだ今月発売分の原稿が書き上がっていない。でもまあ、こんな時こそ気分転換を兼ねて静岡での用事を済ませるために東名を下る。仕事関係の用事を済ませた後、親父に剣舞の稽古を久しぶりにつけてもらう。親父は鹿島心流という流派の師範、オイラも剣舞をはじめて30数年経つが、まだまだ、そして絶対に親父を超えられないと改めて感じる。もちろん初代宗家・居俚紀徹州の名前を出すことも恥ずかしいのだが、舞うたびにオイラには優雅さや余裕が無いと気づかされる。たまには自主連しようとE-P2で親父の踊りを動画で記録。動画はこんなときこその機能じゃないかと思ってしまう。便利になったものだ。
 9日は早朝…というか明け方から原稿に没頭。一応だが今日で解放された。やっとGWが終わった感じがするよ。明日から通常の撮影ペースになる。体も早く戻したいわ〜。
 
通り過ぎました…。
  

 GW前から怒濤の日々が続いた。
GW進行は年々負担が大きくなってきている気がする。明けた今日も朝から電話とメールは大忙しだ。それでもちょっとくらいはGW気分を味わおうと、実家に戻った。親父がタケノコを採っている山に連れて行ってもらうことに。オイラがタケノコというとニヤリとする関係者もいらっしゃるはず。道無き道を登っていく親父に、オイラと連れは置いていかれてしまう。ちなみに親父は72歳、親父の40分で登るというその山は、オイラ達は2時間かかった。でも頂上は清々しい。汗だく泥だらけの遊びは、GW最高のイベントになった。こりゃおもろい!
 宿題をたくさん実家に持ってきてしまったので、少しずつ片付ける。途中新たな機材が送られてきたりして…。新しいカメラやレンズはやっぱり面白い。連れは呆れている。
 グループ展の準備が忙しくなってきた。グループ展ははじめてなので、どんな感じになるんだろうな。
※写真はGW中に撮影した佐山彩香ちゃん。たくさんグラビア出てるなあ。
夜咲く花
  

 昨日20日は6月に発売されるDVDの音入れ。これがなかなか緊張する。そもそもしゃべりは上手じゃない。すっごくかむしなあ。オイラはズーズーの静岡弁。これ全く抜けない…ていうか抜く気はない。スタジオに入ったばかりの頃、オイラのイントネーションが兄弟子達には変に聞こえたらしく、よく聞き直された。オイラはなぜもう一度言わなきゃならないのか分からなかった。だって、静岡は“標準語”だと思っていたから。静岡を離れたことがない静岡在住の方は、静岡は正しいイントネーションだと思っている人は多いはず。でも結構訛りがあるよ。でもオイラはその訛りが大好きさ。で、DVDにも静岡弁が…。まあ、仕方がないことだ。
 今日は急遽静岡で撮影。日中は真夏のような暑さ。でも夏服の撮影だからむしろ自然だったかな。撮影後、急いで東京に戻る。GW前で、色々と慌ただしい。毎年のことだが。
 暖かくなると、夜も華やかさが増す。別にイルミネーションとか、ショーウィンドウとか、そう言うことじゃない。オイラはって言うと、夜咲く花を見上げて、ホッとしています。
どこでもアート
  
 
 16日はミッドタウンで撮影、翌17日は都内某スタジオにこもりっきり。
気持ちに余裕がないときは、周りが全然ときめいて見えない。そりゃあ、寒の戻りもあって、春らしさがちょっとだけ遠のいた感じはするけど、でも今は春!生命の息吹が感じられるはずだが、どうも感覚が鈍っている。気持ちに余裕があると、全てのフォルムやカラーに敏感で、美しく見える。それが人為的であっても、偶然にできたものであっても、そこから何かを感じ取ることができれば、オイラにとっては“アート”なわけだ。これから暖かくなると、もっと見ることができるはず。それには一度生活をリセットする必要があるな。
新鮮な気持ち
  

 今日15日は夕方から都内の某スタジオへ。
いつもお世話になっているヘアメイクさん達の作撮りにお付き合い。今回はモデルが二人で、女の子と男の子が一人ずつ。二人ともまだ今年事務所に所属したばかりの新人。とってもフレッシュでいいなあ。カメラを向けるたびに緊張がこっちにも伝わってくる。そりゃあんまり緊張されちゃっても困るけど、適度の緊張感って、やっぱり大切だよね。お仕事だもの。
 でもオイラももうちょい緊張感を持って仕事に臨まねば!油断はミスにつながるのだ!
楽しさ満開
 

 今日6日はひさびさの作品撮り。
モデルは清水富美加ちゃんにお願いした。2ヶ月ほど前に撮影させてもらったが、今回オイラが考えていたイメージにピッタリだったので、急遽スケジュールを空けてもらった。彼女は現在行なわれている「ミスマガジン2010」のベスト16のメンバー。グランプリ、獲れるといいね。
 撮影は世田谷の某スタジオで。朝のうちは靄がかかる不安定な天気だったが、10時まわった頃からいい天気に。陽が降り注ぐハウススタジオだから、明るくていい。撮影はスムーズに進んだ。けど、調子に乗って5時間もお付き合いいただいた。途中、多摩川の河川敷に寄ってフラフラ。花見客も多いが、何ともいえない開放感と春の暖かい陽射しに、オイラも含めスタッフはとろけてしまっている。穏やかな時間はつかの間の命の洗濯のようだ。疲れているはずなのに、とてもスッキリした気分のなれた。こんな時のシャッターはとても軽い。
 富美加ちゃん、また是非撮らせてね!ヘアメイクの町田さん、どうもありがとうございました!
年度末
 

 お勤めの方は異動の時期。
今年も例外無く、オイラはお世話になった方々が異動となる。正直なところ、窓口になって下さっているかたや、段取りを理解して下さっている方々が異動されるのは切ない。でも仕方がないことだ。こうやって社会は動いているのだ。
 静岡市でお仕事をさせていただいているが、広報のS氏が異動となった。S氏には随分と我がままをお聞きいただいた。本当にありがとうございました。また是非どこかでご一緒いたしましょう。
 出世されて、現場に来られなくなる方もいる。デスクがつまらない時はいつでもどうぞ!部下の前でレフ板を持って下さいとお頼みしますから(笑)。
欲しいカメラは?
 

 写真館をやっている写大時代の友人に645Dについて訊かれた。
正直なところ、オイラはまだ買おうと思わない。しばらく様子見といったところだ。友人も同じようなことを言っていたが、中判というサイズは写真館向きだと言う。確かに、写真館で撮ってもらうのに、35mm判で構えられたら、ちょっと残念な感じがする。やはり写真館は特別なところ、道具だってそれっぽいものがお客さんに安心感を与えるに違いない。ただ問題はレンズ。デジタル対応のレンズはまだ1本だけ。いかんせんこれではちょっと心もとない。オイラなら120mmマクロか140mmあたりが出てきたら現実味がでるな。やはり誰かに人柱になって頂く他は無い…か。 
しょぼしょぼ…
 

 今年は花粉症の症状があまり出ないそうだ。ひどい花粉症の連れも今年は軽いという。でもオイラは今年こそ、来たーっ!って感じだ。目はかゆいし、鼻水がツーッと。で、目がショボショボで撮影がちょいと困難。何とかならないものか。でも連れに相談すると、目のどこがかゆいかと逆に質問された。瞼がかゆいんだよと答えると、あっさり「それは花粉症じゃないよ」との答え。花粉症は目の奥の方からかゆくなるそうだ。それをきいた途端、鼻水が止まった気がする。病は気から、か?
おだやかに。
  
 
 先日の強風で、お向かいのお宅の大木が傾いてしまった。
まったく、自然の脅威というか、力には驚かされる。ちょっと違うが、先週の木曜日のロケでは、天気予報では雨になるとのこと。まあ仕方がないや、とスタッフは諦めを入れながらスタートしたが、結果的には快晴に。そんなときは太陽の偉大さを感じたりして…。
 今日22日は週明けのロケハンに。お彼岸ということもあり、お墓参りの方が目についた。オイラも実家に電話して線香をあげてもらうことに。師匠のところへは…まあ、今度。せっかくのロケハンだが、週明けは雨らしい。対策を考えねば。
晴れ晴れ〜。

  週末にかけて、DVD撮影。
一コマ一コマのスチールとちがい、ムービーは本当に撮影が大変。オイラは今回改めて思ったね。スチールとは全く違った神経が必要だし、どっちが大変ってことではなくて、全く別の撮影だっていうことだ。撮られる方に気持ちも分かったしね。これから簡単に「はい、笑って!」なんて言えなくなったよ。
 今日21日はちょいとゆっくりした。気持ちが張り過ぎていたから、なんとなく作業が荒くなっていたような気がしていたしね。明日からまた切り替えて撮影に向かっていこう。
遅い報告ですが…。
 
CP+は無事に終了!
大勢の方々がケンコーブースとセミナーに来て下さり、感謝!感謝!ケンコーではT原さんとのギクシャクしたおっちゃん漫才を繰り広げましたが、お聞き苦しい点が多々ございましたこと、お詫び申し上げます(笑)。オイラはとっても楽しかったですけどね。
 最終日のセミナーは満員御礼!立ち見も出てありがたいです。ルーリーって凄いのね…。セミナーを聴きにきて下さった方々、楽しんでいただけましたか?結構撮っているんですよ。
 オイラは残念ながら他のブースをゆっくり見ることが出来なかった。もったいなかったなあ。
土屋勝義さんと清水哲朗さんのトークライブ@オリンパスブース。清水さんは余裕のカメラ目線。お二人とも引っ張りだこだった。

リコーブースで熱いトークをするたいちゃん。正面にドーンと特大写真のリコーさん。あれは目立ってたねえ。
セミナー後、玄光社の面々と。謎のポーズが気になるが…ルーリーはお付き合い下さいました。玄光社ににかわり、お礼申し上げます。
 さて、お祭りはおしまい!またボチボチ動き出しますよん。
 
明日、最終日。
 

 CP+は3日目も終了。
始まってしまえば早いものだ。今日は土曜日とあって、先の二日とは比べ物にならないくらいの入場者の数だ。明日はもっと凄いかな。オイラのセミナーはCP+の最後の最後。おわりまでキチンと頑張らなきゃね。
土屋勝義さんやたいちゃんはじめ、多くの皆さんがブログでCP+の様子を報告されております。オイラもちょこちょこ出ております。


意外なこと。
 

 今日25日の日中は某誌撮影。
モデルは久々に鈴木咲ちゃん。彼女はもう何回撮影しているだろう…4回か5回か、可愛い見た目とはギャップがあって話が面白い。ロケ地はお約束の葛西臨海公園。明日から天候がよろしくないせいか、ロケ隊が結構入っている。まあ、広い公園だからかち合うことは無いが、ロケ隊の横を通るときは、何をしているのかなあって気になる。オイラの撮影も気になるのかしら…こんなに機材の少ない身軽なロケ隊は気にもしないか。
 午前中はひどい靄で台無し。葛西はしょっちゅう来るが、こんな靄ははじめてだ。海から先が全く見えない。もちろん観覧車も橋も全くだ。まるでどこぞの高原にでも来ちゃったの?って感じ。陽射しがないとどうしようもない撮影だったから、思わぬストップ。こういうのは後に負担がくる。こういうイレギュラーは、しょうがないよ!ねっ、担当さん!
ポヨポヨっ
 

 今日22日は一日中原稿書きとデータ処理。
あー、腰が痛い。新しい椅子が欲しい。

今日発売の週刊プレイボーイで、ヌードを載せている。エ○いページは、撮ったオイラも変な感じがするなあ。
頭の中、シャワシャワ〜…
 
 バタバタが続く。
仕事のこともそうだし、プライベートのこともそう。占いでは今年はとても忙しくなるそうで、特に今頃からすごいことになるらしい。どうせなら全部仕事で忙しくなりたいものだ。でも毎日が撮影だと、処理も準備もおろそかになるので、わがままがきくペースで。
 そういえば、ケンコーがコニカミノルタのカメラ関連製品のアフターサービス業務を請け負うことにしたそうだ。どこまで見てもらえるのだろうか。オイラの手元にあるKM製品は露出計とヘキサー関係のボディとレンズ。工業製品は7年程の一定期間を過ぎるとパーツが無くなれば対応できなくなる。メーターはいいとして、ヘキサー系はダメかも。でもこうした業務を引き受けるケンコーさん、天晴れ!
最後のお祭り
 

 5日から7日までの三日間は、専門学校の撮影。
毎年この時期に、オイラが講師をしている静岡デザイン専門学校の卒業制作展『デザインア・ラ・モード』が行われる。最終学年の学生にとっては、これまでの集大成となる。その三日間の様子を撮影するために、東静岡にあるグランシップにこもっていた。オイラが講師をするグラフィックデザイン科の学生は、確かに教え子ではあるが、卒業制作にはオイラは直接タッチしていないから、申し訳ないが毎年アラモードの為にバタバタしていない。大変なのは担当教官の先生方だ。この日までの1ヶ月は休む暇もなかっただろう。舞台裏はえてしてこんなものだ。
 教え子達の多くにいつもこういってもらえる。「萩原先生の講義、もっと受けたかったです」。とってもありがたいことだ。そしてこうも必ず続く。「1年生の時に講義でやったことが、3年生になって具体的に表現するのに凄く必要になって、もっとしっかり1年の時にやっておけばよかった…。」オイラが言っていることが作品を創ることに必要なことだったんだと分かって卒業していってくれること、今はそれだけで十分な気がしている。
新しい酒のつまみ
  
 
今日22日は静岡で撮影。
早朝4:20から、静岡市内の酒造会社・満寿一さんにうかがい、仕込みを撮影させていただいた。お酒がだ〜〜〜い好きなオイラにとっては、これ以上楽しみなことはない!という社会科見学だ。満寿一さんは手作業にこだわっている。いわゆる経済酒はもっぱら機械で行われている行程を、満寿一さんは手間ひまかけて丁寧に行っている。お酒は造る期間が限られている。そのため、期間中は大忙しで、あちこちへと人が動き回る。オイラは杜氏さんである専務にくっついて追いかける事にした。普段は絶対に見ることができない行程も含まれていて、驚く事ばかり。マニュアルではなく、感覚で作業をされている杜氏さんはまさに職人だ。繊細で丁寧な作業は一瞬とも目をはなせない。途中20分程ご一緒させていただいた朝食の時間があったものの、7時間はあっという間に過ぎた。これから酒を飲むたびに話にネタになりそう。3月、今日仕込んだお酒を絞る時が楽しみだ。
 

 夕方、FM-Hiへ。シンガーソングライターのyosuちゃんがいらしたのでパチリ。明日はライブだそうで、頑張ってね!

ポカポカ。
  

 今日はまるで春のような暖かさ。
春っぽい日差しが優しくていいなあ。でもこの陽気が昨日だったらなあ…。昨日は某雑誌の撮影。モデルは横山ルリカちゃん。彼女とはフォトテクニックデジタル09年11月号以来。今回は春らしいイメージで…ということでの撮影だったから、今日のような陽気なら、衣装も自然にはまったと思うんだけどなあ。
 昨日は朝7:15にロケバスさんが我が家に到着。渋谷で全員合流し、都内を転々。撮影自体は16:30に終了。オイラはやはりロケバスさんがまわってくれたので、らくちんさせてもらった。
ちょっと体力的に疲れちゃったので、近所の成城の湯でゆっくりした。撮影の後の温泉は最高!
 今日は午前中データ処理、夕方から打ち合わせ。散歩に出掛けたくなるような日に、屋内にいるのは精神的に良くないなあ。も〜っ!
無い物ねだり
  

 オイラには悪いクセがある。
それは、すぐにモノで補おうとする事だ。つまり、持っているもので十分まかなえるのに、ちょっとのポイントで「いいかな」と頭に浮かぶと、手に入れたくなる。本当にピンポイント的な使い方なのに、だ。今日はそれを反省し、グッとこらえた。どうしても必要ならわかるけど、理由が不純だ。
 もうひとつ、今、角館に行きたい。すごい豪雪らしい。明日からセンター試験だが、受験生はホテルに移動したというのだから、雪で麻痺する事を想定しているのだろう。…オイラは静岡生まれ、ほとんど雪には縁がない。行って写真を撮りたい!これも無い物ねだりか。
出来る限りね。
  
 
 午前中に急ぎ新宿に出る。
キャノンの新宿センターにセンサー清掃をお願いした後、ヨドバシへ。メディアを買い足す為だ。オイラはあまり大きいものが好みじゃない。たくさんデータが入っていた状態で何かあったらショックが大きいからだ。今も一番大きいもので8GB。撮影したらすぐにストレージとパソコンを介して外付けHDDとダブルにコピるから、そんなに大きなものでなくても事が足りてた。しかし、最近特に忘れっぽくなってきた。コピッたはずだが…なんて不安が一瞬でも横切るともうダメ。なぜかわからないけど、こんな感じの不安に苛まれる。そこでとりあえずの解決方法として、その日の撮影分のメディアはコピってからも触らないようにしてみることにした。もしかしたら、それって当たり前?大きいものは…ってところは変わらないので、結局8GBを2枚購入。これで8GBは5枚に4GBが4枚で、計56GB。これだけあれば、1日の撮影で困る事はないだろう。あとはまたルールをキチンと決める事だな。
 
ひとつの幕引き
  

 さくらやが2月28日をもって閉店すると発表した。
写大に通っている頃は、キャンパスのある中野坂上から歩いて新宿まで行った。電車代がもったいなかったからだけど。その向かう先は「ヨドバシカメラ」か「さくらや」だった。ビックカメラはまだなかったと思う。用事の大半はフィルムか印画紙の購入だ。どちらか1店に決めておけば、ポイントを貯める効率はよかったんだけど、なかなかそうはいかなかった。どちらかにしか置いていない品物や、割引率が違うものもあったし。でも「ヨドバにない?じゃあさくらやだ」と、同級生と新宿西口から東口に移動しながら、「めんどうくさいなあ」という言葉を口にしながらも、とっても楽しい時間だった。
 オイラもいつの間にかさくらやに行かなくなっていた。オイラの中では、さくらやは眼鏡か時計というイメージがついてしまっていた。ポイントは早く使っておかなきゃだな。たいしたポイント数じゃないけど。
 今日、元大関千代大海関も引退した。まっすぐにもっていく突きや押しが好きだった。
ともに今日が幕引きとなった。
初雪
 

 今日東京都心では初雪が降った。
オイラは寒いのが苦手。外に出ると力が入っちゃう。でも、打ち合わせでもスタジオでも、ものすごく暖房が効いてるから、体が疲れちゃっているようだ。特に乾燥による目の疲れが一番キツい。目薬を差し差し。あ〜っ、頭が重い…。
恒例化
昨日8日は、午前中にデータ処理とデスクワーク、夕方から打ち合わせ。
夜は玄光社『フォトテクニックデジタル』編集部をまるごとお呼び立てして、新宿でオイラ企画の新年会もどき飲み会。福田健太郎さんをお呼びして、にぎやかに乾杯。昨年も大変お世話になった。今年もよろしくです。
 右から福田健太郎さん、編集長F氏、M氏、A氏。福田さんはこのところご一緒させていただくことが多い。とっても楽しい方です。F編集長は、校了明けで完全に脱力状態に。

 右から、軍曹ことT氏、提督ことS氏、でオイラ。※福田さん撮影。
編集部のT氏をのぞく全員が来てくださった。一介のカメラマンの飲み会にみんなが来てくださるなんて、ありがたいじゃないですか!
皆さん、やり遂げた感いっぱいの脱力でした。お疲れ様です!
編集部の方々との新年会が恒例になりつつある年明けです。


 
やはり気になる…。

  今年はオイラ、本厄。
前厄の去年はあまり気にしなかったが、本厄はやっぱり心のどこかで気になっていた。ましてやオイラの実家の菩提寺は有名な厄よけ地蔵尊が祀られている。厄よけしなきゃが刷り込まれていたな。訪れると、凄く混んでいた。ご祈祷をうけながら、しばし考える。当時は数え42歳はもう疲れてきている歳…健康面をかなり気にしていたんだろうな。オイラの成人病は気になっているけど、現代人は42歳はまだまだ若い部類、本当の気になる年齢はもう10年くらい先になるだろう。
 厄年なので、あまり行動的にならないほうがいいらしい。でもオイラは動きます!


Kwendaでは週1で当番がまわってきます。今日7日にアップされていますので、是非のぞいて見てください。
いつもありがとう。
 

 今日5日はおふくろの誕生日。
おふくろは古稀を迎えた。親父は一昨年古稀に。オイラが今年41になるんだから、当然の歳といえば当然か。オイラは随分心配をかけた。これからさらに心配をかけるだろう。申し訳ないなあといつも思うが、写真家という職業では仕方が無いことだな。
 先日、先に誕生日を祝った。おふくろはかたくなにまだ70じゃないと言っていたが、今日の電話では素直になっていた。古稀の祝いには旅行に行くことにしている。どこに行きたいか、しっかりリサーチしておかないと。
 これからも元気でいて下さい。

カメラライフWeb Site『寝ても覚めてもカメラ』第3話となりました。
明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年はとにかくチャレンジの年にしたいと思います。
去年はだいぶ守りの写真を撮っていたように感じます。
今年は新しい手法や、自分の方向性とは違うテイストの写真も
積極的に撮りたいです。

今年からKwenda に加入いたしました。
メンバーは皆さん露出も行動力もある方々なので、オイラも負けないように
大きな波を起こしていきたいと思います。
こちらのブログにも是非遊びにきてください。

秋に写真展を開催します。これは近くなりましたら告知いたします。

では、今年1年、また萩原をよろしくお願いいたします!
凝りもせず。 
  昨日28日は撮影の後、データ処理。
とりあえず、アタリにしてもらう為の軽いデータだけをアップして、そそくさと高円寺へ。Kwendaメンバーである、井村淳さんの撮影会打ち上げがあるというので、お邪魔する。先日の忘年会に井村さんだけ出席できなかったので、挨拶できるしちょうどよかった…ってのは表向きで、本当は飲みたかったのだ。
 わかさぎの天ぷらと格闘中の井村さん。この日は北海道からかえってきたそうだ。さすが、小魚であってもその対峙の仕方が違うぜ!
犬にかまれる秦達夫さん。でもこの犬、妙にうすっぺらくないかあ〜?
秦さんに噛み付いた犬はすぐに捕獲され、毛皮だけが残された。その選定をする清水哲朗さん。


…、なんちて、実はめずらしい毛皮を見せていただいているところです。
キヤノンS90をレクチャー中の福田健太郎さん。オイラの中ではにこやかに話しているか、カメラを見て喜んでいるか、酔っぱらっているかの印象なんだけど、こういう時はやっぱりまじめになるんだねえ。
 清水さんはこの日はオリンパスE-P2でした。
ちなみに先日の忘年会で、ビール→韓国の焼酎→マッコリ→ワイン(赤・白とも)とすすみ、へべれけになったのに、ま〜たビール→焼酎→マッコリ→サワー・梅酒といってしまった我々。全く懲りないなあ。
 この後、オイラは失礼したが、皆様はカラオケ?へと消えていった。いったい何時まで宴は続いたのだろう…。竹内門下生は酒に強くないと大変なのだろうか。

 今日29日は午前中撮影。この撮影が今年最後のお仕事撮影。夕方から渋谷で、ちょっと某編集者のT氏とあれこれ次号のお話。今夜から年明け即納品のデータと原稿書きに入ります。 
集結!
  昨日は某誌の撮影。
羽田近くのハウススタジオでの撮影だったが、年末進行のこの時期では最後の撮影としている雑誌も多く、この撮影もそんな状況。広いスタジオだったから、どうせなら別企画の撮影クルーも一緒に…てな感じで、このスタジオだけでカメラマンが5人も!でもかち合わずに淡々とこなしていくあたりがさすがだな〜。午前中は天気が良くなくて、オイラは天気待ち。今回のモデル・大木美佳ちゃんとあれこれ話しながら待つのも楽しい。でも陽が出てからの撮影スピードは自分でもすごかったな。美佳リン、また撮影しましょう!
 夕方から、Kwendaの恒例忘年会に出席。環八外回りのひどい渋滞のせいで、1時間も遅れちゃったよ。一次会はホルモン焼、店内が真っ白の中、皆さんを発見!Kwendaの方々は本当に楽しい人たちばかりで、ありがたいね。もっとも、しょっちゅう一緒になる方々ばかりなんだけど、まとまって集まることはなかなか出来ないらしい。皆さんお忙しいからね。
皆の庭?である新宿西口に移動、二次会へ。やっとここで皆さんをパチパチ。
 この日のKwendaメンバー。左から福田健太郎さん、榎元俊介さん、ヒラヤマタケシさん。
左から、桐生彩希さん、ゲストの小山浩司くん、オイラ。後ろでカメラを構えるのは清水哲朗さん。撮影:福田さん。
小山くんは先日行われていた『3,000円で写真売りましょ!買いましょ!展』において、来場者による人気投票1位になった。ひとに認められるということは、嬉しいものだよな。買ったばかりのビックM6+ズミクロン50mmを自慢げに。これからM6も使いこなせるよう、努力せいよ!
清水さんは何を構えているかというと…
買ったばかりのリコーGXR+マクロ50mmでした。
この日は福田さんもマミヤ7(2)を購入。みんなそそられっぱなしのカメラを手にしていると、血が騒ぐなあ。オイラも!…って訳にはいかないのが現実さ。あ〜あ。

 気持ちのいい人たちです。すっごいニンニクの匂いを皆でさせながら、帰路につきました。

12月24日のフォト魂はこちら!


オイラの場合
  

 今日は朝から静岡に。
午前中はディーラーに行き、ブレーキパットの交換とフロントガラスの撥水処理をしてもらう。距離の割にはブレーキパットの減りが遅いのは、高速ばかり走っている証拠。エンブレも結構使うしね。午後からは地元の蔵元さんを取材。年明けに撮影させていただくにあたっての下準備だ。酒造りには前から興味があった。いろいろと為になるお話を伺え、面白かったなあ。話から本当に酒造りのこだわりが感じとれる。撮影が楽しみだ。新酒を数本購入。今夜はクリスマス・イヴ。ケーキとの組み合わせは、やはりこの酒に決まりだな。
こんな感じで。
 このところはこんな感じで過ごしておりました。
14日は某誌撮影のあと、レタッチに追われる。結果、その夜はオリンパスの忘年会。レタッチ終了後いそいで小川町へ。でもタッチの差で終了。玄関で茂手木さんが「萩原さん!待ってたよ!さあ行くよ」と、いうことで、皆様方は二次会オイラは一次会。様子はこんな感じ。
左から清水哲朗さん、福田健太郎さん、桐生彩希さん、小城崇史さん。
さすが、皆様オリンパスの忘年会ということでPENを持ってきています。
左は桃井一至さん。オイラと話している様子を面白がって撮影する福田さん。実はこのカメラは、桃井さんの後ろにいらっしゃる土屋勝義さんのもの。自分のカメラでとらないの〜?
奥のチラッとは井上匠さん。
茂手木秀行さんは向かいに座っている根本タケシさんとお話中。奥は吉住志穂嬢。
やっぱり話題はカメラか写真の話です。
 
 15日は納品後、静岡へ。打ち合わせ後ラジオ局へ。ハイブリッド石亀とウーパールーパーに遭遇。同じラジオ局にいらしていた静大の先生のものでした。終了後、急ぎ帰京。

 16日は静岡某所にロケ。モデルはレプロエンタテインメントの水上桃華ちゃん。新宿にスタッフ集合、一路東名を走らせ某所へ。撮影開始は11時、終了は18時。すっげ〜寒い!桃、風邪ひかなかったか?帰宅後、あんまり体が冷たいので成城の湯につかり、体温を取り戻す。
 で、今日。午前中は撮影、午後から打ち合わせ。こうやって並べてみると、本当に日記みたいだな。

疲れと安息
 

 今日は某誌でアイドルちゃんの撮影。
11時に現地に入り、撮影諸々で終了は15時前。前日の嵐は嘘のよう…。今日は暖かいから撮影がスムーズ。ちょっと寒くなると、モデルの顔が強張るので、今日は救われたよ。でも明日から寒いらしい。今日の撮影は何か肩に力が入っていたらしい、オイラは肩こりが無いんだけど、撮影後、ひどい肩こりに。帰りの車で頭が痛くなるくらい。眼性の疲れもあるかもな、このところ緊張が続いていたからな。
 疲れたら温泉!近所の成城の湯へ行かなきゃだ。帰宅後急いでデータ処理をして、いざっ。足の伸ばせる真っ黒のひろ〜〜〜い湯船に浸かりながら、リラックス。疲れも飛ぶってモノよ。お風呂で考えることといえば、次の撮影のシュミレーション。この時間が今のオイラの安息の時間になっている。シュミレーションでは傑作ばかり撮れているのに…現実はキビしいのだ。
間違ってない!
  

 目黒と恵比寿に所用があったので、東京都写真美術館に足を運ぶ。
お目当ては『木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン〜東洋と西洋のまなざし〜』。木村伊兵衛もブレッソンも、ある意味神に近い、あこがれというか尊敬というか…。だからかなりの作品を見てきたし、今回の展示も新鮮さは感じないが、やはり生の作品はいい!たとえオリジナルではなく、プリントマンの手によるものでも、だ。一番引きつけたのはコンタクトプリントだ。木村伊兵衛のものもブレッソンのものも展示されている。ベタは撮影者の目というか、動きが端的にわかる。被写体に執着しアングルを変えたり露出を替えたりと、カメラマンの足跡として大切な資料だ。二人とも露出のバラツキがほとんどない。これは決定した露出に迷いが無いということだ。当然だけどオートで撮るとこうはいかない。特にオイラが見とれたのは、木村伊兵衛の大好きな『本郷森川町』のベタ。ニコンSで撮影されたと思われるそのコマは40コマ。通行人の動きをつぶさに観察している様子がうかがえる。スナップの極意というか執念というか、撮影者の“眼”の在り方を考えさせられた。
 オイラは学生たちにベタ提出を課題としている。オイラが作品創りの意欲をみるのと、学生本人が客観的に自分の撮影というものを見て欲しいという思いがある。残念ながら、全くといっていい程伝わっていない。でも一人でもわかってくれる学生が出たらいいなと思う。オイラは間違っていないなと、今日改めて確信したな。

12月10日のフォト魂はこちら!
勉強だね…。
  

 午前中はデータ処理に追われる。
午後から某雑誌の撮影。渋谷でとある女優さんを相手にカシャカシャ。今日はいい天気だから、日差しをあてにしていたんだけど、いざ撮影本番!という時に、大きな雲が太陽をかくしてしまった。日が隠れた途端、その場所はドンっと暗くなってしまった。そういう時に限って、ストロドを組んでなかったりするものだ。もっとも今回の場合はストロボを焚いたら雰囲気がなくなっちゃう場面だけど…。で、この場面を乗り切らなきゃならないんだから、一生懸命考えるわけよ。まあオイラとしては、その場で出来るだけのパフォーマンスをしたつもり。
 現場ってのは、同じシチュエーションは2度と無いって言っていい。経験がものをいうなあとあらためて感じたよ。場数を踏んでいる奴は絶対に強い!オイラはまだまだ…日々是勉強也。
時期ってモノよ。
  

 このところ忙しさにかまけてカメラのセンサー清掃に出していなかった。
午前中に新宿のサービスセンターに5D2と7Dのセンサー清掃に出す。1Ds3は撮影に使うので出せず。次は逆に5D2と7Dで撮影して、1Ds3を清掃に出さなきゃ。神保町で撮影後、新宿に戻る。途中で服を物色、薄いパーカーを購入。スタジオでの撮影は結構暑いし、屋内でもそうだがオイラはかなりの汗かきだから、薄いパーカーが助かる。持っていてもすぐにダメにしちゃうからね。セールってのもいいな。アッと思い出したことがあった。ポータブルHDDが異音を発していたんだった。機械ものは音で調子がわかる。何かあってからじゃ遅いので、500GBのポータブルHDDを購入。これで大概のロケは困らない。
 あんまりいっぺんに交換がきませんように。
hatomame
  

 今日は吾妻橋近くにいたので、そのまま浅草へ。
雲ひとつない快晴も手伝ってか、平日なのに結構な人出だ。雷門の前で、修学旅行生が集合写真を撮っている。この光景はずっと変わらないで欲しいね。その修学旅行生を撮影する外国の方々も面白い。オイラはその光景をパチリ。浅草寺の参道はにぎやか。目につくのは人形焼きとあげまんじゅう。雷おこしはやはり人気がないのかな。
 浅草にはクラシックカメラがよく似合う。しかも国産ものがいい。折角先日フードを手に入れたので、浅草に来られる時間があるようなら…とミノルタオートコードを持ち出した。できるだけ陽の当たるところを見つけてシャッターを切る。やっぱりウエストレベルのスクエアはいいねえ。覗いているだけで別の世界があるような錯覚になり、急に落ち着く。花やしきは今日は休園中だった。ジェットコースター乗りたかったなあ。

12月3日分のフォト魂はこちら!
冷たい雨ながら。
 

 朝早くは青空も見えたが、出掛ける頃には曇天に。
午前中は打ち合わせにロケハン。折角総武線に乗れるところにいるからと、フジヤカメラへ。フジヤカメラにはブツがかなり少なくて、展示場所も随分変わってしまった。1階にあるキヤノンのところでEF17-40に悩む。仕事に使いたいレンズなのだが、けっこう中古で出てくる玉なので、今回はパス。2階は全くなし。小物を少々物色、ミノルタの2眼用フードと43→46ステップアップリングを購入。フードはラッキー!
 銀座に移動。買いたかったお酒があるので、有楽町のマルイ地下にあるディノスヤマザキへ。このお店は静岡に本店があり、オイラの大好きな喜久酔を置いている。お目当てのお酒は無く、残念だ。静岡の本店で今度注文することに。
 危険な匂いがすることのはわかっていながらレモン社へ。ニコンのズームファインダーが値下げされていてチェック。眼鏡をかけていると見にくくてしかたが無いのでパス。50/1.4も値下げ。これは後日考えよう。M2とM3を2台ずつチェック。なかなか出物は無いね。
 リコーへ行き、やっとたいちゃんのデカ写真をみる。おっきいねえ、GXRの実力を知るのには十分すぎるクオリティだ。フォトエントランス日比谷にも顔を出す。受付のMちゃんに久しぶり〜って言われちゃった。今日は藤田一咲さんのトークショー&サイン会があるそうだ。カメラライフの編集長Y氏とH氏がいらしたのでご挨拶。富士フイルムのU氏に聴いていけばと誘われるが、サイン下さいと言うのが恥ずかしいので遠慮した。明日も行われるそうだ。凄いねえ。
 外は冷たい雨だけど、今日は満腹だ。
うろうろ、おろおろ
  

 今日は昨日の雨とうってかわり、快晴。
以前から見ておかなきゃと思っていた某所にロケハンに行く。高速道路を走ること2時間弱、町役場の観光課の方と施設やポイントを見て回ることに。オイラがお目当てにしていた公園がある。そこを訪れたのは約4年前。当時は公園として整備せずに、手つかずのままの民家があって面白かった。ガラッと変わってしまったよと聞いてはいたが、本当に変わってしまっていた。はっきり言ってガッカリ。こんなに魅力がなくなっちゃっているとは思わなかったよ。ここがある意味メインだっただけに、後の案内してくれたところは正直気持ちが半減。すぐに使おうかと思っていたが、考え直さなきゃ。やれやれ…。帰りの高速道路はなぜかアクセルが重かったなあ。
残りわずか。
  

 いよいよ今日で11月も終わり。
あーっ、今年は行きたいと思って、結局行けなかったところばかりだ。あとひと月じゃどうしようもないんだけど…。せめてこのパタパタの中で、行ける場所に入ってみたい。となると、海外なら台湾あたりか、国内は東北や北陸の豪雪地帯に行ってみたいな。雪はまだまだか。今年中は無理かもだから、“この冬”の目標にしてみることにするか。
 冬と言えば、オイラの頭にはすぐに表参道のイルミネーションが浮かぶ。浜松町のスタジオからバイクで表参道を通って、井の頭通りへと抜けるのが当時の帰り道。1991年から始まったそのイルミネーションをみると、いよいよ冬だなあと思ったものだ。今年11年振りに復活した。
ちょっと青春とかいう甘酸っぱい感じが込み上げてくるなあ。
ぼちぼち
 

 夕方からお通夜。
山手線での人身事故で、オイラが乗ろうとしていた中央線、総武線、当然山手線のダイヤが大幅に狂ってしまった為、予定が崩れる。都心はこういう時は本当に弱い。集中豪雨などもそうだが、東京のもろさにが最近気になる。
 もともとは夜は写大の同級生諸君と集まる予定だった。オイラは通夜に出てからになったので、遅れて行くことに。場所は神楽坂のイタリアレストラン。このところ写大のみんなとなかなか会えないでいた。ちょっと前まではけっこう頻繁にあっていたのだが、やはり個々の生活ってもんがある。でも会えばあの頃よろしく、大きく笑えるのが嬉しい。
 その中のI君は、SWCにはまっているらしい。ハッセルはオイラにとっては修業時代のメイン機であり、オイラも一番信用をよせるカメラ。もともとシートフィルムメインだった彼、仕事とは別に作品撮りではブローニーを使うのは良いことだと思う。ブローニーをじっくり丁寧に撮影していく作品を見てみたい。プリントもカラー自家現するそうだ。…うらやましい。彼にライカは?と尋ねる。ハッセルが極まってからという回答は、至極自然だ。あれこれと移り気多いオイラは反省の余地があるなあ。
 今夜はほんとに楽しかった!また飲もう! 
ほれ!ほれ!
今朝早く、SILKYPIX3.0のマック版がファームアップされていた。だから、昨日の悩みはひとつ解決。オイラの小言を聞いたかのような素早い対応…これからもっと言ってみようかな。
日中は原稿書きとデータ処理に没頭。今日みたいな小春日和は写真を撮りにいきたい!こういうわがままが言えるからフリーをやっているのに、こうして縛られるのもフリーの宿命だ。
 夕方から目黒のレプロエンタテインメントで打ち合わせ。アイドリング!!!の大川藍ちゃんと談笑。 そのまま銀座のキャノンギャラリーに向かう。仲良くさせていただいている清水哲朗さんの写真展『The Creation』の初日で、オープニングパーティに出席。早めに行って作品を拝見、久しぶりに購入したくなる作品があった。オリジナル作品が欲しい…数日悩むことにする。おおらかな清水さんの人柄が出た作品ばかり。絶対に見るべきだ。パーティが始まる頃には、さすが多方面で活躍中の清水さん、会場に入り切れないお客さんでいっぱいだ。今日は所用で早めに失礼した。背中を押されっぱなしの一日だったなあ。


 清水哲朗さんと、フォトテクニックデジタル編集部のTさんと三人で。清水さんは本当は凄く背の高い方です。オイラの後ろは特別出演の小山君です。
移り気
 

 EOS7Dをメイン機で撮影をする機会が増えてきた。
媒体や、写真の大きさにもよるが、7Dで撮影して特に何か言われたことはない。そんな時のサブ機は5Dになる。もしくはこの組み合わせが逆になるか、だ。この2台の組み合わせで圧倒的に楽を感じる時がある。それは高感度。ISO400なんて当たり前、ISO800だって通用してしまう。ポートレートではISO100が絶対で、それ以外の感度は、意図がない限りすることはないと信じてきた。でもちがう、ISO400で驚く程のクオリティだ。感度が上がると自由度が広がる。このところ1Ds3の出番がめっきり減った。
 それともうひとつ、機材を小さくできる点。グリップがこのところ大きく感じるようになってきた今日この頃、なくてもいいじゃんと思えるように…。年齢や時代によって、当然進歩もあるが好みも変わるものだ。やっと使い慣れてきた7Dは、オイラのターニングポイントになるかもしれない。

※EOS7D+トキナーAT-X M35で撮影
克服!
  

 今日、ひとつ苦手を克服した。
何かって言うと、「カレー」。オイラはカレーが苦手で避けてきた。カレー屋さんの前を通るのも嫌。カレー風味のものもダメで、もちろんカレーうどんもダメ。嫌いなものがひとつくらいあっても…って思うが、カレー嫌いは意外とネックになることが多かった。時間がないロケでの食事では、カレーは早いし割とどこにでもある。また嫌いな人が少ないからもあって、けっこう食事にカレーを頼んでくれるスタッフさんもいて、そんな時はキツかった。みんなカレーでいいよって言ってくれているのに、オイラが苦手なだけで…ってね。場も悪くなるしさ。
 今夜、何となくカレーを食べてみたい思ってしまった。口にすると、連れが作ってくれた。ほっっんとに久しぶりのカレー。おそるおそる口に運ぶと…な〜んだ!美味しいじゃん!ああっ、これでロケ弁の悩みが少し解決した。
恒例の…。

 風邪を引いてしまった。
季節変わり目は本当に弱い。自分ではほんとに注意しているつもりなんだけど、どこかに隙があるのか。手洗いはもちろん、うがいも必ずしているんだけど…。人との接触率が高くて、外が多いからかなあ、それとも汗をかいて冷えるとか。
 昨日は喉が痛い程度だったが、今朝は起きたらダルい。まだそれほど症状がキツくうちに近所のかかりつけの病院へ。中はインフルエンザの予防接種の方々でいっぱいだった。オイラみたいな立場の人間は、優先順位が低いから、なかなかしてもらえないだろうな。先生には「今回も眠くならない薬がいいでしょ?」といわれたので、「ハイっ!」と返事しました。わかっていらっしゃるね。なるべくあたたかくしていることにしよう。
ワクワクがいっぱい!
  

 今日18日は静岡で撮影。
市の職人さんの撮影で、今回は静岡市が誇る大企業『BANDAI』にお邪魔する。総合受付は完全無人化。いかにも、と思わせる近未来的な雰囲気がいい。ズラッと並ぶプラモデルの数々。オイラも小学生のときに作ったガンダムのプラモデル・通称“ガンプラ”もケースに飾られてあった。なっつかしいなあ…。塗料を塗ってから組み立てるんだけど、なかなか上手くいかなかったなあ。最近のプラモデルはすごいね。ここまで細かくできるものなんだな。
 撮影は皆様のご協力により、スムーズに進んだ。面白かった!いつもこうしてオイラ達が楽しんでいて、作業を止めてくださる皆様は大迷惑だよね。いつもありがとうございます!
飲み会です。
  夕方から、飲み会。
同じ沿線ということで、勝手にお仲間とくくっている、“たいちゃん”こと、写真家・小澤太一氏率いるチーム小澤と、オイラの連れと4人で近くの居酒屋へ。近くと言っても、オイラにとってであって、たいちゃん達をその駅にまで呼び出してしまったカタチ。多忙極めるコザワ巨匠を呼び出すことができるなんて、オイラも偉くなったもんだ。
 ガールズトークで盛り上がっているとなり二人をよそ目に、男子は最新カメラから中古カメラの話、撮影の話など、色々話ができた。どんどん話題を変えるから、チーム小澤のお二人はお疲れになったかも…。酔っぱらいましたわ!こうして一緒に飲んでくれるたいちゃん達に感謝!また付き合ってちょうだい!


 ブログ用に撮ると、ポーズをとったカットを載せるのが当たり前に。どーやら巨匠やシカノ大先生の影響か?

チーム小澤は二人で熱いブルースを奏でてくれているぜ!
どんな曲だったかは、この場にいなきゃわからないってことさ。 
大したものよ。
  

 先日、静岡で職人さんの撮影をさせてもらった。
今回撮影させていただいたのは駿河竹細工・竹千筋細工伝統工芸士の篠宮康博さん。いつもそうだが、ひとつの素材が、職人の手であれこれと変化していく様は面白い。市の広報の方と完全に楽しんでしまった。特に作品の曲線にこだわられていた様子は、やはり職人だなあとあらためて感心してしまう。女性のお弟子さんがいらっしゃる。彼女は高校卒業後、すぐに弟子入りして竹細工の世界へ。もう9年目だそうだ。こうして確実に伝えられていることを実感する。
 夕方からラジオ局へ。そこでyosuさんに会う。彼女は地元の大学に通う大学生だが、来年デビューするシンガーソングライター。ここにも飛び出そうとしている若い力が。記念にオイラのS2を構えて1枚。女性に似合うカメラだなあ。
 
働いてもらいましょう!
  

 新宿のニコンサービスセンターに行く。
S3の距離計のヘリコイドの鳴きが気になっていたが、見て見ぬ振りをしていた。しかし、このところ特にひどくなってきて、引っかかりが出るようになってきたので、修理に入れることにした。最悪、距離計部ヘリコイドの取り替えとなるらしい。それにプラス工賃で軽く50,000円オーバーの見積もりが出た。恐る恐るJPSの会員証を見せ、プロ価格を聞いて、ホッとする。こういう時こそ効力を発揮していただかないと、毎年納めている会費の意味がない。2週間くらいはかかるということだ。しっかりと直してもらわないと!まだこれから最低50年はこのS3で撮影するんだから。50年って、別にオイラが生きていなくても、子供にとか孫にとか、伝わっていたらうれしいじゃん。可能性はあるよ。現にS2をオイラが手にしている。フィルムがあやしいけどな。さすがにS3の代替機というわけにもいかない。やっぱりS2を買っておいてよかった。
 ヨドバシでプリンターのペーパー・エプソンのクリスピアA3を100枚購入。週末はプリンターに働いてもらう予定だ。
安心感がほしい。
  

 今日はお昼頃新宿に行く。
キヤノンの新宿サービスセンターへ、修理をお願いしておいた1Ds3を受け取りにだ。ついでといってはなんだが、センサー清掃をしてもらうため、デジタル一眼を全て持っていく。お願いしておいた1Ds3はシャッター幕の動くタイミングがずれてしまっていたらしい。撮影現場の条件にもよるそうだが、結果としてシャッターユニットは全交換となった。まだまだこの1Ds3には働いてもらわなきゃならない。そういえば買ったばかりの7Dは、連続シャッター時の不具合をアナウンスしている。本日アップされたファームアップで対応とのこと。オイラはまだその現象に当たっていないけど、機材の不具合は不安を誘うので嫌だなあ。
 ヨドバシで小物を少々買い込み、夕方から撮影の為に東京ミッドタウンへ。ハロウィンも終わって、今はイベントが一段落って感じかな。でもすぐにクリスマスっぽくなるんだろうね。21時頃、撮影終了。1Ds3でも7Dでも気持ちよくシャッターを切ることが出来た。早くイルミネーション始まらないかなあ。
PENTAX!PENTAX!
  

 先日ペンタックスK-xの別バージョンが限定予約された。
その名も『コレジャナイロボ』バージョン。ザリガニワークスが手を加えた一品で、100台の限定予約販売だ。これの撮影を今売りのフォトテクニックデジタル11月号でやったが、第一印象はまさに『これじゃなーい!』って感じ。でも100台ならすぐに完売だなと思った。昨日予約受付を開始したが、10分で完売。まあ当然だな。でもオイラとしては、価値の下落が激しいデジカメではなく、LXならよかったのになあ。もちろん、復刻なんてするはずないし、その前にK-xのカラーバリエーションがあったからこそ出来たわけだから、そんなこと考えること自体が「コレジャナイ」ってことなんだけど。しかも価格は79,800円。LXじゃ300,000円は下らないよな、きっと。
 今日ペンタックス関連のニュースが飛び込む。ビクターがHOYAからデジタルカメラ事業を買収するらしい。レンズ的にはHOYAがいいけど、機械的・販売的にはビクターがいいかもね。ビデオカメラフェアもかなりあるし、今後はデジ一眼は動画なしでは展開できないだろうしね。どっちでもいいけど、645デジは見たい!ビクターさん、発売までこぎ着けて下さい!
 ※写真はペンタックスK-7+DA55mmF1.4で撮影
 
さみしかねぇ…。
                          
 昨日静岡で所用。
たまったポジの現像を地元のラボ・駿府フジクローム館に出す。オイラはポジを現像する時はほとんどここに出す。自分が考えている色であがってくるので嬉しい。その間、フジクロームクラブの廃止について話す。FCC静岡は富士フイルム(株)が運営している。同じ組織下のクラブは全て廃止となる。フィルム人口が減ってきていることが直接的な原因ではあるが、皆で集まってやろう!といった趣味の写真の楽しみ方ではなくなってきてることも大きい。ブログ用に撮っておしまいとか、他人に作品を見せることなく撮ることに満足とか、とやかく人に言われたり指導されるのが嫌とか、ね。講師としてもなかなか難しいところなのだ。
 体力のある会社や組織が運営しているフジクロームクラブのまだまだある。オイラを講師に使ってくれないかしらね。喜んでやらせていただきますよ。
 オイラは独自で撮影会やワークショップでもやろうかな。オイラ、厳しいけどね。
集合!
  今日29日は夜に銀座へ。
キヤノンギャラリー銀座で今日から開催の岡嶋和幸さんの個展『学校に行こう!-ミャンマー・インレー湖の子供たち-』オープニングパーティに出席。30分ほど遅れていったのだが、外に人が溢れていて、岡嶋さんの交流の広さを物語っている。作品がゆっくり見られそうもないので、後日改めるとして、皆様方と談笑。いつもお世話になっている雑誌やメーカーの方々、交流のある写真家の方々が勢揃い。静岡にいる頃はあまり考えなかったんだけど、こうしてお会いすると親睦が深まるってものだ。皆様、写真をたくさん撮られておりましたが、オイラは1枚しか撮りませんでした。引っ込み思案だからね。
 2次会へ誘われたが、所用のためパス。面子を見る限りでは…これを書いている時点では、まだ盛り上がりの途中だな。

 各方面でご活躍中の皆様ですね。右から人気赤丸急上昇中のシカノ大先生こと写真家・鹿野貴司さん、若手写真家として大活躍中の写真家・種清豊さん、友人のたいちゃんこと写真家・小澤太一さん、らむちゃん。みなさん、頼んでもいないのに面白いことをしてくださる良い人たちです。

 さらにオイラが入っての記念撮影を、CAPAの表紙撮影等でご存知・土屋ザムライこと写真家・土屋勝義さんが撮影してくださいました!もったいないの〜っ!でも主役のはずの岡嶋さんとはほとんど喋らず写真も撮らず…。何しに行ったのか!ってことだよな。
 追伸、茂手木さん、後日飲みにお供させてください!福田健太郎さん、また近々一緒に行きましょう!
 なお、パーティの詳しい様子はトンボ写真家・田中博さんブログで!


小春日和
  

 今日28日は某雑誌の撮影。
昨日は台風の影響で暑かったが、今日も小春日和というに相応しいポカポカした日差しがいい。モデルはフォンチーちゃん。アイドリング!!!8号で活躍中のコだ。前日のような風もなく穏やかな撮影が続く。フォンチーちゃんはとても明るくて愛想がいい。撮影の雰囲気はとても良くなって、気持ちよく進む。そういう時はオイラの方に大きなミスやうっかりがあるから、何度も編集T氏に確認。
 この小春日和に誘われて外出するのは我々だけではない。多くの方々、高校生くらいの若い人からおじいちゃん・おばあちゃんまで、人が溢れてくる。そんな時はむしろ動き回らない。コンパクトな範囲で着実にこなしていくのが肝心だ。
 今回も楽しい撮影をさせていただいた。こういう機会を毎回下さる皆様に感謝!フォンチーちゃんへ…話していた諸々の撮影、やりたいねえ!説得してちょうだい!
新しい組み合わせ
 

 オイラは仕事カメラと趣味カメラを分けている。
仕事カメラは特に持ち歩かない。もちろん、作品撮りで出掛ける時とか、その機材を使わないといけないスナップなどは別だけど。
 で、仕事カメラ用に投入した7Dだが、今までと違い、結構持ち出している。7Dそのものがオイラが考えていたAPS-Cカメラの機能を上回るそれであるからなんだろうけど、もうひとつの主なる原因はレンズの組み合わせを変えたことだ。7D購入から標準レンズ代わりにトキナー35mmF2.8マクロをつけている。35mm換算で約56mmとちょっと長い感じもするが、写りも非常に良く、コンパクト。7Dはピントが合わせやすいし、高感度にも強い。とくにF1.4なんて開放を求めない限りF2.8で十分だ。近接撮影も性にあっている。連れがデジ一眼を持ち出す時は、オイラは必ずこの組み合わせ。仕事カメラにもプレッシャーのない撮影を喜んでいるようだ。
どちらがいいのか…。
 

 市川ラボからシルキーのファームアップ情報が入る。
しかし今回も新機種に対応したのはProか4.0だ。オイラの使っている3.0のファームアップはもう随分とされていない。シルキーは使いやすくて、いまだにRAW現像はシルキー。その後フォトショDS4へ…がオイラのパターン。しかし3.0では7DのRAW現像ができない。7DについてはDPPで現像した後にフォトショにしている。
 市川から出ているProと4.0はともにWin版。Mac版は発売されていない。考えてみれば、Win人口の方が圧倒的に多いから、わざわざMac版作らなくてもそれほど痛くはないのかも。オイラは業界的になんとなくでMacを使いはじめたのだが、別にこだわる意味はないのかもな。でもさんざんMacできちゃっているからなあ。
 カメラによって現像ソフトを変えていると頭がゴッチャになるので、できれば統一したい。仕事柄、複数のカメラメーカーを使うことを考えると、スルーできない問題だな。
ちょっと失敗…。
 
 
 今日20日は静岡へ。
打ち合わせが二つあるけど、どちらも夕方からだから、そういう時は高速バスを使う。オイラは高速バスが好きだ。往復割引もあるし、新幹線程味気なくない。JRで各停は実は結構高い。その上静岡まで乗り換え無しって少ないのだ。安く済ませるなら小田急で小田原まで行って、そこからJRって手もある。ロマンスカー代で+900円ほど出しても、贅沢感があってこちらはこちらで魅力的だ。
 バスのいいところは、電車に比べ人の乗り降りが圧倒的に少ないこと。繁盛期や週末でもない限り、隣に誰かが乗ることもなく、ゆっくりと静岡駅や新静岡駅まで行けるのがうれしい。時間が読めないけどね。
 早めのバスで静岡入りして、てくてくを少々。カメラはEP-1、機材を極力減らしてきたんだが、こういう時に限ってPLが欲しい場面に何度もでくわす。なんてこった!またこれも普段はてくてく機材に入れている90mmも外してきてしまったが為に、…あ〜あ。まあ、無ければ無いで、無いなりの写真を撮るんだけどさ。
 でも、たくさん持っていけばいったで、迷うことになるんだけどね。今日は無いことへのガックリが響いた一日だったなあ。
へへへっ
  

 久々に銀座・レモン社に立ち寄る。
レモン社は色々と誘惑の多い、危険なお店だ。特に土日に行くと、大人の方々がまさにそれなりの値段のカメラやレンズをご購入されており、ついついこっちもその気になってしまう。
 で、今回は珍しく入り口を入ってから右に曲がってみた。いつもならまっすぐ進む。そこはライカのコーナーだから。まずライカを見てからハッセル〜ローライ〜中判大判といったパターンだ。でも今日は右に曲りニコンのコーナーを見てしまった。はっ!やばい!オイラは今ニコンに敏感だった。Sシリーズを見ていると、欲しかったS2ボディが価格を下げたばかりで出ている。S3は35mmを等倍で見ることができるナイスなファインダーなので、もっぱら35mm専用になっている。そこで大好きな50mm用のボディが欲しかった。と、なると50mm枠しかないシンプルなファインダーのS2がベストだ。
 肝心の値段は¥29000!オイラがお遊び用機材を買う時の上限¥30000をクリアしている。早速チェック。外観はそれなりだが、メカの部分は問題なさそうだ。即決!委託しておいたライカワインダーが売れていたので、その差額でジャスト¥20000也。今日はそこ以外は見ないで店を後にした。
 とりあえずのストラップをつけて、来週早速遊ぶべ〜。いい買い物できちゃった!
酒田へ(3)
  

 酒田ではもっぱら撮影にはS3を使用。
そりゃそうよ、土門拳といえばSPだからね、やっぱりニコンを使わなきゃ!って気にさせられる。フィルムはネオパン400にした。モノクロが圧倒的に似合う街だ。
 海向寺を後にして、『おくりびと』のロケポイントの港座〜日向山公園へ。公園は市民の憩いの場にはもってこいの気持ちがいいところだ。その頃にはおなかも空いてきた。さかた海鮮市場へ向かう。食堂は人で溢れている。そういえば前日に乗ったタクシーの運転手さんに30分は並ぶよと言われていたが、それっぽっちじゃない!1時間も並んでしまった。残念ながら数量限定の定食は全て売り切れ…。まあ、お目当ての海鮮丼が食べられたからいいか。
 昼食後、山居倉庫に向かう。ズラッと並んだ明治時代の倉庫達、その裏には西陽を遮るために樹々が植えられ、遊歩道になっている。…なるほどなあ、映画でもCMでも使いたくなるわけだ。今回の観光ではロケーションNo1だよ。吉永小百合さんがJRの『大人の休日倶楽部』で歩くわけだよ。木漏れ日が何ともきれいで、往復してしまった。
 あ〜っ、満足したあ。帰りの時間を考えるとそろそろ切り上げなきゃってことで、市内の温泉施設で汗を流し、帰路につく。2日間でフィルムは6本だった。でも久々にパーフェクトだったな。大概の旅行では“○○がよかった”“△△が美味しかった”みたいに、ポイントで良さが残るものだが、今回の酒田は食事良し、観光良し、人も良し。その上空気も良くて、最高だったな。後から思うと導かれるように行った酒田だったけど、オイラにとっては意味深い何かがあったような感じだ。また絶対に行こう!
酒田へ(1)
 

ずっと行ってみたかったところがあった。
酒田市の土門拳記念館だ。最近写真に迷いがあるから、
原点である“土門拳”の作品を見に行ってみようとずっと
思っていて、やっと時間が出来た。11日4:30頃出発。
休み休み向かって、途中サービスエリアで仮眠をとったり 
お土産物を見たりして、12:30頃酒田市内に到着。
 酒田と言えばラーメンだな。早速市役所そばのラーメン
屋に並んでみる。待つこと20分、非常にあっさりした
魚系スープのラーメンが目の前に。やはり味はあっさり。
見渡せばお客は皆女性。やさしくて、胃もたれしなそうな
ラーメンだ。 
 土門拳記念館に行く前にちょっと寄り道。旧鎧屋は
当時の豪商の様子がうかがえる史跡で、とても見でが
あった。旧本間家もすごいねえ〜。どんな暮らしぶり
だったんだろうねえ。
 土門拳記念館は思った以上にきれいな建物だ。
特別展示は『日本の自画像』。ビッグネーム揃い踏みって
感じの作品は、どれと見てもリアルだ。これだけの
作品を生で見られるの嬉しい。じっくりと2時間、
作品と対峙してきた。環境もいい。こうしたところで
作品を見られることは、地元の方々にもきっと良い
影響があるはずだ。オイラは別に何を見たいと決めて
行ったわけじゃないからいいけど、中には絶対にお目当て
がある人もいるはず。『古寺巡礼』とか『筑豊のこどもたち』
とか。当然全てを見られるわけじゃないんだけど、
いわゆる代表作は常に見られると思ってくる人も多い
はずだ。正直、山形までわざわざ…という人は、怒り
たくもなるだろうなあ。
 夕飯は地魚の握りが頂けるお寿司屋〜地元食材の居酒屋
をはしご。米も魚も酒もうまい!夜がまた楽しい酒田1日目
でした。
古のにほひ
 

オイラは歴史が好きだ。
折角東京に住んでいるんだから、江戸情緒なるものを
味わってみたい。でも、ほとんど残っていないのが現状。
特に下町っぽいものは見つからない。江戸時代のものを
みたいのなら、地方に点在しているものを追いかける
ほうがいい。
 それでも…と思っていたところ、タモリ倶楽部で、
江戸城の外堀の遺構を巡りながらランニングするって
企画をやっていた。まあランニングはいいとして、
江戸城の外堀ってのが面白い。結構今でも見られる
ものなんだなあ。知らなかった。こうしてブラブラすると
いい運動になりそうだ。『週刊江戸』も買ってしまった。
た〜のしい!

これはすごいなあ。
  
 先日静岡の撮影のシリーズで、手もみ茶の保存会の方の
お宅に伺い、手もみの様子を撮影させていただいた。
静岡のは“茶町”という町名がある。そのものズバリ!の
名前で、たくさんのお茶関係のお店やら工場やらがあって、
その界隈はつねにお茶のいい香りがする。もっとも
今は機械が中心のお茶の製法、手もみのお茶など市場に
乗ることはない。
 今回手もみの技術を撮影させてくださった近藤さん、
御年81歳。でもその技は非常に力強く、なおかつ繊細。
オイラが見せていただいた行程は全行程6時間のうち、
2時間程度で、一番おいしい所を見せていただいた。
本当はその前の下準備に2時間、乾燥に2時間…大変な
作業だ。
 針のようになった茶葉は美しい。ご好意で少々頂けた。
ぬるめのお湯でいれてみる。最高に美味い!!
手間はかかるが、それに伴う美味さ…これこそが伝えら
れるべき技術。便利さがつくるモノになれてしまうと
本物がわからなくなってしまうこともあるね。
新入り始動

 
 先日仲間入りした7D、実戦前のチェックをしている。
発売前のβ機チェックの際に感じた不安だった所は解消されて
いた。なかなか切れはいい。よくキャ○ンは初期ロットを
不安視されているが、オイラは気にしたことはない。
それを待っていると、買うタイミングを逃してしまうからだ。
いつその不具合が出るかはわからない。デジカメは鮮度が命、
出るまで待っていては鮮度が落ちてしまう。
 しかし、進化は凄まじいものがある。この性能で
17~8万で買えちゃうんだなあ。このカメラは使い倒そう。
明日の撮影から実戦だあ!
ありがたし!
 

 最寄り駅のすぐそばに、行きつけのお好み焼き屋がある。
初めてお店に入った時、すぐに感じた「ここに通うだろうな…」。
その最大の理由、お酒のところに『正雪』とあったから。
正雪は静岡・由比のお酒で、なかなか出回らない。ましてや
東京で見たことはなく、このお店が初めてだった。カウンターに
座り、鉄板を前にしてメニューを開くと、おでんのところに
黒はんぺんの文字が!! 間違いない、ここのオーナーは静岡出身
だ!広島風お好み焼きを注文すると、職人らしくキチッと
こなしていく。とても美味い。ついついビールがすすんだ。
食べ終わってから話しかけると、やはり静岡・庵原出身だった。
 以来、お店に行くたびに静岡の懐かしい話で盛り上がる。
連れはあきれているが…。週1ペースで静岡に帰っている
オイラは感じないかもしれないが、静岡を出て帰らない人は
たった170㎞でも遠くに感じているだろう。
 お好み焼きをつまみに『正雪』をキューッと飲むのが至福!
裏メニューも結構あるらしい。地元色いっぱいのね。
ホッとする空間なのです。
10月1日は『とおい(10・01)日』だな
 

 今年になって悩まされているものの中に外反母趾がある。
この歳になってなるとは思わなかった。ましてやオイラは
男だし、ヒールを履くわけじゃないから、無縁のものと思
っていたよ。でもきっと足全体の筋力低下ってあるだろう
な。普段は比較的柔らかいトレッキングシューズや革素材
のスニーカーを履いているので痛みは感じないが、たまに
キチッとした革靴を履いたりすると、骨をグリグリされて
いるみたいに激痛が走る。そのうち撮影に支障が出たらや
だなあ。
 …こりゃ体重を落とすしかないか…でも足の筋力をつけ
るに効果的な運動を、と考えて縄跳びをすることにした。
これなら物事の合間に簡単にできるぞ!スポーツ用品店で
早速購入。小学校以来、約30年ぶりに跳んでみたが、なか
なか清々しいじゃない!小学生の頃はそんなのこと一度も
思わなかったはず。10分もやると汗だくになった。これな
ら長く続けられそうだ。
上から目線
 

今日28日は学校の講義。
オイラの講義は前期のみ。で、今日は今期ラストだ。
去年までは課題を提出させていたんだけど、今年は
ラストにテストをすることに決めていた。写真の講義
なのに筆記試験…いま学生達は机に向かって頭を悩まして
いる。
 普段のオイラの講義は実習!実習!また実習!
やはりは写真は楽しまなきゃだし、なによりも撮影が
一番面白い。でもそれだけではなかなか次の学年に
進級した時に覚えていてはもらえないのだ。
 テスト内容は至って簡単。とある状況を伝え、
『あなたならどのように撮りますか?』だ。
でも学生達は言葉や文章で伝えることが苦手。
もどかしさがこっちにも伝わってくるよ。でも、
ここが一番必要な所。だって、撮りたいように撮る
ことができなかったら、写真は楽しくないもんね。
 どんな方法論がとびだすやら…採点が結構楽しみ
かも!?
青空のもと
 

 今日の撮影モデルは横山ルリカちゃん。
アイドリング!!!9号でのほか、色々な方面で活躍中。
今日も合間を見て舞台の台本の台詞を練習していたりと
忙しい中、オイラのモデルになってくれた。
 都内某スタジオで午前中撮影後、お昼を挟み
午後からは移動し某公園で撮影。今日は湿度も低く、
さわやかな秋晴れだ。時折流れる風が心地いい。
当初、今日25日に撮影日を決定した時、天気予報は
曇りだった。連休に入ると天気予報は晴れに変わる。
今日を迎え、雲一つない青空は何よりも嬉しい。
難しい光の時期だけに、撮影はなかなかスムーズとは
言い難い。でも合間に交わす何気ない会話や、日が
傾いて延びた影にふざけたりと、やっぱり晴れた日は
いいものだ。
 今日は特に晴れの日差しがありがたく感じたよ。
どんな演出も、自然の日差しには敵わないんだ。
リレーされるカメラ
 

 教え子がカメラを持ってきた。
聞けば、おじいちゃんのものだそうで、押し入れにしまわれて
いたそうだ。茶色い革のケースには“canon”とある。恐る恐る
開けてみると、金属の美しいテカリとともに、バルナックらしい
ボディが顔を見せた。おそらくカメラは4Sb型だろう。発売は
1952(昭和27)年。おじいちゃんが80歳だとして、発売当時は
23〜4歳、50mmF1.8が付いていたから、当時の価格で74,800円
…大事にしまっておくのも分かる。
 外観はとてもきれいだったけど、きっと調整が必要なはず。
カメラ修理専門店に持っていく事を勧めた。後から聞くと、
おじいちゃんも一緒にカメラ店に行きたいと言っているそうだ。
多分、使えるようになるだろう。そうしたら孫である彼女に
手渡すんだろうな。彼女は絶対にこのカメラを使いたいって
言っていた。こうして引き継がれるカメラは幸せだなあ。
 オイラのS3をのぞきながら喜んでいる。S3も子供や孫に
引き継いでみたいな。そういう意味では、今のデジカメは、
買う時にどんなに高くても、可哀想に思ってしまった。
深〜い深〜いお話
 先日某編集部にて打ち合わせ中、福田健太郎氏が別階で
打ち合わせだった。先に終わった福田氏、オイラの打ち
合わせの場に登場、後日飲みに行くことに。
 昨日18日、19時半に新宿南口に集合、編集T氏に
連れられ、地下にある居酒屋で飲み会開始。福田さんは
竹内門下、門下生の方々はお付き合いしてくださる方が
多い。師匠の教えかしら?
 ジャンルが違う写真家さんの話を聞くのは面白い。
へえ〜、ほお〜って言葉ばかり出てしまう。深いなあ…
ついつい酒がすすむ。F編集長が合流した時はすでに
オイラは出来上がっていました。

ご一緒した面々、左から編集T氏、福田健太郎さん、F編集長


オイラの無理な無理な注文に、いつも苦笑いのF編集長
※撮影福田健太郎氏


T氏がオイラに撮影した作品を見せてくれました。
※撮影福田健太郎氏

F編集長は後から来るからさあ、結局終電まで続いたよ。
オイラは途中の駅までしか到達できず、3つほど駅を
歩いちゃった。千鳥足だったけど、まっこと気持ちがいい
夜でした。
縁というもの
 

 レンズを1本壊しちゃったよ。
使い慣れたEF85mmF1.8、不注意で落下、銅鏡がまっ二つだ。
キヤノンからは、重修理扱いだから新たに購入したほうがいいと
勧められる。そりゃそうだ、下手すりゃ、量販店で新品買うほうが
安く付くような修理代になっちまう。
 そういえばこのレンズを買ったときも85mm壊しちゃって
買い直した。5〜6年前の事になるか…。当時予算がなかったから、
少しでも安いものをって、フジヤカメラで中古を買った。うっかりが
余計な出費を生むことになると、心に刻んでおいたのになあ。
油断したなあ…。
 一瞬、頭をよぎる…1.2Lにするか…。でもなあ、4倍以上の
価格差だろ、正直元がとれるかなあ。まあ、お店で決めればいいやと
某量販店へ。展示機材を見た途端、ああ、やっぱり!オイラは
F1.8のほうだ。今まで写りに全く不満はないし、なにより1.2Lの
あの大きさでは、オイラは振り回せないな。だいたい、少しでも
コンパクトに機材をまとめたいって考えているのに、オイラには
向いてないや。
 再度壊しちゃったのは痛かったけど、このレンズのポジションを
再認識。スタイルに合った機材が撮影には肝心なんだ。
きいたあ〜っ!
 
 昨日8日は日中いっぱいデータ処理。
このところ寝不足だった…言い訳になっちゃうけど。
夕方からオリンパスに出掛ける用事があったので、小川町へ。
オリンパスで壺売太郎さんとトンボ田中さんと外付け
ファインダーで盛り上がる。オイラが付けているファインダーに
壺売さんは食いつきがいい。やはりファインダーはカタチが
重要よ!スタイリングから入っちゃうけど、そうなると
奥が深いファインダーの世界…値段もピンキリだから、
E-P1に付けるってことを念頭にしてもらいたいわけです。
 連れと合流し、小川町に来ると立ち寄る立ち飲み屋『じろ銀』
にて一杯。ここがなかなかいい。値段も料理も満足できるし、
なによりとてもリラックスできる雰囲気だ。サラリーマンや
OLの方が1人で入ってくるもんな。で、ホッピーを3杯飲む。
 飲んだ勢いで、新宿『こどじ』へ。写真工業元編集長の
市川さんが写真展をしているので、顔を出す。来店当初は
お客さんでいっぱいだったが、すぐに市川さんら数人が
食事に出てしまい、済ましてきたオイラ達とお店で知り合った
KちゃんにカウンターのOさんと4人に。でも4人での
話は面白かった〜。写真の話はほとんどせず、生活の事や
趣味の事が中心。まだ是非おしゃべりしましょう!
 最寄り駅に戻ってきてもまだ興奮が冷めず、駅前の
ビールバーに。ビールの種類がさすが豊富。チキン料理が
美味しそうだったけど、締めにラーメンが食べたい!と
宣言していたので、ビールを3種類程楽しむ。これで今日は
何杯目だ?1時間ほどで後にして、そばのラーメン屋で
つけ麺と餃子を食し、帰宅。10分の道のりでフラフラ
なのがわかる。珍しいなあ、オイラがこんなになるなんて。
 目が覚めると朝4時半。なぜ、居間の真ん中で
寝ているのか覚えていない…仕事先の人と飲んで
いなくてよかったあ。
 今日は早く起きたついでにそのまま仕事部屋に。
そういえば今日は09年9月9日かあ。999の日だ。
大井川鐵道では999号を走らせるらしい。いいなあ、
見たかったなあ。鉄子でなくてもワクワクするよな。
ではせめてDVDでも観てみようと、TUTAYAに注文して
しまった。あっ、切符も買っておけば良かった!?バカバカ!

『こどじ』にてKちゃんとOさん。たくさんの引き出し
持ってますねえ。お話がおもっしれ〜!
あつい思い
  
 3日は明け方にまでなってしまった原稿をひと区切り。
お昼前から、伊東市芸術祭の審査に行く。
この審査は今年で4年目。今年は静岡で国文祭が行われるに
伴い、1ヶ月も日程が早まったためか、出展作品が少なかった。
でも県立伊東高校写真部1年生諸君が出展してくれたため、
フレッシュな写真部門になった。
 審査の合間にラジオの出演。今回は電話で繋ぐ事になって
失礼!
 伊東と言えば何といっても温泉。審査の後、まずはひとっ風呂。
公衆浴場がいくつも点在していて、そのうち市が『七福神の湯』
としている公衆浴場(もちろん温泉)のうち、今回は「和田
寿老人の湯」に入ってみる。改装したばかりだけあり、とても
きれい。地元の方々が切れ間もなく集まってくる。そんなに
大きくはないけど、いいお風呂だ。ちなみに料金は一般300円。
これなら立ち寄りたくなる。
 そのまま市の方々と食事に。皆さん、写真に熱心な方々ばかり
で、オイラなんぞの話に耳を傾けてくださって、どーもです。
伊東高校写真部の顧問のE先生はとても熱心だ。伊東高校と
いえば、去年の写真甲子園出場校。先生の指導と生徒のやる気
がマッチすると、凄いパワーになる。写真甲子園出場校は、
おそらくそのパワーに、プラス“写真にはじける”若さが表現
されているところが多いと思う。先生のお話に感銘、オイラで
よろしければ、いつでも呼んでください。ちなみに今年は
伊東高校城ヶ崎分校が写真甲子園に出場した。伊東市の
写真のレベルがわかる。
 四時間以上経っちゃったねえ…お付き合いいただき、
ありがとうございます!また来年の審査、楽しみです。
 4日はそのまま伊東に宿泊、午前中に東京に戻る。
データ処理やら原稿やらを片付け、合間にオリンパスに。
E-P1持っている人とすれ違うと、ちょっと照れくさいって
話を少々。売れてんだねえ〜。そういえば、E先生も
ユーザーだったなあ。
帰る途中、コニカミノルタプラザに立ち寄る。
金井紀光氏の『この町で』を見る。金井氏とは静岡時代の
古い知人で、今回の作品も静岡市内の何気ないスナップ。
オールモノクロの丁寧な仕上げだ。オイラにとっては当然
知っている所ばかりだけど、静岡を知らない人も、思わず
微笑んでしまうようなカットもあってよかった。
 金井さんにとなりで個展をしているかねいわようこ氏を
紹介していただく。かねいわ氏は1927年生まれ。オイラの
親父よりもまだまだ年上だ。『あたらしい貌でこんにちは』
は年齢を感じさせない若々しい写真。かねいわさんは、
同じ所に何度も足を運ぶ“狙い撃ち”派。一つの被写体を
じっくりと観察したのがわかる、計算された構図だ。
オールモノクロ、オイラはこのお年まで写真をやって
いられるかしら。
 
近況は…
 

 このところ落ち着いてパソコンの前に座れずに
あちこちへと撮影に出ているので、データ処理の波が
ドバッと襲ってくるのがこわい…。
 先日、大変お世話になった、元某カメラ雑誌編集部の
S氏と久しぶりに食事をした。お互いに近況報告なぞ
しながら、でも結局はオイラの愚痴を聞いてもらったのだ。

久しぶりのS氏。ありゃりゃ、えらい変わりようだなあ。
カメラ雑誌から離れて数ヶ月…。そろそろ復帰へのキモチを
固めたそうだ。S氏とはあれこれとぶつかりながらも
面白い誌面ができるので、是非また一緒にやりたい!
どの編集部を希望しているかわからないが、オイラとしては
フォ○テクニッ○か、○本カ○ラあたりが希望だな。
関係者の方々、是非ともお願いします!CA○A時代の
誌面よりいいものを創りますよ。
 翌々日には、これまた偶然にもC○PAでS氏と何度も
ご一緒した高井智加ちゃんをモデルに撮影。S氏の変貌ぶりに
驚きを隠せない様子。オイラを介して近況報告ができて
ちょうどいいな。

無類の甘い物好きのS氏に智加ちゃんからあ〜んです。
オイラもそれまでに企画等考えておかねば。楽しみ〜っ!
日本の夏
 
 
 昨日24日の夜に近所のお地蔵さんに行く。
実家から歩いて数分。花火があがり、露店が出て、
お地蔵さんにお参りに行く人でにぎわっている。
浴衣が可愛らしい女の子に、はしゃぐ小さな子の声が、
地域の縁日っぽくていい。情緒がまだまだ残っていて、
このままずっとそのまま続いてくれたらいいのになあ。
 今日25日、市の撮影がてら市内某所の小さな集落に
立ち寄る。ここは“日本の田舎・川編”とでも言いたく
なるような集落で、本当に気持ちがいい。まだ生活線
として使用している吊り橋は観光化されていないし、
近所の中学生や高校生が、川の深い所に飛び込んで
はしゃいでいる。オイラも足を川につけながら、しばし
夏の青空と高い橋を見上げてた。…いいものだ、日本は。
こんな時はレンジファインダー機がよく似合う。
オイラはこういう田舎はニコンS3を持っていく。
ライカはヨーロッパな匂いがするので、圧倒的にニコンの
方が似合う…と思うのだ。レンズはW-ニッコール3.5cm
F2.5にした。コンパクトで、無骨なS3をさらに引き立てる
お気に入りのレンズ。川に向かって農道や茂みを抜ける
ための草木のトンネルを抜けると光る水面、山間の
谷のように深い所を流れるその川から見上げる空と
蝉の鳴き声。革製のストラップを首から下げたニコンS3…
う〜ん、昭和の『THE・日本の夏』なわけ。
今日はどっぷりと酔いしれたな。
告知です、限定的ですが。
  
 今日21日、夕方から六本木へ。
フジフォトサロンで、友人の日置真光さんが所属する
日本舞台写真家協会の協会展『Lights~舞台からのメッセージ』
を見に行く。演目ごとにコロコロ光が変わる舞台では
適の露出を拾うのも一苦労。その光を上手に見極めて
作品へと仕上げている。記録写真になりがちな舞台写真だが、
役者・演奏者のパフォーマンスをより的確に捉えた作品は
必見。27日まで。
 実はオイラ、大反響で持ち切りのあのフリーペーパー
『美少女図鑑』シリーズ、『静岡美少女図鑑』の創刊に
携わっている。来月末頃の創刊に向けて、只今撮影中!
で、23日(日)に公開のカメラテストを行なうことに
なった。もっともオイラの出番は、オーディションに
来てくれる女のコ達に、撮影の際のアドバイスをするって
こと。言ってみればアドバイザーみたいなものか。
場所は葵区のSHIZUOKA109エントランス。時刻は
12:00〜15:00。飛び入り参加も可(ただし事前
エントリー者優先)だそうなので、我こそは!という
女子は是非!
でも、オイラの話なんて聞いてくれるのかねえ〜。
キモチ穏やかに。
 

 久しぶりに師匠に墓参りに。
さすが真夏だけあって、花は全くなかった。そりゃそうだ、
枯れちゃうもんな。花屋に行って、お墓の周りを掃除して
いると、墓前にいつもあるグラスがない。この間の地震で
割れちゃったとか…。でもこの暑さじゃ、先生ものどが
乾くでしょう。食事をするときはいつも水を飲みながら
だったから、さぞかし欲しているに違いない。でも後から
缶ビールでも持ってくれば良かったなあって思ったりして。
相変わらず、気が利かない弟子ですみません。今度は
ウイスキーの小瓶でも持ってきます。
 写真をはじめたばかりの方々に、どうしたらステップ
アップを勧めながら続けてもらえるか…と考える機会が
あった。教える写真家が悪いのかも!?そりゃあ、オイラは
キツいけど、そういう問題じゃないね。“半径10m”の写真
から、いつでもどこでもお出掛けの写真、そして撮影に
出掛けるところに、どうしたら行き着くかってことだ。
これが難問中の難問。そういうオイラだって怪しいものだ。
写真を上手くなりたい!って意識と、こんな風に撮りたい!
という目的がないと、こちらも伝えようがない。単に
ウザく思われるだけだ。面白いって思えたら、次のステップ
に行きたくならないのかなあ。この意識の違いも『ゆとり世代』
中心の若い人に向けているからかも。ああっ、ジレンマ!
はあ〜…
 

今日17日は一日お台場に。
合間を見て、折角なのでまだ見ていなかった等身大ガンダムを
見に行ってみる。今日は快晴!でももう夏の盛りは過ぎたような
暑さだが、潮風公園は大勢の人でにぎわっている。もっとも
CXのお台場合衆国も凄い人だが…。ゆりかもめの台場駅は
規制をかけていたらしい。お盆休みを過ぎたのに、やっぱり
家族連れが目立つね。で、潮風公園の“⇒ガンダム”と手書きで
書かれた案内板に従い、進む。海にぶつかり、左を向くと…
お〜っ、ガンダムの後ろ姿!会場に入ると、おっきいなあ…。
で、とてもリアルだ。周りには大勢の人!人!人!ガンダムって
人気あるんだなあ。放映していたとき、オイラは小学生。
ガンプラをリアルタイムで作ってたなあ。ドムが好きで
3台作った記憶がある。それとシャア専用ズゴックだな。
組み立て前に塗料で塗ってたんだけど、今考えるとシンナー
バンバン吸ってたな。やべ〜っやべ〜っ。
 ガンダムの足下から見上げられるみたいだが、並んでいる
人の数と時間をみてやめた。でもみんなカメラを持って
撮っている。中にはシノゴを持ち出して、露出を計りながら
撮る方も。求める物は立体感ですか、リアルさですか…。
どんなに写真をとっても、この大きさは生で見ないとなあ。
子供の頃から熱狂的なガンダムファンにはたまらないだろうな
ということは、よく伝わった。
 オイラは…999を見たいなあ。
ここでかあ。
 

 今日15日はロケハンにあてた。
昨年から撮ろうかなって思っていたテーマが固まってきたので、
一丁本腰を入れてみる事にした。で、撮影場所だ。
今日は代官山〜都立大学周辺をキョロキョロ。気温は30度
あるだろうけど、湿度が低く絶好のロケハン日和。長い
距離を歩かなきゃならないから、暑いとすぐバテちゃう。
ロケ地は足で見つけるもの…これがオイラの生命線。
 数カ所目を付けた。人に言わせれば、そんな所で撮るかぁ
って言われそうだが、いいのです!オイラの自己満足の
ための撮影なんだから。
 とある交番前でお巡りさんに話しかけられた。「それ、
ヘキサーですか?」肩から下げていたので、それでだろう。
「ヘキサー欲しかったんですけど、機会を逸しちゃって。
今更なんですけど買ってみようかなって思っていたところ
なんですよ。」とのこと。ヘキサー、いいですよ!露出も
正確だしとお話しし、差し出すと、喜んでファインダーを
のぞいている。言葉は悪いが、オイラよりも年上のお巡り
さんなのに、子供みたいな笑顔でヘキサーをのぞいていて、
なんだか嬉しくなってしまった。付いていたノクトン40mm
F1.,4についても興味津々。聞くとニコンSPを持って
いらっしゃるとのこと。
 こんな感じで引き寄せ合うのも、フィルムカメラだから
かな。いい気持ちで帰路につきました。
 
がっかり…
 

昨日13日は撮影後、某プロダクションの面々と飲みに出掛ける。
待ち合わせは渋谷に21時だったが、溢れんばかりの若者で熱い。
そうだよな、夏休み真っ最中だもんな。中高生も結構いるなあ。
飲みでは現場での話が中心。ちょっとした反省会になってしまった。
でもつくづく現場は難しいって思うよ。あれこれとシュミレーション
をしてから始めるんだけど、絶対に予定通りにはいかない。
そんな時に一番大切なのは現場の雰囲気だ。お互いがチームで
やっていることを自覚していれば、カバーし合えることも多い。
そんな話も酒が進めば、夏休みどーするのって話に変わる。
今年、オイラは大幅に予定が狂ってしまった。今年は何もして
いないことに焦ってきた。
 今日、ツクツクボウシの鳴き声で目が覚めた。…あれっ?
昨日までミンミンゼミの鳴き声で起きてたよなあ。ってことは
もう夏も盛りを越えちまったってことか!?寂しく感じない訳が
ない。今年の夏は全く何もしていない。のに、もうツクツク
ボウシになっちゃったんだなあ…。
お盆で都内はガラガラ。普段は行列のできるお店もスムーズに
入れるということで、人形町の玉ひでに行ってみることにした。
いっつも行列ができているから入る気が起きなかったんだけど、
この時期なら!人形町の駅からすぐのお店、おっ、行列がない!
これならすぐに…って!?なんだ!?17日まで休業だと?HPには
トップに書いてなかったぞ!あ〜あ、何のためにここまで…。
結局目の前のイタリアンの行列に並んでみたりして。
 夏休みの予定が立てられないなら、予定を立てずにブラブラ
過ごすのもいいじゃないか。一種の開き直りか?でもまだ
真夏の空を撮ってないぞ!撮れるんかなあ…。
(HPのお知らせの欄にしっかり休業することがのっていた。
バカバカ!) 
欲はつきず
 
 
 オイラのE-P1はダブルズームのセット。17mmとズーム
レンズでは出番は圧倒的に17mm。っていうか、ズームは
余程の場面がないと付けることはない。でも出掛ける時は
一応持っては行く。
 17mmは35mm換算で約34mm。ちょっと広角なわけだ。
これはこれでいいんだけど、もうちょっと長いレンズが
欲しくなった。できれば50mmくらい。M型の25mm
くらいのレンズや手持ちの28mmでもつければいいんだけど、
オイラがやりたいのは外付けファインダーを付けて、
モニターを切って、直感で撮影したい。広角レンズなら
絞ってパンフォーカスもいいが、50mmならピントを
合わせたい。で、ちょいと考えた…ら、あるじゃん!
25mmF2.8が!フォーサーズのパンケーキレンズの
これに、マイクロフォーサーズ→フォーサーズのMMF-1を
介して装着すればAF利くじゃんねえ!予約特典でもらった
まま忘れてた。つけてみるとなかなか良い。折角なので、
フジツボ式のフードとレンズの間に銀色のフィルターを
かませて、カラーの統一感をだしてみた。
 次にファインダー。数件回って探してみる。当初は
フォクトレンダーを考えていたんだけど、装着すると
どうもイマイチ。しかもホットシューで不安定な感じが
する。そこで無名の5cmファインダーの中古にした。
これがなかなかのフィット感で満足。
 これでまたE-P1で遊ぶ機会が増えそう。でもヘキサーRF
も持って出るから、荷物も増えるな…。
夏空の下
 

 昨日8日は夢の島へ。
今年もこのサマフェス『情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER
TIME BONANZA'09』に行く。すっかり毎年恒例になった感が
あるなあ。オイラみたいなおっちゃんも参加しやすいミュージ
シャンがいつも登場するのでありがたい。天候は薄曇りながら
気温はグングン上昇!芝生の上にいるとモロにさらされている
のと同じだし、必然的にビールの量が増えちゃう!でもあんまり
飲むとトイレが近くなるし、その度に離れると曲が聴けなく
なっちゃうじゃん!かき氷は2杯食べました。夏はかき氷が
うまいね!静岡ではおでんを食べながらかき氷を食べる。これを
思い出したよ。やっぱり開放的でいいな。夕暮れの中、一青窈の
歌声が心にしみたね。
 今日9日はデータ処理をしながら、ちと考え事。
今にも雨が降り出しそうだなあ…と思っていたら、途端に
土砂降り!夕立って結構落ち着くから好きなんだけど、こんなに
降ると外も見えない。もうちょっと情緒ある夏らしさを期待
しているんだけどな。あっ、結構大きな地震があった。急ぎ
テーブルの下に避難したよ。揺れがおさまるのを待ちながら
考えたことは『まだ撮りたいものはたくさんあるのに〜!』
もう覚悟が出来ていましたか!?
…絶対に夏空を撮りに行くぞ!
出会いは楽し。
 昨日5日の午後、突然思った。“温泉だ!”
またか〜って感じだけど、いいんだ、気分転換ですよ。
夕方から鬼怒川温泉に出掛ける。宿は「御宿一富士」。
食事の評判がいいと聞き、決めた。宿はやはり食事が
大事でしょ!ここは本当に美味しかった!久々に食事の
美味しい温泉宿、一つ一つ優しい味付けで、量もいい。
でも品目も多くお腹が一杯になった。宿のご主人もとても
いい方で、気持ちが良い。本当にお世話になりました。
夕食後、台湾から観光で来られていた方に声をかけて
ご一緒に部屋でダベる。台湾、特に台北の事情を聞けて
面白かった!3時間近く話してしまった。
 今日6日は雨。やることもあるので、午前中に都内に
戻る。途中でペンタックスフォーラムに行き、岡島和幸氏
の写真展『潮騒』を見る。きれいだったなあ…。岡島さんの
挑戦的な考え方は刺激になったよ。次のキヤノンギャラリー
での写真展がまた楽しみだ。
 夕食はたいちゃんとらむちゃんと、連れの4人で。
電車の沿線が一緒ということで、オイラの最寄り駅まで
土砂降りの中、お越しいただいた。面白い話が飛び交い、
いい時間を過ごす。写真家ならではの疑問や生活のこと、
それぞれあるもんね。楽しかったよ、ありがとう!
また是非飲もう!今度はオイラがそっちに行くよ。
 昨日、今日と、人とのつながりが熱く感じました。

お昼抜きでたいそうお腹が減ったでしょう!とほお張るたいちゃん。

連れに撮影されるたいちゃんどす。カメラはR-D1s。さすがポーズが決まっておます。
何やそれそれ、何やそれぇ〜!

“チーム小澤”の図。オイラはE-P1で撮影のため、天然のアートフィルターでおます。対局はたいちゃんのブログにて!
オイラも備えるか…。
 

 今日5日、日中細々とした事務処理をしたあと新宿へ。
高島屋で買い物を済まし、そのまま地下のお店でランチなぞ。
横浜と赤坂で展開している中華の某有名シェフが出している
お店でイートイン。とある麺と丼もののセットを注文したが、
写真と実物があまりにも違う!?一番の違いは量。広告機構に
訴えたいくらい、これじゃ詐欺って言われても仕方がないく
らいの違いだ。でも凄く美味い!一口一口、妙に納得して
しまう旨さだ。量的な物足りなさは否めないが、味ではこの
値段で満足。なんか複雑だ。きっとそのまま素直にこの量の
写真を出したら、お客さん、入らないよな。文句がでないのは、
高島屋に来るお客さんはハイソだからかな。あとでHPを調べ
ると、ビックリするくらいの値段。超庶民のオイラは行けな
いね。
 40歳を過ぎると、目のことがかなり気になる。紫外線を
少しでもカットしたいと思っていながら、なかなかサングラスを
買いに行かなかったので、今日作ってもらうことにした。
薄目の色のレンズの方が良いということを聞いたので、
グレーで30%ほど色のついたものにした。5日ほどで出来る
そうです。それ以降にお会いする方々、怪しいサングラスを
かけて登場しますが、驚かないで下さい。早いうちの対策は
必要だ。
 早いうちと言えば、写大時代の友人が電話をかけてきて
くれた。無呼吸症候群の治療をしているとのこと。彼は
いびきがひどかったのだが、やはり治療が必要だったみたい。
でも、器具を使っての睡眠をとるようになってから、スッキリと
目覚められるようになり、頭の回転も良くなったそうだ。
なによりも爽快感が良いらしい。オイラも最近気になる…。
いびきはかかない方だが、やはり連れに聞くとかいていたと
いう答えがあることも…。一晩泊まらなきゃならないらしい
が、診てもらおうかな。スッキリとした目覚め、オイラも
味わいたい!その前に寝不足解消から対策を打たなきゃな。
晴れた日は…
  
 昨日2日は久々に作撮り。
いつも使わせてもらっている砧の某スタジオでお昼から。
当初はロケにしようと思っていたんだけど、朝から雨。
こんな時はスタジオにしておいてよかったなあ、と思う。
そう思う自分がちょっとイヤらしく感じたりして。
モデルはレプロエンタテインメントの伊咲なる美ちゃん。
まだ13歳だけど『ViVi』の専属モデルで、すごいねえ。
オイラが13歳の時なんて、鼻っ垂れで、たれた鼻を制服
で拭いちゃってて、いつも腕のところがテカテカだったよ。
本当にとてもキレイになりそう、楽しみだねえ。
 今日3日はず〜っとパソコン前。今日東海や近畿で梅雨
明けだそうで、ここ東京もいい天気。でもオイラはパソコン
の前にへばりついている。写真家なんだから写真を撮りたい
なあって、こんないい天気には特に思うんだよね。
 今夜はまだまだ処理が続く…。梅雨明けしたはずなのに
また明日からグズつくそうだ。ああっ、撮りたい。
遅れをとってる気分です〜。
 今日1日はお昼から新宿御苑前に行く。
『GIRLS_BEAT_SUMMER2009』というガールズライブイベントに
お誘いいただいたので、ちょこっと顔出し。何回も撮影させて
もらってるアイドリング!!の菊地亜美ちゃんとミスマガの佐武宇綺
ちゃんが出演しているということで、その関係だ。でも本当に
ファンというのはありがたい。こうした人達がタレントを支えて
いるし、さらに申せばこうしたショービズ界を盛り上げてくれて
いるといっても過言ではない。そのパワーには圧倒される。でも
もっとパワフルだったのは、出演していた女のコ達。凄く良かっ
たよ!あのときはかなり辛口だったけど、ごめんね。
 その足で銀座へ。なかなか行けなかった小澤太一氏の写真展
『世界で一番青い空』を観る。今は暑い夏なのに、そして砂漠
なのにどことなく静けさを感じるような冷たさを感じるような
雰囲気がいい。その中で見せる子供達の明るさと屈託の無さが
不思議と馴染んでいて、とてもいい写真展だ。これは掛け値無し。
見せ方もかなり研究しているのがわかる。入ってからすぐ左回り
に流れる様は、メインの面に行き着くまでに完全に世界に引き込
んでいる。次が楽しみだなあ。
 かなり長居をし、お話しさせていただいたあと、渋谷へ。
魚住誠一さんはじめ多くのポートレート写真家と作品で創る
『ポートレート専科』に顔出し。着くとトークショーの前説?
(魚住さん曰く)をしていて、あやうくトークに参加させられる
ところだった。土屋勝義さんもすぐに登場、オイラじゃお客さん
が引いちゃうでしょ!
 なにはともあれ、皆々様のご活動ご活躍を目の当たりにした、
刺激的な一日だったよ。

※たいちゃんの写真展で上機嫌のオイラと怖がるたいちゃん。

※会場で一緒になったJPS同期の藤井智弘さんと3ショット。
なぜにたいちゃん、そんなに小さくなっちゃうの?
また負けた…。
 
 
 撮影に、学校、移動、ロケハン、原稿書き…。
たいちゃんの写真展『世界で一番青い空』(キヤノンギャラリー銀座)
のオープニングパーティに行けなかった。申し訳ない。オイラが
だらだらやっているのが原因といえば原因だが、ああ、行きたかった。
 また誘惑に負けてしまった。今度は何かっていうと、プラナーT*
50/1.7。格安プラナーとして知られているこのレンズ、確かに作りは
チープだし、最短撮影距離が0.6mと昨今の50mmにしてはいささか
長い。でも安定感がある描写だよと聞いていたので、一度は手にして
見たかったレンズだ。50/1.4は確かに魅力的な描写をしてくれ、
いまだオイラのなかではNo1ー50mmの座を守り続けている。でも
高性能ゆえのクセも多いのは確かだ。その点50/1.7は均一的な描写
と逆光に強いという点で期待できそうだ。ちなみにまた価格無しの
状態だったです。オイラの見立てでAB+、MMJでP−フィルター付き
11,800円でGET。まだテストもしていない…早くしたい。
降臨!
 

 今日26日は夕方から両国国技館へ行く。
『ハッスル・エイド2009』に行かせてもらえることになり、
喜んで向かってしまった。お仕事先の各担当者の方々、決して
サボっているわけではありません!見よっ!というお達しです。
プロレスの会場に足を運ぶのは中学3年以来。当時、人気絶頂
だったテリーファンクの引退シリーズを見に行って以来で、ち
ょっと興奮。だって、ブッチャー・タイガージェットシン組vs
レイザーラモンHG・RG組のタッグマッチだよ。ブッチャーや
TJシンはオイラが少年の頃に見ていたレスラーな訳で、この方
々がまたやるんだよ!相変わらずの乱闘と流血に、なぜかホッと
してしまった。
 ハッスルっておもろいな〜。女性や子供にも安心して笑って
もらえる、楽しいエンタテインメントだ。また観たいなあ。
でも多くのヤジにお客の反応、つくづくエンターテイナーって
大変だね!
邁進中
 
 23日は夕方から神田小川町のオリンパスギャラリーに行く。
「サンデーカメラマン」こと田中博さんと尾園暁さんの写真展
『トンボの世界』のオープニングパーティに出席。大盛況ぶりは
田中さんの『トンボ日記』にて公開中。オイラもチラチラ。何
やってんだかなあ。
 渋谷に移動し某プロダクションのマネお二人とプライベートな
飲み会。終電ギリギリまでお付き合いありがとう!
 24日は午前中データ処理、午後は取材。
 今日25日、午後からギャラリー冬青に渡部さとるさんの写真展
『da.gasita2009』を見に行く。さすが渡部さん、一見して
同じような雰囲気のファンの方々で会場は一杯。会期はもう
終盤なのに、根強いファンの方々がいらっしゃるのは羨ましい。
多分全撮影ローライかな…すべてスクエアのモノクロの作品が
整然と並んでいる。渡部さんがストレートに故郷と向き合った
んだろうなと感じる作品ばかりだ。モノクロ…いいなあ。オイラの
『てくてく』とは全然違う方向の、故郷をライフワークとして
フィルムに収めていく姿勢はやはり参考になる。静かに語って
くるような感じは、これでいいんだと素直に思う。でもオイラは
今のオイラのテイストで『てくてく』を撮影する。
 撮りたいものがハッキリすると強い。オイラにもまだまだ
アイディアだけはたくさんある。早く撮影を始めたい!と考える
と眠れなくなっちゃうんだよね。
見上げてごらん
  
 今日は日本中が天体観測日。
日蝕は曇りのところが多く、スッキリと見られたところは少なかった
ようだ。オイラはっていうと、新宿のキヤノンにセンサー清掃出しに
行った時に、何となく空を見上げると薄らと三日月のような太陽が!
ほ〜んの一瞬だったけどね。オイラ的にはこれで満足。けっこう
幸せの枠が狭いのですぐに満足しちゃう。待っている間にコニカ
ミノルタプラザに寄ると、親子観測会の真っ最中。みんな、見られ
たかな?
 新宿ニコンサロンで開催中の山本富久氏の写真展『心のふる里
〜木守小学校の思い出』を見る。全編モノクロで撮られた30年前に
撮影された記録は、懐かしさと廃校になってしまった小学校への
寂しさがストレートに表現されていた。30年前はオイラも木造校舎
で学ぶ小学生。主人公の女の子はオイラよりちょっと下になる。
なかなか開かない実家のアルバムを見ているようでよかったよ。
 あの頃って、帰り道の塀も高かったなあ。このところ下を向いて
歩いていることが多いから、背筋を伸ばして上を向きながら
カメラを構えてみよう。
若者の選択
       
 このところ、ライカが安く出ていると思う。
デジタルのコンパクトでいいものが出てきたのもあるし、
M8やR-D1のようにM型やL型レンズを直接使えるデジタルが
出てきたのもあるか…。
 オイラ自身、悩むことがある。10万円あるなら最新のE-P1
にするか、それともバルナックを含めたライカにすべきか。
ライカの良いものは出にくくなってきた。だいぶ使い込まれた
ものや外観に傷が多いものは安くて、良いものはきっと
所有者が手放さないんだろうね。どうせ安く叩かれちゃうしね。
 で、今のうちにそこそこのものを手にしておくのはどうだろう。
タマも今なら選べる程あるんじゃないかなあ。特に写真を生業に
したいと本気で志している学生やアシスタント君達に勧めたい。
ライカは確かに時代遅れかもしれない。それに一番ハマっていた
KRは生産終了となり、ますます過去のものになりつつある。
でも道具としての魅力は、いまだ多くの人の心をとらえている
以上、絶対的な理由があるはずだ。
 一方で、仕事に結びつくデジタルをできるだけ使うべきだと
思う自分もいる。やはりデジタルはお金がかかる。「ハッセルを
揃えれば20年大丈夫」なんて言葉は、今では全く説得力がない。
よほど実家がお金持ちか、とんでもないスポンサーでもついて
いない限り、写真家の卵達に生活の余裕なんてないと思う。
だからおもちゃにも等しいライカよりも最新機種を使うように
すべきなのは至極当たり前のことだ。でもデジタルはすぐに
古くなる。
 カメラを扱う満足感はかならずシャッターに表れる。
写真はフィルムでもデジタルでも撮れる。なら、満足感が
高いカメラを使うべきなんだろう。1台でいいから、出会って
もらいたいね。このカメラは絶対に手放さない!っていう
ヤツ。それにお金をかけることが最優先かな、オイラなら。
そうすれば自ずと答えは出るはずだ。
動静
          
 15日は某誌の打ち合わせ。
その後F編集長と編集T氏と三人で八丁堀へ。茂手木秀行さんの
事務所にお邪魔する。茂手木さんもしっかりとE-P1をお持ちに
なっていて、来る22日のためのカスタマイズをされていた。
目からウロコの情報もいただき、感心しきりだ。やっぱり
この方は凄いねえ。
 F編集長のリクエストで近くの立ち飲み屋へ。はじめの一杯の
ビールで酔っぱらってしまった。その後はカラオケで盛り上がる。
今考えると大先輩の茂手木さんやFさんTさんの前でとんだ
失礼をしていたと思う。恥ずかしい…。また一緒にはじけて
くれるだろうか。醜態はしっかりとE-P1に残されていた。
でも楽しかったなあ〜!
 昨日16日は夕方東名で清水に駆けつける。巴川灯ろう祭りを
撮りたかったからだ。メイン会場は観光目的もあり、露店や
ステージ等設けられているが、ちょっと離れれば、昔ながらの
風情のある光景。静岡は7月がお盆、家族できている方々も
多かった。オイラも流せば良かったなあ。灯ろうには『数々の
醜態之霊』とでも入れようか…。落ち着いた時間が流れ、
いい気分になったな。
   ※1:盛り上がるT氏・茂手木さん・F編集長
          ※2:大先輩への迷惑を顧みずに踊る酔っぱらい

解決!
           今日11日は学校の撮影。
深夜までデータ処理した後、仮眠後にもう一仕事。
ちょっと遅くなってしまったが7時に東京を出て一路東名を
静岡へ…と言いたいところだったけど、事故渋滞に引っかかる。
おまけにオイラの2台前がオカマを掘ったらしく、渋滞中の
更なるストップ。渋滞中は十分車間距離に気をつけなきゃ。
人の振り見て…だ。
 学校のイベントは市内の繁華街で、浴衣のファッション
ショーや学生のショップを出店が中心。若いパワーって凄いんだよ!
疲れってあるのかしらね。
 E-P1のパンケーキ、17mmのフードの問題は解決。ステップ
アップリング37mm→46mmをかませて、フードはコンタックスの
メタルフードGG-1を付けてみた。これが意外と格好がいい!
学生達がこのフードがいいと言っていたから、なかなか悪くない
と思う。同じメタル感は違和感がない。パンケーキらしさを
損なわないのもナイス!問題の画角だが、ケラレらしいものは
見つからないし、いいんじゃない!ただ、フードとしての役割は
コンタックスレンズに関しても疑問符が出ていた。つまりスタイ
リング重視ってことで、まあ、その点かな。でも、満足。また
探してみよう。
 ※アップしているカットは全てオリンパスPEN E-P1で撮影
したものです。
世代間交流
                  昨日8日は作品撮りのお手伝い。
珍しく自分用以外の作品撮りをした。いつもお世話になっているヘア
サロンantiのアシスタント・aikoちゃんに作品撮りを頼まれた。
彼女とはスタイリストさんとともに撮影を何度かご一緒していて、
彼女個人でもオイラの作品撮りでヘアメイクをやってもらったことも
あり、今度はオイラの番だ。
まだ若い彼女の感性も気になるし、何よりまだ20歳を少し超えたばか
りのアーティスト(の卵だな)と世代を超えて作品を創ることが、
オイラにとっても刺激だ。
 午前中は南青山のサロン内にあるスタジオで撮影。午後から雨の中を
横浜で撮影した。モデルのコも含め、撮影カットを見て『かわいい〜!』
は新鮮!なかなか言われることのない褒め言葉に照れるね。なんでも
その台詞を口にする世代なのかもしれないけど、おっちゃん達にして
みればニヤケてしまう台詞なのです。
 こういったカタチで、ある意味プレッシャーのない撮影の方がリラッ
クスして撮れてるから、出来は良かったんじゃないかな…。満足して
もらえるといいな。
星に願いを
   今日は七夕。でも天の川のほとりに行くこともなく、
パソコンの前にへばりついている。
 昨日6日は学校で講義、その後は毎週のラジオで少々おしゃべり。
学生曰く、学校でのオイラはかなりハイだったらしい。いい加減
慢性の寝不足を解消したい…。リゲインはその場では良く効くが、
切れた瞬間がわかる。いきなり「今、切れた」って感じでガタっと
くる。若い頃に比べ、効きの時間が短くなっている。根底の体力が
落ちている証拠だな。
 E-P1の17mm用のフードに悩む。今のところ逆光にはそれほど
弱さを感じないが、やはりあるにこしたことは無い。多くの人が
ステップアップリングをかませて代用品を装着しているらしい。
ヨドバに寄ってみたが、37mm→のステップアップリングが明らかに
少ない。間違いなくE-P1ユーザーが購入されたと思われる。
中古パーツを探す楽しみが増えたぞ。37mmはムービーに多い径
だし、幅が広がりそうだ。でも37mm→40.5mmのリングは
あるのかなあ。
この先渡るべからず
E-P1+17mmF2.8       
 β機のE-P1で遊んでいた時から思っていたんだけど、SDカードの
大きいのが欲しくなった。手持ちのSDはバッファローのエクストリ
ーム3の4GBと2GBが2枚。RAW+LFで4GBだとだいたい170
ショットほど。一日出掛けるにはちょっと心許ない。だからといって
ストレージを持って出たのでは、折角機材が小型化して荷物が減る
兆しが出来たのに、あんまり意味がない。こりゃSD買わなきゃな…
で、やってきたのは秋葉原。以前某編集部のF氏に聞いたお店に
行ってみることにした。HPを見ると、お目当てのバッファロー
エクストリーム3の8GB、この値段じゃヨ○バじゃ4GBも買えないって
価格で販売されている。
 早速秋葉原に。でもオイラはこの街、苦手なんだよなあ。
知り合いの編集人や写真屋仲間に話をすると不思議がられる。
皆そろって面白いのに…とのたまわれるが、生理的に受け付けない
らしい。ゴチャってイメージのお店が駄目なのか…たしかにゴチャッと
感たっぷりのド○キも大の苦手。近所にあるんだけど、よっぽどの
ことがない限り行こうなんて思わない。すっごく疲れるし、
お目当ての物がさっと見つからないのでイライラする。それでいて
多くのお客さんが常にいるから、余計だ。短気なんだよね。
そのお店にあることはわかっていて行くのに、そこでまた探すって
ことが嫌だ。真っ先に店員に聞くようにしている。
 で、秋葉原。秋葉原の店員さんに共通していることは、とても
博識だということ。細かなことを聞いてくるお客さんに対応する
ために絶対に必要なことなんだけど、中にはそこまで知識はない
お客さんもいる。初期的なことを質問すると「そんなことも
知らないのかよ」って顔を露骨にする店員もいて、オイラはこれは
ダメだ。でも安さにはかえられない!秋葉原の駅を降りただけで
自分が部外者だって感覚が襲う。違和感ばかりの通りを数百メートル、
お目当てのお店でSDカードを買って、すぐに駅に戻る。
その間にメイドさんに何人すれ違っただろう…。やっぱりダメだ〜。
オイラの外見はどうみても秋葉原になじんでいるはずなのになあ。
 でもこれで当分は大丈夫だな。あんまり大きなCFやSD持ちたく
ないんだよ。
にひひっ
オリンパスPEN E-P1+17mmF2.8
オリンパスPEN E-P1がきた。
オイラが購入したのはダブルレンズのセット。ボディはシルバーにした。
でもダブルレンズキットだとシルバーボディにはブラックレンズが
付いてきてしまう。オイラはシルバーが欲しかったので、パンケーキ
セットにして、ズームは単体で購入した。シルバーボディに、グリップ
部分はホワイトに使われているクリーム色が付けば良いのになあ。
もっとも、買っちまったものはしょうがないか。これら以外に純正
プロテクトのフィルターを購入。とてもキャップを付けっぱなしって
レンズじゃないし、付けっぱなしじゃ無くしそうだし、で、キャップは
持たずにフィルターをしておけば良いじゃん!って結論。
新品の箱を開ける時はいつも楽しみ。何とも言えない新品の匂いが
する。一つ一つの梱包を外し、その梱包材は丁寧にたたんでおく。
ビニールひとつだって捨てないよ。ストラップは社外品のレザーの
もので、色はネイビー。オリンパスの“ブルー”なイメージから、
このカメラには濃い青が似合うなって思ったわけ。コンパクトデジタル
なんだから、出来るだけ持って出掛けたいな。PENの名前の通り、
日常をメモる感覚でシャッターを押せたらいいね。ライカやヘキサーと
一緒に旅に持って出掛けたい!スケジュール表をチラチラ。
このワクワクがたまらない!いいおもちゃなわけよ。
予定変更
 昨日19日は一日横浜をウロウロ。
梅雨の晴れ間、少ない日差しを求めて明るいイメージのある
横浜を選んだ。…確かに明るいし、明るい笑い声もたくさん
聞かれたよ…でも子供達がいっぱい…。そうだ、横浜は開港
150周年のイベントの最中、きっと地元の小学生や中学生が
授業の一環としてみなとみらいだの山下公園だのを見に来て
いるんだろう。どこにレンズを振っても、どこかしらに入って
しまうほどだ。山手の洋館も色々とイベントをしている。来月
アタマに撮影させてもらおうと思っていたんだけど、ちょっと
考え直した方がよさそうだ。夕方からは新宿で打ち合わせ。
 今日20日は栃木にいってみる。
別に何で栃木なの?といわれても、そう、思いつき。蔵がある
イメージだったし、一度も行ったことがなかったから。本当は
足利にしようと思っていた。足利学校、見たいやん。でも
東北道の佐野・藤岡ICが激混み!17kmもの渋滞を作って
しまっている。出口ににもズラッと…こんななら別にいいや、
どうしてもってほどじゃないし。で、栃木市。観光客は思いの外
少なくゆったりと市内を回ってみる。商店街をはじめ皆さん
親切で助かったし嬉しかった。ありがたいねえ、こういう
温かい人の心に触れるっていうのはさ。写真を撮るのが目的
なので、あちらこちらでパシャパシャ。途中、写大の同期の
F君の写真館にフラッとお邪魔。彼とは4年振りかな、
地元だけでなく関東の写真館のなかでも非常に評判がいい。
しっかりと根付きながらやってるなあと思うと、頑張らなきゃな、
オイラも。きれいだし、落ち着いたいい街だった。また行こう。
 今夜は焼き肉にしようと思ったのに、トンカツ食べちゃった。
簡単、東京に帰るまで待ち切れなかったのさ。予定なんて
あってないようなもんだ。でもこうした気楽さが好きだね。
とろり〜ん
 ほとんど徹夜になってしまった今朝は、なんだかボ〜ッとして
午前中は頭が使い物にならなかった。やっぱり睡眠は必要だな。
パソコン前でデータ処理をしながらも、なんだか集中力がない。
そんなときは思い切って何もしない方が良いんだけど、それを
許してくれないのが〆切ってやつだ。ジワジワと背後から忍び寄り、
あっという間にオイラを飲み込んでしまう、怖いヤツだ。
 夜は舞台を観に。以前撮影させてもらったErinaちゃんが初舞台と
いうことで、ちょいとお邪魔してみる。場所は北区の滝野川会館、
「こもれびの中で2009」(つかこうへい劇団協力)。
小川麻琴ちゃん、伊藤久美子ちゃんの3人がメインキャストの
この劇、激しいし台詞は長いし、結構大変。でも観ていて
吸い込まれていったよ。あっという間に2時間終わってた。
舞台後にErinaちゃんに挨拶。明日が千秋楽だし、もうちょいだ!
 
即決まり!
 九十九里にロケハンにいく。
都内でのロケハンは時間があるたびにマメにしているんだけど、
九十九里までは時間もお金もかかるから、よっしゃあと気合いを
入れていかないとね。今回見たハウススタジオは撮りやすそうだ。
九十九里まで来るとなれば、出来るだけカット数をかせげるような
スタジオや周辺環境が望ましい。もっとも九十九里にあるどの
スタジオもだいたい同じような構成になっているんだけどね。
オイラが今回初めに見たスタジオはバリエーションをたくさん
稼げそうでいい。1時間半ほどスタジオをウロウロして、満足
しちゃった。目の前の海岸を一応チェックして、東京に帰る。
 直後の撮影打ち合わせで、このスタジ使用を決定!はまったね。
あとは当日の天候のみ。でも雨でもイケそうっていうことも
このスタジオを決めた理由。でも言い訳できないってことでも
あるから、自らを奮い立たせなきゃ!スタジオ代カットが続く
現場が多い中、使わせてもらえるッてことは嬉しいことだ。

永遠のテーマ
 一目惚れしたカメラバッグを購入。
ナショナルジオグラフィックのトートバッグがそれだ。
ナショジオといえば、グリーンがかったアースエクスプローラーが
有名で、結構街中でも見かけるけど、オイラが買ったのはウォーク
アバウトシリーズのもので、グレーカラーだ。トートバッグ型、
欲しかったんだよね。しかもカメラバッグって感じがしないのが良い。
そもそもオイラはカメラバッグが好きじゃない。そりゃあ、お仕事の
時はある程度仕方がない、そんなもんだと思って使っている。でも
普段使いで、カメラは1台しかもレンジなんて時に、いかにも“カメラ
バッグでござーい!”ってのが嫌だ。適当なバッグにクッション材の
仕切りだけを買って入れていた時もあるんだけど、やっぱりどーも
しっくりこなかったんだよね。トートバッグは口も大きいし、物も
入れやすい。ノートパソコンと雑誌を入れられるのも良いじゃん!
レモン社で見かけて、手にすると良かったからその足でヨドバへ。
ポイントでゲットいたしました。
 でもあれだね、カメラバッグは絶対に満足することはないね。
気分…ってのもあるけど、やっぱり不満が出るもの。それを解消
するにはオリジナルで作るしかないんだろうね。で、写真家を
している限り、ずっ〜とついてまわる悩みなわけよ。こと仕事用の
カメラバッグは納得できないだろうね。
このトートバッグ、タウンユースでもなじむね。遊びにはいい!
お勧めだな。
良いものは良い!
 今日3日は某雑誌の撮影。
モデルはレプロエンタテインメントの馬場梨里杏ちゃん。
彼女とは今回で3度目の顔合わせ。前回までは中学生だったけど
4月から高校生となり、ちょっぴり大人になったかな。
 ロケ地は困った時の葛西臨海公園。今日は水族園が休みだった
こともあって、全体的に人が少なくて助かったよ。梅雨入り直前の
青空を期待していたんだけど、あいにくたまに陽が射す程度で残念。
風が強くて梨里杏ちゃんの長い髪が乱れて大変。だけど表情は
とても良かったし、今回も満足。彼女は撮るたびに良くなっていく
なあ。今後もよろしくお願いします。
 先日購入したヘキサーRF、折角なのでストラップをオリジナルで
作ってもらうことにした。オイラはそもそもストラップにあまり
こだわりがない。特に仕事カメラにはなく、未だにNewF-1用の
黒のストラップを全機種に付けている。今回のことは、まあ気まぐれ。
たまには良いかなってね。革の素材を選び、カラーを選び、
ステッチを入れてもらうことにした。革の色はエンジに近い赤紫で、
黄色の糸でステッチをお願いした。イメージは紅あづまかぁ。
黄色はオイラのラッキーカラーだしな。紅芋焼酎が好きだから…
って決めたカラーだと言えなくもない。長さは90センチ。お願いして
2週間で完成したとの連絡。受け取るとなかなかいい出来じゃん!
これならオイラのオリジナルカラーって売れるかも、ははっ。
 食事をしながら大好きな『ALWAYS~続・三丁目の夕日~』を
観る。疲れた時にこれを観ると、ホッとしたような、優しい気分に
なれるからいい。昭和が色濃く残るものが手元に欲しくなり、
ガサゴソと防湿庫からS3を出してきた。もっともオイラのは
復刻版だけどね、カタチは昭和だからいいじゃない。操作しながら
DVDを観てるとまたドップリ。カメラ片手に鑑賞会も受けるかも、
ひひっ。馬鹿じゃん!
不思議なもの
 只今原稿とデータ処理の真っ最中。
だいたいオイラはデスクワークが苦手。ジッとしているのが好き
じゃない。でも避けられないことだから、モニターをにらめっこ
している。ちょこっと疲れたから、車を飛ばし(っていっても
オイラは80キロ程しか出さないが)群馬の伊香保温泉に浸かって
きた。決してサボっているわけじゃないんですよ!充電ですよ、
充電!リフレッシュしたところで、またモニターに向かうので
あった。
 そばにはいつも何かしらのカメラが置いてある。データ処理で
目が疲れたり、原稿の文言が出てこなくてイラッとした時は
カメラを触る。その時のカメラは必ず銀塩カメラで、空シャッター
を切って巻き上げレバーをグイッとやると、不思議と落ち着いて
くるんだ。ファインダーを覗きながらピントリングでピントを
合わせてシャッターを切る、ちょっとレンズを交換してみたり
なんかすると、それだけでストレス解消になっちゃうね。ちなみに
今机にはオリンパスOM-1と50/1.8に28/2.8が置いてある。
モニターに飽きるとカシャカシャして、そんな土曜日の夜を
一人事務所で過ごす四十路男です。続く
このままじゃ…
 22日は某雑誌の撮影。
モデルはワンエイトプロモーションの辰巳奈都子ちゃん、今売れっ子の
バリバリのグラビアアイドルだ。編集T氏が、すっごく可愛い!と連発。
彼女はとっても愛嬌があって、撮影現場がとても盛り上がる。でも撮影
はちとキツかった…。やることが多くて気疲れって感じ。それでも現場
が楽しいと、それだけで救われるってもんよ。撮影時間、長かったあ。
なっちゃん、やることがあれこれ変わって大変だったと思うけど、疲れ
たそぶりも一切見せずに頑張ってくれてありがとう!また是非ご一緒
しましょう!半熟カステラ喜んでくれて感激です。マネージャーSさん、
今度中野で共に焼き鳥だあ!
 我慢できずに買ってしまった…。
このところ28mmにハマっていたオイラ、どうしても28mmを使いや
すいボディが欲しかったわけで。で、探して探して、評判を大勢の方
々に伺い、決めました!遅ればせながらヘキサーRFを購入しちゃいま
した!!…いったい誰に報告?っていうか、オイラの大好きなMヘキサ
ノン28mmに付けっぱなしのカメラが欲しかったから、ヘキサーRFは
第1候補だったわけだけれど、最近なかなか見かけなかったのに加え、
趣味カメラにしては高価ってこともあるしさ、躊躇するわけよ。で、
色々調べ、ユーザーに感想を聞き、迷い迷っている時に、行きつけの
中古カメラ店でやはり価格札無しの状態で遭遇しちゃったのさ。でも
購入までに一週間悩んだ。カメラ購入にこんなに悩んだのは初めてか
も。基本、迷った時は買わないから。ベッサR4Aでも良いんじゃな
い?って頭をかすめたけど、程度と価格、交渉の末もう少し下がった
ので、決・め・ま・し・た!
 使いやすいよ、このカメラはやっぱり。借り物でしか使ったことは
無かったけど、ユーザーは口を揃えて“良い”と言うのがわかったね。
夏はこれを使い倒します。もう一台ってことにはならないと思うが…。



納得の度合い
 21日は撮影の後ルデコに。
ルデコで開催中の土屋さんと魚住さんの写真展で、トークショーが
あり、ちょっと覗いてみる。初めには間に合わず、途中から入室
するとすでに熱いガチトークが始まっていた。ゲストに萩庭桂太さんが
おられ、会場は盛り上がっている。一番面白かったのは、「デジカメは
最新を買おう」といった内容のこと。しかもローンで。デジタルカメラは
そもそもフィルムの部分がデジタルになっただけの話で、感材がデジか
フィルムかの違いだ。そのことが大前提になったうえで、萩庭氏曰く、
フィルムや現像代に月々幾らかかかっていた訳で、その金額をそのまま
ローンの月々の支払額にすればいい。最新のものを購入して、次の機種が
出るまでの総額で決めれば良い…とのこと。つまり、最新が出て次の機種
が出るまで例えば16ヶ月とする。今までフィルムや現像代にかかって
いた額が3万円とすれば、3万×16ヶ月=48万円になるから、48
万円ほどのデジを購入すればいいってことになるわけだ。
 また仕事にしている身としては、一気に100万円のカメラを買った
のと、ローンで買った時とは精神的に違う。100万かけて買ったんだか
ら、その分何とかしてでも仕事を取らなきゃ!っていう追いつめられ感
と、月々の支払い分だけは確実に…という気持ちの余裕は写真に出る
らしい。なるほどねえ。
 また最新にこだわる理由も。デジタルの最新はフィルムにすれば
エマルジョンのことで、最新のその時がまさに一番良い色も画像も出して
くれる。時間が過ぎるごとに“一番”ではなくなっていくものだから、発表
してすぐに買うのだそうだ。つまり“消費期限切れ”ってわけね。そして
次が出たら前のを下取りに出して購入…
この繰り返しだそうだ。これも納得。
 新しいのは良いことだとわかっているけど、オイラはなかなか出来ない
な。小心者だからな。


まぶしいぜ
 本日は夕方から渋谷のルデコに。
魚住誠一さんと土屋勝義さんが同時に写真展をしていて、
今日やっと行けるとこに。
 まずは階が上の魚住さんから。お〜、女優さんがいっぱい!
撮らせて頂いたことがある女優さんにはオイラ自身と比べ
ちゃったりして。撮ってみたい女優さんのカットはフムフム、
参考になるなあ。魚住さんに苦労話を聞いたりと収穫は多し。
 次に下の階の土屋さん。モデルの滝沢カレンちゃんもいらして、
なにやら取材中らしい。こちらは1年間撮り続けた作品が並び、
だんだんと親近感というか、距離が縮まっていくのがわかるようで
よかった。こちらも土屋さんのお話も含め、大いに勉強になった。
  
 探していたF4のグリップをやっと発見!意外にも地元にあったり
して、灯台下暗しってこのことかしら…。F4Sで持っていたから、
正直重かったんだよ。でも欲しい時ってなかなか出てこないもので、
中古パーツでは必ずチェックしていたんだけどね。今回もお店に
出る前の、お店の裏に置いてあったものを強引に。ちょっと剥がれが
あったから、それを適当に直してもらうことで交渉成立。
付けてみると、こんなにF4って軽かったたっけ!?ってほどの
驚き!気に入っているカメラだけに、スナップでの出番が増えそうだ。
真っ白
 16日は浜松でセミナー。高校生の前で話をする。
オイラが以前地元の新聞のインタビューで、高校生のような
若い人たちに指導をしてみたいとの旨を語ったんだが、その
記事をご覧になった静岡西部の高校写真部の顧問の先生から
ご連絡を頂き、本日の運びとなった。
 今回はこの春高校生になったばかりの高校1年生を対象に
写真の楽しみを伝えるというもの。静岡県西部の数校から、
100人はゆうに超える生徒が集まっている。
 やっぱり緊張するね。だいたい人前で話すのはあまり得意
じゃないわけよ。ましてや、今の高校生を含め、若い人は
反応があまりない。これは専門学校の講師の経験から、
何となく気がついていることだ。決してオイラの話が面白く
ないから反応がない…とは思いたくない。でもこれは事実。
特に集団だと自分の意見を言いたがらない。これはとても
もったいないことなんだけどね。写真でしょ?自己主張
じゃんねえ。
 で、オイラはっていうと、やっちゃったって気分だな。
話し始めると、だんだん自分で言っていることがわからなく
なってきちゃった。もっと言いたいことがあったはずなのに、
どうしても浮かんでこない。自分の思うところでは、かなり
グダグダで終わってしまった…と思う。申し訳ない。
 もう一つ、大きなミス。オイラは高校生の写真部っていうと、
モノクロばかりだと思っていた。もしくはモノクロは絶対に
やるものだと決めつけていて、話でもそう進めてしまった。
今はデジタルでやっているところもあるんだね…ありゃりゃ。
デジタルでやっている高校の顧問の先生、部員の皆様、本当に
申し訳けなかったです。写真甲子園は便宜上や色々な大人の
都合でデジタルにやっていると思っているのですが、やって
いるといえばやってるよね。
 まだカメラをもったばかりの諸君!とにかくたくさん
シャッターを切って、たくさん失敗することだよ。そして
なんでその失敗をしてしまったかを考えること。たくさん
人に作品を見てもらい、あれこれと意見を伺うこと、そして
真摯に受け止めること。写真は競争じゃないからね。
で、一番大切なこと…それは写真って楽しい!!と心底
感じることかな。
 全国どこでも伺いますよ。あっ、交通費くらいは出して
いただかないと困るけど、私でよろしければ、高校・大学、
どーぞ!どーぞ!グダグダにならないようにしないとね。

甘〜い誘惑
 12日は学校で講義。でも前々日からの寝不足で頭がボ〜っとして
いたのかもしれない。これはオイラのいい訳け。
講義が終わった後、特に用事もないのに行きつけ中古カメラ屋に
寄ったのがいけなかった。ほら〜、このところちょこちょこ買って
いるじゃない!気をつけた方がいいよって自分自身に言い聞かせて
いたのになあ。陳列棚の隅の方に、値札もつけずにちょこっと座って
いるレンズは…あっ、Mヘキサノン50mmF2だあ!オイラが今一番
欲しいって思っていたM型レンズがいらっしゃるじゃないか!そりゃ、
このレンズ、結構中古で見かけるけど、程度と価格で納得いかない
ものが多いが、こりゃきれいだぞ!早速見せてもらう。「萩原さん、
このレンズ、まだ値段つけていないんですよ。元箱と当時の保証書、
取説なんかも全部そろっている新同品ですから」と言われて恐る恐る
手にしてみると、確かにきれいだ。使った形跡なんてない。M3に
つけてピントリングを回したり、絞りリングをカチャカチャ。全く
申し分ない代物だ。あれっ、こいつオイラに話しかけたぞ…今
確かに「はぎちゃん、買って買って」って言ってるぞ。値段を
聞くと「¥oo,oooって言いたいところだけど、¥xx,xxxで。」
もうちょっと、もうちょっとと交渉、「じゃあ、¥vv,vvv。
もう駄目ですよ」お〜っ、お前はこれでオイラのところに来られ
るね。残念ながら値段は言えない。
 翌13日、眼鏡を新調した。今年は大きく気分転換したかったし、
やはり変えるなら眼鏡もだね。幸い視力の衰えはまだなかった。
2社で打ち合わせの後、新宿駅で山手線を降りてから向かいの
ホームに来た総武線に乗った。あれっ?何でオイラ総武線に乗った
んだ?乗る用事なんてないのに…。でも乗ってしまったなら中野で
降りるか。中野ならフジヤカメラか〜!まっすぐ2階へ。
Mヘキサノン50mmF2を手に入れたから、欲しいランキングM型部門
1位の座はズマロン35mmになっている。覗いていると頭にもなかった
====(あえて伏せております)を店員さんが手にしてきた。
勧められて見ることに。話を聞きながらいじっていると、欲しい
ランキングにランクインしそうな気分になってきた。
ヤバい!本当にヤバい!だって昨日50mm買ったばかりやん!
でも中古は出会いだ、ここで逃したらいつまた会えるか…色々な
思いが交錯する。このままでは買いたい気持ちに寄り切られそうだ。
ウ〜ン、撮ってみたいな〜…と、そこに携帯が鳴る。
「萩原さん、OO撮りませんか?」
気持ちが一度切れた。サンキュ!編集Sさん、アンタに止めて
もらわなかったら泥沼だったよ。買わずに済んだ。
 危険すぎる!レッドゾーン、いっぱいだ。オイラは今、カメラ屋に
足を向けない方がいいな。
批判覚悟で!
 10日は自分が講義をしている専門学校の撮影。
オイラが講義をしているのはグラフィック科だが、今回はファッション
ビジネス科の学生のファションショー。学生達自身がウェディングドレス
を身にまとい、フラワー科の学生が制作したブーケを手にファッション
ショー形式で発表するというもの。オイラがこの撮影を始めて4年になる
が、毎年いい天気に恵まれ、公園内のステージにはお客さんがいっぱい
だ。
 そのいっぱいのお客さんの最前列に、すっごいカメラとレンズを付け
た、オイラの親父よりは少し若いかなってくらいの、でも定年されて
悠々と写真をされているんだろうなって方々がズラッと並ばれている。
今まではこんなにカメラを構える方々はいなかったので、なんかやな
予感がしてはいた。
 ショーが終わってから、集合写真と数名ピックアップしてパンフや
広告用のカットを撮ることになっている。そのため、どうしても学生達
をそのままの姿でステージ外に下ろさざるを得ないのだが、例年なら
学生達のご父兄が記念写真を撮るくらいで、大きな混乱は無い。
でも今年は違った。例の凄いカメラのおじさん達がオイラの撮影の前に
堂々と割り込んできて、勝手に仕切りはじめ撮影会状態にしてしまった。
会場の関係上、時間も場所も限られている。素早くこなさないと
予定のカットが撮れない可能性があるから、その行為には腹が立ったが、
あまり目くじらを立てても何だなあって思ったし、「先にお時間を
少しとりますから、素早くお願いします。」と言うと、「わり〜ねえ」
と一言があっただけで、いっこうにシャッターを切り終えない。
何ショット切れば気が済むの?「もう勘弁してもらえますか?仕事で
撮ってますので」と言っても、全くの無視!そのうちチェキで撮り
はじめて、学生全員に渡すと言い出した人まで。何人いると思って
いるんだよ!!時間がないって言ってるだろ!!!一人に渡せば全員
欲しいって言い出すに決まってるじゃないか!そんなことも
わからないの?
 やっとのことで終わらせて、オイラが撮り始めようとすると、
オイラの横についてまた撮りはじめたり、自分は終わったからって
学生に声をかけたりとやりたい放題!個々で学生を撮る時にはしっかり
付いてきて、オイラが付けたポーズで撮るばかりか、横で目線が欲しい
だの、ポーズを変えてみてだの言いやがって…今回ばかりは本当に
あったまきたよ。いい加減にしろっ!!!!! 
 仕事だからと仕切れなかったオイラが悪いのかなあ…。でもこれが
タレントさんやモデルさんなら分かる。今回は学生だし、あまり無理
矢理にどいてもらっても学校のメンツもあるし…。だいたい他の
先生方のお力を借りても止めないってどういうこと?
 今まで同じことを何度も言ってきたけど、今回も言うよ。
もっと謙虚であるべきです。なんでカメラを持つと横柄になる
おじさんおばさんが多いのか。割り込み、進入禁止区域への立ち入り、
無礼失礼にも程がある。きっと本当は一部の方々だけなんだろうけど、
目立つんだよね。だからカメラを持った人みんながそんな印象を
受けちゃうんだ。一部のモラルに反した人達のせいで、撮影禁止や
立ち入り禁止が増えていく。結局自分で自分の首を絞めているんだよ。
 カメラを持っていることは特別じゃないし、優先されることじゃ
ないんだ。撮らせていただいているという気持ちに、なんで
なれないの?モラルに反してまで撮った写真に、何の価値があるの?
オイラ、聞いてみたいよ。
刺激、多し。
 7日は所用で夕方からJC鵺ビルに行く。
恥ずかしながら、カメラ博物館に初めて入ったよ。ふ〜ん、こんな
感じで、本当に博物館なんだ…。運営委員のI氏にお会いするのが
目的。少々お話しさせていただくと「もう閉館だよ」って。お役所
がやっているところだから、時間にキッチリなんだよ、納得。改めて
お会いすることにして、四谷三丁目のルーニィ247フォトグラフィ
(Roonee247photography)に向かう。池本さやかさんの『海の中
の大きな時間の流れ』The Great Flow of Time, Underwaterを
見るためだ。ご連絡いただいていたのだが、残念ながら初日に顔を
出すことができなかった。やっと見られるよ。モノクロで撮影された
水中写真は、色は無いのになまめかしくも感じられるし、いやいや、
透明感漂う清々しさあり。いいなあ、ずっと飾っておくのに飽きが
こないし、染み込んでくるような穏やかさも。オリジナルプリント
頼んでおこうかな。
 そのまま新宿御苑のシアターサンモールへ。スーパーグラップラー
の『おかしなふたり〜千夜一夜物語〜』を観る。以前撮影させて
もらった八戸亮君とホリプロM氏に招待いただいた。八戸君は主役
ということで、演劇内容よりも彼そのものを観てしまったよ。演劇
を見せていただく時は前日のゲネプロの時が多いけど、今回は
珍しく本番、しかも初日!緊張しているかなあって思ったけど、
なかなかどうして、堂々とした演技がいいじゃない!えらそ〜に
シロートが何言ってんだか。楽屋で会った初日を終えた顔、
スッキリしていたよ。同じ事務所の田代さやかちゃんもとっても
よかったです。千秋楽の10日まで、頑張れ!
 そのままM氏とちょっと一杯、ゴチになった。なるほどなって話が
連発する。みんなそれぞれに頭抱えて頑張ってんだよな。オイラには
何ができるか、もう一度よく整理してみよう。
必要なこと
 学校の講義はこれから毎回実習が続く。
その実習のスタートはポジでの撮影だ。学生達にとってポジを
使用するのは初めて。課題は簡単、36コマすべて写真が写っている
こと。ただし、露出はすべてマニュアル。いくつかのパターンを
はじめから教えておき、自分の判断で露出をばらすように伝えて
ある。これでカメラのメーターの調子を言い訳に出来ない。これで
途中で裏蓋を開けてしまったとか36コマ全部撮り切れなかった
などないかぎり、ほとんどの場合で36コマ撮れる。あとは本人が
その現像済みのポジを提出して納得いくかどうか、だけになる。
ゴールデンウィークは天候に恵まれるらしい。できるだけ陽の
当たる場所で、色彩豊かなものを狙うように指示したから
提出日が楽しみだ。
 そうなると、自分のカメラが欲しくなるのが人の常。学校の
貸し出し機材では持ち帰れないので、ジレンマになる。オイラが
出来ることは、中古カメラを扱っているお店を紹介することくらいだ。
 でもなかなかいいものが手に入りにくくなってきたなあ。先日も
ついつい立ち寄ってしまったフジヤカメラに行ってビックリ!
ショーウィンドウにはカメラが全然並んでない。これじゃ
選びようが無い。東京の写真を勉強する学生は大変だなあ。
もっとも写大でも日芸でも、今はフィルムを使う講義が必修じゃ
ないらしいし、必ずしもフィルムカメラは要らないのかもな。
で、カメラ。フィルムカメラは技術的な緊張感や、後々の楽しみ
を考えればうってつけ。学校で暗室も出来るしね。デジタルは
嫌でも今後扱うことになるんだから、いいんだよ今は。
 オイラはっていうと、フォクトレンダーの28/35ミニファインダー
を中古で手に入れた。フォクトの28mmファインダーを持っては
いるが、CLやGR2には大きかったんで、ちょっと嬉しい。
珍しくスタイルから入ってしまったよ。でもたまには必要かもね。
 

ほっと一息
 やっと欲しい欲しいの症状がおさまってきた。
このところ思いつくもの欲しくなって仕方が無かった。
別のそれが絶対に必要って訳じゃないけれど、あったらいいんじゃ
ないかなあって感じで頭に浮かぶと、見つかるまでずっと探して
しまう。まあ、それほど高いものじゃないことが救いだが、
でも点数が増えてくれば、おもちゃだって言えなくなってくる。
先々週の終わりに、やはり欲しい欲しいと探していた中古の
ウルトロン40mmF2をゲット。直後に台湾に行ってきたが、
そのインターバルがよかったらしい。すっかり冷却されて、
フジヤカメラや三宝カメラ等の中古在庫ページを見なくなった。
見なきゃ別に気にならない訳で、落ち着いてよかった。
 ゴールデンウィーク進行の影響で、前倒しのスケジュールが
続く。今日青山の堀内カラーに行って、写大時代の同級生Kと
プリントの打ち合わせをしながら、GWどうするのって話に。
オイラは通常とあまり変わらないんだけど、社員のKは
休日だもんな。浜松に食い倒れツアーを企画しようと思って
たんだという。そうだな、浜松はうなぎに餃子と、満足できる
ものが多い。ETC割引の恩恵も浜松くらいまで行けば納得
できるって…なるほどね。オイラも恩恵を納得できる範囲
で動いてみようかな。
かわいいものです。
 昨日14日から専門学校の講義が始まった。
毎年のことだが、初日はオイラだって緊張する。毎年同じことは
出来ないし、同じことで学生が食いつくとは思えない。初日は
肝心だ。でもまあ、あまり難しいことを言ってもね…。
 簡単な自己紹介と、DVDを観る。このDVDちょっと前のものだけど、
写真に興味を持ってくれたら良いなあと思い、昨年から紹介している。
主人公の大学生の男の子の趣味が写真で、その男の子を好きになった
女の子も写真をはじめる。でも女の子は遺伝性の病気で、成長すると
命に関わるんだけど、好きなってもらうために死を覚悟して成長を
選ぶ…ここまで言っちゃえば、DVDが何かがわかるか。写真を好きな
人は一度は観ているんじゃないかな。主人公の二人がF-1とAE-1って
いうところが渋い。
 これから学生達はどんな写真を撮っていくんだろう。物事の始まり
って、良いなあと思うよ。写真って楽しいぜ!

昔あったねってヤツ〜。
 今日、所用で東急世田谷線に乗った。
下高井戸から三軒茶屋を結ぶ短い路線は、かつて玉電として世田谷の
庶民の身近な足だった。そんな世田谷線はまだ当時の面影を色濃く
残している。オイラは世田谷線が大好きだ。路面電車のように“チンチンッ”と
ならしながら走る車両も、どこか懐かしい雰囲気漂う車窓もいい。
窓は開けられないんだけど、ついシャッターを切りたくなってしまう。
値段も140円均一ってところも嬉しい。沿線の桜が花吹雪になって、
さらさらと舞う様はまるで映画のようだ。
 夕方、青山の堀内カラーでプリントの打ち合わせの後、銀座線ついで
って、銀座まで。銀座とくればまずはレモン社。何か欲しい物が
あるわけではないが、なんとな〜く見てしまうのがこの店。ライカM型を
見ていると、フジフイルムのU氏にばったり。少々話をしていると、
寂しい言葉が飛び交う。今、フィルムが本当に売れないらしい。
それはオイラも実感できている。陳列されたライカを眺めながら、
『出しているライカ、売れないんだよ。フィルムが使われていない
んだからカメラは売れっこないか…。』確かに今ライカは安いと思う。
手に入れるなら、まだ数が出ている今ゲットしたほうがいい。
どうせ持つなら、自分が納得できるカメラを1台買っておくのは
いいことだ。
 カメラの話になるとつい夢中だ。オイラが持っていたM6+モーターM
をみて、邪道でしょというオイラに、全然邪道じゃないよ、使いやすい
よねと返ってきた。お気に入りのノクトン40mmについての良さの
話、各カメラの巻き上げのギヤの感触など、フィルムカメラならではの
内容で盛り上がる。オイラはこうした話が出来るのもフィルムカメラの
良さだと思っている。デジカメではスペックの話はしても、機械美に
ついては話題にならないよ。
 このままではきっとフィルムの種類は減る。そうすると、撮りたい
ものによってフィルムをチョイスするという楽しみが一つ減ることに
なるが、それ以上に痛手なのは、表現としての幅が狭まることだ。
フィルムでもデジでも表現の手段であることに変わりはない。でも
フィルムで○○を表現したいと思っても、肝心のフィルムがなければ、
思考は根本的にNGになってしまう。これが切ないんだ。
 アマチュアの方々に、もっとフィルムを使ってほしい。プロの
現場では正直無理だ。アマチュアの方々を含め、趣味としてとらえる
場面では大いにフィルムで撮影してほしい。ここでそれを意識だけでも
盛り上がることが、フィルム存続の糧となる。
 フィルムを過去のものにしたくないなあ〜…。
う〜む
 またもや余分なおもちゃを買ってしまった。
何かっていうと、ライカモーターM。以前はまったく興味が
なかったんだけど、古い話だが『アニー・リーボヴィッツ/
レンズの向こうの人生』を観てから意識し始めた。でも新品は
10万円越え。たかだか自動でフィルムを巻き上げてくれる
機械にそんなに出せないわけよ。でも気になる…彼女が
モーターMをつけたM6でシャカシャカ撮影しているのが
とてもかっこいい!そんなわけで、まあ中古で出てきて、
タイミングが合えばってくらいでね。中古は出会いだからね。
で、何度かのすれ違いがあってこの度購入とあいなった。
20000円なら納得。使っていないワインダーMは近々
手放そう。
 早速装着。見た目はかっちょええなあ。握りやすくなったけど、
シャッターボタンまで少々遠いか。評判の悪いシャッターボタン
の跳ねっ返りはオイラは気にならなかったな。でも速い動きや
展開が早い被写体専用になりそうだ。
 ライカ使いの多くから邪道だって言われそう。でもいいんだ!
だって趣味だもん!好き勝手で構わないんだ。M型で空ぶかし…
楽しいなあ。すぐに電池が無くなりそうだけどね。
ちょっとちょっと
 静岡まで行くのに、初めて今回のETC特別割引の恩恵を受けた。
東京ICから静岡ICまで、普段は片道4200円。オイラはいつも
深夜割引の時間帯を狙って移動するから50%引きで2050円
なわけだけれど、土曜日に移動ということもあり、1750円で
到着。まあ、なかなか土日に仕事で静岡に移動することが無いので、
度々あることではないが、それでも千円台はうれしい。ちなみに
帰りは早朝割引もあって1550円だった。
 でも、なんというか今回のETCの件でペーパードライバーや、
普段高速を利用しないドライバーの率が増えることで、事故を懸念
されるなんてことを情報番組で聞いたことがあったが、初めて
それを実感…確かに怖いかも。すっごくスピードを出している車は
まだいい。極端に遅いおばちゃん、ウインカーも出さずに車線変更
する中年ドライバー(オイラも十分中年だが)、ガチガチに緊張
しまくっていると思われるフラフラしたレンタカー、妙にカッコ
つけた風に車間距離関係なく入り込んでくる若葉マーク付きの
兄ちゃん(の団体、または彼女付き)など、次々に危険が
やってくる。オイラがいつも通る平日の同じ時間帯は、
職業ドライバー系の車両が多いことあるが、もっと平然と整理された
というか、スマートな流れなんだけど、昨日の東名高速は
あちらこちらで断線しちゃって乱れているのがわかる。パカパカ点く
ブレーキ灯、どうしてそんなところで踏むの?一番左車線から追い
越そうとせっつく車、オイラはいつもしている80km/h巡航を
したいんですけど…。これらが束でやってくるわけだからキツいよ。
 それとICでETC口の直前になって車線変更されると危険ですから!
やべ〜、オイラたまってるなあ。
新年度ですから
 4月になったし、40歳になったし、ちょっと気分を変えてみようと、
近所に部屋を借りることにした。まあ、倉庫みたいなものだけど、
気持ちは趣味の部屋かな。マイブームに則って、またもや昭和の匂い
漂うアパートだ。趣味部屋なので機材を置く訳ではなく、雑誌や書類、
プリントやバック紙などがほとんどだが、パソコンくらいは見られる
ようにしてしておくかと、今日光を引いた。ふっるいアパートには
似合わないかなあと思うけどね。引っ越しシーズンは一段落したらしく、
比較的早く対応してくれた。キャンペーン中なのか、数ヶ月間無料
なのもうれしい。
 何もものが無い時は、結構広いじゃんって思ったけど、物が
入りだすとあっという間に狭くなる。仕方ないよな、大きな物ばかり
だしな。整理がつかなくなりそうなので、新宿の無印に行き、
ボックスを数個購入。積み上げて棚にすることに。棚はすぐに雑誌や
本でいっぱいになってしまった。こりゃ買い足さなきゃだな。
 自宅から歩いて2分ほどだけど、気分が変わる。ここは仕事とは
離れた趣味の部屋。趣味も写真のオイラにとっては、仕事の写真とは
別の、リラックスできる空間が欲しかったね。ちょっと怖いけど、
オフィスにある古いカメラを持ってきてみようかな…。一日中遊んで
しまいそうな気がするよ。

また一つ
 今日で3月も終わり。
「行く、逃げる、去る」とはよく言ったもので、本当に前半3ヶ月は
早い。新年にたてた誓いは、明日からの新年度の誓いに変わって
しまった。
 異動のシーズン、オイラの周りでも随分と異動になるそうで、
ちょっと寂しくなるね。特に絶対的に支えとなってくれていた
人ならなおさらだ。静岡市のS氏はオイラの写真を静岡中に
広めるきっかけを下さった方。今オイラが静岡市役所内で
せいせい発言させていただけているのも、『静岡、てくてく。』
の仕掛けも、S氏が全面的にバックアップしてくれたからだ。
本当にありがとうございました。大変感謝しております。
 某誌のF氏。若いということでオイラもあれこれと文句言ったり
無理難題を押し付けたり。でもいつもオイラをたててくれて
ありがとうございました。組んでやらせてもらっていると
発想の幅が広がる感じがして楽しかったよ!異動で雑誌が
変わってしまうから、なかなか絡むことがないかも…。
また一緒にやれる機会をつくりましょう。
 静岡市には新静岡センターというランドマーク的存在の
デパートがあった。市内のお街(駅前からの繁華街のことを
静岡ではそう呼ぶ)での待ち合わせと言ったら新静岡センターで
決まりだ。保阪尚輝もテレビで同じことを言っていた。
その新静岡センターが取り壊されることになった。数年後の
リニューアルオープンを目指しているそうだ。そして今日が
おそらく外観が見られる最後の日。前日の夜中に、オイラが
中学生の頃よく見ていた角度から撮影しておいた。また一つ
あの頃の思い出が甦る建物が消えてしまった。いよいよ
静岡市内が大きく変わってしまい、故郷を離れた人には
思い出を呼び起こす大きな栞が無くなってきた。生家近くの
鰻屋さんも更地になっていた。「○○さん、無くなっちゃった
んだよ」と、助手席のおふくろが寂しそうに言った。
 今年の3月末はやけにおセンチな気分になってしまったよ。
熱いなあ〜
 昨日27日、日中撮影終了後、原宿へ。
以前から撮影させてもらっている佐武宇綺ちゃんがメンバーの
9nineのライブを見るのが目的。マネージャーT氏が誘ってくれた
ので、それはそれはと間に合わせた。
会場の原宿アストロホールは開演10分前にも関わらず、長蛇の列。
たまたま居合わせた担当マネージャーH氏、PIEの際オイラの
セミナーのモデルをしてくれた馬場梨里杏ちゃんたちと合流して
会場に入る。中はファンと関係者でいっぱいだ。開演と同時に
大勢のファンの掛け声が一斉に響く。すごいねえ、熱気というか
勢いというか…何というか圧倒されちゃったよ。でもオイラは
こういう方々は健全だと思うね。熱中できることがあって、
さらにそれを表現(発散?)できるわけだから、いいと思う。
2時間半ほどのライブ、楽しかったね。それに撮影中の彼女とは
また別の、汗だくになって一生懸命歌ったり踊ったりしてファンに
応えている姿もいい。ライブ終了後、お疲れさまと伝えると
とてもいい笑顔が返ってきた。やり遂げた清々しい顔だったな。
とっても良かったよ!今度の撮影ではこのライブで見せた表情も
撮ってみたいです。
 今日28日は原稿書きに午後から撮影。ちょっと疲れたので、
夕方から連れと新宿に出掛け、気分転換。事務所に置く収納用の
棚やボックスなどを探しながらブラブラ。家具や食器などを
見て歩くと楽しいんだな、これが。無印は若いコ達とその親で
いっぱい!新生活スタート直前だもんね。フレッシュ!
終〜了〜!
 昨日、無事PIEでのセミナーを済ませた。
大勢の方々においでいただき、誠にありがとうございます。
オイラがフィルム大好きなこと、伝わったかな。フィルムって、
デジタルに比べて手間も多いし、すぐに確認できないし、
利便性って言う意味では、一度デジタルを覚えてしまうと
なかなかフィルムの煩わし感が抜けないもの。でもいいじゃない?
趣味なんだから。正確じゃなくても、早くなくてもいいんだよ。
撮影〜現像までの過程をゆっくり楽しめば、それが一番だと思う。
中古カメラを探すのもまた楽し!
 セミナーではどうもかなり早口になっていたらしい。あれこれ
言いたくなちゃったんだけど、脈絡がないからさらにフォロー…
みたいな感じで、お聞き苦しい点が多かっただろうな。セミナーで
伝えられなかったもう一つのポイントとして、ゆっくりと
動くことで、街中でもご近所でも“撮って撮って!”と向こうから
囁いてくれる場所がある。そこはまさにレンズの向け場所。
是非シャッターを切ってあげて欲しい。でも、とっても小さい
声だし、些細な場所だから、常にアンテナを張っていて。
それと、いつでもシャッターを切れるようにカメラを持っていて
欲しい。いつ出会えるか分からないし、次遭えるかも分からないから。
 もう一つ、誤解がなければいいなあと思ったことが。
オイラは別にデジタルを否定しているわけでもないし、フィルムの
方が良いと言ってはいない。デジとフィルムは全く別もの、
表現するものによって選択すれば良い。ただフィルムには
フィルムの楽しみ方があるってことがいいたいだけだ。
それと、機材の愛着っていう点では、オイラはデジタルよりも
フィルムカメラの方に多く湧いている。これはデジタルが
家電であるということと、完全なる“道具”だから。趣味で
写真機を楽しむのなら、フィルムカメラの方が断然味わいが
あるだろう。デジタルはどちらかといえばスペックに憧れ、
フィルムカメラはフォルムに魅かれる…オイラはね。
 もうちょっと落ち着いて話したかったなあ。また機会を
作ってもらうか、ワークショップ風にするか。若い方々にも
聞いていただけて嬉しかったよ。ありがとうございました。
明日です。
 明日からPIE。
オイラは明日のレベルアップセミナーに出演させていただきます。
15:30からフィルムカメラでのスナップ写真について、オイラなりの
楽しみをお話しいたします。ポートレートスナップについてのカットも
お見せいたします。
是非是非お越し下さい。
ここにも発見。
 昨日23日は某雑誌の撮影。
モデルはMSエンタテインメントのErinaちゃん。グラビアやTVで活躍中の女の子だ。
スタジオが横須賀ということもあり、編集T氏はじめスタッフとErina
ちゃんにはオイラの自宅の最寄り駅にまで来ていただき、そろって
車に乗り込む。海沿いのスタジオという立地を差し引いてもすっごい
風には参った。前日の嵐の余韻がまだ…。
思うように撮影が進まず、大苦戦!みなさま、本当に済みません。
こういう追いつめられた時にこそ、経験からパッとひらめくことが
大切なのに、なかなか出てこない。撮影時間より待ち時間の方が
長かった気がする。時間もかなりオーバーしてしまい、ご迷惑を
おかけいたしました。
Erinaちゃん、現場はとってもいい雰囲気で出来ました。ありがとう!
また是非ご一緒に。
 今日24日は急遽静岡に。でもここは節約と大好きな高速バスに
揺られていく。車中で原稿書き。急ぎ静岡市役所で担当者と打ち合わせ。
事務的な処理を出来るだけ来た時にこなさなきゃ。
合間に市民ギャラリーを通りかかると興味深い写真展が開かれている。
写真機を楽しもうという同士によるモノクロの写真展だ。カメラは
レトロなニ眼やライカ、F3などカメラそのものを楽しんでいる
様子がうかがえる。へえ、静岡にもこういう集まりがあるんだ。
嬉しいねえってニヤニヤ。メンバーの一人の女の子とちょっと
お話しさせていただくと、写真についてとても純粋だ。展示の
仕方まで考えているところも関心。これが原点だと思うね。
オイラ自身、見直さなきゃと思ったよ。カメラって本当に
楽しいよね。
まったり〜
 PIEではフィルムで撮るスナップの話をする。でもやはりオイラは
ポートレートでしょ!というお声をいただき、それならばポート
レート派の方々にもお越し頂いて喜んでいただけるようなカットを
用意しましょうと考えた。で、急遽ポートレートスナップを撮る
ことにした。
 モデルはレプロエンタテインメントの馬場梨里杏ちゃんにお願い
した。まだ15歳と若いが芸歴は長く、モデルとして多くの誌面や
コマーシャルで活躍中のコだ。一緒にブラブラしたのは谷中界隈の
都内下町スナップお約束の辺り。梨里杏ちゃんはGR1vを持って
ウロウロ、オイラはキヤノンF-1+50/1.4という超基本的なセットで
梨里杏ちゃんをスナップしてみた。下町らしさとポートレート要素の
どちらも楽しんでもらえるようにした…つもり。それと梨里杏ちゃん
の楽しんでいる“素”の表情が見られると思う。純粋にスナップ写真を
求めている人にはスナップジャンルの1つとして、ポートレート写真
を求めている人には非常にライトなゆるゆるショットもいいんじゃない?
って感覚で見てもらえたらいいなあ。
もちろん、これだけではなく色々なスナップカットをお見せしながら
セミナーを展開していく予定。あー、ドキドキ。
誘い誘われ
 あまりにもギリギリにしてしまった確定申告を終え、銀行と
相談したり市と話をしたりと事務的なことをすます。やっと撮影
オンリーモードになれるってもんだ。
 某メーカーのレンズチェックをする。静岡にいての撮影なので、
モデルは高井智加ちゃんにお願いして静岡市内をウロウロ。黄砂が
舞っているからかどうかはわからないけど、なんとなく空は
すっきりとした青さが無いなあ。2カットを午前中で済ます。
 途中、いつも行きつけのカメラ屋さんに立ち寄る。1軒目では
前から欲しかったセルフタイマー購入。ライカ系にはセルフ
タイマーが付いていないから、独立したものが必要。国産品を
1000円で。ゼンマイ仕掛けみたいな作りが昭和を思い起こす
ようでいい感じだ。2軒目では単なる冷やかしくらいで
向かったんだが、思いの外、心を動かすモノに遭遇。まずは
外見はガタガタのOM-4。OM-4といえば当時オリンパスの
フラッグシップ機。でも台数がかなりあるので値段は
こなれている。以前から安いものがあったら1台手元にあっても
いいかなって思っていたので、早速交渉。底のワインダーを
取り付ける際に外す蓋がないことがわかり、そばにあった
ワインダー2を間に合わせで取り付ける。カメラの露出は正常だし
業者点検済みということもあり、ワインダー込みで購入を決める。
18000円也。と、その横にあるNFD135/2.8も
一緒に持っていってくれと言われる。う〜ん、正直使う時が
無いんだよな…手に取ると外観はかなりきれい。レンズには
大きなゴミもなく、カビ・曇りも見当たらない。絞りも
問題なさそうだ。でもなあ、どこで使うかだよなあ…。
見ているオイラにそっと電卓が差し出される。72径のフィルター
込みで1000円。その値段なら後から悩んでもいいや。
ちょっと覗くだけでと思ったのに、またおもちゃを買ってしまった。
こうした買い物もフィルムカメラの良いところさっ。
 申告が終わった後はスッキリ感で買っちゃうからやばいね。
今年も出ます。
 3月に入ると写真業界が一気に忙しくなり、騒がしくなります。
そう、もうすぐPIEです。今年は3月26日(木)〜29日(日)、
会場は東京ビッグサイト[東4-6ホール]で行なわれます。
 昨年に引き続き、今年もレベルアップセミナーにて講師を
勤めさせていただきます。初日の26日、15;30〜で、タイトルは
「フィルムで撮るスナップ撮影のススメ」。内容としては
フィルム初心者/スナップ初心者向けの入門セミナーになります。
自分の経験をふまえた、オイラのフィルムスナップの楽しみを
語りたいと思います。
詳しくはPIEホームページをどうぞ。
 この初日のレベルアップセミナーはオイラの知人友人写真家の
セミナーでいっぱい。早い順で藤井智弘さん、清水哲朗さん、
小澤太一さんと、見事な程に時間がかぶっておりません。
興味がございます方は初日をお勧めいたします。
事前登録で無料で入場できます。

残念ながら、今年は初日のこのセミナーにしか参加できません。
当日は朝からおりますので、気軽に声をお掛けください。

 
空は晴れねど…。
今日23日は某雑誌の撮影。
モデルはサンミュージック・ブレーンの多岐川華子ちゃん。ドラマや雑誌のグラビア、
バラエティなど幅広く活躍中の女のコだ。
今日は朝からあいにくのお天気。しかもロケときたもんだ。ロケ地に
1時間前に着くと、ムービーのロケ隊と遭遇。こりゃロケ地の取り合いに
なるなあと思ったら、メイク中に引き上げていった。途端に空が明るく
なりはじめ、厚い雨雲を持って行ってくれたみたいで気分がいい。
 撮影自体は出来るだけ屋根があるところで行い、上手く変化をつける
ことに終始。それに膨大なカット数…できるだけショット数を減らし
たいと思い、シャッターのタイミングを華子ちゃんと丁寧に摺り合わせ、
“決め”を作ることにした。このやり方は正しかった。そもそも広告
撮影では、フィルム当時たくさんシャッターを切る=それだけ損をする
ということだ。できるだけ少ないショット数で確実な出来を得る術を
教わってきたのが、こういう場面でも大いに活きている。
 それと今日のように暗いロケ地ではライブビューが大活躍。決めた
ポーズと動きをはじめから話しておき、あとはライブビューで丁寧に
ピントを合わせて一定のテンポとともに数ショット。まるで4×5の
撮影そのままだが、本当に良いカットが撮れた。
 多岐川華子ちゃんは20歳でも落ち着いた大人に見えたよ。それに
何といってもオイラの注文に対しての“決め”の美しさ、お見事!
プロフェッショナルを感じたね。
 寒いし雨だしって天候だったけど、とても熱い撮影が出来て
嬉しかった。また是非ご一緒に!華子ちゃん、ブログにツーショット
の写メを載せてくれていた。照れるわねえ…。こんな風に喜んで
くれるとは、写真家冥利に尽きます。
 それとヘアメイクの堀江さん、完璧でしたよ!皆さんありがとう。

行き着く先
 今日は砧のスタジオでホリプロの八戸亮さんを撮る。
もともとはロケで撮るつもりだったんだけど、昨日から天候は
あやしかった。結果深夜からの雨で、ロケは中止に。で、それじゃ
どうするんだよ!ってことで、急遽なじみのスタジオにお願いした。
空いてよかったよ。相変わらず崖っぷちなオイラだなあ。
 ジュノンボーイの八戸さん、さらっとした清潔感溢れるいい男だ。
撮影しながら、上手にテンポに合わせてくれて、自然とショット数
も増えてゆく。終始楽しい話をしながらの撮影であっという間だった。
久しぶりにこれだけ後味のいい青年の撮影をしたような気がする。
すっごく性格もいいし、気遣いも言葉遣いもGOOD!今後が楽しみだ。
是非また、今度は中止になったロケ地で撮影をしましょう!
 昨日TV番組で、遺影写真家なる方を取り上げていた。お名前は
能津喜代房氏。この方は写大の友人Mの師匠で、西麻布でスタジオ
CANを主宰していた売れっ子広告写真家だった方だ。アシスタント
時代に、Mのところに遊びにとCANに数回お邪魔したことがあった。
TVによると、時代に合わなくなった写真のテイストとデジタル化
の葛藤の末、今本当に撮るべき写真を見つけたとのこと。それが
『遺影写真』。写真家としての地位や金も十分に得て、その上で
見つかった写真の方向と、能津氏の覚悟と姿勢に本当に感動した。
きっと30年間、第一線で走ってきたからこその決断に違いない。
 Mは今、栃木の実家の写真館を継いでいる。彼も広告写真を
一生懸命勉強し、撮影していた。でも今は地域に根付いた写真館の
仕事…そして彼の師匠も。
 今オイラは写真を撮ることに精一杯。どんな写真とか媒体とか、
とにかくスポンサーに納得してもらえることが第一。オイラは
どこに行くんだろう…まだ当分見えそうにない。
 
いうよね〜!
 19日は某雑誌の撮影。
モデルはアーティストボックスの鎌田奈津美ちゃん。グラビアで
ブレイク中の女の子だ。水着中心なのでハウススタジオで撮影、
横浜のスタジオLIFEで9時〜18時まで、たっぷり時間をとって
もらった。日差しが一日中たっぷり当たるし、透明の屋根を使って
光量を確保されているから、この季節にはとてもありがたい。
もっとも当日は午前中で日差しがなくなったけどね。
 カット数が多かったので、1カット当たりのショット数を
減らしてテンポよく進めていく。結果、ヘアメイクさんも
驚きのスピードでこなしていくから、撮影自体がだらけなくで
よかった。淡々とした感じの奈津美ちゃんだが、とても楽しいと
言ってもらえてよかったよ。先が見えないほどのカット数
だったから、絶対に疲れたはずなんだけど、その点ではこの
撮影での収穫は大きかったな。オイラも楽しかったです!また
是非ご一緒しましょう!
 翌日は早朝新幹線で静岡に向かい、講師をしている学校の
撮影をして、大急ぎで東京に戻る。18時から静岡市の
首都圏懇話会に出席するためだ。シティセールス戦略の首都圏
での報告と、今後の展開を市長や総務局長、経済局長と5人の
有識者を交えてディスカッションするのがこの会。オイラも
アドバイザーの一人にとお願いされた。でもオイラは最年少で
経験不足は否めない。それなら思いのままに言葉にしよう!と
発言させていただきました。正直に言うと他の方のご意見の
中にはガッカリすることも。そんなことは東京で話をすること
ではないよって思うこと連発。ここじゃオイラの意見は
うやむやにされそうなので、後日直接進言させていただきます。
 また風邪をぶり返した…。とにかく復調することが皆さんに
ご迷惑をおかけしないことだと痛感したね。

油断大敵
 風邪を引いてしまった…。
 そもそも季節の変わり目は弱く、風邪を引きやすいから、
うがいや手洗いに十分気をつけていたのに。11日がやばかったよな。
新宿で広告撮影の打ち合わせをした後、帰宅してすぐにまた出掛けた。
この時うがいをしていなかったんだよな。で、改めて帰宅した時には、
すでにモノを口にした後だ。翌日は午前中にブツ撮りをし、午後から
雑誌の打ち合わせ。夜は深夜3時までデータ処理をした後、5時半に
起きて伊東に向かった。JPSの小学生学習プログラムの2回目の講義の
ためだが、この時はすでに症状が出ていた。鼻水、喉痛、睡眠時間の
なさも手伝って、だるさが増してゆく。病気には潜伏期間があるから
11日が直接の感染ルートじゃないかもしれないけど、オイラにはあの
油断が気になって仕方がない。
 子供達の初めて写真を見たときの笑顔が嬉しくて、講義自体は
とても楽しく、だるさなんて忘れちゃっていた。給食をいただき、
子供達に遊んでもらう。午後の授業もあっという間に終わってしまった
感じだ。でも帰りはキツかった…。よく東京まで無事故で帰って
こられたなあと不思議なくらい頭はボーッとしている。急ぎ床に
ついたが、そのまま2日間起きられなかった。情けない。
鼻が止まらない、カシミヤティッシュでも鼻があれてしまったほど
かみっぱなし。病院に這うように行けば、
「いわゆる風邪の症状ってやつです」
…そんなこと聞きたいんじゃなくて、寝込んでいられないから、
すぐに効くような注射でも打ってくれ!って言いたかったのだ…
言えなかったけど。
お薬飲んで大人しくしています。
 ああ、仕事が遅れてゆく〜。
これがな〜
 昨日8日まで、講師をさせてもらっている専門学校の
卒業制作展のため、三日間撮影をして、夜中に東京に戻る。
 今日9日は午前中は六本木で撮影の打ち合わせ。その足で
撮影に必要な小物を買いに月島のセットショップに向かう。
最近はヨドバシでもある程度のものは買えるし、ポイントを
考えるとヨドバシの方がいいこともあるが、やはり
セットショップは安心感がある。それに何かしらのアイディアが
浮かぶことも多いので、時間を見て向かうことが多い。
 目的は消耗品のトレペとパーマセル、バックペーパーと
気が向いたら撮る小物ブツ用のアクリル。でもそれだけでは
済まないのがセットショップの怖いところ。委託品や中古品も
出ていて、掘り出し物が多い。特にストロボ関係はいっつも
欲しくなる。それだけじゃない、オートポールや脚、アーム等
見ていたら欲しくなるものばかりで、その時はそれを置いて
おけるスペースのことを考えて、この衝動を抑えている。
 B級品のカメラバックが出ていた。もっといっぱいあったん
だろうな…だいぶ売れちゃったんだろう。ガサガサしてみると、
ドンケのF-3Xを発見!このサイズのカメラバックは最近欲しかった
大きさだ。ドンケはとても信頼しているし使いやすい。今も
三代目F-2Xと二代目F-2BBを愛用中だ。特にF-2Xは生地も
気に入っていて、接するジーンズやシャツを痛めないから
安心なんだよなあ。F-3Xはオイラにはレンジファインダー機2台と
レンズを持って出掛けるのに丁度いい。いざとなったら一眼+ズーム
にストロボの組み合わせもOKってサイズだから、使いやすそうだ。
色はタン、価格はと…8400円、展示品だからこの値段に
したんだな。でも荒く使うオイラにはありがたい値段だ。即購入!
 やっぱり予定外のものを買ってしまうセットショップだったな。
やれやれ。